@vipdeshosinsha
最新情報はTwitterで

トップ > ニコ生編 > XSplit / 2014年01月26日 (日) 23時14分49秒

カテゴリ ページ名 ニコ生用 ニコ動用 YouTube用 なん実用
ニコ生編 XSplit × × ×



  • XSplit Broadcaster (以下XSplit)は、ニコニコ生放送で高画質配信できる配信ソフトです。有料ソフトですが、無料でも使用できます。


高画質・高音質配信できる

  • 「かんたん配信」よりも 高画質・高音質 な配信が可能です。

PCの画面などを見せられる

  • PCに表示している画面や、PCに保存してある静止画像を視聴者に見せられる機能に対応 しています。 複数の画面を配置 して視聴者に見せることも可能です。

PCの音とマイクの音をミックスして配信できる

  • Windows Vista/7/8/8.1であれば、 簡単な設定でPCの音とマイクの音をミックスして配信 できます。特別な機能や難しい設定は必要ありません。

さまざまな機能

  • XSplitは多機能な配信ソフトです。上で紹介した機能のほかにも、複数の画面を切り替える機能、PCゲームをフルスクリーンで配信する機能、Skypeの画面を配信する機能、複数サイトにおいて同時にライブ配信する機能、などがあります。

目次



無料版と有料版


無料版について


  • XSplitには 有料版無料版 があります。無料で使用したいという人のほうが圧倒的に多いと思いますが、 XSplitの無料版は制約が多く、お薦めできません 。とくに致命的な制約となっているのは、 音質がきわめて悪い状態でしか配信できない という点です。低音質な配信は視聴者にとって不快なものです。

説明
無料版 音質、フレームレート、解像度に制限あり。使用用途によっては透かしが入る。広告あり。非推奨
有料版 PERSONAL 有料版の基本タイプ
PREMIUM 商用利用する場合などに。多機能だが、ここまでは必要ない

  • また、ほかにもニコニコ生放送では影響はほとんどありませんが、高品質なライブ配信ができないような制約があり(フレームレート、解像度に制限)、 無料版のXSplitを使用する意味はほとんどありません 。無料にこだわるのであれば、XSplitをベースに開発されたNiconico Live EncoderNLE )がお薦めです。 NLEはXSplitの便利な機能を受け継いでいる ため、初心者でも使いやすい配信ソフトです。

NLE OBS

  • また、Open Broadcaster SoftwareOBS )もNLEやXSplitと主要な機能が共通しています。XSplit無料版を使うより、NLEかOBSを使ったほうがよいでしょう。OBSもNLEと同様、無料です。

有料版について


  • XSplitの有料版には、無料版にあるような制約はありません。また、無料版よりも多くの機能が使用できます。有料版には、 PERSONALPREMIUM の2種類があります。 通常は価格の安いPERSONALでよい でしょう。使用できる機能はPREMIUMのほうが多いのですが、大きな影響はありません。機能の差異については、公式サイトをご覧ください。

3か月 1年 3年
PERSONAL 14.95ドル 39.95ドル 89.95ドル
PREMIUM 24.95ドル 59.95ドル 149.95ドル

  • 価格は上表のとおりです。 ライセンス期間 (XSplitの使用が許される期間)が設けられており、この期間によっても価格が異なります。ライセンスを購入する方法については 後述 します。まずは以下の手順でアカウントを作成しましょう。


準備


アカウントの作成


  • 公式サイトにアクセスして、XSplitを使用するために必要な 無料アカウントを作成 します。

  1. E-mail 」にメールアドレスを入力する(捨てアドでも可)。
  2. 「Retype E-mail」にメールアドレスを再度入力する。
  3. Full Name 」に名前を入力する(本名である必要はない)。
  4. 「Choose a Screen Name」で適当な名前を選択する。
  5. Password 」に6文字以上50文字以下のパスワードを入力する。
  6. 「Retype Password」にパスワードを再度入力する。
  7. 「Join now」ボタンをクリックする。


メールアドレスと名前の入力には注意が必要 です。配信中にこれらの情報が映る場合があります。

ダウンロード/インストール


  • アカウントを作成すると、さきほど記入したメールアドレス宛てにメールが届きます。 アカウントの認証 をしてXSplitをダウンロードしてください。ダウンロードが完了したらインストールします。

  1. メールが届く *1
  2. メール内の「 Activate your account 」をクリックする。
  3. Webサイトに「Activation Successful!」と表示される。
  4. その下にある「Download XSplit now」ボタンをクリックする。
  5. XSplitのダウンロードが開始される。
  6. ダウンロードした「xsplit_installer.msi」をダブルクリックする。
  7. XSplitのインストールが開始される。
  8. 画面を進めていく *2
  9. XSplitのインストールが完了すると同ソフトが自動的に起動する。


▲メール内の「Activate your account」をクリックします。

ログイン


  • ログイン します。XSplitを使用するためには毎回ログインする必要があります。

  1. 「メール」にさきほどのメールアドレスを入力する。
  2. 「パスワード」にさきほどのパスワードを入力する。
  3. 「ログインを保持する」がONになっていることを確認する。
  4. 「自動でログインする」をONにする。
  5. 「日本語」になっていることを確認する。
  6. 「ログイン」をクリックする。


チャンネルの追加


  • XSplitを起動してログインしたら、ニコニコ生放送でライブ配信するための設定をします。 チャンネルを追加 しないと、ニコニコ生放送でXSplitを使用できません。

  1. 「配信」→「チャンネルを追加」→「続き」で「Nico Nico Douga」を選択し、「Install」ボタンをクリックする。
  2. 「メール」と「パスワード」に、 ニコニコ動画のアカウント作成時に入力したメールアドレスとパスワードを入力 する。
  3. Max Bitrate 」を「288」にする。
  4. 有料版の場合は、「Codec」で「AAC LC HQ」を選択し、「 Bitrate 」が「96」になっていることを確認する *3
  5. 「配信を自動的に録画する」をOFFにする *4
  6. 「OK」をクリックする。



必要なPC周辺機器


キャプチャーボード


  • TVゲーム配信の場合にかぎり、キャプチャーボードが必要です。配信を始めるまえに、あらかじめゲーム画面をPCに表示しておいてください。PCゲーム配信の場合は、キャプチャーボードは必要ありません。

GV-USB2 MonsterX U3.0R REGIA ONE
価格
(画像クリックでAmazon)
GV-USB2
GV-USB2
MonsterX U3.0R
MonsterX U3.0R
REGIA ONE
REGIA ONE
ノートPCでの使用 ×
デスクトップPCでの使用
接続可能なゲーム機の例 据え置きゲーム機全般
PSP-3000
HDMI対応ゲーム機全般 HDMI対応ゲーム機全般
画質 標準画質 HD画質 HD画質
解説ページ こちら こちら こちら

マイク


  • 自分の声を入れたい場合、マイクが必要です。USBマイクでもかまいません。また、自分の声を入れなくてもよいならマイクは必要ありません。

G230 ECM-PC60 ECM-PCV80U
価格
特徴 こちら こちら こちら
タイプ ヘッドセット スタンドマイク
ピンマイク
スタンドマイク

Webカメラ


  • 顔出し配信などの場合は、Webカメラが必要です。


簡単な使い方-設定-


  • ここまでできたら、XSplitの使い方を簡単に見ていきましょう。

「ツール」→「一般的な設定」で「一般」タブを開きます。


Windows Vista/7/8/8.1の場合、「 マイク 」で「 マイク 」を選択します。Windows XPの場合の設定については後述します。


▲Windows Vista/7/8/8.1の場合の設定例。カッコ書きのなかの表記はPCの環境によって異なります。

「解像度」タブを開き、「512 x 384」と「640 x 360」にチェックを入れて「OK」をクリックします。


「表示」→「 解像度 」で「 512 x 384 」または「 640 x 360 」を選択します *5 。よくわからない場合は、ひとまず「512 x 384」にしておきましょう。解像度はあとで変更できます。


「表示」→「 フレームレート 」で「 30.00 fps 」を選択します。無料版は「25.00fps」までしか選択できません。


XSplitで「Add」→「 スクリーンを追加 」の順にクリックします。Webカメラの映像を配信したい場合は、 「Add」→「 Add camera 」でWebカメラを選択します(例 : C920なら「Logicool HD Pro Webcam C920」を選択)。


「スクリーンを追加」を選択した場合は、ゲーム画面など 視聴者に見せたい範囲をドラッグ します。すると、その範囲が赤い枠で表示されます。赤い枠で囲まれた範囲が視聴者に配信される映像となります。


▲画像は、PS3版『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』(カプコン)より。

XSplitのプレビュー画面に表示された映像の辺や角をドラッグして大きくします。なお、XSplit自体の表示サイズは「表示」→「表示サイズの変更」で変更できます。



簡単な使い方-配信の開始・終了-


「外部ツール配信」タブ をクリックします。


本番開始 」→「はい」の順にクリックします。


放送画面の スピーカーをミュートにします 。これをしないと音声が反響します(エコー・ハウリング)。


XSplitのマイクのアイコンがミュートでないことを確認します。ミュートの場合は、アイコンをクリックしてください。


XSplitで「配信」→「 Nico Nico Live 2 」の順にクリックすると 配信が開始 します *6 。3~5秒経過後に、XSplitのプレビュー画面と同じ映像がニコニコ生放送の再生画面にも表示されます。遅延(ラグ)があること自体は異常ではありません。


配信を終了するときは、「 番組終了 」→「はい」の順にクリックします。そして、忘れずにXSplitで「配信」→「 Nico Nico Live 2 」の順にクリックします。これで配信が完全に停止します。



画質・音質の設定


設定画面の開き方


  • さきほど作成したチャンネルの設定画面で 画質・音質の設定 を行うことができます。

  1. 「配信」をクリックし、「Nico Nico Live 2」の横にある歯車アイコンをクリックする。
  2. 映像エンコード 」および「 音声エンコード 」の設定をする。
  3. 「OK」→「OK」の順にクリックする。


▲「映像エンコード」と「音声エンコード」で画質・音質の設定ができます。「Video」は映像のことで、「Audio」は音声のことです。

ビットレートの合計


  • 高画質・高音質な配信をするためには、 ビットレート (単位はbps)という設定項目がとても重要です。XSplitの設定画面でいうところの、「映像エンコード」の「 Max Bitrate 」と、「音声エンコード」の「 Bitrate 」がそれにあたります。 ビットレートが高いほど高画質・高音質な配信になります 。たとえば、映像ビットレートを2,000kbps(キロビーピーエス)に設定した配信と、300kbpsにした設定した配信を比較した場合、前者のほうが高画質になります。


▲ビットレートには 映像ビットレート音声ビットレート の区別があります。「映像エンコード」の「Max Bitrate」は映像ビットレートのことを、「音声エンコード」の「Bitrate」は音声ビットレートのことをそれぞれ表しています。

  • とはいえ、 ニコニコ生放送の仕様上、ビットレートをむやみに高くすることはできません原則として、映像ビットレートと音声ビットレートの合計を384kbps以下に設定する必要がある からです(2時~19時30分は合計480kbpsまで可)。したがって、かりに「音声エンコード」の「Bitrate」を「96」に設定したのであれば、「映像エンコード」の「Max Bitrate」は「288」に設定します。

  • ニコニコ生放送では、このビットレートの制約があるために、高画質な配信ができにくいようになっています。ビットレートを高くする以外の方法で画質を上げる方法については後述します。


ソースの追加・設定


  • XSplitで映像を配信するときは、「 Add 」ボタンをクリックしてソースを追加します。 ソース というのは、簡単にいえば視聴者に見せる画面のことです。PCの画面の一部、Webカメラの映像、動画、画像、これらはすべてソースです。

ソースの追加


  1. 「Add」をクリックする。
  2. 表示された項目のなかから、目的に応じていずれかを選択する。
  3. 追加したソースがXSplitのプレビュー画面に表示される。


説明 備考
Add camera Webカメラの映像などを配信したいときに
メディアを追加 PCに保存してある静止画・動画を配信したいときに
スクリーンを追加 デスクトップ画面に映っているものを配信したいときに
Add IP camera IPカメラ(ネットワークカメラ)の映像を配信したいときに
ゲームを追加 フルスクリーンのPCゲームなどのプレイを配信したいときに 有料版のみ
Add Skype video Skypeのビデオ通話を配信したいときに 有料版のみ
Add livestream ほかのライブ配信を配信したいときに
Add title 字幕(テロップ)を表示したいときに
More sources 上記以外のソース

複数のソースの追加


  1. 「Add」をクリックし、ソースを追加する。
  2. 必要に応じてソースを追加する。
  3. ソースの重なり方(表示の優先度)を変更するには、ソースを選択して「▲」または「▼」をクリックする *7


移動・サイズ変更


  • 追加したソースはXSplitのプレビュー画面で 移動 したり、 サイズを変更 することができます。ソースを追加するたび、 必ずソースの移動・サイズ変更をするようにしてください


削除・非表示


  • 不要になったソースはどんどん 削除 していきましょう。ソースを選択後、「Remove」を選択するか、キーボードの「Delete」キーを押せば削除できます。ソース横のチェックを外せばそのソースは 非表示 になりますが、不要なソースは削除してください。あまりに数が多いとPCが重くなります。

詳細設定


  • ソース上で右クリックすると詳細な設定が可能です。下表はその一例です。3D回転は、XSplitのプレビュー画面上で「Shift」キーを押しながらマウスをドラッグすることでも可能です。「Shift」キーを押しながらダブルクリックするともとに戻ります。

説明 設定場所
明るさ 映像を明るさを変更 「カラー」タブ
コントラスト 明暗の差を変更 「カラー」タブ
彩度 色を鮮やかさを調整 「カラー」タブ
半透明化 ソースを透明にできる 「カラー」タブ
クロマキー 特定の色を透明にできる 「カラー」タブ
3D回転 「3D」の「X」「Y」「Z」で立体的に回転 「Layout」タブ


デスクトップ画面の配信


範囲指定


  • デスクトップ画面にあるものを視聴者に見せたい場合は、 スクリーンキャプチャー 機能を使用します。同機能により、ゲーム画面やWebサイトなど、 自分のPCの画面に表示しているものを視聴者に見せることが可能 です。

  1. 「Add」→「 スクリーンを追加 」の順にクリックする。
  2. 赤い十字線が表示される。
  3. 視聴者に見せたい範囲をドラッグ する *8
  4. ドラッグした範囲が赤い枠で表示される。
  5. 赤い枠内にある部分が取り込まれ、配信される。


ウィンドウ指定


  • ウィンドウを指定 して画面を取り込むこともできます。この方法は、 ウィンドウを動かしても取込み範囲がずれない というメリットがあります。ただ、狙った範囲だけをうまく取り込めないことがあるかもしれません。

  1. 「Add」→「スクリーンを追加」の順にクリックする。
  2. ウィンドウをクリックする(ドラッグではない)。
  3. クリックしたウィンドウ画面の映像が配信される。

マウスカーソルの非表示


  • マウスカーソルを視聴者に見せたくない場合は、「Screen region」上で右クリックし、「マウスを表示」をOFFにします。配信者自信にはマウスカーソルは見えます。


画像・動画の配信


  • PCに保存してある 画像 (静止画)や 動画 は、以下の方法で視聴者に見せると便利です。PCの画面を画像や動画が占有することがありません。

  1. XSplitで「Add」→「 メディアを追加 」の順にクリックする。
  2. 画像・動画ファイルを選択する *9

  • 複数の画像を一定の間隔で自動的に切り替えたい場合は、 スライドショー にすることもできます。

  1. 「Add」→「Add More sources」の順にクリックする。
  2. 「Image Slideshow」を選択して「Install」をクリックする。
  3. 「Add」→「Add image slideshow」の順にクリックする。
  4. 「Insert」をクリックする。
  5. 「...」をクリックして表示したい画像を選択後、「開く」をクリックする *10
  6. 「Progress images every 2 seconds, when finished: Nothing」をONにする *11
  7. 「OK」をクリックする。

  • PCに保存していない画像・動画については、スクリーンキャプチャーの方法で画面を取り込みます。

  1. 画像・動画をデスクトップ画面に表示する。
  2. XSplitで「Add」→「スクリーンを追加」の順にクリックする。
  3. 画像・動画をスクリーンキャプチャーする。


ゲームソースキャプチャー


  • PCゲームをプレイし、その様子をライブ配信したい場合にとても役立つのが ゲームソースキャプチャー です。有料版のみ使用できる機能です。ゲームソースキャプチャー機能のメリットとして、 PCゲームをフルスクリーンのままプレイ可能、PCゲームを移動しても取り込み範囲がずれない 、などがあげられます。

  1. XSplitで「ツール」→「一般的な設定」→「一般」タブで、「 Enable Game Source 」をONにして「OK」をクリックする。
  2. PCゲームを起動する。
  3. XSplitの「Add」→「 ゲームを追加 」でPCゲームを選択する。
  4. 選択したPCゲームの映像が配信される。


  • PCゲームのなかには、「Add」→「ゲームを追加」で表示されないものもあります。つまり、 ゲームソースキャプチャー機能はすべてのPCゲームに対応しているわけではありません 。また、なにか問題が起きた場合は、 XSplitおよびPCゲームのそれぞれ(または片方)を管理者として実行 してみてください *12



シーン


  • シーン 機能は、複数の画面を瞬時に切り替えられる機能です。同機能を使うことで、たとえばWebカメラの映像と猫の画像を一瞬で切り替えることができます。休憩時や作業時など、画面をさっと隠したいときにもよいでしょう。

  1. 「Scene 1」ボタンをクリックし、ソースを追加する。
  2. 「Scene 2」ボタンをクリックし、ソースを追加する。
  3. ソースを追加した「Scene」ボタンをクリックし、シーンを切り替える。
  4. シーン名をわかりやすいものに変更する。
  5. 「表示」→「トランジション」の順にクリックし、任意の効果を選択する(計12種類)。


  • シーン機能の切り替えは、キーボードのテンキーに割り当てると便利です。「ツール」→「一般的な設定」→「ホットキー」タブで設定できます。

  • なお、無償版が使用できるシーン数は最大で4個です。有料版では最大12個となっています。


テキストの表示


  • テキスト 機能を使用することで、画面上に文字(字幕、テロップ)を表示することができます。

  1. 「Add」→「 Add title 」の順にクリックする。
  2. テキストを入力する。
  3. 各種設定をする *14
  4. 「OK」をクリックする。
  5. プレビュー画面でテキストの位置・大きさを調整する。



BGMとマイクのミックス


  • BGM(PCの音)とマイクの音をミックスして同時に配信するためには、設定を適切なものにする必要があります。混乱しやすいところなので、しっかりと設定していきましょう。

Windows Vista/7/8/8.1の場合(お薦めの設定)


  • XSplitは、Windows Vista/7/8/8.1のWindows Core Audioという機能に対応しています。そのため、以下のような簡単な設定で BGMとマイク音声をミックスして配信できます 。USBヘッドセットも使用可能です。

  1. マイクをPCに接続しておく。
  2. 「ツール」→「一般的な設定」で「一般」タブを開く。
  3. 「マイク」で 「マイク」を選択 する *15
  4. 「OK」をクリックする。


音量調整の方法


  • 音量調整のポイントは、 BGMは小さめにして、逆にマイクの音はできるだけ大きくする ことです。BGMの音量は、基本的にそのBGMを再生しているアプリケーションで調整します。たとえば、 キャプチャーソフト 、PCゲーム、iTunes、Webブラウザなどです。XSplitのスピーカーアイコン横のレベルメーター(縦棒のこと)は、 視聴者に配信されるBGMの音量を調整するためのもの です。この部分をいじっても配信者には影響がありません *16


  • 注意したいのですが、 マイクの音が小さいというケースはよくあります 。マイクの音がきわめて小さいと、BGMにマイクの音がかき消されることによってマイクの音が入っていないと誤解することもあるでしょう。マイクの音量が小さい場合の対処法については、 こちら をご覧ください。


BGMとマイクのミックス-その他-


Windows XPの場合



  1. 「ツール」→「一般的な設定」で「一般」タブを開く。
  2. 「マイク」で「Realtek HD Audio Input」や「SoundMAX Digital Audio」などを選択する。
  3. 「OK」をクリックする。
  4. Windowsの再生コントロールでマイクミュートを解除する。
  5. XSplitのスピーカーアイコンをミュートにする *17

Windows Vista/7/8/8.1の場合(ステレオミキサーを使った方法)


  • Windows Vista/7/8/8.1の場合、基本的に上述した設定方法がお薦めです。ただ、以下のように設定することもできます。現在ではあまり意味がない設定方法なので、できなくても気にする必要はありません。

  1. 「ツール」→「一般的な設定」で「一般」タブを開く。
  2. 「マイク」で「ステレオ ミキサー」「再生リダイレクト」などを選択する。
  3. 「OK」をクリックする。
  4. XSplitのスピーカーアイコンをミュートにする *18
  5. Windowsの再生デバイスでマイクミュートを解除する。

アマレコTVのミキサー機能を使用している場合


  • アマレコTV ミキサー機能 を使用している場合は、XSplitで「ツール」→「一般的な設定」→「一般」タブを開き、「マイク」で「AmaRec Audio Capture」を選択します。誤解する人がいますが、 アマレコTVを使用していても同ソフトのミキサー機能を使用していない場合は、「AmaRec Audio Capture」を選択する必要はありません


ライセンスの購入方法


  • 無料版のXSplitを使用する場合は、以下の記述は読み飛ばしてください。

  1. こちらのページを開く。
  2. 「Buy a License」ボタンをクリックする。
  3. ログインする。
  4. 「PREMIUM」または「PERSONAL」を選択する。
  5. ライセンス期間を選択する。
  6. 「I have read~」にチェックを入れる。
  7. 「Pay Now」ボタンをクリックする。
  8. PayPalが表示されるので、クレジットカードの番号、名前、住所などを入力してボタンをクリックする。


こんなときは


  • 詳細は、XSplit/こんなときはをご覧ください。下記リンクをクリックすることでもリンク先のページに飛ぶことができます。


その他


  • XSplitには、 映像の遅延に合わせてマイク音声を遅延させる機能 があります。この機能は、たとえばElgato Game Capture HDHD PVR 2といったビデオキャプチャーを使用している場合に、ゲームの映像・音声に合わせてマイク音声を遅延させたい場合に使用します( 詳細 )。

  • 自動で枠を取得 するには、FME Automatorというソフトウェアを使用します。詳細は、自動枠取りをご覧ください。



関連ページ


  • このページと関連性の強いページは以下のとおりです。

ページ名 内容 重要度
コメント XSplitについての質問など -
ステレオミキサーの基礎 ステレオミキサーの設定方法 A
実況用PCマイク/こんなときは マイク使用時によくあるトラブルまとめ B
Webカメラ Webカメラの選び方、設定方法 B





トップ > ニコ生編 > XSplit / 2014年01月26日 (日) 23時14分49秒



*1 しばらく待ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダに「support@xsplit.com」からのメールが振り分けられていないか確認してみてください。

*2 「Next」をクリックし、「I accept the terms in the License Agreement」を選択して「Next」をクリックします。あとは「Next」→「Install」→「Finish」の順にクリックしてください。

*3 無料版の場合は、「Speex」しか選択できません。それ以外を選択しようとしても広告が表示されます。「Speex」を選択後、「Bitrate」で「42.2」を選択してください。

*4 配信をPCに録画したい場合はONでもかまいません。初期設定ではONになっています。

*5 この項目で任意の解像度が表示されない場合は、「表示」→「解像度」→「解像度を編集」で表示したい解像度を選択してください。そして、「表示」→「解像度」でその解像度を選択します。

*6 「Nico Nico Live 2」がない場合は、上述の「チャンネルの追加」を参照してニコニコ生放送のチャンネルを追加します。また、ニコニコ生放送の枠を取得していない段階で「Nico Nico Live 2」をクリックすると、「ニコ生へのリクエストはエラーとなりました:notfound」というエラーが表示されます。

*7 もしくは、ソースを上下方向にドラッグ&ドロップしてもかまいません。

*8 赤い十字線の表示は、キーボードの「Esc」キーを押すことでキャンセルできます。

*9 画像や動画をプレビュー画面またはソースの一覧に直接ドラッグ&ドロップしてもかまいません。

*10 複数の画像をまとめて選択したい場合は、「Shift」キーまたは「Ctrl」キーを使って画像を選択してください。

*11 デフォルトでは、画像を2秒ごとに切り替えるようになっています。秒数は任意の数値に変更できます。スライドショーをループさせたい場合は、「Nothing」を「Loop」にします。

*12 管理者として実行するには、プログラム上で右クリックし、「プロパティ」→「互換性」タブで「管理者としてこのプラグラムを実行する」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

*13 DirectXは、PCゲームをよくプレイする人や、アプリケーション開発者にはおなじみでしょう。PCゲームのパッケージに書かれてある「動作環境」の項目でよく見かけるはずです。

*14 「Font」ではフォントの種類、「Color」では文字の色、「Style」では太字・斜体、「Opacity」では透明度の設定が可能です。「Scrolling」のチェックを入れると文字を右から左にスクロール表示できます。

*15 「マイク」が表示されていない場合は、まずXSplitの設定画面を閉じます。つぎに、PCの画面右下にあるスピーカーアイコンを右クリックして「録音デバイス」を選択します。そして、表示されたウィンドウで右クリックし、「無効なデバイスの表示」をクリックして同項目にチェックを入れてください。そのうえで、「マイク」上で右クリックして「有効」を選択します。最後にXSplitの設定画面を開き直せば、「マイク」に「マイク」が表示されます。

*16 したがって、かりに視聴者にBGMが大きい(または小さい)と指摘された場合、自分が現在聞いているBGMの音量が適切であるなら、XSplitのスピーカーアイコン横にあるレベルメーターで音量を調整しましょう。他方、もし自分が現在聞いているBGMの音量も併せて調整したいということであれば、BGMを再生しているアプリケーションで音量を調整します。必要に応じて柔軟に音量を調整してください。

*17 こうしないと音が繰り返し取り込んでしまうため、エコーのように響いたような音になります。

*18 こうしないと音が繰り返し取り込んでしまうため、エコーのように響いたような音になります。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー | トラックバック