冥府の使者ゴーズ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード考察>冥府の使者ゴーズ

冥府の使者ゴーズについてのプレイング


相手ターンに手札から特殊召喚できる上級モンスター。相手の思惑を狂わせることができる強力な一枚である。

しかし、特殊召喚の条件の都合上、「読まれやすい」一枚でもある。
モンスターや魔法・罠が破壊されると先読みしたうえで、二重の罠として運用するといいだろう。
逆に、何も防御カードが無いときに「あえて何も出さない」ことでこのカードがあると思わせることもできる。
相手モンスターの攻撃力や攻撃順を逐一訪ねたりすると効果的だろう。

《スキルドレイン》があってもゴーズは殊召喚できることは覚えておくといい。
もっとも、カイエントークンは召喚できないので、よほどのピンチの時に苦し紛れで出す程度と考えておいた方がいいが。

細かいことだが、いつも攻撃表示で出さないように注意。詳しいことは悪手のページで。

忘れがちだが、効果ダメージを食らった際にもダメージのオマケつきで召喚できる。
バーンデッキとの遭遇率は下がったものの、流行のエクシーズモンスターには効果ダメージ持ちが存在する。
ライフが減った終盤では、意外なエンドカードとなりうるのでこちらの効果も忘れないでおきたい。

なお、召喚制限はないので通常召喚ができる。
どうしても打点が足らないが攻撃を通せば勝利に繋がる、という状況では思いきって召喚するのも手。

対策としては基本中の基本であるが、なるべく攻撃力の低い順から攻撃するのを忘れないようにしたい。
初心者が勘違いしやすいが、《ライオウ》《奈落の落とし穴》《神の宣告》などではゴーズの召喚を止められない
《神の警告》ならば召喚を止められるので、これがある場合は迷わず攻撃していこう。
他にも、何らかの除去カードがある状況ならば、出されてもそれで除去していけば問題はない。

マッチ戦では一度見せたらそれなりに相手が警戒してくるので、二・三戦目では抜いてしまって他のカードにチェンジするデュエリストもいる。
特に攻撃を受ける都合上《神の宣告》や《神の警告》等と両立させると腐る可能性があるのでチェンジ候補となりうる。









コメント欄
  • 手札にトラゴエディアはいたけど、ゴーズがいなかったのでグスタフ止められず負けたってことが一度あった -- 名無しさん (2012-05-29 07:11:31)
コメント: