AGEビルダー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【用語名】 AGEビルダー
【読み方】 えーじーびるだー

【詳細】

AGEシステムが発展・進化の際に提案した設計図を基に、素材となるインゴットからガンダムの武装やウェアを切削・成型するシステム。

外装だけでなく内部の回路も分子設計レベルでの構築が可能であり、全作業が自動的かつ瞬間的に行なわれるため、戦闘中でも機体の能力強化が可能。
ただし、AGEシステム内の実戦データが揃わない状態では有効に機能しないためデータの分析やシミュレーションにも時間と手間がかかる上に使用する素材は高価かつ希少。
さらには生成される装備の汎用性も低く、現状では特定の敵に対処した装備しか開発できないのが欠点。

また完成した装備を活用できるか否かはパイロット次第という問題もある。
本来は想定外の運用だが、ガンダム以外の兵器にも応用することが可能で、ディーヴァの改装などに使用されている。
その際にはAGEシステムの端末であるハロを介してデータを解析する必要がある。
改装後は新設されたフォトンブラスターキャノンの動力炉としても機能する。

1号機はラ・グラミス攻防戦でディーヴァごと失われるが、そのことを想定したフリットたちによって事前に予備機が製造されており、ビシディアンの母艦であるバロノークに搭載された。