※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手術内容(初期)

胎児はまだ小さいので比較的簡単な手術で行うことが可能で、母体への負担も少なくて済む。

方法

は手術前にラミナリアやメトロイリンテルなどで子宮の入り口を広げる。
全身麻酔をかけた上でキュレットという道具で子宮内から掻き出す。

時間

5~15分程度。
手術後は2,3日の安静と薬の摂取が必要な程度で、入院は不要。

手術内容(中期)

胎児の大きさがある程度となっているため、分娩に近い方法をとる事になる。
母体への負担は通常の出産と近い。

方法

子宮口を広げプロスタグランジン製剤などの投与によって人工的に陣痛を誘発させる。
そして取り出す、その後子宮内容物除去術を行います。

時間

出産同様かなりかかり、3~5日間程度入院を行う必要がある、1週間以上安静にする。
その他にも母体への負担が大きく、子宮破裂などの問題がおきる場合もあります。

手術を行うのに最も適している時期

妊娠6~8週。

6週以前

子宮口が開きにくいので手術を行ないにくい。
子宮も小さい状態なので内容物の残存確認が難しいためです。

9週以降

胎児の大きさが大きくなっていくため、手術がだんだんと難しくなっていく。

中絶可能な期間

一般的に、中絶の時期は妊娠12週程度。
胎児が妊娠12週以降になると、分娩と近いかたちでなければ胎児を摘出できない。
または胎児の体重が500g以上の中絶は妊婦が死産届けを提出する必要がある。
それ以前、500g以下の場合は死産扱い。

母体保護法による規定では妊娠21週6日までは中絶を行える。
12週以前に行われる事がほとんど。