東方MTG導入指南

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東方MTG導入指南

東方MTGでは対戦をMagic Workstationを使用して行われています。
このページでは、Magic Workstation の導入方法について触れていきます。


1.「MWS本体」と「データベース」をダウンロード


 MWS本体:http://www.magicworkstation.com/
(最新は0.94fになります)
 MTG Card Database: http://www.mwsgames.com/
(わからない人は、2)のDownloadをクリックしてください。)

2. MWS本体とデータベースをインストールする


 1でダウンロードした「mws094f.exe」と「mtg_gamepack.exe」をダブルクリックし、
 インストールします。特に理由がなければ場所はそのままでOKです。

3.日本語化する


 ネット対戦画面:Japanese.zip
 デッキ作成画面:nihongo.zip
 ↑をダウンロード

 ダウンロードしたファイルを解凍し、MWSをインストールしたフォルダに移動、そしてLanguagesフォルダ
 (Magic Workstationフォルダ内)に入れます。
 その後MWSを起動し、Tools→Preferencesを選びます。
 Languagesを選んで、Library Module Languageをnihongoに変更。
 同じようにNetwork Module LanguageをJapaneseに変更します。

4.チャットの日本語化


 チャット画面に使われている"Arial"フォントは欧文フォントなので日本語が表示できません。
 そこでフォントリンクという機能を使い、日本語表示を可能にします。
 レジストリを弄る事になるので、管理者権限のアカウントが必要、そして自己責任でお願いします。

 以下のレジストリファイル(どちらか一方)をダウンロードし、解凍して出てきたファイルをダブルクリックでレジストリに登録した後、パソコンを再起動します。


 これで日本語をチャット画面でほぼ正常(2バイト文字がウィンドウの端で分断されてしまうと化ける)に表示出来ます。
 ただし、自分の側で表示できるようになっただけなので、相手もこの方法を使わない限り、
 日本語チャットは不可能。
 Windows2000/XP/Vistaのみ(2003は未確認)の機能なので98SE/MEのユーザーも不可。
 WindowsVista利用者は下記ファイルのプロパティを変更し「管理者として実行」にチェックを入れましょう。

  Autoupdater.exe
  MagicWorkstation.exe
  MWSPlay.exe

5. 東方MTGを反映させる


 東方MTG一括ファイルをダウンロードします。
 東方一括ファイル最新版(2016/4/9付):http://www1.axfc.net/uploader/so/3648614

 ダウンロードしたファイルを好きな場所に解凍し、そのフォルダの中にある「MWSパッチ」フォルダから「Master.mwBase、Data、Pics」を先ほどインストールしたMWSフォルダ直下に上書きコピーしてください。

 その後、東方MTG一括ファイルに同梱されている構築ツール「東方ウフ符」を起動してください。
 ツールが起動しましたら、ツール右下にある「絞込みダイアログ」ボタンを押し、カード検索ウィンドウが出ましたら左上のプルダウンから「東方構築」を選び、「検索する」ボタンを押してください。
 これでウフ符に東方カードが表示できればちゃんと反映されています。

 ウフ符ではテキストのみでの閲覧は出来ず、カード画像でテキストを見てください。