ラヴァル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デッキ考察>ラヴァル

《真炎の爆発》による大量展開からシンクロを行うデッキ
勘違いされやすいが《シューティング・クェーサー・ドラゴン》を出すためのデッキではない。《シューティング・クェーサー・ドラゴン》も出せるシンクロデッキとしての運用が基本となる。
動くためには墓地肥やしという下準備が必要となるため相手の妨害をいかに交わすかがプレイングをするうえでのポイントとなる
相手に罠を使わせる、自分から踏みに行き、切り札を通すといったプレイングを心がけよう。
アドを考えない安易な展開は厳禁である

序盤に使用されるカード郡


《炎熱伝導場》
墓地にラヴァルを2体送ることができるためこのデッキにおいては《おろかな埋葬》の上位互換となる。
《ラヴァル炎火山の侍女》を経由することにより墓地に5枚のラヴァルを送ることができる。
落とすカードとしては《ラヴァル炎湖畔の淑女》+《ラヴァル炎火山の侍女》→侍女→侍女→《ラヴァルのマグマ砲兵》が基本パターンとなる。
このパターンで落とすことにより《ラヴァル炎湖畔の淑女》の効果発動条件を一気に満たすことが可能となるため時間差のある1:1交換のカードとして運用できる。
この場合2回目の発動時では《ラヴァルのマグマ砲兵》、《ラヴァル炎湖畔の淑女》を落とすことになる。この場合でも1:1交換のカードとして使用していることになる
手札にレベル1非チューナーと《真炎の爆発》があれば《ラヴァルのマグマ砲兵》2体と《ラヴァル炎火山の侍女》3体を落とし、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》に繋げる選択肢もありうるので覚えておきたい

《封印の黄金櫃》
《真炎の爆発》などキーカードををサーチするためのカードとして使われる。
手札に《ラヴァル・キャノン》があればこのカードでチューナーを除外することで5or7のシンクロに繋ぐことができるため腐りにくいが《エフェクト・ヴェーラー》が積まれていることが多いのでなるべく避けた方がよい

《強欲で謙虚な壺》
上記のカードでデッキ圧縮後に使うのが基本。高確率で魔法カードを加えることができる。
このカードで《カードカー・D》を手札に加えればデメリットが被るため初手の動きとしてはベストである。

《カードカー・D》
召喚権を使うのが《ラヴァル・キャノン》くらいであるため《カードカー・D》に召還権を使うことができる
《強欲で謙虚な壺》で加えた場合はデメリットが被るためテンポアドも損ないにくい
《エフェクト・ヴェーラー》には要注意。無効化されてしまった場合、次のターンには起動できないので《聖刻龍-トフェニドラゴン》を出されないよう無理やりリリースしてしまった方がよい

序盤~中盤に使用されるカード郡


《ラヴァル・キャノン》
《真炎の爆発》には対応していないものの除外されたラヴァルを帰還させる効果を持つ。
このカードの存在により、ある程度《マクロコスモス》へのカバーが可能となっている
《炎熱伝導場》で落とした《ラヴァル炎湖畔の淑女》は自身の効果で除外が可能であるため帰還効果を生かせる場面は多い
このカード1枚で星5、星7のシンクロモンスターとなるため非常に優秀なカードであり、このデッキのメインアタッカーを務めることになる
《ラヴァルのマグマ砲兵》を帰還させればランク4のエクシーズも可能であり、状況に応じてさまざまな対応ができる

《ラヴァル炎湖畔の淑女》
条件が整えばセットカードを1枚破壊できる。
コストで自身ともう1体のラヴァルを除外することになるがこれは《ラヴァル・キャノン》により帰還できるためむしろメリットとなっている
《ラヴァル・キャノン》で帰還させれば再び破壊効果も使用できるためこの時点でアド+1となる
コストで除外するカードは《ラヴァルのマグマ砲兵》がメインとなる。この2体を除外することで《ラヴァル・キャノン》1枚からの7シンクロ、4エクシーズの選択肢を得ることが可能となる

《ラヴァル炎火山の侍女》
《炎熱伝導場》により3体まとめて落とすことになる。
手札に来てしまった場合は墓地にラヴァルモンスターを落としてからセットすべきであり、1枚程度なら引いてしまっても支障はいどころか役に立つ場合も多い
しかしダメージを受けるのを防ぐための安易なセットは控えよう。せっかく腐らせていた《サイバー・ドラゴン》系を出されてしまうからだ

《ラヴァルのマグマ砲兵》
《真炎の爆発》対応の星4。効果は持つ《ラヴァル炎火山の侍女》のタイミングを逃してしまうため無理に使用する必要はない。
相手のライフが1000以下ならばフィニッシャーとなることもある

《焔征竜-ブラスター》
固有効果により手札のチューナーを処理しつつ万能除去
《真炎の爆発》と墓地リソースを奪い合うものの、自己再生できる2800打点
除外による《ラヴァル・キャノン》の補助
《ラヴァル炎火山の侍女》とともに星8シンクロ
と多岐に渡るシナジーがある

中盤~終盤に使用するカード郡


《真炎の爆発》
このデッキの切り札。このカードを持っているだけで《ラヴァル・キャノン》展開後のリカバーが可能である
逆に必ず通したいカードであるため、相手の手札、伏せを見極めて発動したい
展開後にシンクロを複数行うことになるため《増殖するG》は特に注意が必要。2戦目以降はこのカードによるゲームエンドに過信は禁物である

《バトル・フェーダー》/《速攻のかかし》/《サイバー・ヴァリー》/《一時休戦》
爆発が引けない場合の時間稼ぎカード。それぞれ利点欠点が異なるためどれを採用するかはお好みで

このデッキにおける各種カードの使用方法


《増殖するG》
できる限り2度ドロー以上できる状況で狙っていきたい。
チェーン対象となる主なカードは《レスキューラビット》、《真炎の爆発》、《甲虫装機 ダンセル》、聖刻のバニラ特殊召喚効果となる
このカードで《速攻のかかし》、《冥府の使者ゴーズ》を引くことができれば返しのターンに有利になりやすい
しかし所詮はドローカードであり妨害はできない。死んでしまえば手札が多くても意味が無いというのは頭においておこう

1KILL対策カード。《ラヴァル炎火山の侍女》+カイエントークンで星8シンクロを召還できる。
がら空きの場合から《スクラップ・ドラゴン》の効果発動条件を即座に満たすことができる

サイクロン》/《大嵐》/《サンダー・ブレイク》
《ラヴァル・キャノン》、《真炎の爆発》を使う前に使用しよう。特に《サンダー・ブレイク》はアド損となるため自分からの使用は展開時か、あるいは相手がマストカウンターを出すまでは厳禁

《激流葬》/《ブラック・ホール》
1体モンスターが数ターン立ち続けるデッキではないので相手のみの除去も容易
相手が召喚しないならば自分の《ラヴァル炎火山の侍女》召喚に対しての激流も有効である

主なEx枠

星5シンクロ
《ラヴァルのマグマ砲兵》or《ラヴァル・キャノン》+《ラヴァル炎火山の侍女》出るモンスター。《TG ハイパー・ライブラリアン》は必須カードとなる。
《TG ハイパー・ライブラリアン》以外の5では除去持ちの《ラヴァルバル・ドラゴン》、闇以外のモンスターを処理できる《A・O・J カタストル》、エンドメーカーになりうり、6,8への繋ぎに《ラヴァル・ツインスレイヤー》が採用される

星6シンクロ
《ラヴァル・ツインスレイヤー》を中継した上で召還されるモンスター。《フォーミュラ・シンクロン》が絡んだ場合も出せるがそのケースは少ない。
手札交換と墓地肥やしが可能な《ラヴァルバル・ドラグーン》、耐性持ちに強い《獣神ヴァルカン》が採用候補。

星7シンクロ
《ラヴァル・キャノン》+《ラヴァル炎湖畔の淑女》で出せるモンスター。《ラヴァル炎湖畔の淑女》の効果を再び利用できるのでアドをとりやすい
そのため《ラヴァル・ステライド》、《ブラック・ローズ・ドラゴン》、《エンシェント・ゴッド・フレムベル》の3体採用が基本となる
《エンシェント・ゴッド・フレムベル》は墓地メタとして優秀だが、《ラヴァル・キャノン》はシンクロ素材にできないので注意

星8シンクロ
《ラヴァル・ツインスレイヤー》+《ラヴァル炎湖畔の淑女》、《冥府の使者ゴーズ》orカイエントークン+《ラヴァル炎火山の侍女》で召喚される。
冥府の使者ゴーズ》以外のパターンでは《真炎の爆発》を使用した時に1体出る程度なので、《スクラップ・ドラゴン》、《スターダスト・ドラゴン》の2枚採用で十分となる
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を採用することで《闇のデッキ破壊ウイルス》も投入できるほか、《クリムゾン・ブレーダー》も一部のデッキに強力なメタカードとなる

《フォーミュラ・シンクロン》、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》
レベル1非チューナー+《ラヴァル炎火山の侍女》で出せる《フォーミュラ・シンクロン》は必須となる。
《シューティング・クェーサー・ドラゴン》を出せたらカウンター+2回攻撃で即勝負を決めに行こう。

《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》
《真炎の爆発》で《ラヴァル炎火山の侍女》3体《ラヴァル炎湖畔の淑女》1体《ラヴァル・ランスロッド》1体をSSすれば召喚可能。甲虫装機等にはめっぽう強いため環境によっては投入を考えたい

エクシーズモンスター
《ジェムナイト・パール》
このデッキが苦手とする《ヴェルズ・オピオン》を単体で処理できる2600打点を持つ。
効果を持たないため《エフェクト・ヴェーラー》に影響されず《デモンズ・チェーン》の効果の対象外となる。
相手の伏せカードに攻守増減が無ければほぼ確実に上記の弱点を処理できる
その伏せカードも展開前の《ラヴァル炎湖畔の淑女》で処理しやすいので非常に確実性が高い。
守備力も1900あるため《交響魔人マエストローク》にも強く、その後も非常に場持ちがよい。
《ラヴァル・キャノン》1枚から出せるカードであるが、使用する際は《インヴェルズ・ローチ》、《ヴェルズ・オピオン》などで展開が阻害されたときの突破カードとしてそのときまでは温存が推奨

《交響魔人マエストローク》
《インヴェルズ・ローチ》、《ヴェルズ・オピオン》突破カードその2。
効果は非常に優秀であるが効果モンスターであるゆえ《エフェクト・ヴェーラー》に無効にされやすく《デモンズ・チェーン》の効果範囲であるため確実性に欠ける
しかし、効果を一時的に防ぎたいときなどは裏守備にする効果は非常に有効であるため1枚はつんでおきたい

《インヴェルズ・ローチ》
聖刻へのメタカード。対聖刻戦では非常に有効であるため聖刻の多い環境ならば積んでおきたい1枚である。
ミラーマッチでもそれなりの活躍が期待できるが上記のエクシーズの存在があるため油断は禁物である

その他エクシーズモンスター
真炎の爆発でレベル5シンクロを並べられるのでランク5も召喚可能ではあるが、基本的にはシンクロ二体で攻撃したほうがいい。ただし状況によっては《No.61 ヴォルカザウルス》が逆転の一枚になりうる。
《シャイニートマジシャン》は砲兵が除外された場合や爆発のデメリット回避のためにあると便利だが、スロットが厳しいか

サイドチェンジ

展開力は申し分のないラヴァルではあるが一旦妨害を許してしまうと回答手段が非常に限られてしまう
そのためサイドチェンジ後は永続効果への対策を重点的に行いたい。

召還自体を防ぐ《奈落の落とし穴》、《マクロコスモス》を破壊するための《サイクロン》が上げられる
敵への対策カードは積みすぎるとデッキの回転が悪くなるため最小限にとどめたい
【甲虫装機】対策の《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》、【HEROビート】対策の《スノーマンイーター》など大打撃を与えるようなカード以外は無理に積む必要はないだろう


コメント欄
  • 修正しました -- 名無しさん (2012-04-14 14:32:30)
  • サーキュレータっていらないですか? -- 名無しさん (2012-04-15 01:21:50)
  • ドロソ欲しいなら入れてもいいんじゃない?そこは好みとしか -- 名無しさん (2012-04-16 21:54:56)
  • スカノヴァはランスロッドだろ、あと爆発で6体もssする気かよ -- 名無しさん (2012-04-17 00:36:54)
  • 6体SSワロタ。侍女が一体多いな -- 名無しさん (2012-04-18 21:39:53)
  • わかるけど、こういう説明の記事はカード名をちゃんと書いたほうがいいよ -- 名無しさん (2012-04-19 15:09:07)
  • すこし編集しました。このページを作った方はこんな中途半端な事をするぐらいなら最初から作らないでいただきたいです。 -- 名無しさん (2012-04-22 01:39:12)
  • 予言僧 チョウレンおすすめ。普通に強い -- 名無しさん (2012-04-23 01:02:32)
  • スカノヴァはいらないと思う -- 名無しさん (2012-04-30 01:08:10)
  • いるかいらないかは個人の自由 -- 名無しさん (2012-04-30 16:14:51)
  • ラヴァル使ってる奴は情強 -- 名無しさん (2012-04-30 23:51:32)
  • ラヴァルにパールって必須?地味に高いから買おうか悩むんだけど -- 名無しさん (2012-05-21 23:40:06)
  • ↑余裕で必須 -- 名無しさん (2012-05-23 00:31:45)
  • 焔征龍も搭載して安定感増したよね (2013-03-25 14:29:09)
  • ラヴァルだとガンマンよりパールの方が優先されるな (2013-03-30 02:23:51)
  • まさかカードカー無しでいけるようなるとは (2013-04-10 19:52:55)
  • ブリューナク禁止なのにずっと載ってたので消したついでにちょっと追記 (2013-05-09 14:28:07)
  • スカノヴァは侍女侍女淑女淑女砲兵でも出せる。 (2013-05-10 13:38:24)
  • ブラスターを突っ込むとステラとかのレベル7モンスターとでドラゴサック組むと強いよ。ビッグアイもいいけど、ドラゴサックの方が安定する。 (2013-07-20 02:32:15)
コメント: