トップ > ニコ生カテゴリ > 自動枠取り(FMEA使用) / 2017年08月10日 (木) 20時45分52秒



  • このページでは、ニコニコ生放送における 自動枠取りの方法 について解説しています。自動枠取りの基本的なことについて知りたい場合は、 最初に以下のページをご覧ください。

        自動枠取りを参照

目次


アンコちゃんによる自動枠取りと、FMEAによる自動枠取り


  • 自動枠取りの方法は大きく2種類に分類できます。すなわち、(1)やります!アンコちゃん(以下、アンコちゃんと略)を使う方法と、(2)FME Automator(以下、FMEAと略)を使う方法です。


  • アンコちゃんコメントビューアですが、自動枠取りの機能を搭載しています。すぐに準備でき、設定が簡単です。

        自動枠取りを参照

  • FMEA を使った自動枠取りの方法は、配信ソフトやコメントビューアの種類を考慮せずにできます。コメントビューアはNCVを使用している人、配信ソフトのXSplitを使用している人などは、FMEAを使って自動枠取りしましょう。詳細はこのページで解説しています。



FMEAのダウンロード・インストール


  • FMEAのダウンロード・インストール方法は、以下のとおりです。

  1. 虚無。にアクセスする。
  2. 右のメニューにある「 FMEAutomator Ver 3.x.x 」をクリック(最新版でよい)。FMEAをダウンロードする。
  3. ダウンロードした「Setup-FMEAutomator-3.x.x.zip」を解凍する。
  4. 「Setup-FMEAutomator-3.x.x」フォルダができる。
  5. 同フォルダのなかにある「 Setup-FMEAutomator-3.x.x.exe 」をダブルクリックし、画面を順に進めていく。
  6. インストールが完了し、デスクトップに「FMEAutomator 3」のショートカットアイコンができる。



FMEAの基本的な設定


  • それではFMEAの設定をしていきましょう。

デスクトップにある「FMEAutomator 3」のショートカットアイコンをダブルクリックしてFMEAを起動します。

ログイン画面が表示されるので、niconicoのアカウントを作成するさいに入力した情報を設定します。


「OK」をクリックします。

「プラグイン」→「枠取り」で「配信内容の項目設定」を選択します。


「追加」ボタンをクリックします。そして、「新配信」の「利用する」にチェックを入れ、放送タイトルなどの設定を行いましょう。


設定画面を閉じ、「プラグイン」→「枠取り」→「配信内容」で、さきほど追加した項目をクリックします。


FMEAの「▲」の部分をダブルクリックすると、下記画像のようにコンパクトな状態になります。


以下、使用している配信ソフトごとにFMEAの設定をしていきます。


NLEの場合


  • NLEで配信する場合、FMEAと連携して自動枠取りするためには NLEautostart が必要です。

        自動枠取りを参照


OBSの場合


  • OBS Studioで配信する場合、以下のページをご覧ください。

        OBS Studioで自動枠取りする方法を参照


XSplitの場合


HiMacroExが必要


  • XSplitで配信する場合、FMEAと連携して自動枠取りするために HiMacroEx というアプリを導入しましょう。このアプリは、PC上の操作を自動化させたいときに使われます。今回は HiMacroExがXSplitに対して配信を開始・終了させる指示を出すように設定 します。


  • さっそくHiMacroExを使いたいところですが、そのまえに XTRM Runtime というソフトをインストールしましょう。XTRM Runtimeは、HiMacroExを動作させるために必要なソフト(ランタイム)をインストールしてくれます。

  1. 窓の杜にアクセスする。
  2. 「窓の杜からダウンロード」をクリックして、「xtrm-runtime.zip」をダウンロードする。
  3. ダウンロードしたファイルを解凍する。
  4. 「xrun_setup.exe」をダブルクリックし、画面を進めていく。
  5. インストールが完了する。

  • XTRM Runtimeをインストールしたら、つぎは HiMacroEx の番です。

  1. Vectorにアクセスする。
  2. 「ダウンロードページへ」をクリックして、「このソフトを今すぐダウンロード」から「HiMacroEx.zip」をダウンロードする。
  3. ダウンロードしたファイルを解凍する。
  4. 「HiMacroEx」フォルダを任意の位置に移動する。

XSplitの設定


  • まず、 XSplitで配信を開始・終了するためのショートカットキーを設定 しましょう。ここで設定したショートカットキーを、HiMacroExに実行させることになります。

  1. XSplitを起動し、「ツール」→「設定」の順にクリックする。
  2. 「ショートカットキー」タブを開き、下にスクロールしたところにある 「開始/停止 Nico Nico Live 2」を選択 する。
  3. 任意のショートカットキーを設定 する。たとえば、「Ctrl」と「Alt」にチェックを入れ、「None」を「D1」にする。


HiMacroExの設定


  • 今度は、XSplitのショートカットキーの設定に合わせて、HiMacroExの設定を行っていきます。具体的には、 XSplitに配信を開始・終了させるための操作をHiMacroExで記録 します。ここで作成した操作記録のファイルは、あとでFMEAで使用します。順番にやっていけば難しくありません。

