※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シラバス(Silabus)

【声優】「坂口大助」
【職業】「斬刀士(ブレイド)」
【ギルド】「カナード

初心者救済ギルド「カナード」の元ギルドマスター。
シラバスとガスパーはカナードの有名なコンビだが、天然大ボケのガスパーに、シラバスの苦労はなかなか絶えない様子。
実力のほどはまだまだだが、誰にでも手を差し伸べる親切な良織人。
ハセヲは「三爪痕」のデータドレインによりレベル1に戻されて以降、彼らとともに再出発することになる。

今、一番やりがいがあるのが『カナード』を通じたボランティア活動。『カナード』の活動を中途半端にしたくない。必要としてくれる人のため、自分のために。
出会いを大切にしたいという言葉通り、ゲーム外のYOMOYAMA-BBSのニュース版によく書き込みをしている。
文字通りの良い人なのだが、YOMOYAMA-BBSで一部の擦れた人達から腹黒キャラ扱いされている。

''◆.hack//Alcor -破軍の序曲-''
初心者救済ギルド・カナードの新米ギルドマスター。
なかなか女の子にもてるようだが、本人に自覚はない。
揺光とは知り合い。

現実

【NAME】「森野 優一(もりの ゆういち)」
【JOB】「大学生(19歳/♂)」

仙台の大学に通う大学生。学部は文化学部。宮城在住。仙台はいいとこ!
大学に入ってから親元を離れてアパートで1人暮らしをしている。彼女はいない。
9歳からネットを始めたが、当時は親の許しを得られずゲームは未プレイ。
周囲の友達から「The World」の楽しさを聞かされ続けていた彼は、志望大学に一発合格してネットゲームをすることを親に認めさせる。
現在は大学ライフと電脳ライフを両立している。じつは珍獣マニアで「UMA研究会」に所属している。
好きな講義はあるが、大学の勉強が楽しいかというと微妙って思ってる。

実家の庭には小さいけどハーブ園があった。母さんがガーデニングが好き。
『The World』につないでいるときが、いやされる。
「部屋がどんなに汚く散らかっていても、ディスプレイかぶれば綺麗な別世界w」

大学の新歓コンパで花見をした。色んな意味で凄かった。
たまに、まじめと言われるが、そう見られる自分はあまり好きじゃない。

最近、健康のためにジョギングをはじめた。やっぱり体力ガタ落ちしていた。
近所の川沿いから、ちょっと大きめの公園をまわるコース(だいたい5キロくらい)を走っている。途中、桜並木の場所がある。
オバちゃんに抜かれるくらい、ゆっくり走っている。もちろんM2Dと『The World』は忘れずに持っていく。
『The World』は、もはや生活の一部。時間のやりくりが大変。削られるのは結局、睡眠時間。毎日すごーく眠いし、「アウトドアひきこもり」なんて言われたりもするが、それでも『The World』はやめられない。

最近、クーンの影響か、ボランティア活動をはじめた。
タンカーが座礁して重油が流出した事件があって、海岸に流れ着いた油を掃除するのを手伝った。
何かしなくちゃいけない時に、ちゃんとなにかが出来る人になりたいと思っている。
自分の気持ちに素直になれる人になりたいと思っている。ボランティアはその第1歩というか、なんていうのか上手く言えないけど、結局は自分のためでもある。

今まで行ったレストランや料亭の箸袋を集めている。色んなデザインがあって結構面白いそうだ。
旅行は、夏休みに、田舎のおばあちゃんの家に行くぐらい。
年に1回行ったらいい方で、旅行に行くと『The World』の接続次間が減っちゃうのが痛いと思っている。
1度、春の京都に行ってみたいなと思っている。京都の桜はキレイだって言うので。
好きな芸能人は「サルバドル愛原」。テレビはあまり見ないが、ネット配信番組ならよく見ている。今は『Online Jack』がお気に入り。
J-POPとかは、あまり詳しくない。最近よく聞くのは『The World』のサントラ。

住んでいるアパートは和室。もうちょっと大学に近くて、日当たりのいい部屋に移りたいと思っている。

欲しいもの:新しい携帯電話。G-Power9のグラフィックボード。もっと高機能なM2D。
好きな食べ物:和食と洋食なら和食派かな。お刺身とか焼き魚とか好き
座右の銘:卒業文集に書いた言葉は「切磋琢磨」かな。

制作側コメント

多くの異常者が出てくる本作で“ユーザーの視線に立てる唯一の一般人”だが、意外としたたかでしっかりとした意思を持つキャラクター。
最初はチョイ役のつもりだった。

◆キャラクターデザイン
企画からのオーダーは「突っ込めない突っ込み」だったかな?
コンセプトはガスパーと同じ「安心できるキャラ」、クセのあるほかのメインキャラやPKたちを傍目に、普通に『The World』を楽しんでいる普通の人としてデザインした。
ポイントは垂らした髪のグルグル。あとは緑。というかそれくらいしかない。そういうデザイン。
G.U.のホームページ等で「町の人かと思った」などの書き込みを見るとほくそ笑む感じ。声の坂口大助さんが上手く演じてくれているので、トータルで見ると良い感じにキャラが立っていると思う。
|