当サイトについて







































最新情報はTwitterで

トップ > その他 > プレイ動画に対するメーカーの対応 / 2016年11月30日 (水) 21時33分33秒



  • ゲームの プレイ動画を著作権者の許諾なしにアップロードすることは、送信可能化権(著作権法23条、2条1項9号の5)とよばれる権利の侵害にあたりますはじめに2参照)。ただ、プレイ動画に対する著作権者の判断はさまざまです。そこで、このページでは各ゲームメーカーの反応についてまとめてみます。

  • ここでいう著作権者というのは、通常はゲームソフトを開発・販売しているメーカーをさします。もっとも、開発会社(ディベロッパー)と販売会社(パブリッシャー)が異なっていて、著作権が譲渡されていない場合は前者が著作権者です。パブリッシャーがディベロッパーとの契約により著作権の管理をするケースも存在します。

  • なお、 PS4 および Xbox One のゲームソフトについては、 両ゲーム機がハード側でシェア機能に対応 しているため、動画をまったくアップロードできないということはありません。アップロード可能な範囲が作品によって異なります。

目次




アクロディア


  • iOS/Android用アプリ『対戦パズルバトルブレイブ』には、動画撮影機能が搭載されています。動画はYouTubeなどに投稿することができます。

アソビモ


  • iOS/Android用アプリ『アヴァベルオンライン』には、動画撮影機能が搭載されています。

  • iOS/Android用アプリ『ぷちっとくろにくるオンライン』は、ゲームの録画、編集、投稿がゲーム内から可能です。投稿できるサイトは、ニコニコ動画やYouTubeなどです。詳細は、公式サイトをご覧ください。

アラリオ


  • 『プリストンテール』(開発 : YDオンライン)は、動画投稿およびライブ配信が認められています(参考1参考2参考3参考4)。

▲画面の上へ

アリカ



▲画面の上へ

ウォーゲーミングジャパン


  • 『World of Tanks』では、公式MODである「WG ストリーム MOD」を導入することにより、Twitchで簡単にゲーム配信できる機能が追加されます。詳細は、4Gamer.netを参照してください。

▲画面の上へ

エイティング


  • iOS/Android用アプリ『激突!ブレイク学園』には、ゲームを録画し、ニコニコ動画やYouTubeなどに投稿できる機能が搭載されています。詳細は、4Gamer.netをご覧ください。

▲画面の上へ

エレクトロニック・アーツ


  • PCダウンロードサービスOriginは、Twitch上でゲームプレイをライブ配信する機能に対応しています。詳細は、公式ヘルプのこちらのページ、およびVol Wikiをご覧ください。

  • 『Tiger Woods PGA Tour 08』には水面でショットできてしまうバグがあり、そのことを指摘したプレイ動画をYouTubeにアップロードした人がいました。1年後、エレクトロニック・アーツは彼に「それはバグではない。タイガー・ウッズがすごいだけなのだ」と動画で応えました(その動画はこちら)。アメリカらしい気の利いたジョークといえます。

▲画面の上へ

エンターブレイン


  • 『ツクールシリーズ』については、自分で作成した作品につき配布することが認められています(ツクールシリーズ利用規約詳細)。このことから、自分で作った作品をプレイする様子を動画に収め、アップロードすることが認められていると解釈できる余地はあります。ただし、エンターブレインに直接確認してください。


  • ニコニコ自作ゲームフェスにおいて、『RPGツクールVX Ace Lite ニコニコエディション』などのツクールで作ったゲームの実況プレイ動画をニコニコ動画に投稿することができます。

▲画面の上へ

カプコン


  • 『ウルトラストリートファイターIV』には、動画をYouTubeにアップロードできる機能が搭載されています(詳細)。

  • PS4版『ストライダー飛竜』は、シェア機能に完全対応しています(参考、記事内におけるアンドリュー氏の発言)。

  • 『戦国BASARA4』では、同ソフトの発売に伴い開催されたキャンペーンに関連した内容にかぎり、ニコニコ動画への動画投稿が認められたことがあります(詳細1詳細2)。

