※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

松(まつ/Matsu)

【声優】「家中 宏」
【職業】「錬装士(マルチウェポン)」
【ギルド】「月の樹

七番隊長。
銃剣を肩に構えた、月の樹随一の武闘派。
アトリと榊とともに、ダンジョンでハセヲを助けてくれるが、ハセヲとはソリが合わない様子。
月の樹のメンバーにしては珍しく好戦的な性格でリアルでもヤンキー。
榊を信望し、彼には頭が上がらない。
敵対するギルド?のメンバーやハセヲにはケンカ腰の対応。
普段の松は、面倒見がよくて、さわやかな人。リーダー格のクセに突っ走りすぎる。

昔、『赤鉄の鬼人』と呼ばれる有名なPKだった。松を更正させたのが榊
『月の樹』に入る時、過去の自分と決別するために、それまで得意としていたメインウェポンを封じてしまった。メインウェポンは「大剣」。PK時代に使用していた武器は『赤鉄』。
松は、ずっと『赤鉄』を捨てるチャンスを探していた。今まで捨てられなかったのは、『赤鉄』を全力で振るうにふさわしい真の強敵と巡り合えなかったからである。
アリーナトーナメント『紅魔宮』第2回戦でハセヲと戦い、本当に満足し、『赤鉄』を捨てるという意味でハセヲに『赤鉄』を渡す。
そして彼は、本当に過去の自分と決別し、『月の樹』の松に生まれ変われた。

アリーナ「紅魔宮」では、『凶宴』というチーム名で参加している。

Vol.2では
謀反を起こした榊によるAIDA異変で、『月の樹』@HOMEにアトリ救出にやってきたハセヲと戦闘。
これにより松は破れ、吹っ切れる。後に、ハセヲを呼び出し、メンバーアドレスを渡してくる。

Vol.3では
月の樹復興のためPKトーナメントに出場するも2回戦で大火と相対し敗北。
その後は終盤クビアゴモラ殲滅の援護に来る。今回はなんかほぼ空気扱いである。

現実

【NAME】「九藤 真吾(くどう しんご)」
【JOB】「高校生(17歳/♂)」

愛知県在住の高校生で地元ではそこそこ名の知れた不良。16歳のときに単車事故を起こして自宅療養の際「The World」に熱中するようになってから、リアルでの暴力沙汰はほとんどなくなった。彼がPKとなったのは、ゲーム内で弱いものいじめがしたかったからではなく、弱肉強食を突き詰める事がリアルであると感じられたから。
月の樹入団のきっかけは「赤鉄の鬼人」と恐れられていたPKだった時代、ある日とあるPCにあっさりと返り討ちにされたことにある。そのPCこそが榊であり、「目的のない武の空しさ」を指摘された松は、榊の勧めで月の樹に入団することとなった。


制作側コメント

◆キャラクターデザイン
古風のヤンキー的キャラで、ハセヲの良きライバルなキャラ。股下を異常に下げる事でヤンキー感を出している。前髪はリーゼントな感じで、ここでもヤンキー感を演出している。個人的に気に入っているキャラ。
|