当サイトについて







































最新情報はTwitterで

トップ > ゲーム機別のやり方カテゴリ > PS4の録画・編集機能 / 2016年11月07日 (月) 20時16分44秒


PS4のライブ配信機能については、PS4・Xbox Oneの配信機能をご覧ください。


PS4のシェア機能でゲームを録画!ゲーム実況のやり方から動画編集まですべて解説

  • PS4には ゲームプレイを録画できる機能 (シェア機能)が搭載されています。


簡単にゲーム実況ができる

  • 簡単な操作をするだけで、 すぐにゲーム実況を始めることができます機材を別途用意する必要はありません。 ふだんゲームをプレイする延長で、そのままゲーム実況ができるのです。


PS4で動画編集し、PS4から動画投稿ができる

  • ゲームプレイを録画したあとは、 PS4で動画編集 しましょう。カット編集はもちろん、テロップやBGMを追加したり、ちょっとしたエフェクトを入れることができます。動画編集が完了したら、あとは PS4から動画をアップロード します。動画が世界じゅうに公開されます。

常時バックグランド録画

  • PS4は、常時ゲームプレイを録画しています(最大60分)。このことを バックグラウンド録画 といいます。もうゲームの決定的瞬間を逃すことはありません。バックグラウンド録画は、必要なときだけ動画をPS4に保存することができます。無駄にHDDを圧迫することもありません。

著作権問題がクリアに

  • メーカー側は、 ユーザーがPS4のシェア機能でゲームプレイを録画し、動画共有サイトに動画をアップロードすることがあるという前提でゲームを開発 しています。そのため、PS4のシェア機能を使うかぎり、 著作権上の問題は基本的に起こりません

すべて完全に無料

  • シェア機能は 完全に無料 です。ゲームプレイを録画するために機材を購入する必要はなく、また動画を編集したりアップロードするのにもお金はかかりません。

目次




最初に知っておくべきこと


1回につき録画できる時間は最大60分まで


  • 録画できる時間は最大で60分間 となっています。以前は最大15分までという仕様でしたが、 バージョン4.00から最大で60分まで録画できるようになりました

録画禁止区間がある


  • PS4でゲームをプレイしていると、「禁止区間に入ったため、ゲームプレイの録画を一時停止しました。」などのメッセージが表示されることがあります。これは 録画禁止区間 といって、 ゲームプレイを録画できない部分 であることを意味しています。


  • 同区間は、 ネタバレ防止や著作権上などの理由から各メーカーがゲームごとに設けている ものであり、どこが録画できて、どこが録画できないのかは、実際にやってみないとわかりません。ただ、 オンライン対戦などは録画できる可能性が高い でしょう。この 禁止区間を録画したいのであれば、キャプチャーボードを使った方法があります (後述)。

720p/30fpsの動画になる(通常型PS4)


  • シェア機能を使ってゲームプレイを録画すると、通常型のPS4では 720p/30fps の動画となります。720p/60fps、および1080p/60fpsでは録画できず、 画質を変更する設定は存在しません 。画質については、筆者がPS4で録画・編集した以下の動画も参考にしてください。



  • PS4のシェア機能を使い、1080p/60fpsなどの解像度で録画したいのであれば、 PS4 Pro (リンク先 : Amazon)でなくてはいけません。

録画できるゲームはPS4だけ


  • 基本的に、 シェア機能で録画できるのはPS4のゲームだけ です。PS3/2/1のゲームは録画できません。ゲームストリーミングサービスであるPS Nowでゲームをプレイしている場合も同様です。原則として、PS4のゲームだけを録画できると考えておいてください。

  • ただし、例外としてPS4に対応しているPS2ゲームの場合は、シェア機能でゲームプレイを録画できます(Engadget)。また、アーケードアーカイブスのゲームについても同様にシェア機能に対応しています。このいずれかの方法を利用すれば、PS4以外のゲームプレイの録画も可能です。

PS4からは動画をニコニコ動画に直接アップロードできない


  • YouTubeやFacebookなどに動画をアップロードするつもりであれば、PS4から直接可能です。しかし、 ニコニコ動画の場合は、PS4からは動画をアップロードできません 。シェア機能が同サイトに対応していないからです。したがって、PS4に保存してある動画をPCに移動し、PCからニコニコ動画に動画をアップロードするかたちになります(後述)。

PS VRでもシェア機能で録画できる


  • PS VR 使用中であっても、シェア機能でゲームを録画できます。録画方法も同じです。もちろん、通常の平面画面で見るような映像となります。

▲画面の上へ

ほかの録画方法との比較


  • PS4には録画機能が搭載されていますが、いま見てきたようなデメリットがあります。そこで、 PS4の録画機能は使わず、別途機材を用意してPS4のゲームプレイを録画する方法 も理解しておくとよいでしょう。その機材というのは、 キャプチャーボードゲームレコーダー とよばれる製品です。

最大録画解像度 録画時間の制限 録画禁止区間 PCの要否
キャプチャーボード 1080p/60fps なし なし 必要
ゲームレコーダー 1080p/30fps なし なし 不要
PS4 通常型 720p/30fps あり あり 不要
Pro 1080p/30fps あり あり 不要

▲製品によっては、 さらに大きな解像度で録画できる場合があります 。上表では一般的なケースを想定しました。

キャプチャーボードの場合


  • キャプチャーボード は、PC用の周辺機器です。 録画時間に制限はなく、録画禁止区間でも録画が可能 です。また、製品によっては1080p/60fpsで録画できるので、 高画質な映像をそのまま保存 したいという人に向いています。 自由度が高く、かつ高画質で録画できる方法 といえるでしょう。録画、編集、アップロードまで、すべてPCで行います。


▲キャプチャーボードを使用すると PCにゲーム画面が映る ので、PCのほうでゲームプレイを録画するかたちになります。キャプチャーボードによっては、 TVにもゲーム画面を映せます (TV出力対応の製品)。

  • キャプチャーボードを使った場合の最大のデメリットは、録画のたびにPCを起動する必要があるという点です。キャプチャーボードはPCの周辺機器ですから、 PCが起動していないと録画できません

        詳細は、キャプチャーボード、およびキャプチャーボードの選び方を参照

GC550 MonsterX U3.0R Game Capture HD60 S
価格
(Amazon)

GC550

MonsterX U3.0R

Game Capture HD60 S
PCとの接続方法 USB 3.0 USB 3.0 USB 3.0
1080p/60fps対応
こちら こちら こちら
特徴 ・TV出力対応
・過去の映像遡り対応
・TV出力対応
・PS3をHDMI接続可
作例(Youtubeへ)
・TV出力対応
・過去の映像遡り対応

ゲームレコーダーの場合


  • PCをできるだけ使いたくないという場合、 ゲームレコーダー を使うのもよいでしょう。ゲームレコーダーは、キャプチャーボードと同様、録画時間や録画禁止区間の影響を受けません。そして最大の特長は、 PCなしでゲームプレイを録画できる という点です。PCはあまり使いたくない、PS4の録画機能は使いづらい、という人に適した製品です。


  • ただ、 動画を編集・アップロードしたいなら、基本的にPCが必要 です。録画のときはPCが不要でも、動画の編集・アップロードのときはPCを使うのが一般的です。また、1080p/60fpsで録画できるゲームレコーダーは多くありません。

        詳細は、PCなしでTVゲームを録画する方法を参照

▲画面の上へ

必要なもの


自分の声を入れるためのマイク


  • 実況プレイ動画 を作る場合は、 動画に声を入れるためにマイクが必要 です。 マイクはPS4に付属 されています。この付属マイクは一見イヤフォンに見えるかもしれません。しかし、 黒いパーツの部分にマイクが内蔵 されており、イヤフォンにマイクが取りつけられた ヘッドセット になっています。


▲PS4付属のヘッドセット。マイクが内蔵されている部分は、画像だと 青いスイッチ中央の上側 のあたりです。

  • PS VR を使用しながらゲームプレイを録画し、かつ自分の声を入れたい場合、 VR内蔵マイク以外のマイクは使用することができません

動画をアップロードするために必要なもの


  • YouTubeFacebook などに動画をアップロードする場合は、各サイトのアカウントを用意しましょう。PS4のアカウントについては、マスターアカウントが必要です。サブアカウントでは、PS4のアップロード機能を使えません。

  • これに対し、 ニコニコ動画 に動画をアップロードする場合は、 PCUSBメモリ (またはUSB接続のHDD)が必要です。USBメモリを使って、PS4に保存されている動画をPCに移動し、PCからニコニコ動画に動画をアップロードするためです。さらに、 動画をニコニコ動画の仕様に合わせるためのアプリ も必要です(後述)。

▲画面の上へ

ゲームプレイを録画する(手動録画)


  • ゲームプレイを 手動で録画 してみましょう。自分の声を入れる方法については後述します。

ゲームをプレイ中にコントローラーの SHAREボタンを2回押します *1 。1回ではなく2回、しかも連続で すばやくボタンを押してください


すると、録画中であることを示すアイコンが画面左上に表示されます。 この時点から録画を開始する という意味です。


▲画像は、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)より

手動で録画を開始して一定時間が経過すると(最大60分)、画面左上に「ビデオクリップを保存しました。」というメッセージが表示されます。これは手動録画が終了し、動画が保存されたということです。以下、 4~5番は飛ばして6番に進み、動画を確認してください


▲同上

手動で録画を開始し、 一定時間が経過するまえ(最大60分)に任意のタイミングでSHAREボタンを短く押した場合 、以下のようなメニュー画面が表示されます。


▲同上

メニュー画面が表示された状態で □ボタン を押すと、「ビデオクリップを保存しました。」というメッセージが表示されます。

動画を確認してみましょう。動画は、 キャプチャーギャラリー に保存されています。


▲ゲームをプレイ中にキャプチャーギャラリーを開く場合は、PSボタンを押します。

ゲームタイトルごとに動画(ビデオクリップ)が保存されています。目的の動画を探して再生してください。


動画再生中、コントローラーの方向キーの左右で早送り・早戻しができます。また、○ボタンで再生・一時停止となります。

動画を削除 したい場合は、動画を再生していない状態でコントローラーの OPTIONSボタン を押して、「削除」を選択してください。

▲画面の上へ

ゲームプレイを録画する(バックグラウンド録画)


  • PS4では、font(#0080FF){バックグラウンド録画}によって自動でゲームプレイが常時録画されています。手動で録画を開始していなくとも、任意のタイミングでSHAREボタンを押すことで動画を保存できます。

  1. ゲームをプレイする。
  2. 任意のタイミングで、 SHAREボタンを短く押す *2
  3. メニュー画面が表示される。
  4. □ボタンを押して動画を保存する。

  • バックグラウンド録画を停止させることはできません。しかし、このためにHDDを圧迫したり、PS4に負荷がかかるということはありません。

▲画面の上へ

動画に自分の声を入れる方法


  • 実況プレイ動画を作るためには、 マイクを使って動画に自分の声を入れる 必要があります。PS4ならすぐにできます。

マイク音声を動画に入れるための設定をする


  • まずはPS4の設定を変更しましょう。以下のように設定することで、 ゲームプレイを録画しながら同時に自分の声を録音 できるようになります。

  1. SHAREボタン を短く押す。
  2. 「シェアとブロードキャストの設定」→「シェアする音声の設定」の順に選択する。
  3. ビデオクリップにマイクの音声を含める 」にチェックを入れる。


マイクを接続する


  • PS4付属のヘッドセットをコントローラーに接続します。手持ちのマイクがあるなら、それを使ってもかまいません。USBヘッドセットの場合は、PS4本体のUSB端子に接続します。

ゲームプレイを録画する


  • SHAREボタンをすばやく2回押して録画を開始 します。ゲームをプレイ中に、マイクに向かって声を入れましょう。いま話している 自分の声がそのまま動画に収録 されます。ゲームプレイの録画については、上で述べたとおりです。

  • なお、ナレーションのように編集で事後的に自分の声を入れることもできますが、ゲーム実況では一般的な方法ではありません。

▲画面の上へ

PS4用のマイクについて


  • PS4にはヘッドセットが付属されていますが、音質面や機能性において満足できないという人がいるかもしれません。そこで、 PS4用のマイク について見ていきましょう。

4極ステレオミニプラグ接続とUSB接続


  • PS4で使用できるマイクは、 4極ステレオミニプラグ接続 のマイクと、 USB接続 のマイクです。どちらの接続方法でもかまいません *3


説明 PS4との接続方法
4極 ・プラグが4つに区切られている
・PS4付属のヘッドセットも4極
PS4のコントローラーに接続
USB ・USB端子に接続するタイプ
・通常の標準的なUSB
PS4本体のUSBに接続

製品例


  • 一般的に、ゲーム用のマイクとしては ヘッドセット が使われます。ヘッドセットというのは、ヘッドフォンとマイクが一体となったタイプです。ただ、 ヘッドセットの装着感は個人差が大きい ので、注意しましょう。



PC用マイクの流用


  • PC用マイクをPS4で使用したいという人がいるかもしれません。注意したいのは、 3極ステレオミニプラグ接続 のマイクをPS4用に流用する場合です。この場合、 3極を4極に変換するためのアダプター(変換アダプター) を用意しましょう。下図は、 PS4コントローラー用マイク/スピーカー変換アダプタ (リンク先 : Amazon)という商品を使った接続方法です。


説明 PS4との接続方法
3極 ・プラグで接続するタイプ
・プラグは3つに区切られている
・変換アダプターが必要
・商品例: PS4コントローラー用マイク/スピーカー変換アダプタ (Amazon)
USB ・USB端子に接続するタイプ
・USBマイクともいう
・PS4本体のUSBに接続
・そのまま接続可能だが、 USB機器として認識されない製品もある

▲画面の上へ

動画を編集する


  • PS4では、保存した動画を SHAREfactory で編集することができます。同アプリは、いくつかの ポイントさえ理解しておけば見映えのよい編集が可能 です。編集アプリとしては洗練された完成度を誇るといってよいでしょう。

        詳細は、SHAREfactory(PS4)の使い方を参照

可否 説明
カット 動画の不要な場面を削除できる
BGMの追加 動画にBGMを入れることができる
テキストの表示 文字(字幕、テロップ)を画面に入れることができる
トランジション 場面が切り替わるさいにエフェクトを適用できる
フィルター 画面にフィルターを適用できる(例 : 画面を白黒に)
スライドショー スライドショー動画にできる
速度変更 倍速やスローモーションができる
PiP ゲーム画面にゲーム画面を入れることができる
ゆっくり実況プレイ動画の作成 × PCでの編集が必要

▲画面の上へ

動画のアップロード


YouTube、Facebook、Dailymotion、Twitterの場合


  • PS4から動画を直接アップロードできるのは、 YouTube、Facebook、Dailymotion、Twitter の4つのサイトです(Twitterは最大140秒まで)。この4つのサイトであれば、 SHAREボタンを押すことによって動画をアップロード することができます。PS4のマスターアカウントでログインした状態で動画をアップロードしてください(サブアカウント不可)。

  • 通常は、以下のようにして動画をアップロードする方法がよいでしょう。

  1. キャプチャーギャラリーを開く。
  2. アップロードしたい動画上で SHAREボタン を押す。
  3. 動画をアップロードするサイトを選択する。

  • ほかにも以下のような方法もあります。

  1. 任意のタイミングでSHAREボタンを短く押す。
  2. メニュー画面が表示されるので、「ビデオクリップ」を選択する。
  3. 動画をアップロードするサイトを選択する。

ニコニコ動画の場合


  • ニコニコ動画 には、PS4から動画を直接アップロードすることはできません。PS4のシェア機能が同サイトに対応していないからです。 動画をPCに移動し、PCから動画をアップロード することになります。

  1. USBメモリをPS4に接続する。
  2. キャプチャーギャラリーを開く。
  3. アップロードしたい動画上で OPTIONSボタン を押す。
  4. 右横にメニューが表示されるので、「 USBストレージ機器にコピーする 」を選択する *4
  5. 動画を選択してコピーする。
  6. USBメモリをPCに接続し、動画をPCに移動(またはコピー)する。


  • 動画をPCに移動したあとは、ニコニコ動画に動画をアップロードします。すぐにでもアップロードしたいところですが、そのまえに ファイルサイズなどをニコニコ動画の仕様に合わせましょう 。たとえば、同サイトの仕様上、800MBあるような動画はアップロードできないのです。ほかにも細かい仕様があります。

  • この点、できるだけPCでの作業を避けたい、難しいことは避けたいということであれば、 つんでれんこ というアプリを使用してください。このアプリでニコニコ動画の仕様に合った動画に変換できます。

        詳細は、つんでれんこを参照

▲画面の上へ

こんなときは


マイク音量が小さい


  • マイクの音量が小さい 場合は、マイク音量を上げましょう。マイクを接続して「設定」→「周辺機器」→「オーディオ機器」→「マイクレベルを調整する」を選択します *5 。そして、「 マイクレベル 」を大きくしてください。この方法であれば、PS4付属のヘッドセットを使用している場合であっても適切なマイク音量で録画できます。


▲通常は、マイクレベルは最大でかまいません。大きな声を出すことがある場合は、音割れを防ぐためにも最大より少し小さくしておきましょう。

  • また、マイクを可能なかぎり口元に近づけた状態で声を入れます。それでもマイク音量が小さい場合は、 マイクを変更 します。マイクによって音量が小さいことがあるからです。ゲームソフト側のオプション設定でBGMを小さくする方法もあります。

フレンドのボイスチャットの声を動画に入れたい


  • パーティーに参加している フレンドのボイスチャット(VC)の声は、PS4のシェア機能では録音できません 。つまり、ゲームプレイを録画中にフレンドが話していて、なおかつこちらに聞こえていたとしても、 フレンドの声は動画に入りません (自分の声は動画に入る)。対処法については、PlayStaiton4 まとめwikiを参考にしてください。


