河野談話の正体

ありもしない従軍慰安婦をでっち上げて、世界に向けて戦前の日本を性奴隷国家とみなして日本の名誉を著しく傷つけ、極左団体の慰安婦ビジネスの温床となって国益をぶち壊してきた元凶です。


原文

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話
平成五年八月四日

 いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。
 今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。
 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。
 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。
 われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。
 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。



解説

慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送につい
ては、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。
 「慰安所の設置」「管理」「慰安婦の移送」に関与したのは確かな事である。以下の史料をご覧ください。
引用元 「アジア歴史資料センター レファレンスコードC01000419000 大東亜戦争関係将兵の性病処置に関する件」 ※現代語訳
大東亜戦争関係将兵の性病処置に関する件 陸軍一般ヘ通牒案
昭和十七年六月 日
陸軍省副官 川原直一
出動地における性病予防の徹底をし、もって戦力の減退と病毒の国内搬入による民族の将来に及ぼす悪影響
とを防止せんか為、左の通り定められたるにつき依命通牒す
左記
一、派遣部隊における性病予防については厳正適切なる指導により感染の機会を避けしむると共に、出動地
における慰安所等の衛生管理に関し遺漏なきを?するものとす
二、内地に帰還すべき将兵については、現地において帰還前、対性病身体検査を実施し、伝染のおそれある
患者は最寄の病院に牧容加療し、治療または症状固定し伝染のおそれなきに至るまで、内地に 還せしめさ
るものとす
三、性病患者にして治療後と も再発のおそれある者はその旨、 しある病院長より退院 郷の際、出身地
地方長官宛て通牒するものとす
陸軍省二一一二号 昭和十七年六月十八日

市民団体による河野談話の白紙撤回を求める署名活動

(1/6)平成21年11月28日河野談話の白紙撤回を求める署名活動 (2/6)平成21年11月28日河野談話の白紙撤回を求める署名活動
上記動画は現在どちらもアカウント停止により削除されています。お持ちの方は最下部の掲示板にて情報提供をお願いします。

河野談話の白紙撤回を求める署名活動をされてる市民団体の弁士の方が河野談話の酷さについてわかりやすく述べています。このような捏造された歴史を放任しておくと、
極左の政治家によって利権目当ての貪欲な朝鮮人売春婦に賠償金が支払われて永遠に日本国民の税金が搾取され続けます。


■河野談話白紙撤回要求署名サイト

「河野談話」の白紙撤回を求める署名サイト

参考書籍


慰安婦強制連行はなかった―河野談話の放置は許されない


■ご意見、情報提供は下記外部掲示板にお願いします。