  • 『ストリートファイターIII サードストライク オンラインエディション』には、リプレイをYouTubeに投稿する機能があります。

  • 『ヴァンパイア リザレクション』には、リプレイ動画をYouTubeに投稿できる機能が搭載されています。

  • 『SUPER STREET FIGHTER IV ARCADE EDITION』については、実況プレイ動画を投稿しているせんとす氏がカプコン本社に招待されて動画収録が行われたことがあります。

▲画面の上へ

カヤック


  • カヤックは、スマートフォン用のゲームアプリにゲーム実況録画機能を実装するためのソフトウェアである「Lobi REC SDK」を開発しています。この機能を搭載したゲームとして、『タップ忍者2』および『姫騎士と最後の百竜戦争』などがあります。録画した動画は、ニコニコ動画のほか、YouTube、Twitter、LINE、Facebookに投稿できます。Lobi REC SDKの詳細については、公式サイトITmediaファミ通Appをご覧ください。

▲画面の上へ

ガンホー・オンライン・エンターテイメント


  • 『ラグナロクオンライン』では、スクリーンショットおよび動画投稿が認められています。詳細は、公式サイトをご覧ください。

▲画面の上へ

グランゼーラ


  • 『絶体絶命都市シリーズ』については、ガイドラインの範囲内で動画投稿・ライブ配信が可能です。クリエイター奨励プログラムにも対応しています。

▲画面の上へ

グラティーク


  • iOS版『マッピー 対決!ネオニャームコ団』には、ニコニコ生放送でゲーム配信できる機能が搭載されています。

▲画面の上へ

ゲームオン


  • 『黒い砂漠』(開発 : PearlAbyss)は、動画投稿およびライブ配信が認められています。詳細は、公式サイトをご覧ください。

▲画面の上へ

ゲームロフト


  • iOS版『ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス』は、Twitchでの配信に対応しています(詳細)。

  • iOS版『アスファルト 8:Airborne』には、Twitchでの配信機能が搭載されています。自分の声や顔も配信することが可能です。なお、Andoroid版では対応していません。

  • iOS版ゲーム『オーダー&カオス オンライン』はTwitchに対応しています(詳細1詳細2)。iOS版のみの対応となっています。

▲画面の上へ

コーエーテクモゲームス


  • PS4版『真・三國無双7 with 猛将伝』では、シェア機能を使用して「ストーリーモード」や「将星モード」、「チャレンジモード」でのプレイを録画して投稿することが可能です。また、ゲームプレイのライブ配信中は、視聴者からのコメント内容に応じてアイテムが出現するなどのギミックが用意されています。詳細は、こちらをご覧ください。

  • PS4版『信長の野望・創造』では、シェア機能を使用してゲームを録画して投稿することが可能です。また、ゲームプレイのライブ配信もでき、視聴者がコメントによってゲームプレイに影響を与えることが可能です(詳細)。

  • 『DEAD OR ALIVE 5』のVer 1.03には、YouTubeおよびFacebookにリプレイ動画を投稿できる機能が搭載されていました。この機能は、YouTubeおよびFacebookの仕様変更に伴い、2015年に終了しました。

▲画面の上へ

コードマスターズ


  • 『DiRT 3』では、YouTubeにリプレイ動画を投稿できる機能が搭載されています。詳細は公式サイトをご覧ください。

▲画面の上へ

コナミ


  • iOS/Android用アプリ『対戦!ボンバーマン』は、ニコニコ生放送でゲーム配信できる機能に対応しています。詳細は、4Gamer.netをご覧ください。

  • PS4版『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2015』は、シェア機能に対応しており、試合のリプレイ動画を共有できます(参考)。

  • PS4版『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』および『P.T.』につき、PS4のシェア機能を使用して撮影した動画の募集が行われています(詳細)。

  • 小島監督は、『METAL GEAR SOLID V』をオープンワールドにした理由につき、PS4のSHAREボタンによる映像配信が背景にあると発言しています。したがって、少なくともPS4についてはゲームプレイをライブ配信できる可能性が高いでしょう。また、同監督は動画投稿についてもできるようにしたいと発言しています。詳細は、ファミ通.comをご覧ください。

  • 『METAL GEAR ONLINE』で、実況動画を含め動画コンテストが開催されたことがあります(詳細)。

▲画面の上へ

サイバーエージェント


  • iOS版『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』は、内蔵された「OPENREC」によりゲームの録画・編集・投稿が可能です(Android版は今後対応予定)。対応サイトは、Facebook、Twitter、YouTube、ニコニコ動画、OPENREC.tvとなっています。OPENRECについては、ファミ通App4Gamer.netを参照してください。

▲画面の上へ

サイバーフロント


  • ニコニコ動画には『シヴィライゼーション』のプレイ動画が多数アップロードされているのですが、発売元のサイバーフロントはこれらの動画に対し、ニコニコ動画内のページで感謝の意を表しています。

▲画面の上へ

スクウェア・エニックス


  • 『ファイナルファンタジーXV』は、著作物利用許諾条件に従うかぎり、動画投稿・ライブ配信が認められています。利用許諾の対象外となる楽曲(「Stand By Me」「I Will Be」)や、権利表記の掲載方法など、具体的な注意点については上記公式サイトをご覧ください。

  • PS4版『オーバーウォッチ』(開発はBlizzard Entertainment)のオープンベータテストでは、実況プレイ動画の作成、およびライブ配信が認められていました。基本的に制限はないとのことです。詳細は、公式サイトまたはGame*Sparkをご覧ください。

  • 『ドラゴンクエストヒーローズII』は、niconico内での動画投稿・ライブ配信が認めれています。詳細は、ニコニ・コモンズをご覧ください。

  • 3DS版『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』は、動画・生放送配信ガイドラインに従うかぎり、動画投稿・ライブ配信が認められています。ただし、TwitchやFacebookなど、JASRACと音楽の利用許諾契約を締結していないサイトでは、認められていません。

  • 『スターオーシャン5』は、PS4のシェア機能を使った動画投稿、およびライブ配信が認められています。詳細は、公式ガイドラインをご覧ください。

  • 『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』は、niconico内での動画投稿、およびライブ配信が認められています。詳細は、ニコニ・コモンズをご覧ください。

  • 『ドラゴンクエストビルダーズ』では、PS4のシェア機能を利用した動画投稿、およびライブ配信が認められています(エンディングまで制限なし)。また、niconicoの場合に限り、同機能を使わずに動画を投稿、ライブ配信することが可能です(特則)。詳細については、公式サイトの動画・生放送ガイドおよびコンテンツ作成ガイドラインをご覧ください。動画投稿キャンペーンも開催されています。

  • 『DISSIDIA FINAL FANTASY』は、動画投稿が認められています。詳細は、公式ガイドラインをご覧ください。

  • 『ファイナルファンタジー 零式 HD』は、利用条件の範囲内でシェア機能を使った動画投稿およびライブ配信が可能です。詳細は、公式サイトをご覧ください。

  • 『みんなでスペランカーZ』は、利用条件の範囲内でシェア機能を使った動画投稿およびライブ配信が可能です。詳細は、公式サイトをご覧ください。

  • PS4版『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』では、シェア機能を利用した動画投稿、およびライブ配信についてガイドラインが公開されています(詳細)。また、同機能を利用した「必撮!ムービー&フォトコンテスト」が開催されています(詳細)。

  • iOS版『聖剣伝説 RISE of MANA』には、動画をYouTubeに投稿できる機能が搭載されています(詳細)。

  • 『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(開発 : Cygames)は、niconico上での利用が認められています。詳細はニコニ・コモンズをご覧ください。

  • 『ドラゴンクエストⅩ』は、ニコニコ動画への動画投稿、およびニコニコ生放送での配信などが可能です。詳細については、ニコニ・コモンズをご覧ください。


  • 『コール オブ デューティ ゴースト』を用いて「ニコニコゲームマスター」が開催されたことがあります(詳細)。

  • 『コールオブデューティブラックオプスⅡ』(開発 : Treyarch)には、YouTubeへ直接ライブストリーミング配信を行える機能が搭載されています(参考記事)。また、ニコニコ動画への動画投稿、ニコニコ生放送での配信などが可能です(詳細はニコニ・コモンズ参照)。

  • 『コールオブデューティブラックオプス』(開発 : Treyarch)には、動画をYouTubeに投稿できる機能があります。

  • PS3版『ジャストコーズ2』(開発 : Avalanche StudiosおよびEidos)には、動画をYouTubeに投稿できる機能があります(参考記事)。

  • 基本的にプレイ動画のアップロードは認めないとしつつも、今後検討していく余地はあると考えているようです(Intermezzoの「動画配信サイトでユーザプレイ動画が投稿されることがある」の質問)。

▲画面の上へ

スパイク・チュンソフト


  • スパイク・チュンソフトは、ゲーム実況を積極的にプロモーションとして活用していると述べています(4Gamer.net)。公式サイトにおいて、動画投稿およびライブ配信が可能なタイトルが公開されており、タイトルごとに利用許諾範囲が設けられています。詳細は、プレイ動画・生放送の公開についてを参照してください。

  • 『ウィッチャー3 ワイルドハント』は、動画投稿およびライブ配信が認められています。利用許諾範囲に制限はありません。全編を通して動画投稿およびライブ配信することができます。また、2015年5月21日(木)~2015年6月21日(日)までプレイ動画投稿キャンペーンが開催されています(詳細)。

  • 『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』は、公式サイト上で「プレイの心得」を掲載しています。そのなかで、ネタバレおよびインターネットでのプレイ動画の公開を禁じています。ただし、「ゆーもあのある面白いプレイ動画を公開」するのであれば、1章までの動画を特別に公開できるとしています(参考記事)。

  • 『セインツロウ IV ウルトラ・スーパー・アルティメット・デラックス・エディション』は、動画の投稿およびニコニコ生放送での配信が可能です。詳細はニコニ・コモンズをご覧ください。

  • 『テラリア』は、動画の投稿およびニコニコ生放送での配信が可能です。詳細はニコニ・コモンズをご覧ください。

  • 『不思議のダンジョン2 風来のシレン』は、ニコニコ動画への動画投稿、ニコニコ生放送での配信が可能です。詳細は、ニコニ・コモンズをご覧ください。

  • 『スーパーダンガンロンパ2』公式サイトでは、「プレイ動画に関するお願い」が公開されています。ネタバレを防ぐため、「2章以降のプレイ動画の公開の自粛をお願い申し上げます」とあります(参考記事)。

▲画面の上へ

セガゲームス


  • 『初音ミク VRフューチャーライブ 1st Stage』は、PS4のシェア機能を使用した場合、歌の部分は入らない仕様になっています。会場音声やミクの会話部分は入ります。

  • PS4版『龍が如く0 誓いの場所』では、限定された範囲でシェア機能に対応しています。詳細は、こちらをご覧ください。

  • 『龍が如く 維新!』は、PS4のシェア機能に対応しています。プレイスポットの「闘技場」、およびゲームクリア後に追加される「幕末漫遊」モードが同機能に対応しています(参考)。

  • 『ファンタシースターオンライン2 キャラクタークリエイト体験版』につき、制限内でのプレイ動画(実況動画を含む)の作成および生放送が認められています。詳細は、公式サイトをご覧ください。

  • 『ぷよぷよ!!』につき、制限内でのプレイ動画の作成および生放送が認められています。詳細は、ぷよぷよ!! 公式サイトをご覧ください。


  • 『初音ミク -Project DIVA- 2nd』のPVエディットコンテストが開かれたことがあります。

  • アーケードゲームの『maimai』では、ニコニコ動画にプレイ動画を投稿することが可能です。詳細はmaimaiまとめサイトをご覧ください。なお、動画を投稿した日から90日間経過したにもかかわらず、100再生未満の動画については自動的に削除されます(参考)。

  • 『ベヨネッタ』のディレクターである神谷英樹氏が、ニコニコ動画に実況プレイ動画を投稿しています(こちら)。

  • iOS/Android用アプリ『チェインクロニクル』には、動画撮影機能が搭載されています。動画はYouTubeやニコニコ動画に投稿することができます。詳細はLobiをご覧ください。

▲画面の上へ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント


  • PS4では、ゲームプレイが常時録画されており、動画またはスクリーンショットを投稿することができます。また、ライブ配信サイトにゲームプレイを配信する機能にも対応しています。詳細は、PS4の録画・編集機能およびPS4・Xbox Oneの配信機能をご覧ください。なお、ゲームによっては録画・配信できないシーンが設定されている場合があります。

  • PS4用ソフト『The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)』は、ライブ配信が許可されています(参考)。

  • PS4用ソフト『Until Dawn』について、吉田 修平氏(SCEワールドワイド・スタジオ代表取締役会長)は、「プレーヤーの反応にはとても満足しているよ。特に、YouTubeでストリーミング配信や動画投稿をしている人たちの反応にね。自分がクリアした後でも、他の人のプレーを見るのは最高に楽しい。誰もが異なる選択をするからね。」と発言しています(詳細はChoke Point)。

  • PS4用ソフト『Bloodborne』は、シェア機能にエンディングまで対応しています(参考、記事内における山際氏の発言)。

  • PS4版『The Last of Us Remastered』で、オリジナルムービー&フォトコンテストが開催されたことがあります(詳細)。

  • PS4版『STAR STRIKE ULTRA』には、自分のプレイを配信する「INTERACTIVE STREAM」があります(詳細)。

  • 『アンチャーテッド- 砂漠に眠るアトランティス -』には、オンライン対戦の一部をプレイ動画としてYoutubeへアップロードできる機能が搭載されています。

  • 『ゴミ箱』にはYouTubeにプレイ動画を投稿できる機能が用意されています(4Gamer.net)。

  • 『まいにちいっしょ』に関しては、「録画モード」というモードで録画した動画をYouTubeにアップロードできます。ただし、トロ・ステーションについてはこの限りではありません。画像についてはブログに貼り付けてもよいと紹介されていますが(「トロ・ステーション」→「おトク情報」→「スクリーンショットの撮り方」)、詳細については書かれていません。

  • ニコニコのSCE公式チャンネルにおいて、同社の新人従業員が『まいにちいっしょ』の実況プレイ動画を投稿しています(こちら)。

▲画面の上へ

そらいろ


  • iOS/Android用アプリ『戦国リバーシ』は、ニコニコ生放送でゲーム配信ができる機能を搭載しています。詳細は、ニコニコインフォを参照してください。

▲画面の上へ

タイトー


  • iOS/Android用アプリ『アイドルクロニクル』には録画機能が搭載されており、撮影した動画はYouTubeやニコニコ動画などに投稿できます。

▲画面の上へ

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン


  • PC/PS4/Xbox One版『Grand Theft Auto V』には、ゲームプレイを1分間録画し、動画を編集・投稿できる機能(「ロックスター・エディター」)が搭載されています。作成した動画は、YouTubeおよび「ロックスター・ゲームスSocial Club」で公開できます。詳細については、ASCII.jpおよび公式チュートリアルを参照してください。

  • 非営利の場合で、なおかつネタバレをしていない、ゲーム中に登場するTV番組や映画をゲームから切り離して単独で利用していない、複数の要件を満たす場合には動画を投稿したり配信することが可能のようです。詳細は、公式サイトをご覧ください。

  • ニコニコ動画で『MAFIA II』のプレイ動画コンテストが開催されたことがあります(詳細)。

▲画面の上へ

ドワンゴ


  • iOS版『実況!ねこ式戦闘機~激ムズ無料シューティングアクション~』には、ニコニコ動画に動画を投稿できる機能、およびニコニコ生放送でゲーム配信ができる機能が搭載されています。

▲画面の上へ

ネクソン


  • 『サドンアタック』は、少なくとも回線状態の報告や、不正ユーザーの報告のさいに、動画投稿サイトに動画を投稿することができます(参考1参考2

▲画面の上へ

ニトロプラス


  • 『ソニコミ』は、限られた範囲で動画投稿およびライブ配信が可能です。詳細は、公式サイトをご覧ください。

▲画面の上へ

日本一ソフトウェア


  • 『勇者死す。』は、タイトル画面の「はじめる」からゲームをスタートし、勇者が倒れて葬儀を終えるまでの1周めにつき、実況プレイ動画の投稿が可能です。詳細は、ファミ通.comをご覧ください。

▲画面の上へ

任天堂


  • 任天堂によって指定された262作品(例 : 『マリオカート8』『スプラトゥーン』など)については、niconicoの「クリエイター奨励プログラム」に対応しており、ニコニコ動画に動画をアップすることができます。同プログラム対象でないタイトルについては、不適切な動画を除いて任天堂から個別に許諾されます。詳細は、niconicoヘルプおよびニコニコ超会議2015発表会(30分23秒以降)のタイムシフトをご覧ください。なお、ニコニコ生放送には対応していません。

  1. クリエイター奨励プログラムに登録(詳細)。
  2. 指定タイトルの動画をアップ。
  3. アップした動画が、任天堂が用意した公式動画の子作品として登録される(任天堂の許諾待ち、コンテンツツリーが作成される)。
  4. 審査期間を経て奨励金が支払われる。

  • YouTubeにアップロードした動画に任天堂の著作物が含まれている場合、自動的に広告が入り、その広告収入が任天堂の収益になる場合があります(スラッシュドット・ジャパンガジェット通信)。ただし、任天堂は「より積極的な任天堂著作物の利用を希望」する人に向けて、アフィリエイトプログラムを準備しているとの公式発表をしており(参考1参考2)、2015年1月から「Nintendo Creators Program」β版がスタートしています。このサービスに登録すると、広告収益のいちぶ(チャンネルが70%、動画が60%)が動画投稿者に支払われることになります。詳細は、任天堂公式サイトおよびITmedia ニュースをご覧ください。なお、収益化が可能なリストはこちらで公開されています。


  • 『マリオカート8』では、ゲーム内の「マリオカートTV」からGoogleアカウントを使ってYouTubeに動画をアップロードできるようになっています。詳細は、こちらの動画をご覧ください。

  • 任天堂は以前行われた株主総会において、「社会との中で折り合い」がつき、「知的財産の品格や価値がおとしめられない表現かどうか」をひとつの判断事情として、個別具体的に知的財産権の侵害について考えていくとしています(第70期 定時株主総会 質疑応答Q14より)。

▲画面の上へ

ノイズファクトリー


  • 2006年5月、ノイズファクトリーから『新豪血寺一族 煩悩開放』が発売されました。同ソフトには矢部野彦麿(やべのひこまろ)らが歌って踊るムービー(『レッツゴー! 陰陽師』)が収録されており、2007年初頭、当該ムービーが無断でアップロードされたところ、ニコニコ動画で人気を博したのです。


▲画面の上へ

バンダイナムコエンターテインメント


  • 『サマーレッスン』では、PS4のシェア機能を使用した場合、いっさいの制限はかけられていません(フルオープン)。


  • 『鉄拳』シリーズのプロデューサーである原田勝弘氏は、『鉄拳タッグトーナメント2』の実況プレイ動画の投稿につき、行ってもかまわないと読み取れる趣旨の発言をTwitter上でしています(参考)。ただし、これはバンダイナムコエンターテインメントとしての公式発表ではなく、あくまでも原田氏個人の見解であることに留意する必要があります。


