清水由貴子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 タレントである清水由貴子さんが、介護ストレスが原因とみれる服毒自殺をはかったという事件が起こりました。マスコミが介護ストレス自殺と報道したため、日本社会では、そのように扱われています。

 しかし、清水さんが生前、自分が集団ストーカー被害者であり、被害を受けていたことを告白していました。

 若いころから芸能界で華々しい活躍をした有名人が、中年期以降、集団ストーカー被害にあい、自殺に追い込まれた事件として、日本人タレントが被害にあったもっとも大きな被害例となっています。

 被害にあった原因は、創価学会信者である所属事務所社長からの入信の勧誘を断ったことだと考えられています。当時、自殺事件の二日後には別の有名タレントの珍事件が発生したため、マスコミが自殺事件を大きく取り扱わないという事態が起こりました。この珍事件自体を監視犯罪の関係者による隠蔽工作とみる見方もあり、マスコミに影響力の強い組織の犯行であったことが疑われています。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。