は重要な記事












トップ > ゲーム機別のやり方概要 > Switch用に、どのキャプチャーボードを購入すべきか / 2018年05月14日 (月) 21時37分11秒



Switchのゲームを実況する場合の、キャプチャーボードの選び方



  • では、どのようなキャプチャーボードを購入すればよいのでしょうか。Switch用のキャプチャーボードがあるのでしょうか。Switchのゲーム実況のやり方と併せて見ていきましょう。

  • なお、Switchの「録画」機能については、以下の記事をご覧ください。配信機能は、Switchにありません。

        Switchだけでゲームを録画する方法を参照する

目次


最初に確認しておきたいこと


Switchはキャプチャーボードと接続する


  • Switchは、キャプチャーボードとHDMIで接続します。たまに誤解する人がいますが、SwitchとTVを接続するわけではありません。まずは、SwitchとTVを接続するという発想から抜け出しましょう。Switchのゲーム画面は、最終的には「PCに」映るのです。そうだからこそ、「PCで」ゲーム画面を録画したり・ライブ配信できるようになるわけです。


  • では、ゲーム画面をTVに映すことはできないのでしょうか。結論をいうと、キャプチャーボードのパススルー出力機能というものを使えば可能です(後述)。やり方は、キャプチャーボードとTVをHDMIケーブルで接続するだけです。いずれにせよ、Switchとキャプチャーボードを接続するという点は、必ず覚えておいてください。

ドックに装着してTVモードにする必要がある


  • Switchのゲーム画面をPCに映すためには、前提としてTVモードにする必要があります。つまり、Switch本体をドックに装着するということです。ドックに装着することで、はじめてSwitchのゲーム画面を映せるようになります。テーブルモードや携帯モードでは、映像をキャプチャーボードにHDMI出力できず、ゲーム画面をPCに映せません。



どのようなキャプチャーボードがよいか、またはダメなのか


  • 以下の3点を理解しておきましょう。

HDMI端子を搭載した製品を購入する


  • SwitchのTVモードは、HDMI出力を前提とした仕様です。したがって、キャプチャーボードを購入する場合も、やはりHDMI端子を搭載したものを購入する必要があります。そうして、SwitchとキャプチャーボードをHDMIケーブルで接続するわけです。逆に、HDMI端子がないキャプチャーボードとは接続できません


  • たとえば、GV-USB2という製品は数千円で購入できますが、HDMI端子を搭載していません。コンポジット端子といって、黄色い端子でゲーム機と接続する仕様です。したがって、GV-USB2を購入しても、Switchとは接続できないわけです。キャプチャーボードを購入するときは、HDMI端子の有無を必ず調べましょう

HDCPの有効・無効を考える必要はない


  • 一般論として、ゲーム機とキャプチャーボードをHDMI接続する場合、HDCPというコピーガードの存在により、ゲーム画面がPCに映せないことがあります。たとえば、PS3やPS Vita TVは、別途対処法を考える必要があります。しかし、Switchの場合は対処する必要はありません。HDMIキャプチャーボードを購入し、たんにHDMIケーブルでSwitchとつなげばよいのです。

キャプチャーボードの基本的な知識


  • あまり難しく考えることはありませんが、キャプチャーボードを購入するまえに基本的な知識を身につけておきましょう。ひとくちにキャプチャーボードといっても、ノートPCでは使えない製品もあります。また、キャプチャーボードの遅延(表示遅延、タイムラグについても知っておく必要があります。

        キャプチャーボード、またはキャプチャーボードの選び方を参照する


Switchに対応するキャプチャーボードの例


まずは4製品を抑える


  • では、具体的にどのような製品を買えばよいのでしょうか。下表に掲載したキャプチャーボードは、筆者が常時使うほど気に入っている製品です。ゲーム実況で使っている人も多く、当サイトで詳しく使い方を解説しているので、初心者にも安心でしょう。まずはこの4製品を中心に据えて、自分に合ったキャプチャーボードはどれなのか、ということを考えていくとスムーズです。

GC550 Game Capture HD60 S AVT-C878 Game Capture HD60 Pro
価格
商品画像のリンク先
PCとの接続 USB 3.0 USB 3.0 USB 2.0 PCI Express x1
パススルー出力
対応ゲーム機
(接続できるゲーム機)
・PS4、PS3、PS2
・Switch、Wii U、Wii
・Xbox One、Xbox 360
・PSP
・PS4
・Switch、Wii U
・Xbox One、Xbox 360
・PS4
・Switch、Wii U
・Xbox One、Xbox 360
・PS4
・Switch、Wii U
・Xbox One、Xbox 360
こちら こちら こちら こちら
特長 ・ゲーム実況向き
・対応ゲーム機が多い
・ゲーム実況向き
・低遅延が売り
・PCレスで録画可能
・USB 2.0で接続可能
・HD60 Sより低負荷
・低遅延が売り

  • 上記4製品をお薦めする詳しい理由については、下記ページをご覧ください。


パススルー出力について


  • 上表のパススルー出力というのは、ゲーム画面をPCだけでなく、TVにも映せる機能のことです。このメリットは、(1)キャプチャーボードの遅延の影響を受けずにプレイできる、(2)ふだん使い慣れているTVでプレイできるという点にあります。つまり、いつもどおりTVでゲームをプレイしつつ、PC側でゲームを録画・ライブ配信できるということです。

        パススルー出力機能の使い方を参照する



Switchとキャプチャーボードの接続方法を正しく理解しよう


  • ざっと各機器の接続方法を確認しておきましょう。

SwitchをTVモードにする


  • ドックの裏側のカバーを開けて、HDMIケーブルACアダプターをつなぎます。


  • そして、本体をドックに差し込みます。

  1. 本体からイヤホンを取り外す*1
  2. 本体の左右にあるJoy-Conを取り外す。
  3. 本体をドックに差し込む。


SwitchとキャプチャーボードをHDMIケーブルで接続する


  • ドックに接続したHDMIケーブルを、キャプチャーボードの「IN」と書かれているHDMI端子に接続します。つまり、ドック(HDMI OUT)とキャプチャーボード(HDMI IN)をHDMIケーブルでつなぐわけです。INとOUTをまちがえると、ゲーム画面がPCに映りません。


キャプチャーボードとPCを接続する


  • キャプチャーボードとPCは、どのようにして接続すればよいのでしょうか。これは、キャプチャーボードの種類によって異なります。USB接続の製品を買ったのであれば、PCとはUSB接続します。PCに内蔵するタイプの製品を買ったのであれば、キャプチャーボードとPCはPCI Express接続することになります。

ノートPC 通常のデスクトップPC 液晶一体型デスクトップPC
USB接続
PCI Express接続 × ×

  • たまに誤解する人がいますが、キャプチャーボードとPCをHDMIケーブルで接続するわけではありません。それではキャプチャーボードが動作しません


ゲーム実況のやり方


最初にすべきこと


  • あらかじめ、キャプチャーボードのドライバー、および付属のキャプチャーソフトをPCにインストールしておく必要があります。具体的なやり方については、当サイトの各製品の解説ページをご覧ください。各製品の公式サイトでソフトをダウンロードできます。


録画方法


  • インストールした付属のキャプチャーソフトの録画ボタンをクリックすれば、ゲームを録画できます。たいていの場合は、マイク音(自分の声)も動画に入れることもできます。



▲キャプチャーボードには録画ソフト(キャプチャーソフト)が付属されています。キャプチャーソフトを起動することで、ゲーム画面を表示したり、録画することができます。

ライブ配信の方法


  • ゲーム配信をする場合は、OBS StudioXSplitなどの配信ソフトを用意します。配信ソフトを使うと、ライブ配信を開始・終了できるのはもちろん、配信者のPCに映っているSwitchのゲーム画面を視聴者に見せることができます。また、PCから出ているSwitchのゲーム音(PCの音)も視聴者に聞かせることが可能です。


  • まずは、キャプチャーボードのドライバー、および付属のキャプチャーソフトをPCにインストールしておきましょう。各サイトで配信する方法については、下表のリンク先の解説ページをご覧ください。そこに配信ソフトの簡単な使い方も掲載しています。

解説記事
ニコニコ生放送 こちら
ツイキャス こちら
Twitch こちら
YouTube Live・YouTube Gaming こちら
OPENREC こちら
Mixer(旧Beam) こちら


関連ページ












名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー