集団ストーカーの終わり


集スト被害の終了パターンの傾向


 集団ストーカーの終わり、幕を引くパターンについてです。なるべく被害者の納得できるかたちで終わってほしいところですが、引越しや探偵への調査依頼などでは解決しないのが、集スト被害の現状です。

 それでも集ストが終わることはあります。おおむね、逮捕・支配・排除・破滅などのような終わり方になる傾向があります。



逮捕:被害者、または加害者の逮捕による終了 … 一般人加害者は首謀者たちの身代わりに逮捕される


 集スト犯罪によって被害者が挑発にのってしまい暴力などの犯罪行為を犯してしまうことがあります。また、加害者側も加害のなかで犯している嫌がらせ行為がエスカレートし証拠を残すことで警察に逮捕されてしまう場合もあります。

 オオカミ少年の監視洗脳犯罪のような特色のある集ストでは、証拠が残るようなあからさまな犯罪が行われることはあまりありません。合法犯罪であることは犯行を容認する要因のひとつとなっています。

 集ストは、人を殺して目的が達成されるような犯罪ではなく、嫌がらせを継続すること自体も目的のひとつとなっていいます。また、集ストオオカミ少年である集スト犯は、あからまな犯罪を犯すような度胸はありません。かなり過激な集スト犯であっても、本人は、軍人や警察官のような英雄幻想にとらわれることで、犯行を正当化していることが多いです。そのため、誰がみても明らかに悪いよう行為は、通常は行いません。

 しかし、集ストがエスカレートしてくると、警察に逮捕されるような刑法を犯す犯罪を行うようになることがあります。公安警察や創価学会などは高い集スト能力を持っているとみられており、住居への不法侵入などを頻繁に繰り返すような犯行に及ぶことがあります。それが長期的に続いていく間に、油断して、少しくらいは大丈夫だろうと窃盗や器物損壊などの犯行を行い、それがエスカレートしてくことがあります。

 公安や創価は高い集スト能力を持っているため、多少の犯行はもみ消すことができます。直接逮捕することは難しいでしょう。しかし、彼らが集ストに加担させている一般人の加害者は別です。集ストの監視は、被害者だけでなく一般人加害者の様子もカメラやマイクなどにおさめています。そのため、公安や創価が事件をもみけせない状態、逃げきれないような状態になったときは、一般人加害者を身代わりにすることがあります。集スト犯は一部の一般加害者であれば、一般の刑法違反者、いわゆる犯罪者として逮捕・処罰されることがあります。

 あたりまえの話ですが、何かを盗んだり壊したりすれば、犯罪者として逮捕されるのは当然の結果です。アンチガスライティングなどで加害者を健全化するときも、この点を加害者に伝えることは効果的です。公安や創価の犯行と分かっているものでも一般加害者へ疑いの目を向けることで健全化効果が期待できます。




支配 … カルト教団への入信の強要など


 創価学会だけではありませんが、集ストで被害者を精神的に弱らせ、宗教団体への入会を強要することがあります。各都道府県の迷惑行為禁止条例などでも、面会の強要は禁止されていますので、被害者が誰かに会うように促されても違法行為として断ることができます。面会の強要はそれ自体が犯罪行為です。われわれ日本人には、会いたくない人に会わなくてもよいという権利が保障されているのです。(公的な呼び出しなどの例外はあります)

 創価学会などの疑わしき新興宗教団体に、間違って入会してしまった場合ですが、創価学会では、お布施にあたる金品などの要求、聖教新聞など機関紙の購入、その他の行事のたびに金品を要求される被害を受けます。

 また、お布施などによる金品の譲渡が不十分である場合などは、奉仕活動として集ストの加害行為に加担させられることもあります。集スト被害者だった人が、次は加害者になるという皮肉なパターンもあります。新参の信者として集スト加害に加わる場合、当然、まわりの人間が嫌がるような条件の悪い、より凶悪な犯行を強要される可能性が高くなります。これでは集スト被害が終わったとはいえません。




排除 … 被害者を組織から追い出す


 企業系集ストでは、排除、つまり会社や組織から追い出すことが目的となっていることが多いです。被害者を排除した企業や組織は、被害者への攻撃を一旦終了します。

 しかし、その組織が集ストをやめても、ほかの組織に移管されることで被害が継続される場合がほとんどです。また、引越しをしても集スト被害がなくならいことは多くの被害者が報告しています。

 引越しについては引越しを参照してください。




破滅 … 事故・自殺


 被害者が破滅すれば集ストは対象を失い終了します。ただし、これはその対象者への集ストが終わるというだけの意味しかありません。集ストで集められた情報は、周辺の人間を新たな対象とするために利用されたりもします。暴力団などの場合は、集ストであつめた情報から、一般加害者などの弱みをにぎり、いつまでも利権や金品を要求するようです。

 集ストを自殺強要ストーカーと呼ぶように、被害者を自殺に仕向けるようなことをして、自殺を誘発させる被害も確認されています。また、より積極的に、高所から突き落とすような被害がでていることも疑われています。

 飛び降り自殺の偽装 … 創価学会の好む飛び降り自殺を装った殺人




世襲:終わらないパターン … 加害者、被害者の身分制度的な世襲


 親が集スト加害者や被害者であるというだけの理由で、集ストに参加したり、あるいは被害を受けているという人々がいます。集ストは一部ではすでに身分制度のように世襲されています。

詳しくは集ストの世襲を参照してください。(2015/12/24)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。