モビルスーツ

【用語名】 モビルスーツ
【読み方】 もびるすーつ

【詳細】

A.G世界での人型マシンの総称。
過去に勃発した大戦で開発されたものと言われているらしいが、銀の杯条約以前の兵器に関するデータが抹消されているため、経歴ははっきりしていない。
今の資料で分かることは、現在のモビルスーツよりも高スペックであることと、現在では失われている技術をふんだんに使って製造しているということだけである。
現に、過去にアスノ家の先祖が見たとされる白いモビルスーツ「ガンダム」は、かなりの戦闘能力を備えていたらしく、竜のような怪物と戦っていたという逸話もあるほどである。

条約成立後のモビルスーツは銀の杯条約に則したスペックで開発されているため、過去のモビルスーツと比べても足元にも及ばない性能とされている。
その理由は、過去に起きた大規模な戦争を再び起こさせないためで、兵器関連のデータ(EXA-DB)を封印した際に、暴徒鎮圧レベルの機体スペックに抑えるように管理されたとされる。
その際に数種類のカテゴリー(モビルスタンダードなど)に分別され、それぞれの分野に沿った仕様に変更された。
しかし銀の杯条約を無視し、それらの技術を隠した一部の技術者も存在し、その技術を利用して商売や宇宙開発に従事したものもいる。
それ以外にも、銀の杯条約の範囲外に存在する火星移民団(後のヴェイガン)もEXA-DBを利用したモビルスーツの開発を行っており、地球連邦に差を広げる要因となっている。

百年戦争初期の連邦は、技術の差によりヴェイガンのモビルスーツに太刀打ちできずにいたが、アスノ家の技術で作り上げたAGEシステムの解析により対抗する手段を得、
末期にはヴェイガンを凌駕する兵器を開発出来るまでのレベルにまで到達した。