友情のカルテ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Three Men and a Closet
依頼者:
 クベ・イジューラ(Kubhe Ijyuhla)
  / アルザビ辺民街区・蛇王広場
依頼内容:
 義勇兵のフーディール(Foudeel)と
 ワジャーム樹林に行ってきてほしい。


アトルガン白門 / 蛇王の広場


Kubhe Ijyuhla : んもぅ、
なんなの、あのオンナ!!
もう絶対に、あんな会社やめてやる!!
Kubhe Ijyuhla : あ~もう、
この忙しいときにあの3人はうるさいし。
Kubhe Ijyuhla : ふだんは
仲がいいのに、ああやっていちど火がつくと
手におえないのよね~。


Bashraf : だいたい、
ワーブードは無駄な戦いが多いんだよ!!
Bashraf : この間だって
1人でどんどん先に行っちゃって、
気がついたら蛮族に囲まれてたじゃないか!!

Wahboud : 俺が悪いって言うのか!!
フーディールが理屈ばっかり言ってて
戦おうとしないから、
俺が先導してやったんだろ!!

Foudeel : バシュラーフが
頼りなさすぎるから、安全な方法はないかと
考えてたんだよ!!

Bashraf : なんだよ、
人のせいにするなよな!!

Foudeel : それはお前だろ!!

Kubhe Ijyuhla : 責任を
なすりつけ合ってるなんて、最悪ね~。
傭兵の頃とホント変わってないわ。
Kubhe Ijyuhla : おまけに
やる気もなくてさぁ。
いっつもアタシが手伝うハメになって
迷惑してたのよ。
Kubhe Ijyuhla : だから、
アイツらが義勇兵に志願したときは驚いたわ。
Kubhe Ijyuhla : 国のために
戦いたいって言ってたから、
少しはまともになったと思ってたんだけど……。

Bashraf : 俺は頼りないわけじゃない!!
Bashraf : 慎重なだけ……


Tehf Kimasnahya : あ、ごめんなさい!
Tehf Kimasnahya : !!
Tehf Kimasnahya : ご、ごめんなさい!!!

Wahboud : おい、平気か?

Bashraf : ああ、大丈夫だ……。

Foudeel : で? 話の続きは?

Bashraf : ……いや、もういいんだ。
俺が悪かったよ。

Wahboud : なんだよ、急に。
言いたいことがあるなら、言えよ。

Bashraf : よく考えたら、
やっぱり俺は頼りないところがあるし……
うまい戦い方が、まだよくわかってないんだ。
Bashraf : ワーブード、
よかったら教えてくれないか?

Wahboud : やけに素直だな。
よし、じゃあ今からワジャーム樹林にでも行くか!

Foudeel : あそこなら
なんども行ってるし、
何かあってもすぐに戻ってこれるだろう。

Bashraf : 待ってくれ。
今回は俺とワーブードで行かないか?
この際だから、みっちり練習したいんだ。

Wahboud : え?
別にいいけどよ、フーディールの知恵も
借りたほうがいいんじゃないか?

Bashraf : でも、いちどに
いろんなことを教えられたら
俺、混乱しちゃうと思うんだ。
フーディールには、また今度頼んでいいか?

Foudeel : ん、ああ。
それなら、2人で行ってこいよ。

Bashraf : 悪いな。

Kubhe Ijyuhla : いつも3人で行動するのに、
珍しいこともあるもんね。

Foudeel : 俺達だって
別々に行動することくらいあるさ。
Foudeel : でも、
あいつらに差をつけられたら困るな。
お前、一緒にワジャーム樹林に行かないか?

Kubhe Ijyuhla : 悪いけど、
アタシは自分の仕事で手がいっぱいなの。
Kubhe Ijyuhla : キミ、
一緒に行ってあげてくれない?

Foudeel : 俺はフーディール。
俺の頭脳で、どんなに不利な戦いも
有利にしてみせるぜ。
Foudeel : 一緒に来る気があるなら、
「埋門」から出たところで待っていてくれ。

Kubhe Ijyuhla : あんなこと言ってるけど、
ホントは2人のことが気になってるのね。
Kubhe Ijyuhla : どうしようもないヤツだけど、
今回だけ付き合ってあげてくれない?
よろしく頼むわ。



Kubhe Ijyuhla : 私のかわりに
フーディールとワジャーム樹林に
行ってあげてくれる?


ワジャーム樹林


Foudeel : 待たせたな。
Foudeel : (バシュラーフと
ワーブード以外の奴と行動を共にするのは、
久しぶりだな……。)
Foudeel : (あいつらとは
傭兵になって初めて一緒にアサルトの任務を
受けてから、ずっと一緒だったもんな……。)
Foudeel : (ナジャ社長にも
ずっと3人で一括りにされてたし……。)
Foudeel : (……こいつ、
強いから一緒にいても楽しくない……。)

Bashraf : すごいな、ワーブード!!
もういちど、見せてくれよ!!

Foudeel : (この声は……バシュラーフ!?)


Wahboud : なぁ……
やっぱり、フーディールも呼んだほうが
よくないか?

Bashraf : えっ……?

Wahboud : あいつ、
きっと今ごろ暇してるぜ。

Bashraf : ……いいじゃないか、
2人でも楽しいだろ?

Foudeel : (……なんだよ、それ……。)
Foudeel : ……悪い。
疲れたから、先に帰らせてもらう。

Wahboud : 何言ってんだよ。
俺達、いつも3人一緒だったじゃないか。
それがいちばん俺達にとって自然だろ?

Bashraf : ……そうだな……。
ごめん……。

Wahboud : さ、とっとと
あいつのところに戻ろうぜ。


アトルガン白門 / 蛇王の広場


Kubhe Ijyuhla : 思ったより早かったわね。
[彼女/彼]と行動してみてどうだった?

Foudeel : べつに。

Kubhe Ijyuhla : なによ、
せっかく気をきかしてあげたのに。

Wahboud : よう、フーディール。
やっぱりお前も来ないか?

Foudeel : 遠慮しておく。

Wahboud : なんだよ、ノリ悪いな。
来いって。

Foudeel : 気分じゃない。

Bashraf : 無理に誘うことないだろ。
もう行こうぜ。

Wahboud : ったく、調子狂うぜ。

Kubhe Ijyuhla : アイツら、
また喧嘩でもしたの?
Kubhe Ijyuhla : なーんだ、
それでフーディールが拗ねてるってわけか。
Kubhe Ijyuhla : まぁ、アイツらのことだから
どうせすぐに仲直りするでしょ。
Kubhe Ijyuhla : ……でも、
フーディールは頭でっかちだから、
ちょっと心配だわ。
Kubhe Ijyuhla : キミ、
一緒に戦ったよしみで
お茶に付き合ってあげてくれない?
Kubhe Ijyuhla : アイツは
なにかおもしろくないことがあったときに、
よくシャララトでチャイを飲んでるの。
よろしく頼むわ。



Kubhe Ijyuhla : フーディールは
茶屋シャララトにいると思うの。
よろしく頼むわ。


アトルガン白門 / 茶屋シャララト


Ratihb : いらっしゃい。
Ratihb : フーディールさん?
ああ、彼ならあそこにいるよ。
Ratihb : いつもとどこか様子が違うんだ。
いったい、何があったんだか……。

Foudeel : ああ、なんだ。
またあんたか。
Foudeel : クベに言われて来たのか?
俺のことは、もうほっといてくれ。
Foudeel : ……バシュラーフのやつ、
ワーブードと楽しそうにしやがって。
そんなに2人っきりがいいのかよ……。
Foudeel : ……俺達3人は
兄弟みたいなもんだよな、
とか言ってたくせに……。
Foudeel : 俺のことは
もうどうでもいいっていうのかよ……。

Wahboud : フーディール、
さっきはすまなかっ……
Wahboud : ……こいつ、
さっきも一緒にいたよな? 誰なんだ?

Foudeel : べつに誰だっていいだろう?

Wahboud : どうして隠すんだよ。
お前、俺の誘い断ってこいつと何してるんだ?
Foudeel : だから、何してたっていいだろう?
いちいちお前に報告しなきゃいけないのか?

Wahboud : !!
Wahboud : ……そうだな。
お前が何しようと、俺には関係ないもんな。
俺……どうかしてたよ。
Wahboud : お前のことが
心配になって来てみたけど、
そんな必要なかったみたいだな……。
Wahboud : 邪魔したぜ。

Foudeel : あいつ、
バシュラーフをどこに置いてきたんだ?
Foudeel : バシュラーフのやつ、
寂しがってないといいが……。




Ratihb : フーディールさんたちのことを
ずっと見ていたミスラがいたけど、
何か用でもあったのかなぁ……?


アトルガン白門 / 蛇王の広場


Kubhe Ijyuhla : フーディールったら、
シャララトでずっと拗ねたままだったの?
困ったヤツねぇ。
Kubhe Ijyuhla : ん?
アタシは、別にシャララトには行ってないわ。
なんでそんなこと聞くの?


アトルガン白門 / バルラーン大通り


Tehf Kimasnahya : シャララトで
あなたたちを見ていたかですって?
Tehf Kimasnahya : さ、さあ……。
言い合いをしていたようだから、そりゃ……
少しくらいはそっちを見たかもしれないけど。
Tehf Kimasnahya : えっ?
さ、3人の様子がおかしい?
Tehf Kimasnahya : そんなこと、
わ、私に言われても困るわ。
Tehf Kimasnahya : 私、あれから
誰にもおねだりなんかしてないし、
もうあの人たちとは、なーんにも
関係ないんだからっ。

選択肢:どうしますか?

>>あきらめる
  Tehf Kimasnahya : 私、忙しいの。
  用がないなら、あっちへ行ってちょうだい。

>>おだてる

Tehf Kimasnahya : えっ、私ってかわいい?
あら嫌だ、そんなことわかってるわよ♪
Tehf Kimasnahya : えっ、私ってキレイ?
そりゃそうよ、かわいさと美しさの両方を
兼ね備えているのが、私の魅力ですもの♪
Tehf Kimasnahya : ……あーもう、
わかったわよ! 私が悪いんだってば!
Tehf Kimasnahya : ……前にあなたに
持ってきてもらった、煌きの水を覚えてる?
Tehf Kimasnahya : ほら、
エクが持っていた惚れ薬よ。
Tehf Kimasnahya : 性格を治す薬を
おばあさんに作ってもらうために
あなたに持ってきてもらったけど、
結局インチキだったじゃない?
Tehf Kimasnahya : おばあさんに
渡す必要もなくなったから、
私、エクに返しに行こうとしてたのよ……。
Tehf Kimasnahya : その途中で、
あの3人のうちの1人にぶつかって……。
Tehf Kimasnahya : 煌きの水
こぼしちゃったの!!


Tehf Kimasnahya : ……煌きの水
かけられた人は、いちばん最初に目に映った人に
好意をよせるらしいの。
Tehf Kimasnahya : きっと、あの人は
運悪くあの2人のうちのどちらかを
見ちゃったのね……。
Tehf Kimasnahya : ……考えたくもないけど。
Tehf Kimasnahya : え?
どうしたら元に戻るかですって?
Tehf Kimasnahya : エクに聞いてみたけど、
わからなかったわ……。
Tehf Kimasnahya : と、とにかく、
あれは事故だったんだから!
わ、私のせいなんかじゃ、ないわ……!

Bashraf : ここにもいない……。
Bashraf : ……クベにでも聞いてみるか。



Tehf Kimasnahya : ……あれは、
事故だったんだから……。
わ、私のせいなんかじゃ、ないんだから……。


アトルガン白門 / 蛇王の広場


Bashraf : なあ、
ワーブードを見かけなかったか?

Kubhe Ijyuhla : さぁ……見かけてないけど。
大通りにはいなかったの?

Bashraf : ああ。
どこに行っちゃったんだろう……。

Kubhe Ijyuhla : 暇さえあれば
あそこで筋トレしてるのに、変ねぇ。
まぁ、そのうちひょっこり現れるでしょ。

Bashraf : ……俺、
嫌われちゃったのかな……。

Kubhe Ijyuhla : (嫌われた……?
何か変なかんじがするのは
気のせいかしら……?)
Kubhe Ijyuhla : (どうして隠れるの!?)

Wahboud : フーディールのやつ、
あんなわけのわかんないやつと
お茶しやがって……。
Wahboud : 俺といるより、
あいつといたほうがいいって言うのかよ。

Kubhe Ijyuhla : (こっちも
なんだかおかしくない!?)

Wahboud : フーディール……!!
Wahboud : おい……

Foudeel : バシュラーフ、ここにいたのか。
やっと見つけた。
Foudeel : 俺、
お前に言わなきゃいけないことがあるんだ。

Bashraf : えっ……?

Kubhe Ijyuhla : (言わなきゃいけないこと!?)

Foudeel : 俺、
なんでお前のことがこんなに気になるんだろうって
ずっと考えてた……。

Wahboud : フーディール、お前……

Kubhe Ijyuhla : (なんなの、これ!?)

Foudeel : それで、
やっとわかったんだ。

Kubhe Ijyuhla : (何が!?)

Foudeel : 俺、お前のこと……

Kubhe Ijyuhla : (えーっ、えーーっ!!)

Bashraf : ま、待ってくれ!!
Bashraf : そんなこと言われても
俺、困るよ……。

Kubhe Ijyuhla : (そうよねぇ……。)

Bashraf : だって、
お、俺はワーブードのことが……

Kubhe Ijyuhla : !!

Bashraf : ……ん?

Foudeel : なんだよ、途中で止めるなよ。
お前の口から、はっきりお前の気持ちを
聞きたいんだ。

Bashraf : ……あれ?
俺、いま何て言おうとしたんだっけ?

Foudeel : !!

Bashraf : う~ん……。

Foudeel : (おいおい、そんなのアリかよ……。)

Bashraf : ……ま、いいか。
思い出したら言うよ。
Bashraf : で、フーディール、
俺のことがなんだって?

Foudeel : えっ!?
えっと……そ、それは……。
Foudeel : ん、あれ……なんだったっけ?
Foudeel : ……なあ、
お前も、何か言いかけなかったか?

Wahboud : えっ、俺!?
Wahboud : …………。
俺、何か言いかけたっけ……?
Wahboud : ……俺達、
何やってたんだろうな。

Foudeel : まったくだ。
どうかしてたぜ。

Bashraf : ん? 何の話だ?

Wahboud : とぼけるなよ。
だいたい、お前がいけないんだぞ。
いきなり2人で行動しようとするからよ。

Bashraf : なんだよ、
また俺のせいにするのか?

Kubhe Ijyuhla : いったい、
これはどういうことなの!?
さっきのぎこちなさはなんだったのよ!?


Kubhe Ijyuhla : 惚れ薬ぃ!?
Kubhe Ijyuhla : じゃあ、
さっきのは気のせいなんかじゃなかったのね!!
うわ~……。
Kubhe Ijyuhla : 自然に
効果がきれたみたいで、ほんとによかったわ……。
Kubhe Ijyuhla : でも、ちょっと待って。
煌きの水がかかったのは、
バシュラーフだけでしょ?
Kubhe Ijyuhla : じゃあ、
どうしてフーディールとワーブードまで……。
Kubhe Ijyuhla : ……き、きっと
近くにいたから、あの2人にも少し
かかっちゃたのかもしれないわね。
Kubhe Ijyuhla : そうよね、
そうに決まってるわ!
Kubhe Ijyuhla : キミには、
アイツらの馬鹿に付き合せちゃって悪かったわね。
Kubhe Ijyuhla : これは、お詫びよ。
受け取ってちょうだい。

アトルガン青銅貨を手にいれた!
アトルガン青銅貨
青銅で鋳造されたアトルガンの通貨。
皇国のシンボル蛇王ザッハークが刻印されている。



Kubhe Ijyuhla : キミには、
アイツらの馬鹿に付き合せちゃって悪かったわね。


恋のレシピ << 友情のカルテ

■関連項目 アトルガン白門
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


































|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|