※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天狼(てんろう/Tenrow)

【声優】「千葉一伸」
【職業】「拳術士(グラップラー)」
【ギルド】「イコロ

イコロに訪れたハセヲを出迎える無愛想で寡黙な痩身長躯の獣人で、碧聖宮の宮皇。
強さへのこだわりと、名目上は最強のギルドであるイコロに所属していることにプライドを持つあまり、ほかのことが目に入らなくなっている節がある。また、それゆえか宮皇でなくなった揺光には冷たくあたる。
秩序を乱すな、と言うが、その秩序に従っているのも本人だけ。
己の強さにのみ興味を持っており、弱者に対しては関心がない。
揺光とはお互い無名時代の頃に対戦、天狼が辛勝した。

(Vol.2 君想フ声)
以前は堂々とした戦いを好んでいたが、AIDA感染により残忍な戦い方に変化。
相手に対して過剰なまでの攻撃を加えるようになった。
アリーナではイニスの力を得たAIDA<Helen>をその身に宿し「オルカ」と「バルムンク」の幻影を率いている。

「オレから『あれ』を奪おうとするからだ!!」

リアル


【NAME】「民錦寿(ミンジンタオ)」
【JOB】商社マン26歳♂

埼玉在住の商社マン。韓国人で日本支社に勤務している。格闘技観戦が趣味で
テコンドーの達人。基本的に無口だが熱くなると饒舌になる。
強くなる事が好きで「Tha worid」ではアリーナのみプレイしている。
揺光とは、どちらも無名時代に対戦し接戦の末に辛勝。現在は太白を倒し最強の高みに上り詰めようと画策している。



制作側コメント

◆キャラクターデザイン
全キャラクター中、最も背が高いキャラ。こいつはアフガンハウンドという犬がモデルにしている。インディアンっぽいイメージが天狼の一匹狼というか孤高な、強さを追求する姿にフィットしていると思う。
拳術士(グラップラー)ということで露出は多め。細身の長身というのは、がびのようなマッスル大男の迫力とはまた違った、鋭い威圧感が出ているような気がする
|