当サイトについて







































最新情報はTwitterで

トップ > ゲームレコーダー > PCなしでTVゲームを録画する方法 / 2016年11月05日 (土) 14時58分59秒


スマホでTVゲームを録画したい場合は、スマホ用キャプチャーボードをご覧ください。
PS4でTVゲームを録画したい場合は、PS4の録画・編集機能をご覧ください。


PCを使わない!PCレスでTVゲームを録画する方法

  • 近年、PCはあまり使わない、PCを使用する機会が減ったという人が増えてきました。そこで、このページでは PCを使わずにTVゲームを録画する方法 について見ていきます。ゲームレコーダーを使う方法です。

  • 2016年現在、TVゲームを録画する方法として主流なのは、キャプチャーボードというPCの周辺機器を使用して、PCでTVゲームを録画するというものです。しかし、 ある製品を使うことで、PCを使わずともTVゲームを録画することもできます 。その製品というのが ゲームレコーダー とよばれるものです。


  • 注意したいのですが、 ニンテンドー3DS のゲームはゲームレコーダーで録画できません。3DSとゲームレコーダーは接続できないからです。3DSのゲームを録画するためには、 PCが必要 です。また、3DS自体も改造が必要になります。


        詳細は、3DSの画面を録画・配信する方法を参照

  • PS Vita についても、PCおよび本体の改造が必要です。 PS Vita TV はゲームレコーダーで録画可能です(ただし注意点あり)。

目次




▲画面の上へ

ゲームレコーダー


PCレスでゲームを録画するための製品


  • ゲームレコーダーがあれば、 PCを使わずにTVゲームを録画したり、実況プレイ動画を作成することができます 。ニコニコ動画やYouTubeに動画を投稿している人のなかには、ゲームレコーダーを使ってPCレスでTVゲームを録画しているという人もいます。けっして珍しいことではありません。


  • ゲームレコーダーの別称として、「ビデオキャプチャデバイス」「ビデオキャプチャ」「キャプチャーデバイス」「キャプチャーユニット」などがあります。当サイトでは、 PCレスでゲームを録画できる製品をゲームレコーダーとよび、PC用の周辺機器であるキャプチャーボードとは区別して表記 しています。

必要なもの


  • ゲームレコーダーでゲームを録画する場合、 必要なもの は以下のとおりです。

  1. 動画を保存するための ストレージ (例 : USB接続のHDD、USBメモリ)
  2. ゲーム機とゲームレコーダーを接続するためのケーブル
  3. ゲームレコーダーとTVを接続するためのHDMIケーブル

使い方


  • ゲームレコーダーでゲームを録画する方法は以下のとおりです。

  1. 各機器を接続する。
  2. 各機器の電源を入れる。
  3. ストレージをゲームレコーダーにセットする。
  4. ゲームレコーダーの 録画ボタン を押す。


▲画面の上へ

ゲームレコーダーで録画するメリット


  • まずはゲームレコーダーのメリットを見ていきましょう。

初心者が簡単に使える


  • ゲームレコーダーの使い方はとても簡単 です。難しくて使えないということはありません。ゲームレコーダーは、だれにとっても手軽で身近な存在です。

PCを使わずにゲームを録画できる


  • PCが苦手という人や、PCを起動するのがめんどうという場合、ゲームレコーダーが最適です。 PCなしでゲームを録画できる からです。また、 PCが原因で起きる不具合もありません 。すぐに録画を開始できます。

TVにゲーム画面を映したまま録画できる


  • TVにゲーム画面を映した状態で録画できます。つまり、 いつもどおりの環境でゲームをプレイしつつ、録画まで可能 というわけです。

遅延がない


  • ゲームレコーダーの場合、後述するパススルー出力という機能により、 遅延なく快適にゲームをプレイできます

▲画面の上へ

ゲームレコーダーで録画するデメリット


  • ゲームレコーダーはメリットばかりではありません。デメリットもあります。

録画機能のみを搭載した製品が多い


  • ゲームレコーダー本体だけでは動画再生・編集・投稿できない 製品がほとんどです。たとえば、ゲームレーダーでゲームを録画したあと、そのままTVで動画を確認できない製品が多いということです。

  • では、どうすればよいのでしょうか。この場合、 PCを使う ことになります。ゲームレコーダー使用時はストレージに動画を保存するわけですが、ストレージをPCにセットして 動画をPCに移動(またはコピー)し、PCのほうで再生・編集・投稿する わけです。


  • ただ、そうであれば最初からキャプチャーボードを使ってPCでゲームを録画し、すぐにPCで再生・編集・投稿したほうが合理的と考える人もいるでしょう。PCにデータを移動する手間が省けるからです。ゲームレコーダーは、ゲームを録画できれば満足という場合には最適な製品ですが、もう一歩踏み込んだことをしたいという場合はよく考えておく必要があります。

マイク端子がない製品だと実況プレイ動画の作成が難しい


  • マイク端子 (マイク入力)があるゲームレコーダーの場合は、製品にマイクを接続して録画することで、動画に自分の声を入れることができるようになっています。しかし、マイク端子がないゲームレコーダーの場合は、こうはいきません(後述)。


▲動画に自分の声を入れたいなら、マイク端子があるゲームレコーダーを選びましょう。 自分の声を入れるつもりがないならマイク端子は不要 です。

録画中に動画が自動分割される場合がある


  • 多くのゲームレコーダーでは、録画した動画は 2GBまたは4GBごとに自動で分割・保存されます 。分割された箇所は、映像・音声が途切れたり、コマ落ちする場合があります。画質にもよるので目安ですが、 約20~30分ごとに分割される と考えておきましょう *1 。ただ、なかには分割されないゲームレコーダーもあります。

ライブ配信できない製品が多い


  • ゲームレコーダー単体では、一般的に ライブ配信できません

静止画撮影できない製品が多い


  • 静止画撮影(スクリーンショット撮影)できるゲームレコーダーは多くありません。

▲画面の上へ

ビデオ入力端子


  • ゲームレコーダーには、必ず ビデオ入力端子 という端子(穴)が背面に設置されています。同端子は、 ゲーム機とゲームレコーダーを接続する部分 です。


ビデオ入力端子の重要性


  • ビデオ入力端子については、ふだんあまり意識しない人が多いかもしれません。しかし、ゲームレコーダーを使用する場合、ビデオ入力端子は重要な意味を持っています。なぜなら、ビデオ入力端子には複数の種類があり、 どの端子でゲーム機を接続するかによって画質、および接続できるゲーム機が異なる からです。

形状 画質のよさ 備考
HDMI端子 A いちばん高画質。ただし、PS3やPS Vita TVの映像が映らない
コンポーネント端子 B+ 高画質。PS3の接続も問題なし。PS2やWiiも対応
コンポジット端子 C 低画質。PS1やSFCなどのゲームを録画する場合に

  • ほとんどの人は、ゲーム機とゲームレコーダーをHDMI端子で接続したいと考えることでしょう。しかし、 PS3およびPS Vita TVについては、HDMI端子で接続してもゲームを録画できません 。また、ゲーム機の仕様上、 PS2やWiiなどはHDMI接続できない ようになっています。したがって、このあたりも絡めて覚えておく必要があります。

HDMI端子
コンポーネント端子
コンポジット端子
備考
PS2 ×
PS3 ○(HDCPあり) HDCPに注意
PS4 × ×
Xbox 360 HDMI接続がお薦め
Xbox One × ×
Wii ×
Wii U HDMI接続がお薦め
PSP-3000 ×
PSP-2000 × PSP実況を参照
PSP-1000 × × ×
PS Vita × × ×
PS Vita TV ○(HDCPあり) × × HDCPに注意
3DS × × ×

HDMI端子


  • 多くのゲームレコーダーに搭載されているのが HDMI端子 です。 画質的にはHDMI端子がベスト です。 PS4、Wii U、Xbox One、Xbox 360 を接続することができます。この点、「PS3やPS Vita TVもHDMI接続できるのは?」と思った人がいるかもしれません。しかし、 PS3およびPS Vita TVは特殊で、HDMI接続時にゲームレコーダーで録画できない ようになっています。詳細は後述します。


コンポーネント端子


  • HDMI端子と同様、多くのゲームレコーダーに搭載されているのが コンポーネント端子 です。同端子はHDMI端子より少し画質は劣るのですが、それでも高画質な録画が可能です。コンポーネント端子で接続するとよいゲーム機は、 PS3、PS2、Wii、PSP-3000/2000 です。


コンポジット端子


  • コンポジット端子 は、PS1やSFCなどの実機を接続したい場合に使用する端子です。ただし、コンポジット端子を搭載したゲームレコーダーはほとんどありません。


▲画面の上へ

PS3またはPS Vita TVをHDMI接続する場合の注意点


HDCP


  • PS3やPS Vita TVをゲームレコーダーとHDMI接続する場合、 HDCPに注意 しましょう。これが原因で、 PS3やPS Vita TVのゲームを録画できない からです。 HDCP とは、HDMI端子が出力する映像・音声を保護しているコピーガードのことです。 HDCPに対応していない機器とPS3やPS Vita TVを接続した場合、ゲーム画面を表示できない ようになっています *2 。ゲーム画面が映らない以上、録画も当然できません。

HDMI接続時の録画 備考
PS3 × HDCPが原因。ほかの端子による接続は問題なし
PS Vita TV × HDCPが原因
PS4 PS4側の設定でHDCPをOFFにしておく(詳細
Wii U
Xbox 360
Xbox One

  • では、ゲームレコーダーはHDCPに対応しているのかというと、対応していないのです。HDCPに対応しているゲームレコーダーは存在しません。したがって、 PS3やPS Vita TVをゲームレコーダーとHDMI接続するとゲーム画面を表示できない、録画できない ということになるわけです。 どのゲームレコーダーであっても、両機種をHDMI接続して録画できないという点では共通 しています。

HDMI分配器を使ったHDCPの対処法


  • 対処法ですが、PS3およびPS Vita TV共通の方法として、 HDMI分配器(HDMIスプリッタ)を使用する方法 があります。注意したいのですが、 どのようなHDMI分配器でもよいというわけではありません 。下記製品がよく使われています。HDMIケーブルは適当なものでかまいません。

HDMI分配器 HDMIケーブル
KanaaN 1入力2出力 対応HDMI 分配器 スプリッター
KanaaN 1入力2出力 対応HDMI 分配器 スプリッター
Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル
Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル

  • このHDMI分配器がすごいのは、接続した機器のHDCPを回避できるという点です。つまり、 PS3またはPS Vita TVをHDMI分配器に接続することで、HDCPがなかったことになる わけです。あとは、HDMI分配器とゲームレコーダーをHDMI接続するだけです。HDMIケーブルは計3本必要になります。


▲ここでは 「KanaaN 1入力2出力 対応HDMI 分配器 スプリッター 」(リンク先 : Amazon)を使用しています。「4入力2出力」というバージョンもありますが、あくまでも「 1入力2出力 」のほうです。

  • ほかの対処法としては、 コンポーネント端子で接続する方法 もあります。同端子で接続した場合は HDCPの影響はありません 。したがって、ゲームを録画することができます。ただし、PS3はコンポーネント端子で接続できますが、PS Vita TVはコンポーネント端子に対応していないため接続できません。また、PS3をコンポーネント接続する場合でも、当然ですがゲームレコーダー側が同端子に対応している必要があります。

▲画面の上へ

ゲーム機とゲームレコーダーを接続するためのケーブル


  • ゲーム機とゲームレコーダーを接続するには、 ケーブル が必要です。 ビデオ入力端子に合わせてケーブルを用意 しましょう。


HDMI端子で接続する場合


  • ゲーム機とゲームレコーダーをHDMI端子で接続する場合は、 HDMIケーブル を用意します。家庭内で余っているものでかまいません。



HDMI端子以外で接続する場合


  • これに対し、ゲーム機とゲームレコーダーをHDMI端子以外で接続する場合(例 : コンポーネント端子)は、 ゲーム機専用のケーブル が必要になります。たとえば、コンポーネント端子の場合は下表のようなケーブルを ゲーム機ごとに用意 しましょう。ゲーム機用のケーブルをほかのゲーム機に使いまわすことはできません。

PS3/2用 Wii用 PSP-3000/2000用
コンポーネント端子 コンポーネントAVケーブル
コンポーネントAVケーブル
コンポーネントAVケーブル
コンポーネントAVケーブル
コンポーネントAVケーブル
コンポーネントAVケーブル

▲ゲーム機ごとのケーブルをまとめたものです。表中では掲載していませんが、コンポジットケーブルもゲーム機ごとに存在します。PS3、PS2、Wiiの場合は、コンポジットケーブルはゲーム機に付属されています。

  • ゲームレコーダーによってはゲーム専用ケーブルが付属されている場合もあるのですが、基本的には自分で購入することになります。ケーブルが付属されているゲームレコーダーは多くありません。

▲画面の上へ

ストレージ


  • 録画中、 動画はストレージに保存 されます。ここでいう ストレージ とは、具体的にはHDD・SSD、USBメモリ、SDメモリーカードのいずれかをさします。ゲームレコーダーの場合、どのストレージに対応しているかは製品によります。主流は USB接続のHDD および USBメモリ です。


  • ストレージ自体はゲームレコーダーに付属されていません。したがって、 自分で別途ストレージを用意する必要があります 。これを忘れてしまうとゲームを録画できないので気をつけましょう。たいていは 外付けのHDDを用意しておけば安心 です。USBメモリでもかまいませんが、映像が途切れたり(コマ落ち)、早送りになることがあるかもしれません。

説明
HDD・SSD 外付け(USB接続)のHDDに動画を保存するタイプが主流
USBメモリ 基本問題ないが、場合によってはコマ落ちが発生する
SDメモリーカード 対応しているゲームレコーダは少ない

  • すでに述べたとおり、多くのゲームレコーダーでは録画中、 動画ファイルを2GBごとに分割してストレージに保存 します。動画を1個にしたい場合は、(1)動画をPCに移動し、動画編集ソフトで1個にまとめる(結合する)か、(2)自動的に動画が分割されないゲームレコーダーを使用します *3

  • ストレージに保存した動画をPCで編集したい場合は、そのストレージをPCに接続して動画を移動(コピー)します。たとえば、USB接続のHDDであれば、いったんゲームレコーダーからHDDを外し、そのままPCとUSB接続しましょう。

▲画面の上へ

パススルー出力


  • パススルー出力 とは、遅延のない状態でゲームをプレイするための機能です。 ゲームレコーダーには必ずこの機能が搭載されています。


  • かりに、パススルー出力機能がないゲームレコーダーがあったとしましょう。同機能がないゲームレコーダーでは、ゲーム画面がTVに表示されるまでに一瞬遅れます。ゲームレコーダー内で、ゲーム機の映像を処理しているからです。この遅れのことを 遅延 (タイムラグ、ラグ)といいます。遅延がある状態では、快適なゲームプレイができません。ゲーム画面が遅れて表示されるので、なにをするにしても操作がワンテンポ遅れるからです。

  • しかし、 パススルー出力機能があるゲームレコーダーであれば、遅延は事実上発生しません 。ゲームレコーダー内での処理を介さずに、ゲーム画面をそのままTVに表示するからです。したがって、快適にゲームをプレイができるというわけです。設定は基本的に必要ありません。 ゲームレコーダーとTVをHDMIケーブルで接続するだけ で、パススルー出力機能を使うことができます。

▲画面の上へ

マイク入力と実況プレイ動画


マイク入力の有無


  • ゲームレコーダーに搭載されているマイク端子のことを マイク入力 といいます。動画に自分の声を入れたい場合、すなわち 実況プレイ動画を作成したい場合は、マイク入力がある製品を購入する ようにしましょう。これがないと、動画に声を入れる作業が複雑になるからです。自分の声を入れるつもりがない場合は、マイク入力は必要ありません。


  • マイク入力があるかないかは、ゲームレコーダーの前面を見ればわかります。マイクの絵が描かれている小さな穴(直径3.5mm)があれば、そのゲームレコーダーはマイクを接続できます。接続可能なマイクは、 3.5mmステレオミニプラグ の製品です。注意したいところですが、 マイクをUSB接続できるゲームレコーダーはありません


ヘッドセットとスタンドマイク


  • マイクは、 ヘッドセットスタンドマイク (ピンマイク)に分類できます。好きなほうを購入すればよいでしょう。ハウリング対策をきちんとしたいのであれば、ヘッドセットを購入してください。

G230 ECM-PC60 ECM-PCV80U
価格(Amazon)
G230

ECM-PC60

ECM-PCV80U
特徴 こちら こちら こちら
タイプ ヘッドセット スタンドマイク
ピンマイク
スタンドマイク

マイク入力がある場合


  • ゲームレコーダーにマイク入力がある場合、動画に声を入れる方法は簡単です。

  1. ゲームレコーダーにマイクを接続 する。
  2. 録画を開始する。
  3. マイクに向かって声を入れる。
  4. 録画を停止する。

マイク入力がない場合


  • これに対し、 ゲームレコーダーにマイク入力がない場合、動画に声を入れる方法は複雑 になります。端的にいえば、(1)マイクの音を別に録音し(例 : スマホ、ICレコーダー、PC)、それをゲームレコーサーで撮影した動画と合成する方法(PCと編集ソフトが必要)と、(2)ミキサーという機械を導入して、ミキサー側でゲーム音とマイク音をミキシングする方法があります。

  • いずれにせよ難易度が高い方法といえるでしょう。動画に自分の声を入れるつもりなら、マイク入力がないゲームレコーダーの購入は避けたほうが無難です。

▲画面の上へ

あると便利な機能・付属品


簡易編集機能


  • ゲームレコーダーに動画編集機能があれば、PCを使わずにTV画面を見ながら カット編集 ができます。不要な部分はどんどん削除しましょう。ただし、細かいカット編集はできません。 1秒単位でのカット となります。きちんとした編集をしたい場合は、PC側でWindows ムービーメーカーAviUtlを使って行います。

  • ゆっくり実況プレイ動画は、ゲームレコーダーだけで作成することはできません。 「ゆっくり」の声や顔を入れたい場合、やはりPCで編集する必要があります 。使用するソフトは、AviUtlとゆっくりMovieMakerです。

動画投稿機能


  • ゲームレコーダーに動画投稿機能があれば、PCを使わずに動画をYouTubeに投稿することができます。ただし2016年現在、同機能に対応している製品は1個しかありません。また、ニコニコ動画に対応している製品はありません。動画投稿機能がない場合や、ニコニコ動画に動画を投稿したい場合、PCが必要です。

PCとの接続(PCで録画・配信)


  • ゲームレコーダーのなかには、 PCとUSB接続してPC側でゲームを録画・ライブ配信できる製品 があります。つまり、キャプチャーボードとしても使える製品です。PC側で一気に録画・再生・編集・投稿の作業を行うことができますし、動画が自動的に分割されることもありません。ライブ配信も可能です。


▲PCと接続して録画・ライブ配信もできるAVT-C875

リモコン


  • ゲームレコーダーから離れた場所でもゲームの録画・停止を行いたいなら、 リモコン が付属されているゲームレコーダーを購入しましょう。

▲画面の上へ

ゲームレコーダーの製品例


定番のお薦め製品


  • 純粋な意味でのゲームレコーダーとしては、 AVT-C285ER130 がお薦めです。両機種の優れている点は、 PCレスでゲームを録画したあと、そのまますぐにTVで動画を確認できる ところです。どちらの製品も機能的に充実しており、ゲームレコーダーとして突出した製品です。

AVT-C285 ER130 AVT-C875 HD PVR Rocket
価格
(リンク先:Amazon)

AVT-C285

ER130

AVT-C875

HD PVR Rocket
対応ゲーム機の例 ・PS4/3/2
・Wii U、Wii
・Xbox One、Xbox 360
・PSP-3000
・PS4
・Wii U
・Xbox One、Xbox 360
・PS4/3/2
・Wii U、Wii
・Xbox One、Xbox 360
・PSP-3000
・PS4/3/2/1
・Wii U、Wii
・Xbox One、Xbox 360
・PSP-3000/2000
マイク入力 × ×
PCレスで動画再生 × ×
PCレスで動画編集 ○(カット編集) ○(カット編集) × ×
PCレスで動画投稿 ○(YouTube) × × ×
PCレスで静止画撮影 × ×
PCでの録画 × ×
リモコン付属 × ×
こちら こちら こちら こちら
備考 ・TVで動画確認可能
・内蔵HDD対応
・ゲーム用ケーブル付属
・動画分割なし
・TVで動画確認可能
・シンプルな作り
・動画分割なし
・ゲーム用ケーブル付属
・PCとも接続できる
・ゲーム用ケーブル付属
・コンポジット対応
・PCとも接続できる

  • ゲームレコーダーをキャプチャーボードとしても使いたいという人は、 AVT-C875HD PVR Rocket がよいでしょう。両機種とも、PCとUSB接続してPCでゲームを録画できます。PCを使わずに録画するか、それともPCを使って録画するのか、状況に合わせて柔軟に変更できる点が強みです。

  • 2016年11月現在、 1080p/60fpsで録画できるゲームレコーダー は、AVT-C875の後継モデル(上位機種)である AVT-C878 (リンク先 : Amazon)のみです。これ以外のゲームレコーダーでは、1080p/60fpsで録画できません(最大1080p/30fps)。

        AVT-C878の使い方(単体録画モード)

▲画面の上へ

こんなときは


ゲーム画面が映らない


  • TVにゲーム機の映像が映らない 場合は、以下のことを見なおします。

  1. PS3とゲームレコーダーをコンポーネント接続している場合は、電源を5秒以上長押しして起動する。
  2. ゲーム機の出力解像度を1080p以外に変更する(TVが1080pに対応していない可能性)。
  3. ゲームレコーダーを、TVの別のHDMI端子に接続する(例 : TVのHDMI入力3に接続しているならHDMI入力1に接続)。
  4. TVの入力切替が正しくできているか確認する。
  5. ケーブルが正しく接続されているか確認する
  6. ケーブルをいったん外し、再び接続する。
  7. ケーブルを交換する。
  8. HDMI端子の「IN」と「OUT」をまちがえていないか確認する。
  9. ゲームレコーダーの電源が入っているか確認する。
  10. コンポーネント端子を搭載している製品の場合、「HDMI」と「YPbPr」の切り替えができているか確認する。
  11. PS3やPS Vita TVの場合は、HDCPについて対処できているか確認する。PS4の場合は、PS4の設定でHDCPを無効にする。
  12. ゲーム機とTVを直接接続し、映像が映るか確認する。

60fpsでゲームを録画したい


  • 60fpsでゲームを録画したい場合 は、ゲーム機の映像出力設定を 720p に変更します。

設定方法
PS4 1.「設定」→「サウンドとスクリーン」→「映像出力設定」→「解像度」の順に選択する
2.「720p」を選択する
PS3 1.「設定」→「ディスプレイ設定」→「映像出力設定」の順に選択する
2.「720p」にチェックを入れ、「1080i」と「1080p」のチェックは外す
その他 ゲーム機の出力設定を参照


▲PS3の場合は、このように設定することでゲームを60fpsで録画できます。

「ジジジ」「ガガガ」というようなノイズ音が入る


  • ゲーム音が入らずにノイズが乗る場合は、PS3であれば「HDMI」→「カスタム設定」で「Linear PCM 2 ch 44.1 kHz」と「Linear PCM 2 ch 48 kHz」だけにチェックを入れておいてください。

▲画面の上へ

その他


  • 電源 はゲームレコーダーによって異なり、 USB または ACアダプター となります。前者の場合は、USB電源を供給できる機器(例 : PS4、PS3、PCなど)を用意し、ゲームレコーダーとUSBケーブルで接続しましょう。

▲画面の上へ

関連ページ





▲画面の上へ


トップ > ゲームレコーダー > PCなしでTVゲームを録画する方法 / 2016年11月05日 (土) 14時58分59秒

名前:
コメント:






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー