矢野絢也

 以前、公明党の代表を務めた政治家で、監視・つきまとい被害、つまり集団ストーカー被害に合っていたことを自ら告白した人物です。

 「黒い手帳」事件などで政治や創価学会など世間の闇を暴露し話題となりました。

監視・つきまとい被害は国会でも議論され、公の場で集団ストーカーが扱われた中では、もっとも大きな事件のひとつとされています。(2015/11/13)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。