xvm-fzc ガンダムレギルス

【型式番号】 xvm-fzc
【機体名】 ガンダムレギルス
【読み方】 がんだむれぎるす
【所属陣営】 ヴェイガン
【パイロット】 フェザール・イゼルカント
ゼハート・ガレット
【装備】 ビームバルカン
ビームサーベル
レギルスライフル
レギルスシールド
レギルスビット
レギルスキャノン
ビームバスター
【ベース機】 AGE-3 ガンダムAGE-3 ノーマル
xvt-rlc ギラーガ
【改修機】 xvm-fzc-zgc ガンダムレギルスR

【詳細】

ヴェイガンが鹵獲し採取したAGE-3の解析データと、EXA-DBサブユニット内のデータを融合させて完成させたヴェイガン版ガンダム。
ファンからの通称は「ヴェイガンダム」。
ギラーガの開発で技術的な限界に達していたヴェイガン側だったが、地球軍の技術をAGE-3の解析データから手に入れ、それを投入することで本機を作り上げた。

各部装甲の形状はゼイドラやギラーガを中心としたヴェイガンMSの特徴を色濃く残しているものの、頭部はガンダム同様のツインアイとヴェイガンMS共通のスリット型センサーの複合となり、カラーリングはトリコロールとなっている。

その性能は第三世代のMSの中でもトップクラスに高く、AGE-3とAGE-2ダークハウンドを一度に相手しても軽くいなすほど。
胸部内蔵の高火力ビームバスターシールドが展開して発射される胞子型のレギルスビットは追尾性能が高く、AGE-3の装甲も軽く貫通する威力を持つ。
自身の装甲もドッズランサーに内蔵されたドッズガンの連射をほぼ密着状態で頭部に受けても傷ひとつなかったため、バクト以来の常時全身展開型の電磁装甲が採用されているものと思われる。

ガンダムの技術を取り入れて見た目も類似しているが、武装面ではビームライフルになる尾、ゼイドラ/クロノスから引き継がれたビームバスター、
ファルシアから始まりギラーガで完成を見たビット兵器、そして両腕に標準装備するビームバルカン&ビームサーベルと、これまでのヴェイガン側MSの技術を総結集されて作られている。
ただし完全とは行かず、ビットが外付けになっているなど部分的に未完成な箇所が存在する。その点についてはxvm-fzc-zgc ガンダムレギルスRでほぼ解消している。

当初パイロットはヴェイガンの指導者であるイゼルカントが自ら乗り込み、AGE-3を上回る性能でキオを追い詰めた。

その後寿命が近づいたイゼルカントからゼハートが本機を受け継ぎ、シドとの戦いの最中その全能力を解放。
ラインセンサーが展開してツインアイとなり認識能力が拡大。
シドの強力なビームをレギルスビットを周囲に展開しビームバリアとして用いて弾くという力を見せ、アセムのサポートもあったがシドを大破させた。

なお、頭部・背部の一部が分離し「レギルスコア」となることが判明。
AGE-3のコアファイターを元にした脱出装置であり、Xラウンダーの脳波によってコントロールされる。
頭部はそのままに、背部のフィンスラスターが反転して胸部のようなパーツに、そして背中に備わる部分が展開して羽になり、こうもりのような印象を与える。
この形態になってもレギルスキャノンは残るため戦闘能力がなくなるわけではない。
本編で登場する予定だったが製作進行の都合により披露されず、小説版にて使われた。

M.O.Eではゼハートに受け継がれた際に機体色が彼のパーソナルカラーである赤に変更されている。