自殺・絶望

.

目次




あなたの自殺衝動は電磁波による精神操作かもしれない


 テクノロジー犯罪に使われる電磁波による遠隔テクノロジーは、五感三欲を含む人間のあらゆる生態活動に干渉することが可能で、そのうちの主なものはすでに意図的にコントロールできるレベルにあると考えらています。

 そのため集団ストーカー・テクノロジー犯罪・強制尾行犯罪などの被害者が突如として襲われる、急激な心身の変化は、犯罪者によって意図的に引き起こされている可能性があります。遠隔テクノロジー犯罪でよく使われる方法では、毎日、決まった時間や、同じ行動をとる前後に、毎回、同じ感覚や衝動を感じさせるとうものがあります。睡眠を妨害したり、頭痛やめまい、食欲・睡眠欲・性欲などを増減させられるという被害を多くの被害者が訴えています。

 自分の生活をよく思い出して、遠隔テクノロジー犯罪で五感三欲への生態干渉が行われている疑いや自覚がある場合、特に急激に訪れる心身の変化、衝動や欲求などの変化については、犯罪者の遠隔テクノロジーによって意図的に作り出されたものである可能性が高いとみてよいでしょう。

 自殺衝動についても同じく犯罪者の遠隔テクノロジーによって作り出された(送信された)幻の衝動である可能性があります。バリー・トラウアー博士も特定のパルス周波数で人々をひどい自殺衝動に追いやれると証言しています。

 被害者がそのようなことが起こる状況に追い込まれている状態では、犯罪者は思考盗聴も同時に行っている可能性が極めて高いため、自殺の衝動を感じても、黙殺するのがよいでしょう。その衝動を声に出したり、頭で意識したりすることをさけることで、犯罪者は効果がないと判断するようになるため、多少は被害が続くかもしれませんが、近いうちに、その衝動の送信を行わないようになります。

 自殺衝動だけに限ったことではありませんが、多くの衝動や欲求の送信被害は黙殺し続けることで、比較的早い段階で被害がおさまりやすい傾向にあります。(2016/04/01)



自殺・絶望は被害者の誰もが一度は考えること


 集団ストーカーの被害者は、何年間も、毎日、嫌がらせを受け、心身ともに傷つき疲れ果ててしまうことで、希望を失い、自殺などの絶望的な選択肢を考えてしまうことがよくあります。何年も被害を受け、それが集団ストーカー被害だと気付かなかったとしても、被害改善をあきらめ、たいへん理不尽な現状を受け入れざるを得ない状況が長くつづくと、将来に対して希望をもつことができずに、自殺など絶望的な選択肢に行き着いてしまうものです。

 しかし、それは被害者の誰もが一度は考えることで、それほど珍しいことではありません。誰でもそのような状況に追い込まれれば、そのように考えるものです。また、犯罪者側が、そう考えさせるよう仕向けていることもよくあります。



最初は被害者になることも加害者になることも拒めない … 集団ストーカー犯罪のシステムはすでに完成されている


 被害者が自殺など絶望的選択肢を検討することは、洗脳監視犯罪、ブラックビジネスとしての集団ストーカーという犯罪のシステムの一部なのです。仮に、現在の被害者が、タイムスリップなどで過去の時間にさかのぼり、集団ストーカー被害に合う前から、人生をやり直したとします。その被害者になるはずだった人の周辺で、別の誰かが集団ストーカー被害にあったとします。その場合、その被害者になるはずだった人も、おそらく別の誰かへの集団ストーカー犯罪に加担することになるでしょう。それほどまでに集団ストーカー犯罪システムにおける、詐欺などの人をだます説得術などは完成されているのです。

 集団ストーカー犯罪が世間に、ほとんど知られていないという、犯罪者側の隠蔽工作のせいもあり、何も知らない人間が、集団ストーカー犯罪に協力することを、拒むということは、現実的には大変難しいことでしょう。




犯罪者が被害者を決める … 被害者になるも加害者になるも本人の責任ではない


 被害者に対する決定権は、完全に犯罪者側がにぎっています。被害者にされるにしろ、加害者として犯罪に加担させられるにしろ、本人には選択権がほとんどないため責任もないといってよいでしょう。法的な考え方でも、犯行における動機の有無は、罪に対する重要な判断材料となっており、動機がない場合、つまり、その行動や決定に対して本人の意思が介在しない場合、その罪はかなり小さいものになります。(例外として、自動車の死亡事故、過失致死などでは、動機がなくても重い責任が問われますが、これは歩行者保護などの基本的な運転義務違反をより重くみているためです。)

 集団ストーカー被害者の日常生活は、避けることのできない多くの困難が、終わることなく無慈悲にちりばめられているようにみえます。しかし、これは集団ストーカー犯罪のシステムに原因があり、被害者のせいではありません。そのため、被害者が影で責任をとるかのように、自殺するような、絶望的な選択肢を選ぶ必要はありません。



集団ストーカーは社会的な問題であるため、いずれ社会的に対処・改善される


 集団ストーカーは世界の先進各国で被害が確認されており、アメリカなどでは1000人を超える被害者団体が改善活動を行い、テレビなどのメディアも卑劣な社会問題として取り扱っています。

 日本ではいまだに政府・マスコミなどが「集団ストーカー」という用語自体の使用を規制し、隠蔽しているとみられていますので、先進諸国とくらべると集団ストーカー問題の後進国だといわざるをえません。

 しかし、それでも国内約5万人とみられる被害者の努力によって改善に向かっていることは確実です。 被害が限界を超え、大事件などへと発展したときには、規制も隠蔽も通じません。集団ストーカーは社会問題として、国家規模で対処せざるをえないでしょう。

 長期的な展望としては希望があります。いつまでも改善できない、他の社会問題よりも、未来は明るいといってよいでしょう。

 インターネットが普及する前の、孤立させられ情報共有ができなかったころの被害者の絶望感を考えれば、まだ今のほうがよい状況にあることは理解できると思います。




いつか被害が改善するとしても、それまではどうすればよいのか


 被害者が、自殺などの絶望的な選択肢を選ぶことや、また逆に殺人などの暴力的な行為に出ることは、犯罪者が望む集団ストーカー犯罪の目的のひとつともなっています。自殺や暴力的行為を行わないというだけでも、犯罪者に対する反撃や、被害改善活動となっているという側面があります。

 集団ストーカーは企業や地域などの組織・グループから集団的な人権侵害を受けることから、現実的な問題として、それを批判することで、組織から排除される可能性があります。つまり、会社をクビになってまで犯罪を非難するより、我慢してその会社にとどまるという選択肢もあります。それについては、「どこまで被害を我慢するか」というページで検討していますが、我慢しても被害が悪化する可能性が高いですから、早めに見切りをつけたほうが賢いのではないでしょうか。

 せっかくこの世に生まれたわけですから、犯罪者の目的や利益に貢献するよりは、問題解決に向けた活動を続けることで、犯罪者をけん制、反撃するなどして、よりよい世の中になるよう、人類社会にとって価値のある態度と行動を取り続けるべきではないでしょうか。

 誰かが自殺してしまった場合、その後どうなるか考えてみてください。犯罪者はおそらく新たな被害者を探すことになるでしょう。つまり、新たな被害者が増えてしまうのです。新たな被害者も同じように自殺してしまった場合、犯罪者はどう考えるでしょうか。集団ストーカーや強制尾行が成功した、と判断し喜んでいるのではないでしょうか。

 被害者が増えることを阻止するという意味でも、自殺や暴力的行為をしないということは、それだけでも価値のあることだと思います。(2015/12/08)




自殺者数の嘘


 日本の自殺者数は年間約3万人弱となっています。年々減少傾向にあり改善されているかのうような報道がマスコミによって行われています。しかし、この計算は間違っています。精神病者の自殺が自殺者数に加えられていないのです。

 精神病者の自殺数は約1万5千人もいます。日本の実際の自殺者数は約4万5千人ということになります。統合失調症患者の10%は自殺で亡くなっています。統合失調症の患者が入院を続けた場合、退院して自宅療養をした場合の比較結果がでていますが、自宅療養のほうが死亡率が低く、長生きしています。症状が軽い、元気な人が自宅療養し、重病名人が入院を続けるため、そうなるのだ、ということに、表向きはなっていますが、治療しないほうが長生きでいるとは、どういう仕組みになっているのでしょうか。

 集団ストーカーにまつわる医療利権の闇も予想以上に濃い可能性があります。 2016.4.30




参考


飛び降り自殺の偽装 … 創価学会の好む飛び降り自殺を装った殺人 (2015/12/24)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。