※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【は行の死亡者】






               , ―‐‐‐‐-----. . 、
            /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            / : 、: : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: : : :/`ー-\ : \ー-、: : : : : : :\
        ノ: : ィ: :{     _\ト、\ーミ、 く三ニミ: 、
        7: /: :/ハ、 ー彡イ'r勿、:.\:ハ: :\: : : : \
        '∨: :{ ≧ヽ   ー   ヽ: :}: : \: :\: : : : ヽ
          }: :∧{仡, }         j从} : : : : : : \く ̄
        ハ: ハ  r- 、       }ハ : : : : : ハ'
           ∨∧  `r==- 、      / ∨トル'~、
          j从lヽ  ヽ_ノ   /   }ハ___,~ミミ、
            、__ノ\ ー   /     く´      ヾ、
          ノ     ` ー-、‐'       }        }}
           /     r~'人    /  厂 ̄ ̄\    }}
           く       __)   ト、  /  /     { ̄   ノノ
         /^~~'"   ,厂ノ   {  /__∠二二二二/
          ̄丁\\___/ ̄` -‐‐ / /ニ{:.:.:.:.:.:.:}'  \
          _ノ}.ニニ\\∧     _/'´ {ニニ.、:.:.:.:.:., /⌒   __
        〃 人ニニニ,)}∧ \___,// /ヽニニ\;,ノ /       }
        |  }  ¨¨¨ |  \___,/l/   `ー‐‐' /     __l
        l  l       |    /|        /    / /三ハ
          j\ 〕    |   / /j        /    / /\/ /:}
       {  ` }     | / / ,′        ∧    ! {三\//}

花村陽介

登場話数1、登場位置C-2
破面の告白」で初登場。
ランダム支給品は、木製バット、他二つ。(虚閃によって消滅したため不明)
開始早々、片腕しかないグリムジョー・ジャガージャックに遭遇。
殺し合いで失ったと勘違いする陽介だが、実際は黒崎一護との元の世界での戦いで失っていたもの。
そんな事は知らない陽介は、混乱した状態で心配してグリムジョーに駆け寄った。
そして機嫌が悪かったグリムジョーに、虚閃で一瞬で殺される。
何もかも理解できないままに迎えた死であった。
直枝理樹園崎魅音に並ぶ即死組。
死に方はおそらくこの3人の中で一番最低(上半身が消滅している)。
死者スレでは何故か北条沙都子との絡みが多く喧嘩仲間ポジションにいる。
なお、一話死亡のため参戦時期は不明となっている。



                        ...::::::::::::..
                      ..::::::::::_;イ_;:::::...
                    ..::::>__.r .、ミ≦=-:::.
                    ..::/ .;} /从ハヘ}ヘ≧=:::
                  ...::;’ /ィ }/ iト、乂 ∧:::::
                 .::::::ノ; .厶イi从〈.t〉乂lト〉:::
                 ::::彡イ/从tヘト、〉  _,从〉:::
                  ::⌒´:_从ハ}¨`::.....´ {::::::
                  ::::::ノ_ ` 、/´ ̄:::::
                 ..:://////ミx. `Y::::::
                ..::://////イ三ミ刈;::::
                ::::イ////イ/////刈::::
                ::{三ニイ从l〈////〈:::::
                :::::l//∧//∧ミ}ミ〈_:::::..
                :::::|///,}'/////`ー'}::::::
                :::::::}'///}'///;ハ__.ノ::::::
               :::::r'////l////{'//{::::::::
              .::::rへミニi|'///,|///〉::::
             .::::::/x、__.l|'///,|///{:::::
               .:::::::///////}'///,|'//∧::::
             :::::::////////|'///;}∨//}::::
             ::::.\` <//l|////i._〉//|:::::
              ::::::.\ー--|//乂{〈//.ノ::::
            .............::::::::.\//>≠イ∧¨|:::::
         .::rィ7ミx:::_::::::::::::ヽ/// ;'i/∧|::::
         :〈:{./.::::///∧x、_::::::Ⅹ  {///∧::::
         :::}:}}:::::l////{'/,ト///ゞ'-リ'///∧::::.
         :::|:| |:::{i}//∧∨∧//////\//;}::::::
______..:::乂匕::≧x=≠ニニミ//////>リ:::::::..___
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

人吉善吉

登場話数4、登場位置C-4
バトルロワイアル狂奏曲」で初登場。
ランダム支給品は、タマ、レインボーパン、死ぬ気丸。
黒神めだかと付き合いたいと自覚した直後からの参戦。
タイミングがタイミングなだけに、殺し合いに安心院なじみが関係しているのではないかとの疑いを持つ。
意志を持って喋ることのできるトラ、タマがデイパックから出てきたことに驚く。
タマの虎離れした知能に驚かされながらも、タマに状況を説明する。
主催者に対抗すると息をまくタマに「お前、乗るつもりじゃないよな」と尋ねられたが即答できず。
答えに迷うさなか、善吉は二つの人影を見つけた。
殺意をもって襲い掛かった長門有希と、防衛のためにそれを投げ飛ばした坂上智代
善吉は一瞬迷ったのちに、智代に近づいた。
そしてその際に、殺し合いに乗らないという決意を言葉にして投げかける。
めだかちゃんに惚れられる漢になるために、生徒会としてめだかちゃんの右腕であり続けるために。
殺し合いの打破を決意した目は、智代を信頼させるに至り、二人はともに行動することになる。
放送後、殺人者と主催者への怒りを強くした善吉たち。
しかしそこに、更木剣八が現れる。
鋭い殺気に満ちた大男を前に、善吉たちの本能が警鐘を鳴らす。
それでも殺し合いに乗った者を見過ごせないと、気合を入れて戦いを始めたが、そこで剣八の力を思い知る。
かつて宗像形と戦ったときと同じ感覚で蹴りを放った善吉は、剣八に吹っ飛ばされることとなった。
圧倒的な力量差に絶望を覚えながらも、果敢に立ち向かう善吉たち。
戦いに乱入してきた相沢祐一と共に、剣八を倒そうと画策する。
そこに更なる混乱の種が現れる。
発狂した千石撫子が、剣八を神鎗で刺したのだ。
善吉にも危うく刺さるところだったが、タマに体当たりされたことでこれを回避できた。
しばし呆然とした善吉は、しかしすぐに立ち直って、剣八から撫子を守るために二人の間に割って入った。
そこから一対一の闘いが始まる。
先制攻撃もフェイントも難なく避けられて、弱気になりかけた善吉は、ある支給品を取り出した。
『死ぬ気丸』。文字通り死ぬ気になれるその道具を、善吉は口にした。
だが、死ぬ気をもってしても、最強とうたわれる死神にはまだ届かない。
とうとう諦めてしまいそうになった善吉に振り下ろされた凶刃を止めたのは、祐一だった。
祐一に一喝されて、立ち直った善吉は、再び死ぬ気丸を口に入れて剣八と相対した。
死ぬ気の炎が見せた、善吉にとって大事な人々の姿は、決意を一層強くさせた。
「俺はっ!お前に勝つ!!」
そう告げた直後に、善吉はその体を刺し貫かれていた。
振り向いた善吉が見たのは、長く伸びた刀を持って立つ撫子の姿。
守ろうとした少女に殺される、そんな皮肉な状況に、善吉は自嘲めいた言葉を呟き、前のめりに倒れた。
めだかちゃんに尽くした彼の死が、当のめだかちゃんに与える影響は、そうとう大きいだろう。



                  /:::::::::::::::::::/::::::.::.::.::.::\:.::.::.::.::.::.::.::.:\:.:\:\
              /:::::::::::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::.::.\::.::.\.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ
              ::::::::::::::::::::::::::::::\::::::.::.::.::.::.:丶:.::.::ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::.::
              |:::::::::::::::::::::: |:::/|::| \:::::.::.::.::.::. :.::.:: |:.::.::.:: |.::.::.:: |::|
              |::::::::::::: :: :|:::|:::: |∧ :!::、:::. ::.::. |::|::.::l:.:: |:.::.|.:::::: 小|
              |:::::::::|:::::::::|:::|::|八`ト、|:∧::::..:::l |∧::.|∨|::.::|::.:::::|:|
                :::::::::|:::::::::l仏ィテ疔ト\|ハ ::斗チ斥トN::.::|::::::::|:|
               ':::::八:::::::小、弋うン      :::::|弋)ソ ,イ::/}:::|::N
                    V:::(\|:::|  `         {∨    ´ |//:::: |::|
               ∨::\l:∧         〉     /::/::八|
                  |::::::::`ー:ゝ              ハ/∨
                  |:j:::::::::::: |\     - ─      イ
                  /イ:::::::::::: |  丶、       ..イ::::|
                   |∧:::::::∧   `  、 _..  ´|く∧/
                  レヘハ \          | \_
                 /|     \       ハ  ∨>   _
              _   ´   |   〉         ∧|   〈\___`  、_
           <      |_/∧    \____〉、 │  ◯/ >──ヘ
        /       x‐<◯     /⌒^マ__ノレヘ.|     / /       ヽ
       /    __/ \\    ∨   / ∨  ∧  |     /        !
    /¨¨⌒`<        \\    .   /   ∨ | 〉 |二二二\.     |│
   /       \         \\  〉  \  \| l  |     \ >    |│

日向秀樹

登場話数3、登場位置B-3
悪がもう一人の自分をつくる」で初登場。
ランダム支給品は、チーズ君のぬいぐるみ、新聞紙ブレード、花びら。
ゲーム開始後、まず病院に行くことを決める。
説明を話半分で聞いていた上に、支給品がまるで殺し合いを感じさせないものだったため、勘違いをしてしまう。
「自給自足ゲームなんだな」とは彼自身の発言である。
病院に訪れてすぐ、発狂した篠崎あゆみに不用心に声をかけたせいで銃撃される。
鍛えられた脚力で逃走しながら、近くにあった教会に逃げ込もうと考える。
が、教会の入り口にセイバーを見付け、刀を持ったその姿を警戒し断念する。
そして方向転換した結果、あゆみから逃走することに成功する。
その後、手塚義光を発見し遠くからコソコソと観察する。
しかし、すぐさまバレて、捕まりロープで縛られてしまう。
縛られた状態で「死後の世界」について手塚に説明するが、信用はされずロープも解かれなかった。
その後手塚から、高山浩太を殺せば自由にしてやると言われ、その条件を呑む。
殺すことに葛藤はあったが、最終的には殺さなければ生き残れないのだから仕方ない、と考えた。
民家の中で出刃包丁を手に入れ、気絶していた高山に振り下ろした。
だが、傭兵である高山の本能的な行動には敵わず、包丁を奪い取られて逆に喉を切り裂かれる。
「死後の世界」だからという理由で殺人を行おうとした少年は、間違いなく「死後の世界」へと旅立っただろう。



                     l' /  `ヽ.
             _... -,.:'´: ̄:`l!', ‐-. 、  }
             ,. :´: :/: : : : : : : !: : : : : :ヽ./
          /, : : /: : :, : : : : : : ` : : : : : : :',
           ,: : : :/ : : / : : : : / : : : : :i : : : : :.
         i: : : ,: : : : !: : .__ /'|: /: : : ,! : : : : ;
         |: : :.i: : : : |: :´/ j/ : :,:,/ト、j: : : :}
         |: : :.| : : : .!,ィ筏` | : ://_ !'/.: : : ;
.          /: : :,ヘ: : : |{ト:::rj  j/ .笊ミ'j: :/:./
         /, : : ヽ.'゙ヽ、j ゙ー'   , 弋ソ/:∧/
       j/ : :/: :`¨ヘ、   、 _    'j/ '
        {: :/ : : : : :j_` .      イ
        j:八: : :, -{:::::`:..、`.T ´,: i :!
        '  `/   \::::::::::::,}ヽ:∧j
         /ニニニ.ヽ ヽ::::::::::! \
        /,.´     \\ '.,::::|  ,.7 、
          {i - 、    \\ヽ! //  .i
          |l    ヽ    \`j //   |
          |!           `ヘ'   ;  |
          ||        i !    o',  i  |
          |.!       { ;      } !} :!
          |:!       |/    , /  'j  !

古河渚

登場話数1、登場位置F-4
アナタは恋人を殺せますか?」で初登場。
見せしめを除く、バトルロワイアル最初の死亡者。
彼女の奉仕マーダー岡崎朋也とすれ違いが起きて射殺されてしまう。
そんな事など知らない渚が最後に見た光景は朋也であり、どんな心境で死んだのかはわからない。
1話でのいきなりな鬱展開である。
彼女の死は岡崎を改心させ、殺し合いへの反逆を決意する原因となった。
その後、埋葬される代わりに、岡崎と衛宮士郎古手梨花の3人に葉っぱをかけられて森の中に隠された。



../:.:.:.:.:./:.:.:.,:.:.:.: : : : : : : : : :、: : : : : : : :\
':.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:i:.:.:. .:l:. : : : : : : : ヽ: : : : : : : : :\
:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:l:.:. : : : : : :i: : l: : : : : :i: : : : :ヽ
:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:/l:.:. : :. : : : l: : ト、: : : : l: : : 、 : ヽ
:.:./:.:.:.:.:.:.:l:.:..ハ:.:.l 、.:.lヽ:. : : ト.__L.ヽ__: :,: : : : ヽ : ',
:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:T¨ゞ===キ ヽ: :ィ'''l-ト 、'. : ,': : : : : :iヽ :l
:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:l/ィ、l:C` ヽ i:/ イVCヽヽ/: : : : : : :i ヽl
:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘト〈 {::,、:::リ   '  l:,,:::::} ' l : : : : : : :l  ' 
:.:l:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.\ `=='    、 ヽ='  .ノ : ノ:. : : :l
,:.:l:.:/:ヽ:.:.:.:ト、:.\    , == 、   /,, '': ハ: : /
l:.:.V:.:.:.ヽ:.:.:.i `ー`  /  ヽl  ーチ ィ  l:./
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヘ,-、   ヽー -, '  , ':.:.:. : l  l/
',:.:.ハ:.:.:lヽ:.:.`ハ:.l` - ... _ ̄ , ':.:.:.:./ヽ /
..V  ヽ:.l ヽ/ ヽl    /´ヽノヽ/
       /¨¨く   ,-、_ ` - 、
     , -'    `ヽイ  ヽ   ヽ、

北条沙都子

登場話数1
オープニング「それはとても眩しい夜」での見せしめの1人。
話内にて彼女が死んだ時に持田由香同様名前で呼んでもらえなかった.
そのせいで、死亡確認を見るまで誰だかわからなかった。
死者スレではもう輝いている。
|