▲画面の上へ

フロム・ソフトウェア


  • 画像の利用申請をすれば、少なくとも攻略サイトなどで動画を公開できる場合があるようです(詳細)。画像の利用申請は、こちらのページの「画像利用申請」から行えます。

  • 『ARMORED CORE V』の動画投稿やライブ配信について、宣伝担当のオグ氏がTwitter上で意味深ながら、「立場上、それを認めてよいかと正面から質問された場合はダメと答えるほかない」という旨の発言をしています(参考)。

▲画面の上へ

ベセスダ・ソフトワークス


  • 『サイコブレイク』(開発 : Tango Gameworks)は、niconico上での利用が認められています。詳細はニコニ・コモンズをご覧ください。

▲画面の上へ

マイクロソフト


  • Windows 10版の『Quantum Break』は、こちらの画像内で「Game DVR サポート」と表記されています。


  • Xbox Oneは、ゲームプレイを録画・編集・公開できる機能(DVR機能)を搭載しています(参考)。また、Xbox Oneから直接、Twitchを通じてライブ配信することもできます(参考)。

▲画面の上へ

ミクシィ


  • iOS/Android用アプリ『モンスターストライク』は、ニコニコ動画やYouTubeなどに動画を投稿できる機能が搭載されています。詳細は、公式サイトおよびファミ通Appをご覧ください。

▲画面の上へ

ミストウォーカー


  • iOS/Android用アプリ『TERRA BATTLE』には、動画をYouTubeなどに投稿できる機能が搭載されています(詳細1詳細2)。

▲画面の上へ

ユービーアイソフト


  • ユービーアイソフトのゲームについては、ライブ配信が許可されています。詳細は、公式サイトをご覧ください。

  • 『ファークライ プライマル』は、クリエイター奨励プログラムに対応しています。詳細は、ニコニ・コモンズをご覧ください

  • 『トラックマニア ターボ』は、クリエイター奨励プログラムに対応しています。詳細は、ニコニ・コモンズをご覧ください

  • PS4版『ザ クルー』は、オープンベータテストの期間中(2014年11月25~28日)、公式サイトに「動画配信も問題ないです。」 との記述がありました。現在はオープンベータ終了につき、ページ自体が消失しています。

  • Uplay PC 4.0がTwitchに対応しており、Uplay対応のゲームプレイを配信できます。詳細は、公式サイトをご覧ください。

  • 『アサシン クリード III』の公式サイトにおいて、ストーリーのネタバレ防止の観点からシングルプレイの動画投稿、およびライブ配信についての自粛を求めています。ただし、マルチプレイ動画の投稿については問題ないとも発表されています。詳細は、公式サイトトップの「ネタバレ自粛のお願い」をご覧ください。

  • Uplay PCをインストールすることによって、Twitchで簡単にライブ配信ができるようになります。詳細は、公式サイトをご覧ください。

▲画面の上へ

Blizzard Entertainment


  • Facebookと提携し、ゲーム配信できる機能が搭載される予定です。『World of Warcraft』『Heroes of the Storm』『Hearthstone』『StarCraft II』『Diablo III』『Overwatch』などがその例です。詳細については、4Gamer.netGame*SparkTechCrunch Japanを参照してください。

▲画面の上へ

CCP Games


  • 『EVE Online』は、Twitchで簡単にゲーム配信できる機能に対応しています。詳細は、公式サイトをご覧ください。

▲画面の上へ

Cygames


  • iOS/Android用アプリ『Shadowverse(シャドウバース)』は、PCを使わずにニコ生で配信できる機能を搭載しています。詳細については、シャドウバース 攻略まとめwikiを参照してください。

▲画面の上へ

DMM.com


  • 『艦隊これくしょん -艦これ-』(開発 : 角川ゲームス)は、基本的に動画投稿が認められています(参考1参考2参考3参考4)。

▲画面の上へ

Dragon fly


  • 『SPECIAL FORCE 2』では、キャンペーン中ニコニコ生放送で配信できる期間がありました(詳細)。

▲画面の上へ

Devolver


  • Devolver Digitalは、同社が発売するゲーム動画による収益化を認めています(詳細)。

▲画面の上へ

D3パブリッシャー


  • D3パブリッシャーは『地球防衛軍4』の発売に伴い、ライブ配信および動画投稿について自粛を求めました(詳細)。ただ、この件については後日ガイドラインを設けることが予告されていました。そして、この予告のとおり3日後にガイドラインが公開されており、現在は一定の要件のもとでライブ配信および動画投稿が可能となっています。詳細は、ニコニ・コモンズおよび公式サイトをご覧ください。

▲画面の上へ

EDGES


  • iOS/Android用アプリ『呪巣』および『呪巣 -零-』は、ニコニコ生放送でゲーム配信ができる機能を搭載しています。詳細は、ニコニコインフォを参照してください。

▲画面の上へ

GameBank


  • iOS/Android用アプリ「オービットサーガ」には、動画撮影機能が搭載されています。撮影した動画は、YouTubeやニコニコ動画などに投稿することができます。

Happy Elements


  • 週アスPLUSの記事によると、iOS/Android用アプリ『メルクストーリア』は、実況プレイ動画の投稿が認められています。

▲画面の上へ

MADFINGER Games


  • iOS版『DEAD TRIGGER 2』は「Everyplay」に対応しており、YouTubeなどに動画を投稿できる機能が搭載されています(詳細)。

▲画面の上へ

Mojang



  • 「ニコニコゲームマスター3」において、『Minecraft』の動画をニコニコ動画に投稿できる機会が設けられました。そのうちの10作品については、「ニコニコ超会議2」で動画鑑賞会が行われました(詳細)。

▲画面の上へ

Rovio


  • iOS版『Bad Piggies』は「Everyplay」に対応しており、YouTubeなどに動画を投稿できる機能が搭載されています(詳細)。

▲画面の上へ

Shining Rock Software


  • 『Banished』は、YouTubeへの動画投稿やTwitchなどでの配信が認められています(詳細)。また、マネタイズについても同様です。公式サイトの記述からすると、上記サイトと類似したサービスであるニコニコ動画およびニコニコ生放送での動画投稿および配信も可能であると考えられます。

▲画面の上へ

SNKプレイモア


  • 『METAL SLUG DEFENSE』(iOS版)は、ニコニコ生放送でゲーム配信ができる機能を搭載しています。詳細は、ニコニコインフォを参照してください。

▲画面の上へ

Toydea


  • iOS/Android用アプリ『ドラゴンファング』には、動画をYouTubeなどに投稿できる機能が搭載されています(詳細)。

外部サイトの関連記事まとめ









































▲画面の上へ

メーカー公認でゲーム実況を行ったことがある人たち


  • ゲームメーカー公認で、ゲーム実況を行ったことがある人たちもいます。該当者全員を把握して掲載することは難しいので、あくまでも一部の方を紹介させていただきます。ご了承ください。敬称は省略させていただきます。
















  • HIKAKIN




▲画面の上へ

その他


  • ニコニコアプリのなかには、ゲーム実況が可能なタイトルがあります。ニコニコアプリ公式サイトのトップページにアクセスし、「絞り込み」のところにある「実況OK」をクリックしてください。

  • DeNAがリリースしているAndroid用アプリ、Mirrativeでは配信者のスマートフォンの画面をそのままライブ配信することができます。詳細は、DeNAのプレスリリースを参照してください。

▲画面の上へ

関連ページ



▲画面の上へ


トップ > その他 > プレイ動画に対するメーカーの対応 / 2016年11月30日 (水) 21時33分33秒







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー