トップ > ニコ生カテゴリ > OBS Studioで自動枠取りする方法 / 2017年08月14日 (月) 20時57分28秒



自動枠取りのやり方、OBS Studioならこんなに簡単に

  • ニコ生でOBS Studioを使用している場合、どのようにして 自動枠取り を行うのでしょうか。このページでは、 自動で放送枠を取得して、かつ自動でOBS Studioで配信を開始する方法 について見ていきます。


  • ニコ生は、2017年8月24日から新配信に完全移行します。この影響により、従来であれば問題なくできた 自動枠取り(配信の自動開始)がうまくいかないことがあるかもしれません 。新配信を前提に解説していますが、 不安定な動作をすることがある 点は認識しておきましょう。

  • ただ、 今後は自動枠取りの必要性は薄れていきます 。というのも、新配信の完全移行に合わせて 延長料金が無料になる からです(詳細はニコニコインフォ参照)。30分の枠が終了するまえに延長すれば、自動枠取りせずとも最大6時間まで配信できます。

目次



3種類ある自動枠取りの方法


  • OBS Studioの場合、自動枠取りの方法は3種類に分けて考えるとよいでしょう。ほかにも方法はありますが、このページでは3パターンに絞って解説します。


アンコちゃんで行う方法


  • いちばんお薦めの方法は、やります!アンコちゃん(以下、アンコちゃん)に搭載されている自動枠取り機能を使用する方法です。ふだんから コメントビューアとしてアンコちゃんを使用している人は、この方法で自動枠取りを行いましょう 。とてもシンプルで簡単です。ただし、 2017年8月現在、新配信では安定して自動枠取りできません


FMEAで行う方法


  • コメントビューアはNCVを使用しているという場合や、そもそもコメントビューアを使用していないという場合は、 FMEA という自動枠取り用のアプリを導入します。FMEAは NCVと連携できる ので、これを使いましょう。もちろん、 アンコちゃんとの連携も可能 です。FMEAで放送枠を取得すると、NCVまたはアンコちゃんが自動的に起動し、放送に自動接続して視聴者のコメントを表示してくれます。 ver 3.5.1から新配信に対応 しています。


おまけちゃんで行う方法


  • おまけちゃん もFMEAと同様、自動枠取り用のアプリです。ダウンロードして使用することはできますが、すでに開発は停止しています。



ニコ生用プラグインを導入する


OBS Studioで自動的に配信開始・終了するために必要


  • アンコちゃん、FMEA、おまけちゃん、いずれを使用する場合でも、 ニコニコ生放送用 OBS Studio プラグイン (以下、ニコ生用プラグイン)が必要です。このプラグインをインストールしておくと、 放送枠を取得した場合に、OBS Studioによる配信が自動的に開始 します。流れを簡単に確認しておきましょう。

  1. アンコちゃん、FMEA、おまけちゃんのいずれかで放送枠を取る(詳細は後述)。
  2. ニコ生用プラグインが放送枠の取得を感知 し、自動でOBS Studioに配信を開始させる。
  3. 放送枠が終わるとニコ生用プラグインがそれを感知 し、自動でOBS Studioの配信を終了させる。
  4. アンコちゃん、FMEA、おまけちゃんが自動で次枠を取る。
  5. 2に戻る。


  • OBS Studioを使用している人のなかには、ニコ生で配信するたびにURLおよびストリームキーを毎回コピー&ペーストしている人がいるかもしれません。しかし、ニコ生用プラグインを導入すれば、その手間から開放されます。つまり、 URLおよびストリームキーのコピー&ペーストは不要になり、自動的に配信を開始できるようになる わけです。


ダウンロード・インストール


  • ニコ生用プラグインのインストール方法は、以下のとおりです。ダウンロードしたファイルの解凍方法に注意してください。

  1. Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージ Update 3をインストールしておく。
  2. GitHubにアクセスする。
  3. v2.1.0 」の「obs-rtmp-nicolive_2.1.0-win.7z」をダウンロードする。
  4. ダウンロードした 7z形式のファイルを7-Zipで解凍 する(解凍方法がわからない場合は、こちらを参照)。
  5. 解凍したフォルダ内にある 「data」フォルダと「obs-plugins」フォルダを、OBS Studioのインストール先フォルダにドラッグ&ドロップ する。
  6. 「はい」→「はい」の順にクリックする。



OBS Studioの設定を変更する


ニコ生用プラグインの選択


  • ニコ生用プラグインをインストールできたら、つぎは OBS Studioのほうで配信を自動的に開始するための設定 をしましょう。同プラグインをインストールしていない場合は、以下の設定はできません。

  1. 「設定」をクリックする。
  2. 「配信」をクリックする。
  3. 「配信種別」で「 ニコニコ生放送 」を選択する *1
  4. 「ログインタイプ」が「メールとパスワードでログイン」になっていることを確認する。
  5. niconicoのメールアドレスとパスワードを入力する。
  6. 「自動で配信開始と次枠移動を行う」にチェックを入れる。
  7. 「監視間隔」を10秒にする。


  • なお、 Windows 7ではニコ生用プラグインでログインできない場合がある ようです。対処法については、GitHubを参照してください。

自動再接続の無効化


  1. 「詳細設定」をクリックする。
  2. 「自動的に再接続」の「有効にする」のチェックを外す。
  3. 「OK」をクリックする。



アンコちゃんで自動枠取りする方法


  • OBS Studioの設定ができたら、 放送枠を取得 しましょう。まずは、アンコちゃんの場合について見ていきます。OBS Studioを起動しておいてください。

時計のアイコンをクリックします *2


「配信方法」を「新配信」にします。


次枠を自動で取る予定の場合 は、「 次枠予約 」にチェックを入れておきましょう。この設定は保存されないので、次回アンコちゃんを起動したときは再度設定してください。


スタートまでする 」ONにします。ここがOFFになっていると、OBS Studio側で配信を自動的に開始できません。ただ、新配信ではONにした状態で「枠取り開始」ボタンをクリックすると、 アンコちゃんが落ちる(終了する)ことがあります


各種設定をし、 「枠取り開始」ボタンをクリック します。このタイミングでアンコちゃんが落ちる場合は、「スタートまでする」をOFFにした状態で枠取りし、手動で配信を開始しましょう(後述)。


枠取りに成功した場合にかぎり、 OBS Studioの「配信開始」ボタンが自動でクリックされて配信が開始 します *3 。また、アンコちゃんが自動で放送に接続し、視聴者のコメントを表示します。


「次枠予約」にチェックが入っていれば、 枠終了後にアンコちゃんが自動で次枠を取得 します *4 。また、ニコ生用プラグインが枠取得を感知し、OBS Studioの配信が自動で開始します。

配信を途中で終了して次枠を取らない場合 は、「次枠予約」のチェックを外し、そのうえでWebブラウザから配信を終了させてください。すると、OBS Studioの配信も自動的に終了します。


FMEAで自動枠取りする方法


FMEAのダウンロード方法、および基本的な設定方法については、下記ページをご覧ください。あらかじめ FMEA側で適切に設定しておかないと、自動枠取りできません

        自動枠取り(FMEA使用)を参照

「プラグイン」→「枠取り」で「 枠を取る 」を選択します。すると、 OBS Studioの「配信開始」ボタンが自動でクリックされて配信が開始 します。


Webブラウザで配信画面やコメントを確認したい場合は、「ツール」→「ブラウザで放送を開く」の順にクリックします。


コメントビューアで放送に自動接続してコメントを表示したい場合は、自動枠取り(FMEA使用)をご覧ください。

次枠を取りたい場合 は、「プラグイン」→「枠取り」で「 枠取り自動化 」をONにしておきましょう。この設定は保存されないため、FMEAを起動するたびに行う必要があります。


次枠を取らず、 枠終了で配信を終える場合 は、「プラグイン」→「枠取り」で「枠取り自動化」をOFFにしておきましょう。


枠の途中で配信を切る場合 は、「 枠を終了する 」を選択します。そうすれば、「枠取り自動化」がON/OFFどちらの状態であっても配信を終了します。次枠は取りません。



おまけちゃんで自動枠取りする方法(1)


  • おまけちゃんをダウンロードします。

  1. VariedTasteFinderにアクセスする。
  2. おまけちゃんをダウンロードする。
  3. ダウンロードしたZIPファイルを解凍する。

  • おまけちゃんを起動するには、.NET Framework 4.6.1というソフトが必要です。おまけちゃん起動時にエラーが出た場合は、同ソフトをインストールしましょう *5


おまけちゃんで自動枠取りする方法(2)


  • おまけちゃんの使い方です。OBS Studioを起動しておいてください。

「omakeChan」フォルダを開き、「 AutoWakuGetter.exe 」をダブルクリックします。エラーが出た場合の対処法については、上で述べたとおりです。


ふだん使用しているWebブラウザを選択 します。右側の空欄に「user_session_数字_16進数」という文字列が表示されたことを確認してください。


次枠を取る予定がある場合は、「 連続枠取得 」にチェックを入れておきます。


NCVと連携させたい場合 は、以下のように設定してください。

  1. 連携 」をクリックする。
  2. 「タイミング」を「枠取り後」にする。
  3. 「file_path」下の空欄をクリックし、「NiconamaCommentViewer.exe」を選択 する *6
  4. 「有効」にチェックを入れる。
  5. 「保存」をクリックする。


各種設定をして、 「放送枠を取得する」をクリック します。


すると、 OBS Studioの「配信開始」ボタンが自動でクリックされて配信が開始 します。また、NCVが自動的に起動し、放送に自動接続して視聴者のコメントを表示します。


「連続枠取得」にチェックが入っていれば、 枠終了後におまけちゃんが自動で次枠を取得 します。また、ニコ生用プラグインが枠取得を感知し、OBS Studioの配信が自動で開始します。

配信を途中で終了して次枠を取らない場合 は、「放送枠を終了させる」をクリックしてください *7 。すると、OBSの配信も自動的に終了します。


なお、放送タイトルに「第○○回」と自動で数字を入れたい場合は、おまけちゃんの「放送枠カウント」にチェックを入れ、「タイトル」に「第{count}回」と入力してください。


解説のとおりにやってもうまくいかない場合の対処法


  • 2017年8月現在、 新配信ではうまく自動枠取り(配信の自動開始)できないことがあるかもしれません 。その場合の対処法です。

アンコちゃんの場合


  • アンコちゃんで枠取りしたあと、OBS StudioとWebブラウザから手動で配信を開始しましょう。完全な自動化はあきらめます。 

  1. OBS Studioの設定画面を開き、「配信」タブの 「自動で配信開始と次枠移動を行う」のチェックを外す (あえて外す)。
  2. アンコちゃんの自動枠取りの設定画面を開き、 「スタートまでする」をOFFにした状態で「枠取り開始」ボタンをクリック する(あえてOFFにする)。
  3. OBS Studioの「配信開始」ボタンを手動でクリック する。
  4. Webブラウザで放送ページを開き、 「番組開始」ボタンを手動でクリック する。

FMEAの場合


  • FMEAで枠取りしたあと、ショートカットキーを使ってOBS Studioの配信を開始します。OBSAutoStartというソフトを導入します。詳細は、放送ツール覚え書き(外部サイト)を参照してください。


関連ページ





  • 自動枠取り
    • 次枠は自動で取る!これがスマートな次枠の取り方








*1 「ニコニコ生放送」が表示されない場合は、上述のMicrosoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージ Update 3がインストールされていない可能性があります。

*2 時計のアイコンが見あたらない場合は、「設定」→「設定」→「基本」タブで「設定レベル」の「×」をクリックし、「OK」→「OK」の順にクリックします。そして、再度「設定」→「設定」の順にクリックしてください。

*3 「配信開始」ボタンが自動でクリックされない場合は、アンコちゃんの自動枠取りの設定で「スタートまでする」がきちんとONになっていることを確認してください。加えて、OBS Studioのニコ生プラグインの設定(「設定」→「映像」)の「監視間隔」が60秒になっている場合は、10秒に設定します。

*4 配信途中に放送画面の「番組終了」をクリックした場合も、同様に自動枠取りが始まります。

*5 エラーというのは、具体的には「This application requires one of the following versions of the .NET Framework: .NETFramework,Version=v4.6.1 Do you want to install this .NET Framework version now?」という表示のことです。「はい」をクリックすれば、.NET Framework 4.6.1をインストールできます。

*6 このとき「file_path」の文字をクリックしてNCVを選択すると、「(1, -1) のセルでエラーが発生しました。説明: 選択された実行ファイルが実行されていないか確認して下さい」というエラーが出ます。文字ではなく「file_path」の下にある空欄をクリックし、NCVを選択すればエラーは出ません。

*7 「放送枠を終了させる」をクリックすれば、たとえ「連続枠取得」にチェックが入っていても配信は終了します。次枠は取りません。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー