※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • キャンペーンについて
    • 人数:4-5名
    • GM:湯土器
    • 開催頻度:隔週の土曜夜を予定。基本的には参加者及びGMの予定本位。
      また、一度の日程でセッションの全行程が終わるとは限りません。
    • 応募方法:
      サンプルに従って「キャラクター名」「スキルや能力の傾向」「選択したハンドアウトと簡潔な設定」を
      作成、PL名と共に、最下のコメント欄を使用して投稿してください。
      第二希望まで受け付け、希望が被った場合、抽選にて決定します。
      応募期間は10/7までを予定しています。

  • キャラクター作成について
    • 初期成長点:200(使い切りです。メイキング以降に持ち越す事はできません)
    • 所持金:5000G
    • ギルド:新規作成。初期GLは6とします。
    • 種族:ハンドアウト③以外、ルールブック1及び2に載っている基本種族で作成してください。
    • ハウスルール:リビルド禁止です。
    • 設定について:
      キャラクターの設定に際して、親族や友人、仇敵といった存在があった場合、
      GMがその人物を使用する場合があります。
      助けてくれたり共闘してくれたりするかもしれませんし、敵になったり人質に
      なったりあげくは生け贄に捧げられたりするかもしれません。
      一応、NPCとして使用したい場合は事前に相談するので、その時に可否を
      言ってくださると助かります。
      ただし、NPCである以上GMの支配下に置かれてしまうのは必然であり、
      キャラクターが思ったのと違っても泣かないでください。
      その他にも、拾えそうな設定があったら積極的に拾いたく思っています。



  • ハンドアウト(ver.β)
    • ① 鍵たる冒険者
      コネクション/関係:リディエール/借りor信頼or恩人
      君は小さな農村、チッタ村の出身だ。チッタ村は近くに探索済みの遺跡がひとつあるだけの、
      まったく湿気た田舎村である。ただ生きるには決して悪い場所ではなかったが、若い君にとって
      そこは満足できる場所ではなかった。だから、村を飛び出した。
      ・・・それから少し時が経つ。冒険者として活動を続ける君に、顔見知りの神官リディエールから
      直々に書状が届いた。
      何でも、君の冒険者としての実力と、チッタ村出身の土地勘が必要な仕事があるのだという。
      ・・・久方ぶりの帰郷になりそうだった。
    • 「簡潔な設定」の中に、チッタ村の住人の中で特に縁深い、年下の人物を
      一人設定してください(弟、幼なじみ、村長の娘等)。重要なNPCとなる可能性があります。
      • ハンドアウト指定出自:一般人
      • ハンドアウトボーナス:④と共通


    • ② 復讐の輩
      コネクション/関係:異端審問会/憎悪
      喪失は、唐突に訪れた。君はその日、大切な人を何の前触れもなく、永遠に失ったのだ。
      情報を集めると、やがて君は、異端審問会と呼ばれる神殿の秘密部隊の存在に行き当たる。
      異端審問会こそが、何の罪もないその人の命を奪ったのだ。
      ・・・それから幾ばくか時が経ち、君は有能な冒険者として、神殿から直接に依頼を受けるに至った。
      君にとっては、狙い通りだった。これでようやく、神殿に疑われる事なく、その懐に潜り込める。
      ここから、本当の戦いが始まる。大切な人の死、その真実を掴むための戦いが。
    • 「簡潔な設定」の中に、異端審問会に殺された(と推測される)人が
      PCとどのような関係であったかを入れてください。
      • ハンドアウトボーナス:メイキング時、通常のスキルとは別に《スレイヤー:人間》
        もしくは《バイオロジー:人間》を得る。SLは3とし、通常通りに成長させる事もできる。
        ただし、《ブックマーク》《アデプト》を取得する事はできない。


    • ③ 過去なき機械人形
      コネクション/関係:リディエール/忠誠or後援者
      君は、エリンディルでは非常に珍しい、機械人形・・・エクスマキナだ。
      原初の記憶は、狭く薄暗い一室と、目の前で微笑むリディエールの姿。
      それ以前の記憶は、ない。失われたのか、元々なかったのか・・・
      さながら赤子のごとく、身動ぎもできず硬直していた君に対して、
      リディエールは告げた。自分の手勢として戦い、力をつけろと。
      他に行く場所もない君に、選択肢などあろうはずもなかった。
    • 「簡潔な設定」の中に、自身の過去の記憶がない事に対して
      どのように感じているかを入れてください(不安、無関心、楽観的等)。
      • ハンドアウト指定種族:エクスマキナ
      • ハンドアウトボーナス:通常のスキルとは別に、エクスマキナの種族スキルを一つ習得できる。


    • ④ 腕利きの冒険者
      コネクション/関係:リディエール/自由
      君は冒険者だ。まあ超一流とは言えないが、街単位で言えば、その実力はトップクラスである。
      そんな中、君は故あって知り合いとなった神官リディエールから声をかけられた。
      何でも、大切な仕事を任せたいのだという。冒険者として、拒否する理由は特に存在しなかった。
      • ハンドアウトボーナス:下のいずれかからひとつ選択する。
      • 1.成長点+20。ただし、レベルを7以上にしてはいけない。
      • 2.所持金+1000G。
      • 3.フェイト+1。