AGE-1T ガンダムAGE-1 タイタス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 AGE-1T
【機体名】 ガンダムAGE-1
【読み方】 がんだむえいじわん
ウェア タイタス
【所属陣営】 地球連邦軍
【パイロット】 フリット・アスノ
【装備】 ビームラリアット
ビームニーキック
ビームショルダータックル
【発展機】 AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル

【詳細】

AGEシステムドッズライフルの効かない電磁装甲を持つovv-a バクトに対抗するために導きだした、「ビームで貫けない装甲を叩き壊す」ための姿。
射撃武器を一切廃止し、コロニー内の環境を破壊しないような設計となっている。

見た目通りのパワー特化仕様で、その太い四肢から発揮されるパワーは驚異的で他のウェアをはるかに凌駕する。
各部にビームフィールドを展開することで凄まじい攻撃力を実現し、重装甲型UEであるバクトを上回るパワーを持つ。

ウェア自体の防御力も高く、ガフランのビームバルカンビームライフル程度では貫けず、手持ちの盾は持たないがその装甲自体が堅牢なシールドとして機能する。
これはガンダム独自の技術で高い出力を生み出すプラズマ反応炉のエネルギーを質量に直接変換することで生み出されるもの。
手首に展開したビームフィールドによるビームラリアット、膝からビームニードルを発生させ飛び膝蹴りを叩きこむビームニーキック、両肩からビームニードルを展開し体当たりするビームショルダータックルを武器にした肉弾戦を得意とする。

これらビーム兵器はドッズライフルに用いられたシステムが用いられ、ドッズライフルが使いにくいコロニー内であってもDODSを効率的に使うため考案されたもので小説版によればAGE-2ダークハウンドの装備であるドッズランサーにも同様の原理が用いられている。

ただし四肢が大型化しているためスピードが低く、高速移動する相手には不向き。
そのためゼダスには全く対処できず、高速戦闘用ウェアであるスパローが開発されることになる。

第二世代ではタイタスウェアが量産化され、アデル用の換装パーツとして普及している。