トップ > PCゲーム録画カテゴリ > oCamの使い方 / 2016年09月09日 (金) 19時41分56秒


ほかのPCゲームを録画できるアプリについては、PCゲームの録画をご覧ください。


無料でも録画に制限なし!一通りのことができるキャプチャーソフト

  • oCam は、PCゲームやデスクトップ画面を録画できるアプリです。


あらゆるものを録画できる

  • PCゲームやアプリの操作風景など、PCの画面に映っているものであれば録画できます。

便利な機能を網羅

  • 録画に便利な機能を豊富に搭載 しています。たとえば、画面の任意の範囲を指定して録画する機能や、動画に声を入れられる機能などです。

無料でも使用可能

  • 2017年現在、oCamは有料ソフト(35ドル)ですが、 無料でも使用できます 。無料版は、録画停止時に広告が表示されます。

目次



注意点


  • oCam使用時の注意点ですが、日本語が変な点については妥協しましょう。 ことばの意味が不明瞭であったり、日本語が不適切 であったりします。そのせいで、操作方法がわかりづらいことがあるかもしれません。

  • 無料版では、録画停止時に広告が表示されます。具体的には、 録画を終了したときに広告ウィンドウが3秒間表示 され、このウィンドウを毎回閉じる作業が必要になります。また、 oCam自体を終了したさいにも、Webブラウザ(IE)が自動的に起動して公式ページが開きます


ダウンロード/インストール


  • oCamのインストール方法は、以下のとおりです。

  1. 公式サイトのダウンロードページにアクセスする。
  2. 「EXE Dowonload」と書いてあるボタンをクリックし、ファイルをダウンロードする。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックする。
  4. 画面を順に進めていく。
  5. インストールが完了する。


2種類ある録画モード


  • oCamには、録画モードが2種類あります。すなわち、 ゲーム録画モード と、 画面録画モード です。

ゲーム録画モード


  • おもに、PCゲームを録画したいときに使うのが ゲーム録画モード です(DirectX/OpenGL対応)。oCamの 「ゲーム収録」ボタンが赤色 になっている状態がそうです。もし同ボタンが緑色の場合は、クリックすれば赤色になります。


画面録画モード


  • 他方、PCの画面の任意の範囲を録画したいときは、 画面録画モード を使用しましょう。 「ゲーム収録」ボタンが緑色 であれば画面録画モードになっています。 緑色の枠内にある部分が録画 されます。



簡単な使い方-ゲーム録画モード-


  • ゲーム録画モードの使い方は、以下のとおりです。

「ゲーム収録」ボタンをクリックして 赤色 にします。緑色の場合は、同ボタンをクリックしてください。


PCゲームを起動 します。すでにPCゲームを起動している場合は、PCゲームのウィンドウ画面をクリックするか、または画面をPCゲームに切り替えてください。

PCゲームの画面左上に、 黄色い数字が表示されていることを確認 します。 数字が表示されていない場合は、ゲーム録画モードでは録画できません。 画面録画モードで録画しましょう。


自分の声を動画に入れたい場合は、マイクをPCに接続したうえで、使用するマイクを「サウンド」ボタンから選択します。マイクはUSBマイクでもかまいません。


キーボードの 「F2」ボタンを押すと録画を開始 できます(または「録画」ボタンをクリック)。


録画を終了するときは、キーボードの「F2」ボタンを押します。ウィンドウが起動して広告が表示されますが、閉じてかまいません。

「開く」ボタンをクリックして、保存されている動画を確認しましょう。動画の保存先は、「ツール」→「オプション」→「保存」の「出力パス」で変更できます。



簡単な使い方-画面録画モード-


  • 画面録画モードの使い方は、以下のとおりです。

「ゲーム収録」ボタンが 緑色 になっていることを確認します。赤色の場合は、同ボタンをクリックしてください。


緑色の枠内、中心部分にあるアイコンをドラッグして、録画したい部分に枠を移動します。


枠内にある四角いアイコンをドラッグし、枠の大きさを任意のサイズに変更します。


もしPCゲームを画面録画モードで録画する場合は、「リサイズ」ボタンから「範囲の選択」をクリックし、PCゲームのウィンドウ画面をクリックする方法でもかまいません(ウィンドウ指定)。


「リサイズ」ボタンから枠の大きさを選択したり、任意のサイズを数字で指定することもできます。


上記4~7の操作を行います。


便利な機能


スクリーンショットの撮影


  • スクリーンショット(静止画)を撮影したい場合は、キーボードの「F3」ボタンを押すか、またはメイン画面の「キャプチャ」ボタンをクリックします。「録画」ボタンとまちがえないようにしましょう。


タイマー


  • oCamの タイマー機能 は簡易的なものです。録画時間を10分まで、15分までというように制限し、自動で録画を停止できます。

  1. 「ツール」→「オプション」の順にクリックする。
  2. 「時間制限」をクリックする。
  3. 「有効」にチェックを入れて、時間を入力する。
  4. 「オプション」で録画終了後の動作を選択する。
  5. 「OK」をクリックする。


ホットキー


  • ホットキー を設定することで、操作を簡略化することができます。

  1. 「ツール」→「オプション」の順にクリックする。
  2. 「ホットキー」をクリックする。
  3. ホットキーの設定を割り当てたい操作にチェックを入れる。
  4. 任意のホットキーを設定する。
  5. 「OK」をクリックする。


Webカメラの映像の挿入


  • Webカメラの映像を動画に入れることができます。たとえば、ゲーム画面右下に自分の顔を入れてゲーム実況をしたいという場合に使用する機能です。

  1. 「ツール」→「オプション」の順にクリックする。
  2. 「ウェブカメラ」をクリックする。
  3. 「ウェブカムオーバーレイ追加すること」(原文ママ)にチェックを入れる。
  4. 使用するWebカメラを「ウェブカメラ」で選択する。
  5. 各種設定をする。
  6. 「OK」をクリックする。
  7. 録画を開始する。

マウスクリック効果、ハイライト効果


  • 解説動画などを作りたい場合に、マウスのクリック操作やマウスカーソルの動きを強調したいということがあるかもしれません。そのようなときは、 マウスクリック効果 、および ハイライト効果 を使用します。

  1. 「ツール」→「オプション」の順にクリックする。
  2. 「エフェクト」をクリックする。
  3. 各種設定をする *1
  4. 「OK」をクリックする。
  5. 録画を開始する(録画中、エフェクトは見えない)。

GIF画像の作成


  • GIFアニメーション を作ることができます。動画ではないので、動画共有サイトに投稿することはできません。

  1. メイン画面の「コーデック」で「GIF Animaiton (.GIF)」を選択する。
  2. 細かい設定をしたいのであれば、「ツール」→「オプション」→「GIF」で行う。
  3. 録画を開始する。


こんなときは


ゲーム音が入っていない


  • 動画にゲーム音が入っていない場合は、メイン画面の「サウンド」で「システムサンドを録音する」にチェックが入っていることを確認してください。ここにチェックが入っていないとゲーム音が入りません。


マイク音が入っていない


  • 動画にマイクの音が入っていない場合は、「サウンド」で「マイク」を適切に選択できているか確認してください。「マイクを録音しない」を選択していると、マイクの音は録音できません。声を入れたいなら、使用するマイクを選択する必要があります。

  • oCam側の設定に問題がない場合は、マイクがミュートになっていないかどうか、マイクの音が小さぎないか、などの点を確認しましょう。

         詳細は、実況用PCマイク/こんなときはを参照

  • なお、マイクを接続しないと「サウンド」に「マイク」は表示されません。

PCの動作が重い、カクカクする


  • PCの動作が重く、滑らかに動かない場合は、PCにかかっている負荷が大きすぎます。PCのスペックがたりていない状態ですが、oCamの設定を見なおして録画することで、対処できる可能性があります。

  • まずはリサイズします。リサイズというのは画面サイズを小さくすることです。

  1. 「ツール」→「オプション」の順にクリックする。
  2. 「録画」クリックする。
  3. 「リサイズ」タブを開き、「ビデオサイズの変更」にチェックを入れる。
  4. 「解像度」で「半分の大きさ」を選択する。
  5. 「品質」で「低い」または「とても低い」を選択する。
  6. 「OK」をクリックする。

  • リサイズしても効果がない場合は、フレームレートを下げましょう。フレームレートというのは、1秒間に表示される画像の数です。

  1. 「ツール」→「オプション」の順にクリックする。
  2. 「録画」クリックする。
  3. 「いっぱん(原文ママ)」タブを開き、「FPS」を30または15にする(通常は30がお薦め)。
  4. 「OK」をクリックする。

  • PC環境によっては、以下のように設定することでPCにかかる負荷を軽減できます。

  1. メイン画面の「コーデック」をクリックする。
  2. 「MP4(MPEG-4 Part 14) コンテナ」で「エヌビディア NVENC H.264 + AAC (.MP4)」などを選択する(PCが対応していない場合は表示されない)。
  3. 詳細な設定は、「コーデック」→「ハードウェアエンコーダ設定」から行う。

  • 以上の対処法でも効果がない場合は、PCゲーム側の画面解像度を下げ、グラフィックスの描画設定を落としましょう。

         詳細は、PCゲームの録画を参照


その他


  • カーソルを動画に表示したくない場合 は、「ツール」→「オプション」→「録画」の「いっぱん(原文ママ)」タブを開き、「カーソルを含める」のチェックを外します。また、 スクリーンショットにカーソルを表示したくない場合 は、「ツール」→「オプション」→「キャプチャ」の「カーソルを含める」のチェックを外します。「GIF」にも同様の設定があります。

  • 中・上級者用ですが、 外部コーデック 使用することができます。メイン画面の「コーデック」→「外部コーデック...(.AVI)」で、「外部コーデックを使用する」にチェックを入れてコーデックを選択します。


関連記事













名前:
コメント:





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー