※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラグノフ

セミオートタイプの狙撃ライフル。スコープに目を当てたまま次弾を撃てる為使いやすい。30発支給。岡崎朋也に支給。

ブーメラン

投げてぶつける普通の武器。ランサーに支給。

防犯ブザー

鳴ると煩いブザー。宗像形に支給。

サバイバルナイフ

軍事行動中、遭難などで他の装備をなくした時に、何とかして生き残る為に設計された大型のシースナイフ。春原陽平に支給。

便座カバー

便座につけるカバー。かの有名な『それと便座カバー』は陽平の迷ゼリフ。春原陽平に支給。

普通に使えば調理、叩けば痛い、防御には被る。万能。霧島佳乃に支給。

ベレッタM92

ハンドガンともいう。装弾数15発と豊富で操作性も高い。知名度も高い。霧島佳乃に支給。

S&W M19

装弾数6、予備弾薬18のリボルバー拳銃。宮沢謙吾に支給。

CZ75

実践向けなコック&ロック可能なセイフティ、命中精度の高さ、人間工学を考慮したグリップは『まるで手に吸い付くよう』と評された。音無結弦に支給。

果物ナイフ

家庭様の果物の皮を向く小さなナイフ。中嶋直美に支給。

キャリコ短機関銃

1986年にアメリカのキャリコ社が開発した民間用カービン。.22LR弾を使用する他、9mmパラベラム弾を使用するモデルや、フルオート射撃可能な公用向けのサブマシンガンがある。マリアに支給。

デザートイーグル50AE

米国のマグナムリサーチ社が1987年に開発に着手したが、上手く行かなかった為にイスラエルのIMI社が作動構造を考案し、再設計されて完成した物。迫力のある外観からハリウッド映画やテレビゲームなどに数多く対人用の拳銃として登場している。持田哲志に支給。

タバコ

普通のタバコ。10箱セット。手塚義光に支給。

ライター

火を付ける普通のライター。3つセット。手塚義光に支給。

木製のバット

硬式野球用の木製バット。花村陽介に支給。

スタングレネード

起爆すると激しい光と音で近くに居たものの視界と聴覚を封じる。今回の威力は小さめ。古泉一樹に支給。

FN Five-seveN

SS90を用いるFN社の自動拳銃。棗恭介に支給。

参加者全員の全身写真

王道ロワイアル参加者全員の名前と参加している服装で1人1人立っている姿を移した写真。誰がどの世界から来たかは表記されていない。黒神めたかに支給。

ワルサーP38

1938年にドイツ陸軍が制式採用した自動拳銃。ルパン三世の使用で有名。衛宮切嗣に支給。

日本刀

その昔有名なサムライが使ったとされる刀。誰かまでは不明。北川潤に支給。

ニューナンブ

日本の警察が所持するリボルバー拳銃。川澄舞に支給。

グロック17

グロック社が開発した拳銃で、オーストリア軍制式拳銃トライアルにて制式の座を射止める。古里炎真に支給。

大型ナイフ

大きなナイフ。切れ味抜群。古手梨花に支給。

酒瓶

アルコールの入った酒。古手梨花に支給。

S&W M37 エアーウェイト

回転式の小型拳銃。装弾数5発。北条かりんに支給。

白いハンカチ

普通のハンカチ。瀬川虎鉄に支給。

手榴弾

ピンを外すと爆発する小型爆弾。枢木スザクに支給。

スペツナヅナイフ

刀身の射出が可能なナイフ。パロロワではよく見かける。忍野忍に支給。

ドーナツ詰め合わせ

ミスタードーナツのドーナツ10個の詰め合わせ。羽川翼に支給。

トカレフTT-33

装弾数8発のソ連軍制式拳銃として第二次世界大戦〜1950年代まで広く用いられた。倉田佐祐理に支給。

尖った鎌。ステンレス製。神尾観鈴に支給。

デリンジャー

装弾数2発、手に収めることが出来るほどの小型の拳銃。ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアに支給。

手錠

警察からその手の趣味の人まで幅広く用いる拘束具。巽完二に支給。

FN ブローニング M1910

服の下から取り出す際、極力引っかからない様な設計をされている為、露出部分を減らされているシンプルな形をしている。阿良々木暦に支給。

薙刀

主に平安時代に使われていた武器。槍の様に長く、刃は刀の様なのが特徴。坂上智代に支給。
|