引ク押ス 簡易まとめWiki

ヒクオス工房


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒクオス作成の仕様

  • 拡大/縮小機能(32×32, 24×24, 16×16, 8×8の4段階)
    • 拡大している場合、画面はタッチペン, スライドパッド, 十字キーで表示範囲を移動できる。
  • Undo/Redo機能(1回まで)
  • 地続きになっている同一色を塗りつぶすことのできる塗りつぶし機能
  • 消しゴム(1マス, 2×2マス, 塗りつぶし消しゴムの3種類)

最大値 備考
保存できる問題数 90
ヒクオスの大きさ 32×32
ブロックの色数 10色 (8行8列×2ページ)+(8行7列×1ページ)=計184色の中から10色
ヒキダシスイッチの数 10個 色はブロックの色と兼用
マンホールの数 5組 色は赤, 青, 黄, 緑, 紫の5色で固定
ゴールフラッグの数 1個

水色の枠

QRコードから読み取って保存したヒクオスには、ヒクオス選択画面で上画面の問題に水色の枠が表示される。

一度クリアした問題には、アイコンの右上に旗が立つ。

QRマーク

QRコード化可能な問題には、アイコンの左上にQRコードのマークが付く。

鍵マーク

QRコードから読み取って保存したヒクオスのうち、問題製作者がロックをかけている問題には、アイコンの左上に鍵のマークが付く。

ゲーム進度と機能拡張

  • レッスンの問題を全てクリアすると「ヒクオスをつくる」がオープンし、16×16のヒクオスが作れるようになる。
  • しかけレッスンを進めると、ヒキダシスイッチ, マンホールが使えるようになる(?)
  • パズルブロック4を進めると、32×32のヒクオスが作れるようになる(?)

QRコード


引ク押ス関連リンク



更新履歴

取得中です。

人気のページ