※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

酒場事件簿




[部分編集]

酒場事件簿・浮世絵・1

<<美酒の召喚>>

ある日、目が覚めてあなたの手がないと発見したら、あなたの足を持ってここに来てください。

ある日、目が覚めてあなたの足がないと発見したら、あなたの頭を持ってここに来てください。

ある日、目が覚めてあなたの頭がないと発見したら、あなたの霊魂を持ってここに来てください。
地獄へ先に行って待っていてください。

ここは、都市全体の罪悪を集めている。

私はアルカス。酒場へようこそ。

<<海賊船へ>>

いずれにしても、あなたがここに来たことは、結果に影響を及ぼさない。言いたいことはいい情報と悪い情報が1つずつ。

現在のあなたは、わたしの話す内容に対する感情的な認識が足りない。しかし、これは生きていればいつか分かることである。長生きするほど、認識も深くなるということだ。

一部の傲慢な生物は、変えられない事実によく挑戦しようとする。彼らは錆びた剣を持ち、運命を変えようと決心する。
今までに多くを見て来たが、成功したものは誰もいない。

あなたは異なる角度から理解することができる。しかし後悔するチャンスはない。


[部分編集]

酒場事件簿・伯爵

[部分編集]

酒場事件簿・浮世絵・2

<<雇い主調査>>


調査の方向を雇い主に変え、新たな事実を発見した。

雇い主は強大なマーセナリーに非常に簡単な任務を与えている。
彼らの部下でもできるようなことだ。
例えば、著名なガンナージョージを商隊に護送するようなことだ。
その護送の道は安全で、何の危険もなかった。

ジョージの話によると、軍隊に襲撃されても全て撃退できるようである。
我々は雇い主が心配しているのは自身の商隊ではなく、彼自身の安全であることを確信した。
彼は商隊の一員を装い、商隊と一緒に前進する。
それで、商隊名義で傭兵を呼び保護させる。

彼は気付いていたが、逃げ出せなかった。

<<伯爵の私生児>>


ダルバーはうまくやってくれたが、念には念を入れて、主人の部下を全て殺した。
少し酷かったかもしれないが、これで安全である。

その後、一通の遺書を見つけた。
ある伯爵の財産分配について書かれている。
遺書によると、財産の半分を昔の彼女に渡すとの事だ。

彼らは嘗て愛し合った。それは彼が公爵の娘と結婚する前の出来事であった。
しかし身分の違いで別れを決意した。
しかし、女性にとってそれは悲劇の始まりであった。

彼女は伯爵の子供を妊娠した。
しかし、当時まだ若かった伯爵にとって、喜べることではなく、ただ今後の費用を渡しただけであった。
女性は苦しい生活と他人の差別に耐え、子供を立派に育てあげた。
この件はここで完了するはずだが、伯爵は年老いた数年後、遺書に財産の半分を彼女に渡すと書いた。
彼女が生存していなければ、財産は彼女の子供に渡すことになる。

<<遺言の問題>>


あの遺書が本物なら、このことも全てはっきりする。

伯爵は死の直前、財産の半分で若いときの過ちを償いたいと希望したが、彼の息子、若い伯爵--つまり我々の神秘な客は父親の遺言を聞こうとしなかった。
彼は洗濯をしているおばあさんを殺した。
異母兄も殺そうと思ったが、その兄は当時すでに傭兵になって砂漠に行っていたので、何とか逃げ切れた。
伯爵は復讐されることが怖くて、慎重に警戒し始めた。
彼は武力の強大な商隊を作った。
自分も商隊の一員を装って砂漠に入り、自身の商隊名義で相手を呼びつけようとした、
チャンスを見て相手を殺そうと考えた。

計画は完璧だったが、相手を低く評価していた、

すでに名前まで変えた彼の兄は巧みな罠を仕掛けた。
マーセナリーのルートを通じて彼に自分が標的を発見したと知らせ、その後、失敗したことのない刺客を雇ったときに警戒を緩めた。

最も巧みなのは、彼の指示は刺客が自ら標的の頭を持って見せることだが、兄のやらせたことだとは、彼は思いもしなかった。

<<伯爵のために乾杯>>


ダルバーは、半分貴族の血を受け継ぐ若者。
彼がマーセナリーになった理由は、初めは母親の生活費を稼ぐためだったが、母の死後は新たな計画があると思っている。
彼は知恵を絞り罠を仕掛け、ターゲットの誘惑を待っていた。
彼は成功した。

他の呼び方で彼を呼んだ方が良い。

健闘を祈ります、伯爵。
ページのトップに戻る▲


[部分編集]

酒場事件簿・騎士

[部分編集]

酒場事件簿・浮世絵・2

<<ナイトの犯罪>>


セスの飲んだ酒はわずかで、同じテーブルの二人の女性よりも少なかった。
騎士がお酒を飲んではならない規定を聞いたことはないが、それは彼が自分で決めたことなのかもしれない。
騎士たちはよく少しのことでも申請の名義をつけて徹底に執行することを、我々は良く知っている。
だから、もしある日彼が自分を餓死させようと決めても、全然おかしいと思わない。
は、彼が稼いだお金を具体的にどう使ったかは知らないが、方向性は福利機構に使っていると推測できる。
ただ、彼に関して今日のことの理由は非常に怪しい。
彼は何の理由もなく極めて残忍な手段で一人庶民を殺し、心臓まで取り出している。
しかも一語も理由を言わない。
たくさんの人が殺された女性と私情があるのではと思っているが、彼をよく知っている人々は事件はこの噂と全然関係してないが、彼も完全に弁解する機会がある。
しかし、二重の審判で彼を懲罰し、刑了と判定されて名誉も無くされた。
彼の承認と黙認した罪に対し、我々はどれも信じない。

<<騎士調査>>


この世には、いつも災難を見て喜んでいる人がいる。
セスでの事件後、たくさんの人が酒場に集まって事件を討論していた。
様々な俗説が次から次へと作られていた。
興味深くこの闇に隠された醜いものが、アルコールの強烈な刺激を受けて釈放されていることを見ていた。
彼らは秩序のないデマ、誹謗および作り話を組立てている。
ここ最近毎日こうである。

我々はすでに介入している。
セスの事件はこれまでにあった我々のすべてのことより容易に調査できる。

<<墓を守る者>>


セスは事件の日の夜に墓まで行ったが、彼はそこに墓を守る者がいるのを知らなかった。
我々はその墓を守る者からいくつか聞き出そうとした。

アルコールは何の効果もなかった。
実はあの酒は極めて強くて、我々のほうですでに三人酔って倒れた。
その中にはガンナーのジョージ・ヨークもいた。
エシャ・シュウは彼が酔った後に魅力で酔わせるつもりだった。

彼女は、この世に自分の魅惑に落ちない人がいないと思っている。
結果、ある人に遭った。
あいつは、微妙なものに対する好みが問題であり、死体が好きな変わり者だとか。

我々は他の手段を考えなければいけない。

<<騎士は墓地に>>


アミエは数回鞭を振るっただけで、全てを言い出した。
そうと知っていれば、我々も無駄な力を使わなかったのに。
ある夜、彼は巡回の途中で、ある騎士が包みを持って墓地の前で馬から降りるのを見た。
騎士はある墓の前で止まり、包みからあるものを取り出して墓の中に入れた。
その後、その騎士は墓の前で土下座して、何かブツブツ言って、帰って行った。

我々は、彼からその騎士が墓の前で一体何を話したのかを聞けるとは思わなかった。
このことがわかるだけでも良かったと思う。
セスはきっと亡くなった親友と約束があるのだと思う。
彼はこの秘密を守ろうとしているようだから、我々の調査もこれまでにしよう。

<<ナイトの誓い>>


私は初めて守るべき人を殺した。
彼女は私のために亡くなった勇士に恥をかかせたからだ。
勇敢な騎士、忠実な部下、ガドッティのため。
あなたの霊魂が汚されないよう、必ず秘密を守る。

--------第一騎士団団長 セス
ページのトップに戻る▲