集スト問題の解決予想


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.
契機

 被害限界の突破が集団ストーカー問題の解決のきっかけとなることが予想されます。



具体的な解決パターン

 集スト解決にはいくつかの道筋が想定されます。大犯罪による被害限界の突破も、解決へいたる道のひとつです。それ以外には次のような可能性が想定されます。



電磁波の技術的な対処法の強化

電磁波防御の方法が確立され普及することで集ストはその意味を失うことが予想されます。



警察組織改革 … 警察組織の健全化

 電磁波技術所持組織として予想されているのは、警察と創価学会です。警察が電磁波技術の悪用を取り締まりを始めれば、当然、電磁波技術の所持を認めるのは警察組織だけで、それ以外の民間組織、つまり創価学会の所持は認めないことでしょう。

 それにともない警察自体の電磁波技術の運用も健全化に向かうことでしょう。



政府が集ストの存在を認め公式に対処

 警察は政府の管理下にあります。制度的には内閣府外局の国家公安委員会の管理下にあります。つまり警察が健全化されるということは、内閣(総理大臣と国務大臣)が集ストを認め、対処するということです。

 被害限界の突破が起こることが確実である、と政府が判断する段階になれば、つまり政府に逃げ道がなくなったような場合、警察の上位組織である政府が主導で集ストを解決する可能性もなくはありません。(2015/12/14)

(編集中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。