は重要な記事












トップ > ライブ配信カテゴリ概要 > 配信ソフトの使い方 > OBS Studioの詳しい使い方 > OBS Studioの映像キャプチャーデバイスの設定方法 / 2018年12月02日 (日) 20時32分05秒



キャプチャーボード使用時に便利な設定



  • たとえば、Switchのゲーム配信をしたいときは、「+」アイコンから「映像キャプチャデバイス」を追加し、使用するキャプチャーボードを選択します。そうすると、Switchのゲーム画面を視聴者に見せることができるようになります。


▲映像キャプチャーデバイスを追加すると、このようにゲーム画面がOBSに映ります。キャプチャーボードが入力した映像を表示した状態です。

  • この方法は、よく「画面が映らない」「音が出ない」という人がいます。できるだけ解説を読み飛ばさないようにしてくださいいきなり設定をしても、うまくいきません。準備が必要です。

目次


準備すべきこと


キャプチャーボードのドライバーをインストールする


  • キャプチャーボードのドライバーは、あらかじめインストールしておきましょう。そうしないと、映像キャプチャーデバイスの設定画面でキャプチャーボードの名称が表示されず、ゲーム画面をOBSに映すことができません。


  • ドライバーのインストール方法は、キャプチャーボードによって異なります。よくわからない場合は、自分の所有している製品の解説記事を当サイトで探してください。


ゲーム画面がキャプチャーソフトに映ることを確認する


  • OBSを起動していない状態で、付属のキャプチャーソフトにゲーム画面が映ること、およびPCからゲーム音が出ていることを確認します。これは問題の切り分けをしやすくするためです。たとえば、ゲーム画面がOBSに映らないとき、OBSの設定に問題があるのか、OBSの設定以外に問題があるのか、判別しやすくなります。

HDCPに注意する


  • OBSの設定が適切であっても、HDCPが原因でゲーム画面がOBSに映らないことがあるでしょう。注意が必要なのは、(1)MonsterX U3.0Rや、AVT-C875を使用している場合で、なおかつ(2)PS3をHDMI接続している場合です。


  • どちらの製品も、「付属のキャプチャーソフトでなら」PS3のゲーム画面を映すことができます。しかし、OBSのほうにはPS3の画面は映りません。これは、両製品が「付属のキャプチャーソフトでだけ」HDCPを含んでいる映像でも映せる仕様になっているからです。

  • 対処法としては、付属のキャプチャーソフトにPS3のゲーム画面を表示した状態で、ウィンドウキャプチャーで画面を取り込む方法があります。また、 「AstroAI 4K HDMI 分配器 スプリッター 1入力2出力」(リンク先 : Amazon)のようなHDMI分配器を使う方法であれば、映像キャプチャーデバイスでPS3の画面を取り込むこともできます。さらにAVT-C875の場合は、付属のコンポーネントケーブルを使えば、映像キャプチャーデバイスまたはウィンドウキャプチャーで画面を取り込めます。

        詳しい対処法はHDCPを知るを参照

キャプチャーソフトは終了する


  • とても重要なことですが、キャプチャーソフトは必ず終了してください。キャプチャーソフトにゲーム画面を映した状態だと、OBSのほうで映像キャプチャデバイスを追加したとき、OBSにゲーム画面が映りません。つまり、キャプチャーソフトにゲーム画面を映した状態では、OBSにゲーム画面を映すことはできないということです*1


▲画像は、PS4版『グランド・セフト・オートV』(ロックスター・ゲームス)より

  • この点は、ウィンドウキャプチャーを追加する方法と大きく異なるところです。ウィンドウキャプチャーでは、キャプチャーソフトにゲーム画面を映しておく必要がありました。しかし、映像キャプチャーデバイスでは逆に、キャプチャーソフトは起動してはいけないのです。ミスしやすいところなので、注意してください。


映像キャプチャーデバイスの設定方法(重要)


  • ここでは、映像キャプチャーデバイスの一般的な設定方法について見ていきましょう。キャプチャーボードごとの設定方法については後述します。

各機器をきちんと接続しておきます。また、キャプチャーソフトが終了していることを確認してください。


「ソース」のところにある「+」アイコンをクリックします。


映像キャプチャデバイス」を選択します。


適当な名前をつけて「OK」をクリックします。


「デバイス」でキャプチャーボードを選択します。環境によっては「AmaRec Video Capture」が表示されますが、基本的にはキャプチャーボードを選択するものと思ってください*2


▲「デバイス」に表示されるキャプチャーボードの名称は、キャプチャーボードによって異なります。上記画像はGC550の場合です。

ゲーム画面がうまく表示されない場合は、「解像度/FPS タイプ」で「カスタム」を選び、「解像度」をゲーム機の映像出力設定に合わせます。ゲーム機とキャプチャーボードをHDMI接続しているなら、通常は「1920x 1080」または「1280x 720」を選択します。


ゲーム画面が映ったら、「OK」をクリックします。


どうしてもゲーム画面がOBSに表示されない場合は、後述する製品ごとの設定方法を試すか、またはキャプチャーソフトの画面をウィンドウキャプチャー(もしくは画面キャプチャー)で取り込んでください。

初期設定では、自分にはゲーム音が聞こえません(視聴者には聞こえる)。自分でもゲーム音を聞きたい場合は、いまの設定画面で「音声出力モード」の設定を変更します。詳細は後述します。

ゲーム画面をフルスクリーンで表示したい場合は、OBSに映っているゲーム画面上で右クリックし、「全画面プロジェクター(プレビュー)」から「ディスプレイ」を選択しましょう。「Esc」キーでフルスクリーンを解除できます。


▲画像は、『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より


ゲーム音の設定(重要)


  • PCのスピーカー(ヘッドホン)からゲーム音を出して、自分にも聞こえるようにしたい場合は、以下のように設定を変更しましょう。

ソース一覧にある「映像キャプチャデバイス」をダブルクリックします。


音声出力モード」を「デスクトップ音声出力 (WaveOut)」にします*3


▲画像は、PS4版『グランド・セフト・オートV』(ロックスター・ゲームス)より

「OK」をクリックします。


「ミキサー」の下にある緑色のレベルメーターが左右に触れていることを確認してください。緑色のレベルメーターというのは、「デスクトップ音声」または「映像キャプチャデバイス」のことです。


▲さきほどの設定画面で、「音声出力モード」を「デスクトップ音声出力」にした場合は、「デスクトップ音声」のレベルメーターが動きます。他方、「音声のみをキャプチャ」にした場合は、「映像キャプチャデバイス」のレベルメーターが動きます。

レベルメーターが動いていない場合は、ソース一覧の「映像キャプチャデバイス」をダブルクリックし、「カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れたうえで「音声デバイス」で適切な項目を選択します(AVT-C878C988GV-USB3/HDがこのタイプ)。


▲C988の場合は、このように設定することでゲーム音が出力されます。

「音声出力モード」を「音声のみをキャプチャ」にしている場合は、ゲーム音は自分には聞こえません*4。しかし、視聴者にはゲーム音が聞こえています。この設定は、キャプチャーボードのパススルー出力を使ってTVにもゲーム音を出力している場合に便利です*5


アイ・オー・データ機器製品の設定方法


GV-USB3/HD



  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「GV-USB3_HD, Analog Capture」を選択する。
  2. カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れる。
  3. 音声デバイス」という項目が表示されるので、「GV-USB3_HD, Analog WaveIn」を選択する。
  4. 「OK」をクリックする。


AverMedia製品の設定方法


AVT-C875



  • AVT-C875の場合は、まずStream Engineというソフト(無料)をインストールする必要があります。そうしないと、映像キャプチャーデバイスを追加しても正常に動作しません。

        AVT-C875を参照

AVT-C878



  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「AVerMedia LGP2 Stream Engine」を選択する。AVT-C878 PLUSの場合は、「AVerMedia LGP2 Plus Stream Engine」を選択する。
  2. カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れる。
  3. 音声デバイス」という項目が表示されるので、「マイク (live Gamer Portable 2)」を選択する。
  4. 「OK」をクリックする。
  5. 詳細は、AVT-C878 + OBSでゲーム画面を映すための設定方法を参照のこと。


C988



  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「AVerMedia LGHD Stream Engine」を選択する。
  2. カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れる。
  3. 音声デバイス」という項目が表示されるので、「AVerMedia LGHD Audio Stream Engine(デジタル オーディオ インターフェース)」を選択する。
  4. 「OK」をクリックする。


GC550



  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「AVerMedia GC550 Video Capture」を選択する。GC550 PLUSの場合は、「AVerMedia GC551 Video Capture」を選択。
  2. 「解像度/FPS タイプ」で「カスタム」を選択する。
  3. 「解像度」で「1920x 1080」を選択する*6
  4. 「OK」をクリックする。
  5. 詳細は、GC550 + OBSでゲーム画面を映すための設定方法を参照のこと。


GC553



  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「Live Gamer Ultra-Video」を選択する。
  2. カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れる。
  3. 音声デバイス」という項目が表示されるので、「AVerMedia Live Gamer Ultra-Video Audio Stream Engine」を選択する。
  4. 「OK」をクリックする。



GC573



  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「AVerMedia HD Capture GC573 1」を選択する。
  2. 「OK」をクリックする。



Elgato製品の設定方法



  • Game Capture HD60 S/HD60 Proの場合は、映像キャプチャーデバイスの設定で難しい部分はありません。

  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「Game Capture HD60 S (Video)」、または「Game Capture HD60 Pro (Video)」を選択する。
  2. 「OK」をクリックする。
  3. 詳細はHD60 S + OBSでゲーム画面を映すための設定方法を参照のこと。



SKNET製品の設定方法


MonsterX U3.0R



  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「MonsterX U3.0R Capture 0」を選択する。
  2. 「OK」をクリックする。


MonsterXX2



  1. 映像キャプチャーデバイスの設定画面を開き、「デバイス」で「MonsterXX2 Capture 0」を選択する。
  2. 「OK」をクリックする。



その他


  • 60fpsでゲーム画面を表示したい場合は、映像キャプチャーデバイスで正しく設定したうえで、「設定」→「映像」で「FPS 共通値」を60fpsにする必要があります。ただし、60fpsで配信するとPCにかかる負荷が大きくなるので、注意してください。30fpsが基本です。

  • 「+」アイコンから「ウィンドウキャプチャ」を選択するやり方もあります。「映像キャプチャデバイス」の設定がうまくいかない場合にやってみましょう。

  1. キャプチャーソフトを起動してゲーム画面を映す。
  2. OBSの「+」アイコンから「ウィンドウキャプチャ」を選択する。
  3. 画面を進めていき、「ウィンドウ」でキャプチャーソフトを選択する。
  4. キャプチャーソフトのよけいな部分が映り込んでいる場合は、クロップする(取り込み範囲を調整する)。



関連記事











名前:
コメント:

  • ↓下の動画みたいな感じでGV-USB2も普通にOBSに対応してます。
    映らないとすれば設定でどこか間違えてるかと。
    ttps://youtu.be/pHQqKUGJpRo?t=62 -- 名無しさん (2018-10-22 10:23:04)

  • GV-USB2を使用した時、音声は入りますが画像が表示されません。対応していないのでしょうか。 -- 困ったさん (2018-10-21 15:09:28)



*1 同様に、OBSにゲーム画面が映っている状態では、キャプチャーソフトのほうにゲーム画面を映すことはできません。ゲーム画面をPCに映せるのは、OBSまたはキャプチャーソフト、どちらか1個ということです。

*2 アマレコTVのライブ機能を使いたい場合にかぎり、「AmaRec Video Capture」を選択します。もしライブ機能がなんのことかわからない場合は、通常どおりキャプチャーボードを選択しましょう。それで問題ありません。

*3 環境によっては、「デスクトップ音声出力 (DirectSound)」を選択すると、音飛び(「プチプチ」というノイズ)または音ズレすることがあるかもしれません。

*4 もしゲーム音が聞こえる場合は、音声モニタリングがONになっています。OFFにするには、「映像キャプチャデバイス」の右横にある歯車アイコンをクリックし、「オーディオの詳細プロパティ」から「音声モニタリング」を「モニターオフ」にします。

*5 どういうことかというと、パススルー出力時はTVからゲーム音が聞こえて、そのあとにPCからもゲーム音が聞こえてくる状態になります。そうすると、ゲーム音がTVとPC両方から聞こえて二重になるので、ゲームをプレイしにくいわけです。そこで、「音声出力モード」を「音声のみをキャプチャ」にして、PCからはゲーム音を出さないようにするのです。棒読みちゃんなどの音声は、ふつうにPCから出力されます。

*6 ここはゲーム機の出力解像度に合わせます。もしゲーム機の出力解像度が720pの場合は、「1280x 720」を選択してください。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー