「HDCPを知る」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

HDCPを知る」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #settitle(PS3の場合は注意!HDCPの意義・対処法を詳しく理解しよう - VIPで初心者がゲーム実況するには)
 [[トップ>https://www18.atwiki.jp/live2ch/]] > [[キャプボカテゴリ概要]] > [[キャプチャーボードの基礎知識]] > &font(#0080FF){HDCPを知る} / &lastmod()
 
 ----
 #center(){{{
 &size(20px){&font(DarkGray){PS3をHDMI接続するなら、HDCPについて理解しておこう}}
 }}}
 
 -ゲーム機と[[キャプチャーボード]]をHDMI接続する場合は、&font(#0080FF){HDCP}について知っておきましょう。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/c56.png)
 
 -そうしないと、たとえば&font(#0080FF){PS3とキャプチャーボードをHDMI接続したときに、ゲーム画面をPCに表示できない、録画できないというケースが考えられる}からです。HDCPは、映像・音声を不正コピーから守るための著作権保護技術です。
 
 >目次
 
 #contents()
 
 *HDCPはデジタルコンテンツを保護するためのコピーガード
 
 -[[キャプチャーボード]]を使ってPS3のゲーム画面をPCに映したいという場合、多くの人はPS3とキャプチャーボードをHDMI接続すればよいと考えるでしょう。HDMIは高画質でゲームをプレイできますし、接続も簡単だからです。しかし、だからといって適当にHDMI端子を搭載したキャプチャーボードを購入してはいけません。
 
 -というのも、&font(#0080FF){PS3がHDMI出力する映像にはHDCP信号が含まれている}(プロテクトがかかっている)からです。この場合、キャプチャーボード側がHDCPに対応していないと、PS3の映像をPCに映して録画することができません。では、&font(#0080FF){私たちが購入する一般的なHDMIキャプチャーボードがHDCPに対応しているのかというと、答えはノー}です。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/c57.png)
 
 -PS3だけではなく、&font(#0080FF){PS Vita TVについても同じ問題が起こります}。同ゲーム機のHDMI出力にもHDCPが入っているからです。したがって、やはりキャプチャーボードとHDMI接続したところで、映像をPCで表示・録画することはできません。
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *HDCPとゲーム機
 
--ゲーム機ごとにHDCPについての対応が異なっています。ゲーム機側の仕様として覚えておきましょう。繰り返しますが、注意が必要なのはPS3とPS Vita TVの2機種です。
+-ゲーム機ごとにHDCPについての対応が異なっています。ゲーム機側の仕様として覚えておきましょう。繰り返しますが、&font(#0080FF){注意が必要なのはPS3とPS Vita TVの2機種}です。
 
 |BGCOLOR(#f8f8ff):|CENTER:BGCOLOR(#f8f8ff):HDCPの有無|CENTER:BGCOLOR(#f8f8ff):説明|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):PS4|CENTER:なし|PS4側の設定でHDCPをOFFにできる|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):PS3|CENTER:&font(#0080FF){あり}|HDCPに注意(HDMI接続時)|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):Switch|CENTER:なし||
 |BGCOLOR(#E1F0FF):Wii U|CENTER:なし||
 |BGCOLOR(#E1F0FF):Xbox One|CENTER:なし||
 |BGCOLOR(#E1F0FF):Xbox 360|CENTER:なし||
 |BGCOLOR(#E1F0FF):PS Vita TV|CENTER:&font(#0080FF){あり}|HDCPに注意|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):iOSデバイス|CENTER:あり|ただし、ゲームについては表示・録画可能な場合が多い|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):レトロフリーク|CENTER:なし||
 |BGCOLOR(#E1F0FF):ミニSFC|CENTER:なし||
 |BGCOLOR(#E1F0FF):ミニFC|CENTER:なし||
 
 **PS3、PS Vita TV
 
 -PS3、およびPS Vita TVのHDMI出力にはHDCPが入っています。&font(#0080FF){HDMI出力された映像・音声はHDCPによって保護されている}ため、&font(#0080FF){対処法を考えておかなくてはいけません}。
 
 **PS4
 
 -PS4は、&font(#0080FF){本体側で設定変更することによってHDCPを無効にできます}。この設定は最初に行っておきましょう。具体的には、「設定」→「システム」→「HDCPを有効にする」のチェックを外します。HDCPを無効にすれば、&font(#0080FF){以下の解説を読む必要はありません}。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/ps4_01.jpg)&br()&size(small){▲PS4の場合は、ここで&font(#0080FF){HDCPを無効にすればHDCP非対応のキャプチャーボードでも映像を表示・録画できる}ようになります。}
 
 **Switch、Wii U、Xbox One、Xbox 360
 
 -&font(#0080FF){Switch、Wii U、Xbox One、Xbox 360については、対策は不要}です。これらのゲーム機の場合、HDMI出力にはHDCPが入っていないからです。したがって、&font(#0080FF){以下の解説を読む必要はありません}。
 
 **iOSデバイス
 
 -iPhoneなどの&font(#0080FF){iOSデバイス}については少し特殊です。HDMI出力にHDCPがかかっているのですが、キャプチャーボードによってはゲーム画面を映したり録画することができます。&font(#0080FF){主要なキャプチャーボードは、たいていiOSデバイスに対応している}ので心配いりません。
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)対応製品については、[[キャプチャーボードを使ってiPhoneの画面をPCに映す方法>https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/552.html#id_6e5bd94a]]を参照
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *4つの対処法
 
 -&font(#0080FF){HDMI端子を搭載した一般的なキャプチャーボードは、HDCPに対応していません。}HDMIキャプチャーボードを販売するメーカーの商品ページに「著作権保護された映像は録画できません」などと書かれてあるのは、当該キャプチャーボードがHDCPに対応していないことを意味しています。
 
--では、どのようにすればHDCPを回避できるのでしょうか。4種類の方法が考えられます。&font(#0080FF){どの方法も一長一短}であるため、メリット・デメリットを考慮したうえで判断しましょう。
+-では、どのようにすればHDCPを回避できるのでしょうか。3種類の方法が考えられます。&font(#0080FF){どの方法も一長一短}であるため、メリット・デメリットを考慮したうえで判断しましょう。
 
--いちばん定番といえる方法は、対処法2です。また、無難な方法は対処法4になります。 
+-いちばん定番といえる方法は、対処法2です。
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *対処法1-HDCPの制約がない特定のキャプチャーボードを使用する-
 
 -&font(#0080FF){HDCPによる制約を受けないキャプチャーボードを使う方法}です。たとえば下表に掲載している製品は、PS3やPS Vita TVをHDMI接続して映像を表示・録画できます。ただし、&font(#0080FF){このような製品は、きわめて限られています}。
 
 |BGCOLOR(#f8f8ff):|CENTER:BGCOLOR(#f8f8ff):DC-HE1U|CENTER:BGCOLOR(#f8f8ff):DC-HC4FSPEC|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):価格|CENTER:&html(<a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00MUA4892/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00MUA4892&linkCode=as2&tag=vipdshosgemuj-22&linkId=bffc0adc2d15b21bb657df92ed1017cb"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B00MUA4892&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=vipdshosgemuj-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=vipdshosgemuj-22&l=am2&o=9&a=B00MUA4892" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />)|CENTER:&html(<a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XWNYNC1/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B06XWNYNC1&linkCode=as2&tag=vipdshosgemuj-22&linkId=6a173b6afc64ba45bda16f36f8a711e3"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B06XWNYNC1&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=vipdshosgemuj-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=vipdshosgemuj-22&l=am2&o=9&a=B06XWNYNC1" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />)|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):PCとの接続|USB 2.0|PCI Express x1|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):HDCPによる制約|なし|なし|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):ビデオ入力端子|HDMI端子|HDMI端子|
 |BGCOLOR(#E1F0FF):&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/doc08.png)|BGCOLOR(#EDF8FE):[[こちら>DC-HE1U]]&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/spacer04.png)|BGCOLOR(#EDF8FE):こちら&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/spacer04.png)|
 &br()
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/c42c.png)
 
 -2019年現在、選択の余地はほぼなく、ノートPCなら事実上[[DC-HE1U]]を購入するしかないでしょう。デスクトップPCなら&html(<a href="https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XWNYNC1/vipdshosgemuj-22/ref=nosim/" target="_blank">DC-HC4FSPEC</a>)(リンク先 : Amazon)も選択肢に入ります。
 
 -いずれの製品も購入する予定はないという場合は、対処法2~4のいずれかになります。
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *対処法2-特定のHDMI分配器を使用する-
 
 -HDMI端子を搭載している、すべてのキャプチャーボードで可能な対処法として、&font(#0080FF){特殊なHDMI分配器(HDMIスプリッタ)を使用する方法}があります。注意したいのですが、&font(#0080FF){どのようなHDMI分配器でもよいというわけではありません}。下記製品がよく使われています。
 
 &html(<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=vipdshosgemuj-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=B075QG9P2B&linkId=551ebd9d5f809671233140ed459c620e&bc1=ffffff&lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0080ff&bg1=ffffff&f=ifr"></iframe>)
 
 **HDMI分配器の使い方
 
 -&font(#0080FF){分配器}(スプリッタ)というのは、本来は映像・音声を分配出力するためのものです。しかし、このHDMI分配器が特殊なのは、接続した機器のHDCPを回避できるという点です。つまり、&font(#0080FF){PS3またはPS Vita TVをHDMI分配器に接続することで、HDCPがなかったことになる}わけです。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/c42d.png)&br()&size(small){▲ここでは、&html(<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B075QG9P2B/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B075QG9P2B&linkCode=as2&tag=vipdshosgemuj-22&linkId=f05b69bea3f578a4e6836f22f9cdaf03">AstroAI 4K HDMI 分配器 スプリッター 1入力2出力</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=vipdshosgemuj-22&l=am2&o=9&a=B075QG9P2B" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />)(リンク先 : Amazon)を使用しています。}
 
 -使い方は簡単です。&font(#0080FF){ゲーム機とキャプチャーボードのあいだに}、HDMI分配器を挟みこむかたちで接続しましょう。HDMIケーブルは計2本必要です。
 
 +ゲーム機とHDMI分配器(「&font(#0080FF){IN}」)をHDMIケーブルで接続する。
 +HDMI分配器(「&font(#0080FF){OUT}」)とキャプチャーボード(「&font(#0080FF){IN}」)をHDMIケーブルで接続する。
 +HDMI分配器のACアダプターをコンセントに接続する。
 
 -接続方法がよくわからない場合は、当サイトの各キャプチャーボードの記事をご覧ください。&font(#0080FF){キャプチャーボードごとに、HDMI分配器の接続方法を掲載}しています。
 
 &space(8)&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/lupe03a.png)接続方法については、[[各キャプチャーボードの詳しい使い方]]を参照
 
 -&font(#0080FF){キャプチャーボード自体は、HDMI端子を搭載している製品であればどのようなものでもかまいません}。たとえば、[[Elgato Game Capture HD60 S]]でPS3のゲームを録画・配信したい場合に、上記HDMI分配器を使用すればよいわけです。
 
 **分配器のメリットを活かせる
 
 -分配器であるため、映像・音声をキャプチャーボードのほかTVにも出力できます。HDMIケーブルをもう1本用意して分配器とTVをHDMI接続すれば、[[キャプチャーボードの遅延>https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/169.html#id_1975ece2]]がない状態で&font(#0080FF){TVに映ったゲーム画面を見ながらゲームをプレイし、PC側で録画・配信することも可能}です。つまり、この分配器を使えばHDCP対策に加えて、同時に遅延対策もできるということです。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/c58.png)&br()&size(small){▲接続例はこのようになります。少し接続が複雑になりますが、一石二鳥の使い方ができます。}
 
 -もちろん、キャプチャーボードの遅延が気にならない場合は、&font(#0080FF){必ずしも分配器とTVは接続しなくてもかまいません}。また、キャプチャーボードの[[パススルー出力>パススルー出力機能の使い方]]機能を使う場合も、やはり分配器とTVは接続しなくてもかまいません。
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
-*対処法3-画面を表示できるキャプチャーボードを使用する-
+*対処法3-コンポーネント/D端子で接続する-
 
--キャプチャーボードによっては、HDMI接続したPS3またはPS Vita TVの映像を付属のキャプチャーソフトで表示できるものがあります。&font(#0080FF){PCの画面を取り込む機能を持ったアプリケーションを別途用意}すれば、HDCPを回避できます。
-
--この方法は、少し難しい方法かもしれません。また2019年現在、下表に掲載した製品は少し古くなっており、わざわざやる意味は薄くなっています。
-
-**HDCP非対応でも映像を「表示」できる製品がある
-
--上で述べたとおり、PS3またはPS Vita TVとキャプチャーボードをHDMI接続すると、映像を表示できないのが原則です。しかし、キャプチャーボード付属の[[キャプチャーソフト>https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/29.html#id_9eed3a53]]を使用した場合に限り、映像を「表示」することはできる(音声もPCから出せる)という製品が増えてきました。たとえば、下表に掲載している製品です。
-
-|BGCOLOR(#f8f8ff):|CENTER:BGCOLOR(#f8f8ff):AVT-C875|CENTER:BGCOLOR(#f8f8ff):MonsterX U3.0R|CENTER:BGCOLOR(#f8f8ff):CV710|
-|BGCOLOR(#E1F0FF):価格を見る&br()(リンク先 : Amazon)|CENTER:&html(<a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00EU7Y9OW/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00EU7Y9OW&linkCode=as2&tag=vipdshosgemuj-22&linkId=9349eb7404a682e955c072b24c2733c7"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B00EU7Y9OW&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=vipdshosgemuj-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=vipdshosgemuj-22&l=am2&o=9&a=B00EU7Y9OW" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />)|CENTER:&html(<a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DU0YD5U/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00DU0YD5U&linkCode=as2&tag=vipdshosgemuj-22&linkId=0ea722d61f65f977e64b3b137f0fa514"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B00DU0YD5U&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=vipdshosgemuj-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=vipdshosgemuj-22&l=am2&o=9&a=B00DU0YD5U" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />)|CENTER:&html(<a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ITGD31A/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ITGD31A&linkCode=as2&tag=vipdshosgemuj-22&linkId=3b38090d3ab05cfd955ac46f38660417"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B00ITGD31A&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=vipdshosgemuj-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=vipdshosgemuj-22&l=am2&o=9&a=B00ITGD31A" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />)|
-|BGCOLOR(#EDF8FE):&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/doc08.png)|BGCOLOR(#EDF8FE):[[こちら>AVT-C875]]&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/spacer04.png)|BGCOLOR(#EDF8FE):[[こちら>MonsterX U3.0R]]&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/spacer04.png)|BGCOLOR(#EDF8FE):[[こちら>CV710]]&ref(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/spacer04.png)|
-|BGCOLOR(#E1F0FF):備考|・TV出力可能&br()・過去の映像遡り&br()・単体録画可能|・ノートPCでフルHD&br()・TV出力可能&br()・PS3をHDMI接続可|・ノートPCでフルHD&br()・多機能なソフト|
-
--ここで重要なのは、(1)&font(#0080FF){付属のキャプチャーソフトを使用した場合にのみ映像を表示できる}という点と、(2)&font(#0080FF){付属のキャプチャーソフトでのみ録画できないように制限がかけられている}、という点です。つまり、付属のキャプチャーソフトでは映像を表示できるわけですから、その状態で&font(#0080FF){別のアプリケーションを使って画面を取り込めばよい}ということです。
-
-**用意するアプリケーションの例
-
--たとえば、上表に掲載している[[MonsterX U3.0R]]を録画用に購入し、PS3をHDMI接続したとしましょう。付属のキャプチャーソフトを使えばPS3の映像がPCに表示されますし、PS3の音声もPCから出ます。付属のキャプチャーソフトでは録画できないようになっていますが、[[Bandicam]]など別の録画ソフトを使えば画面を録画できるわけです。録画ソフトの詳細については、[[PCゲームの録画]]をご覧ください。
-
--また、ライブ配信であれば、まずは付属のキャプチャーソフトにPS3の映像を表示します。そして、[[NLE>Niconico Live Encoder]]の&font(#0080FF){画面キャプチャー機能}で画面を取り込みます。NLEでなくても、[[OBS Studio>OBS Studioの詳しい使い方(1)]]や[[XSplit>XSplitの詳しい使い方(1)]]でもかまいません。これらの配信ソフトにも画面キャプチャー機能が搭載されています。
-
--なお、MonsterX U3.0Rは古いドライバを使うことによって、[[アマレコTV]]に映像を表示・録画することができます([[やり方>https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/384.html#id_0c25a759]])。この場合、アマレコTV以外のアプリを用意する必要はありません。
-
-&link_up(▲画面の上へ)
-
-*対処法4-コンポーネント/D端子で接続する-
-
--HDMI接続するのを諦めて&font(#0080FF){コンポーネント/D端子でPS3を接続する方法}です。HDCPは、あくまでもHDMI接続する場合にのみ働くわけですから、コンポーネント/D端子接続すればよいわけです。ただし、PS Vita TVではHDMI以外の接続ができないため、できません。
+-HDMI接続するのを諦めて&font(#0080FF){コンポーネント/D端子でPS3を接続する方法}です。HDCPは、あくまでもHDMI接続する場合にのみ働くわけですから、コンポーネント/D端子接続すればよいわけです。ただし、PS Vita TVはコンポーネント/D端子で接続できないため、この方法は採用できません。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/a29.jpg)&br()&size(small){▲[[コンポーネント端子/D端子>https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/169.html#id_a568de82]]が出力する映像には、HDCPは含まれていません。}
 
 **確実で安心だが、画質は少し落ちる
 
 -HDCPを回避するうえで、&font(#0080FF){いちばん確実な対処法}です。コンポーネント/D端子で接続した場合、&font(#0080FF){画質はHDMI端子で接続した場合よりも少し落ちます}。精細感に欠けた映像になりますが、大きな差があるわけではありません。画像を小さくすればするほど、両端子の画質を区別するのは難しくなります。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/c60.jpg)&br()&size(small){▲画像はPS3版『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』(カプコン)より}
 
--[[Elgato Game Capture HD]]、[[AVT-C875]]、[[CV710]]、[[GC550]]には、&font(#0080FF){PS3用のコンポーネントケーブルが付属}されています。これは、「うちの製品のHDMI端子はHDCPに対応していないので、&font(#0080FF){PS3を接続する場合は付属のコンポーネントケーブルを使用して対処してほしい」というメーカー側の意図}です。
+-[[Elgato Game Capture HD]]、[[AVT-C875]]、[[GC550]]には、&font(#0080FF){PS3用のコンポーネントケーブルが付属}されています。これは、「うちの製品のHDMI端子はHDCPに対応していないので、&font(#0080FF){PS3を接続する場合は付属のコンポーネントケーブルを使用して対処してほしい」というメーカー側の意図}です。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www18.atwiki.jp/live2ch/pub/cap/c63.png)&br()&size(small){▲[[GC550]]にはPS3用のコンポーネントケーブルが付属されています。PS3用にケーブルを購入する必要はありません。また、上図のように1本のケーブルになっているので、取り扱いがしやすく便利です。}
 
 **コンポーネント/D端子を搭載したキャプチャーボードが必要
 
 -キャプチャーボードにコンポーネント/D端子が搭載されている必要があります。&font(#0080FF){近年のキャプチャーボードには、同端子が搭載されていないのが一般的}です。この点は注意してください。
 
 -たとえば、[[Elgato Game Capture HD60 S]]はコンポーネント端子を搭載していません。また、HDCP非対応であるため、PS3をHDMI接続しても映像を表示できません。したがって、&font(#0080FF){対処法2を採用する必要があります}。
 
 **PS Vita TVではできない
 
--&font(#0080FF){PS Vita TVは、コンポーネント/D端子に対応していません。}対応しているのはHDMI端子のみとなっています。そのため、対処法1~3のいずれかの方法を採用する必要があります。
+-&font(#0080FF){PS Vita TVは、コンポーネント/D端子に対応していません。}対応しているのはHDMI端子のみとなっています。そのため、対処法1~2のいずれかの方法を採用する必要があります。
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 
 *関連ページ
 
 -[[コメント>https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/459.html]]
 --質問など
 
 -[[PS4・PS3・Wii U用に、どのキャプチャーボードを購入すべきか]]
 --適当に買うのは危険。まずはゲーム機ごとの注意点から
 
 -[[キャプチャーボード]]
 --キャプチャーボードってなんだろう?その意義・役割を理解しよう
 
 -[[キャプチャーボードの選び方]]
 --いますぐわかる!キャプチャーボードの賢い選び方
 
 -[[キャプチャーボードの映像・音声が出ないときは]]
 --ゲーム画面がPCに映らない、ゲーム音がPCから出ないときの対処法
 
 -[[【2019年版】筆者がいつも使っている、おすすめキャプチャーボード4選]]
 --キャプチャーボード購入で迷ったときの参考に!
 
 &link_up(▲画面の上へ)
 ----
-
-&meta_description(PS3とキャプチャーボードをHDMIで接続するさいに知っておきたいのが、「HDCP」というコピーガードです。そのままではPS3のゲーム画面をPCに映すことができません。あるいは、ゲーム画面を映せたとしても録画・ライブ配信ができません。そこで対処法について見ていきましょう。対処法は、いくつかの種類があります。いちばん簡単なのは、HDMI以外のケーブルでゲーム機とキャプチャーボードをつなぐ方法です。たとえば、「コンポーネントケーブル」というものを使います。しかし、どうしてもHDMIでつなげたい場合は、あるHDMI分配器を使います。分配器というのは本来、映像・音声を複数の機器に同時に出力するために使う機器のことです。)