アルゴネッセン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼンドリックの東方、エアレナルの向こうには、ドラゴンの故郷アルゴネッセンが横たわっている。ドラゴン以外にこの大陸の内陸部に分け入った者は数えるほどしかいないが、彼らの報告によれば、そこにはドラゴンボーンの都市国家が分立し、それぞれをドラゴンの王が支配しているのだという。ドラゴンたちは太古から伝わる“竜の予言”の研究に打ち込んでいる。彼らは月や星の運行に、また大地に刻印されるしるしに、あるいはコーヴェアに住む人型生物の肌に浮かびあがる奇妙な斑紋に、“予言”の開示を読み取る。なかでもコーヴェアの人型生物の肌に現れる斑紋はドラゴンマークと呼ばれ、多くの学者がそれを力と宿命の象徴と考えている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。