xvm-fzc-zgc ガンダムレギルスR

【型式番号】 xvm-fzc-zgc
【機体名】 ガンダムレギルスR
【読み方】 がんだむれぎるすあーる
【所属陣営】 ヴェイガン
【パイロット】 ゼハート・ガレット(想定)
【装備】 ビームバルカン
ビームサーベル
レギルススピアー
レギルスビット
レギルスキャノン
ビームバスター
【ベース機】 xvm-fzc ガンダムレギルス

【詳細】

レギルス型MS開発計画、「プラン・アシミレイション」に基づき試作された複数のバリエーションのうちの一つ。

ゼハート・ガレットが運営する第8研究開発グループが開発した機体で、ゼハート本人が搭乗することを前提に開発されたため彼のパーソナルカラーの真紅を基調としている。
『MOE』で登場した真紅のレギルスはその布石といえるが真偽は謎のままである。

オリジナルからの最大の変更点として、従来のビット制御システムよりも操作性を向上させた「エンベッドビットシステム」を採用。
さらにビットシステム自体が小型化され機体本体に内装されたことで専用シールドを装備する必要がなくなり結果的に機体重量が軽量化され運動性が向上している。

手持ち武装はレギルスライフルに代わり、ギラーガスピアに似た双頭槍、レギルススピアを装備している。
これはゼハートの操縦データを基に開発された武器であり、性能的にはギラーガスピアのバージョンアップ型といえる。