        詳細は、PS4のボイスチャットを入れて録画する方法を参照

ゲーム実況をしているときの声をオンラインで聞かれたくない


  • 実況しているときの 自分の声は、オンラインゲーム内のほかのプレイヤーにも聞こえています 。対策としては、 パーティーを作成 する方法があります。パーティーに参加していないプレイヤーには、こちらの声は聞こえません。パーティーは、ひとりでも作成できます。

  1. 「パーティ」を選択する。
  2. 「パーティーを作成する」を選択する。
  3. 「このパーティーを非公開にする」にチェックを入れる。
  4. 「パーティーを作成する」を選択する。
  5. プレイヤーを招待する画面になるので、そのまま×ボタンを押す(だれも招待しない)。
  6. 右のメニューから「パーティー設定」を選択する。
  7. 「チャット音声」→「パーティー設定」の順に選択する。
  8. ゲームプレイを録画する。


▲ここからパーティーを作成できます。

  • ゲーム内のオプションにボイスチャットを無効にする設定がある場合は、それを無効にする方法でもかまいません。

ゆっくり実況プレイ動画を作りたい


  • ゆっくり実況プレイ動画 を作る場合、まずはPS4のシェア機能でゲームプレイを録画します。つぎに、編集によって「ゆっくり」の声を動画に入れるわけですが、この段階で PC が必要になります。 PCで編集しないと、ゆっくりの声を入れることができません。 当然、動画をPCに移動するために USBメモリ も必要です。

  • ゆっくりの声を入れるために使うアプリは、 AviUtlゆっくりMoviMaker です。ゆっくり実況プレイ動画の作成は難易度が高いので、じゅうぶんに注意してください。最終的に、PCから動画を動画共有サイトにアップロードします。

        詳細は、ニコニコでゲーム実況、またはYouTubeでゲーム実況を参照

録画禁止区間を解除したい


  • 録画禁止区間を解除することはできません。 キャプチャーボード 、または ゲームレコーダー を使用して録画する必要がありません。そうすれば禁止区間の影響は受けないからです。

        詳細は、キャプチャーボード、またはPCなしでTVゲームを録画する方法を参照

  • もし機材を新たに用意することができない場合は、 PS4のリモートプレイ を使ってPCにゲーム画面を表示し、PC側で録画する方法があります。機材を購入する必要はありません。 Windows 7は非対応 です。

        詳細は、PS4リモートプレイを参照


録画時間を変更したい


  • 録画時間については、 60分より長く設定することはできません 。1回の録画で60分よりも長く録画したい場合は、キャプチャーボードまたはゲームレコーダーを使用してください(上述)。PS4リモートプレイを使って、PCで録画する方法もあります。

  • 録画時間を短くしたい場合は、SHAREボタン→「シェアとブロードキャストの設定」→「ビデオクリップの長さ」で設定を変更してください。

画質を変更したい


  • シェア機能で録画する場合、画質の変更はできません。この点、シェア機能によるライブ配信の場合に画質を変更できるのとは対照的です。

▲画面の上へ

関連ページ





▲画面の上へ


トップ > ゲーム機別のやり方カテゴリ > PS4の録画・編集機能 / 2016年11月07日 (月) 20時16分44秒



名前:
コメント:

  • 情報提供ありがとうございます。テキスト部分だけ修正しました。 -- 管理人

  • 先日のアップデート(4.00)から
    シェア機能の録画時間が最大60分に延長された模様 -- 名無しさん (2016-09-15 10:11:30)

  • 情報ありがとうございます。修正しました。
    2015年12月のアプデでタイムベンダーが追加されていたんですね。 -- 管理人

  • 早送りもスローモーションもできますよ -- あごあごあごあご (2016-08-09 16:39:46)

  • ↓SHAREfactory内の楽曲を使ったということであれば、
    それはYouTubeのContent IDという仕組みが誤爆したのだと思います。
    自分は経験はないですが、たまにYouTube側が間違えて
    著作権侵害の警告メールを送ってくるっていうパターンです。
    異議申し立てをすればペナルティが解除されるかもしれません。 -- 名無しさん (2016-07-26 19:53:11)

  • 著作権問題がクリアになったと
    書かれているのですが
    SHAREfactory内の楽曲を使用した動画を
    youtubeに投稿したところ
    楽曲に著作権侵害の問題があるといった通知が来ました。
    著作権がクリアになっているのであれば
    SHAREfactory内の楽曲も著作権侵害の問題が無い!
    という解釈をした私が間違いだったのでしょうか?
    回答よろしくお願いお願いします…
    -- 名無しさん (2016-07-26 19:39:36)






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー