「掛け算における順序」の指導に対する否定的意見の傾向と対策(ぼくの代わりに覚えておいて)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「掛け算における順序」の指導に対する否定的意見の傾向と対策(まとめ)

要するに「掛け算順序否定」イデオロギーを信奉する大人たちのほとんど大多数は「掛け算に順序を考えるべき場合の論理」が理解できないのである。ブルバキ的思考を勉強しとらんからな。それで理解できないことはなかったことにしちまえ。なくても正しく計算できるからいいに決まっとる。とヘンな自信を持って声高にイデオロギーを主張する。バツにされた答案は採点が間違っていることにしたいのである。小学生の保護者の場合そういうバツ点は(自らの心の平安にとって)不都合故、大層な剣幕で小学校に捩じ込むという羽目になる。まさにモンスターである。ふつうは「なんでバツ?」と思ったら教科書を読んでああなるほどと納得しそうなもんだが、上記のようなことである故、学ぼうという姿勢はハナから持ち合わせておらんのだ。「先生もまちがえることがある」などと親の威厳を保っても「学ぼう」という姿勢がないのは賢いお子さんには丸わかりであろう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。