※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こちらはタンクやシート等、メーター、ライトなどもこちらで良いと思います。

概要


SRXのデザインワークはGKデザインによる。コンセプトイメージは「豹」。しなやかな肢体と躍動感あるネコ科のイメージを見事に捕らえたデザインは1985年度、1990年度のグッドデザイン賞にも選出されている。
http://www.g-mark.org/search/Detail?id=12277&sheet=outline&lang=ja
http://www.g-mark.org/search/Detail?id=17687&sheet=outline&lang=ja

80年代に入ると軽量化、コストダウンなどの要請からオートバイの外装パーツに樹脂が多く用いられるようになっていったが、SRXはそれらの時流にあえて抗い上質なアルマイト仕上げのアルミパーツがふんだんに用いられ、大人の所有に足る本物のモダンスポーツを体現した稀有なデザインとなっている。

SRXは密度のあるコンパクトなデザインを極限まで追求した結果、エンジンがフレームのセンターに搭載されておらず、そのためフレームも厳密には左右対称ではない。
アンシンメトリカルなフレームに搭載されたタンクも左右非対称となっているが、視覚的にそれを補うためにエラの張った独特のデザインになったと聞く。

メーターも当初コストの関係でスピードとタコが一体の樹脂ボディが検討されたがこれも別体式となり、メーターパネルはアルミ製となった。

GKデザインの執念ともいえる拘りによってSRXの唯一無二のデザインはこうして完成されたが、あまりにも完成されすぎたデザインゆえに外装パーツを交換することは非常に難しく、当初より外装カスタムと言う点ではSRほど恵まれた環境にはなかったと言える。



タコメーターレスのスピードメーター
SRXのタコメーターを単に取り外すと、スピードメーター側に黒いステーが残ってしまいます。
これが気になる人は、Renaissa(SRV250ルネッサ)のメーターパネルを流用すると綺麗に収まります。
同じくタコメーターの無いSDRでも同様ですが、こちらはメーター全体がアセンブリになってしまうそうです。
ちなみに、Renaissaのメーターパネルは『Hi』『Turn』などの文字が絵になっていて、少しだけ変わった趣が味わえます。

左藤洋二


シリンダーヘッドの穴塞ぎ
タコメーターケーブルを外した後のシリンダーヘッドの穴は、XT400Artesia(アルテシア)の物が流用出来ます。自作されている方もおられるようです。

左藤洋二





(gizmo)