HiMacroExを起動します *1


テキストエリアに、さきほどXSplitで設定したショートカットキーに合わせてコマンドを直接入力しましょう。HiMacro公式サイトにコマンド一覧が掲載されています。


上の解説のとおりにショートカットキーを設定しているのであれば、上から順に「LCtrl Down」「LAlt Down」「1」「LCtrl Up」「LAlt Up」を1行ずつコピー&ペースト してください。コマンドの意味は、「Ctrlキー + Altキー + 1を押して離せ」です。 XSplitに配信を開始・終了させるコマンド となります。

「保存」をクリックします。


任意のファイル名を入力し(例 : 「XSplit」)、 「ファイルの種類」で「HiMacroExファイル(*.hmc)」を選択して保存 してください。


XSplit使用時のFMEAでの設定


  • ここまでできたら、あと一歩です。 FMEAとHiMacroExを連携させるための設定を行い 、自動枠取りしましょう。

「プラグイン」→「アプリケーション 連携」→「設定」で設定画面を開きます。


「追加」ボタンをクリックして、下記画像のように設定します。この設定は、FMEA起動時にXSplitを自動的に起動するための設定です *2


再度「追加」ボタンをクリックして、下記画像のように設定します。さきほど HiMacroExで作成したファイル(.hmc)を「コマンドライン」で選択するのを忘れないように しましょう *3


再度「追加」ボタンをクリックして、下記画像のように設定します。ここでもやはり、HiMacroExで作成したファイル(.hmc)を「コマンドライン」で選択します。


「OK」をクリックします。

XSplitを起動します。FMEAの起動と同時にXSplitを起動する設定にしている場合、次回以降は手動でXSplitを起動する必要はありません。

「プラグイン」→「枠取り」で「 枠を取る 」を選択します。FMEAのステータスバーに「放送開始を検出しました」と表示され、 XSplitでの配信が自動開始 します。


Webブラウザで配信画面やコメントを確認したい場合は、「ツール」→「ブラウザで放送を開く」→「本番開始」の順にクリックします。


次枠を自動でとりたい場合にかぎり、「プラグイン」→「枠取り」で「 枠取り自動化 」をONにします。この設定は保存されないため、FMEAを起動するたびに行う必要があります。


次枠を取らずに配信を途中で切る場合は、「プラグイン」→「枠取り」で「 枠を終了する 」を選択します。そうすれば、「枠取り自動化」のON/OFFに関係なく配信を終了できます。



コメントビューアとの連携


  • FMEAは コメントビューアと連携 することによって、配信開始と同時にコメントビューアが自動起動し、 自動で放送に接続してコメントを取得することができます 。通常、コメントビューアでコメントを取得するためには、手動でコメントビューアを放送に接続する必要がありますが、FMEAとコメントビューアが連携すればその手間を省略可能というわけです。


NCVとの連携


  • NCV 、および Nway については、FMEAで標準対応しています。NCVを例にすると、設定方法は以下のとおりです。

  1. FMEA「プラグイン」→「NCV 連携...」の順にクリックする。
  2. 「NCV 連携 を有効にする」をONにする。
  3. 「NCV のパス」で「NiconamaCommentViewer.exe」を指定する *4
  4. 「NCV の多重起動を禁止する」をONにする。
  5. 「OK」をクリックする。
  6. FMEA「プラグイン」→「枠取り」で「枠を取る」を選択する。
  7. NCVが自動で起動し、放送に接続してコメントを表示する。


やります!アンコちゃんとの連携


  • アンコちゃん の場合の設定方法は以下のとおりです。

  1. FMEA「プラグイン」→「アンコちゃん 連携...」の順にクリックする。
  2. 「やります! アンコちゃん 連携を有効にする」をONにする。
  3. 「やります! アンコちゃんのパス」で「自動設定」をクリックする。
  4. 「管理者権限での起動を許容する」をONにする。
  5. 「OK」をクリックする。
  6. FMEA「プラグイン」→「枠取り」で「枠を取る」を選択する。
  7. アンコちゃんが自動で起動し、放送に接続してコメントを表示する。


Webブラウザとの連携


  • FMEAとWebブラウザを連携するように設定しておくと、配信開始と同時に自動でWebブラウザを開いて配信画面やコメントを確認できます。

  1. FMEA「プラグイン」→「アプリケーション 連携」→「設定...」で設定画面を開く。
  2. 「追加」ボタンをクリックする。
  3. 「名前」にわかりやすい名前をつける(例 : ブラウザ起動)。
  4. 「ファイルパス」にWebブラウザがある場所を指定する。
  5. 「コマンドライン」に「http://live.nicovideo.jp/watch/lv${BroadcastID}」をコピー&ペーストする。
  6. 「起動タイミング」を「配信開始後」にする。
  7. 「多重起動を防止する」がOFFになっていることを確認する。
  8. 「OK」をクリックする。
  9. FMEA「プラグイン」→「アプリケーション 連携」→「アプリケーション」で、さきほど追加した設定名にチェックが入っていることを確認する。



関連ページ














| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー