当サイトについて







































最新情報はTwitterで

トップ > アマレコTVカテゴリ > アマレコTV_各キャプチャー機器の設定例 / 2016年11月16日 (水) 21時27分59秒



  • このページでは、 アマレコTVでキャプチャーボードの映像・音声をプレビューするための設定例 をまとめています。具体的には、設定画面の 「グラフ1(デバイス)」タブでの設定 を掲載しています。


  • ここでの解説は、(1) ドライバーのインストールが正常に完了している こと、および(2)キャプチャーボード付属のキャプチャーソフトで映像・音声のプレビューに成功していること、の2点を前提にしています *1

  • 注意したいのは、 解説に書いてある設定例のとおりに「グラフ1(デバイス)」タブで設定しただけでは、映像・音声をプレビューできない場合がある という点です。その場合は、きちんと問題の切り分けをして対処しましょう。

        詳細は、キャプチャーボードの映像・音声が出ないときは、およびアマレコTV/こんなときはを参照

  • アマレコTVの基本的な使い方については、以下のページをご覧ください。このページでは、アマレコTV3の設定画面を掲載していますが、アマレコTV4でも同じです。

        詳細は、アマレコTVまたはアマレコTV4を参照

目次


AVT-C875


AVT-C875
AVT-C875(Amazonで価格を見る)
接続方式 USB 2.0
エンコードタイプ ハードウェアエンコード
ビデオ入力端子 HDMI端子・コンポーネント端子
AVT-C875

  • アマレコTVを使用するためには、まず Stream Engine (無料)をインストールし、同アプリ側で設定する必要があります。詳細はAVT-C875をご覧ください。

▲画面の上へ

AVT-C878


AVT-C878
AVT-C878(Amazonで価格を見る)
接続方式 USB 2.0
エンコードタイプ ハードウェアエンコード
ビデオ入力端子 HDMI端子
AVT-C878

  1. 事前に付属キャプチャーソフトであるRECentral 3をインストールしておく *2
  2. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia LGP2 Stream Engine 」を選択する。
  3. 「入力端子」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  4. 「フォーマット」で「w=1920,h=1080,fps=60.00,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 マイク (Live Gamer Portable 2) 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

CV710


CV710
CV710(Amazonで価格を見る)
接続方式 USB 3.0
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
ビデオ入力端子 HDMI端子・コンポーネント端子
CV710

コンポーネント接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia U3 Video Capture 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「 YRYBY 」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=1920,h=1080,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia U3 Video Capture 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポーネント接続している場合の設定例です。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

HDMI接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia U3 Video Capture 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「 SerialDigital 」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=1920,h=1080,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia U3 Video Capture 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。HDMI接続している場合の設定例です。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

DC-HA1


HDMI接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 PCI-E hd capture deviece 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「 Composite 」を選択する *3
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する *4
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 PCI-E hd capture deviece 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。HDMI接続している場合の設定例です。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

コンポーネント接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 PCI-E hd capture deviece 」を選択する *5
  2. 「入力端子」で「 SVideo 」を選択する *6
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 PCI-E hd capture deviece 」を選択する *7
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポーネント接続している場合の設定例です。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

それ以外の接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 PCI-E sd capture deviece 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「 Composite 」または「 SVideo 」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「fps=59.94」の部分を 「fps=29.97」に書き換える
  5. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  6. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 PCI-E sd capture deviece 」を選択する。
  7. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  8. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  9. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポジット端子接続している場合の設定例です。S端子接続している場合は「SVideo」を選択します。「フォーマット」を「fps=29.97」に書き換えています。

▲画面の上へ

DC-HC1


  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 7160 HD Capture (Path 0) 」を選択する。
  2. 「入力端子」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 7160 HD Capture (Path 0) 」を選択する。
  5. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  6. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  7. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

DC-HC3PLUS


DC-HC3PLUS
DC-HC3PLUS(Amazonで価格を見る)
接続方式 PCI Express x1
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
ビデオ入力端子 HDMI端子
DC-HC3PLUS

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 Drecap PCI-Express HD Video (HDMI) 」を選択する。
  2. 「入力端子」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=60.00,fcc=UYVY,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 Drecap PCI-Express HD Video 」を選択する。
  5. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  6. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  7. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

DC-HD1


HDMI接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 7160 HD Capture (Path 1) 」を選択する。
  2. 「入力端子」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 7160 HD Capture (Path 1) 」を選択する。
  5. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  6. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  7. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

コンポーネント/D端子接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 7160 HD Capture 」を選択する。
  2. 「入力端子」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 7160 HD Capture 」を選択する。
  5. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  6. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  7. 「OK」をクリックする。

▲画面の上へ

DC-HD1B


  • DC-HD1をご覧ください。まったく同じ設定です。

▲画面の上へ

GC550


GC550
GC550(Amazonで価格を見る)
接続方式 USB 3.0
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
ハードウェアエンコード(PCが対応している必要あり)
ビデオ入力端子 HDMI端子・コンポーネント端子
GC550

HDMI接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia GC550 Video Capture 」を選択する。
  2. 「入力端子」は「 SerialDigital 」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=1920,h=1080,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia GC550 Video Capture 」を選択する。
  5. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  6. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  7. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

コンポーネント接続の場合

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia GC550 Video Capture 」を選択する。
  2. 「入力端子」は「 YRYBY 」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=1920,h=1080,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 AVerMedia GC550 Video Capture 」を選択する。
  5. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  6. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  7. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

GV-USB


  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 I-O DATA GV-USB Captuer Card 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「Composite」または「SVideo」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 I-O DATA GV-USB Captuer Card 」を選択する。
  5. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。

▲画面の上へ

GV-USB2


GV-USB2
GV-USB2(Amazonで価格を見る)
接続方式 USB 2.0
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
ビデオ入力端子 コンポジット端子・S端子
GV-USB2

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 GV-USB2,Anarog Capture 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「Composite」または「SVideo」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 GV-USB2,Anarog Capture 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポジット端子接続している場合の設定例です。S端子接続している場合は「SVideo」を選択します。

▲画面の上へ

HDMVC4UC


  • DC-HC1をご覧ください。まったく同じ設定です。

▲画面の上へ

Intensity Pro


  1. 「スタート」→「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「 Blackmagic Control Panel 」の順にクリックする *8
  2. Set input 」で接続している端子を選ぶ *9
  3. クロックを使う 」にチェックが入っていることを確認する。
  4. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 Decklink Video Capture 」を選択する。
  5. 「入力端子」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  6. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=HDYC,bit=16」または「w=720,h=486,fps=29.97,fcc=UYVY,bit=16」を選択する。
  7. 「オーディオ入力」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  8. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 Decklink Audio Capture 」を選択する。
  9. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  10. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  11. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。HD映像を表示する場合の設定例です。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

Intensity Shuttle


  1. 「スタート」→「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「 Blackmagic Control Panel 」の順にクリックする *10
  2. Set input 」で接続している端子を選ぶ *11
  3. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 Decklink Video Capture 」を選択する。
  4. 「入力端子」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  5. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=HDYC,bit=16」または「w=720,h=486,fps=29.97,fcc=UYVY,bit=16」を選択する。
  6. 「オーディオ入力」は選択する必要なし(なにも表示されない)。
  7. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 Decklink Audio Capture 」を選択する。
  8. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  9. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  10. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。HD映像を表示する場合の設定例です。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

MonsterX U3.0R


MonsterX U3.0R
MonsterX U3.0R(Amazonで価格を見る)
接続方式 USB3.0
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
ビデオ入力端子 HDMI端子
MonsterX U3.0R

  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で、「 Othello Capture 0 」または「 MonsterX U3.0R Capture 0 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「 SerialDigital 」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=1920,h=1080,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で、「 Othello Capture 0 」または「 MonsterX U3.0R Capture 0 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。環境によっては、「ビデオキャプチャデバイス」の部分は「Othello Capture 0」ではなく「MonsterX U3.0R Capture 0」と表示されます。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

Monster X2


D端子接続の場合

  1. クロックを使う 」にチェックが入っていることを確認する。
  2. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 Monster-X BDA Analog Capture Secondary 」を選択する。
  3. 「入力端子」で「 Composite 」を選択する。
  4. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  5. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  6. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 Monster-X BDA Analog Capture Secondary 」を選択する。
  7. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  8. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  9. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。D端子接続している場合の設定例です。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

HDMI接続の場合

  1. クロックを使う 」にチェックが入っていることを確認する。
  2. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 Monster-X BDA Analog Capture Secondary 」を選択する。
  3. 「入力端子」で「 SVideo 」を選択する。
  4. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  5. 「オーディオ入力」で「 Tuner 」を選択する。
  6. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 Monster-X BDA Analog Capture Secondary 」を選択する。
  7. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  8. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  9. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。HDMI接続している場合の設定例です。 「フォーマット」はゲーム機の映像出力設定に合わせて設定 しましょう。

▲画面の上へ

MonsterX-i


  1. クロックを使う 」にチェックが入っていることを確認する。
  2. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 Monster-X BDA Analog Capture Secondary 」を選択する。
  3. 「入力端子」で「 Composite 」を選択する。
  4. 「フォーマット」で「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」または「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  5. 「オーディオ入力」で「 Line(2) 」を選択する *12
  6. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 Monster-X BDA Analog Capture Secondary 」を選択する。
  7. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  8. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  9. 「OK」をクリックする。

▲画面の上へ

PCA-DAV2


  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 USB 2861 Device 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「Composite」または「SVideo」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 ライン(USB 2861 Device) 」または「 USB EMP Audio Device 」もしくは「 USB オーディオデバイス 」を選択する *13
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポジット端子接続している場合の設定例です。S端子接続している場合は「SVideo」を選択します。PCの環境によってはUSBの番号が異なるかもしれません。

▲画面の上へ

PCA-DAV3


  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 USB 2861 Device 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「Composite」または「SVideo」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 ライン(USB 2861 Device) 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポジット端子接続している場合の設定例です。S端子接続している場合は「SVideo」を選択します。

▲画面の上へ

REGIAシリーズ


  • DC-HC1をご覧ください。まったく同じ設定です。

▲画面の上へ

SD-USB2CUP4


  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 USB 28185 Device 」を選択する *14
  2. 「入力端子」で「Composite」または「SVideo」を選択する *15
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 USB 28185 Device 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポジット端子接続している場合の設定例です。S端子接続している場合は「SVideo」を選択します。コンポーネント/D端子接続のときは、「YRYBY」または「SerialDigital」を選択します。PCの環境によってはUSBの番号が異なるかもしれません。

▲画面の上へ

SD-USB2CUP5


  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 WDM 2828x Capture 」を選択する *16
  2. 「入力端子」で「Composite」または「SVideo」を選択する *17
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 マイク (USB 28285 Device) 」を選択する *18
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポジット端子接続している場合の設定例です。S端子接続している場合は「SVideo」を選択します。コンポーネント/D端子接続のときは、「YRYBY」または「SerialDigital」を選択します。PCの環境によっては表記が異なるかもしれません。

▲画面の上へ

SD-USB2CUP-L


  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 SMI Grabber Device 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「Composite」または「SVideo」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=UYVY,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 SMI Grabber Device 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大。コンポジット端子接続している場合の設定例です。S端子接続している場合は「SVideo」を選択します。

▲画面の上へ

PC-SDVD/U2G


  1. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 PC-SDVD/U2G 」を選択する。
  2. 「入力端子」で「Composite」または「SVideo」を選択する。
  3. 「フォーマット」で「w=720,h=480,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択する。
  4. 「オーディオ入力」で「(自動)」を選択する。
  5. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 PC-SDVD/U2G 」を選択する。
  6. 「入力端子」で「(選択しない)」を選択する。
  7. 「sample=48000,bit=16,ch=2」を選択する。
  8. 「OK」をクリックする。

▲画面の上へ



関連ページ




▲画面の上へ


トップ > アマレコTVカテゴリ > アマレコTV_各キャプチャー機器の設定例 / 2016年11月16日 (水) 21時27分59秒





*1 (2)を前提とする理由は、問題の切り分けをしやすくするためです。たとえば、アマレコTVで映像・音声をプレビューできなかったとします。このとき、かりに付属のキャプチャーソフトのほうで映像・音声をプレビューできているのであれば、アマレコTVの設定を適切なものにすることでアマレコTVでも映像・音声をプレビューできるようになります。また、もしも付属のキャプチャーソフトですら映像・音声をプレビューできないのであれば、アマレコTVの設定を変更しても意味がないということがわかります。

*2 Stream Engineが自動インストールされます。インストール終了後、RECentral 3は閉じてください。

*3 映像が映らない場合は「SVideo」も試してください。

*4 ゲーム機の映像出力設定と合わせます。たとえば、PS3の映像出力設定を720pにしているなら、「w=1280,h=720,fps=59.94,fcc=YUY2,bit=16」を選ぶ必要があります。もしPS3の映像出力設定を1080iにしているなら、「w=1920,h=1080,fps=29.97,fcc=YUY2,bit=16」を選択しましょう。

*5 映像が映らない場合はPCI-E sd capture deviceも試してください。

*6 映像が映らない場合は「Composite」も試してください。

*7 ここは「ビデオキャプチャデバイスの設定に合わせます。もし「ビデオキャプチャデバイス」で「PCI-E sd capture device」を選択しているなら、「オーディオキャプチャデバイスも「PCI-E sd capture device」にします。

*8 「Blackmagic Control Panel」がない場合は、画面右上にある「表示方法」を「大きなアイコン」または「小さなアイコン」に変更します。

*9 コンポーネント接続の場合は、「Set input」で「Component Video & Analog RCA Audio」を選択します。HDMI接続の場合は、「HDMI Video & Analog RCA Audio」または「HDMI Video & HDMI Audio」を選択します。HDMIケーブル1本で映像と音声を入力している場合は、「HDMI Video & HDMI Audio」を選択してください。

*10 「Blackmagic Control Panel」がない場合は、画面右上にある「表示方法」を「大きなアイコン」または「小さなアイコン」に変更します。

*11 コンポーネント接続の場合は、「Set input」で「Component Video & Analog RCA Audio」を選択します。HDMI接続の場合は、「HDMI Video & Analog RCA Audio」または「HDMI Video & HDMI Audio」を選択します。HDMIケーブル1本で映像と音声を入力している場合は、「HDMI Video & HDMI Audio」を選択してください。

*12 MonsterX-iに搭載されている光デジタル端子を使用している場合は「(自動)」または「Line」を選択します。

*13 PCの環境によっては、USBの番号が異なる場合があります。

*14 PCの環境によっては、USBの番号が異なる場合があるかもしれません。

*15 コンポーネント D端子接続の場合、480iの映像を入力しているときは「YRYBY」を、480pの映像を入力しているときは「SerialDigital」をそれぞれ選択します。よくわからない場合は両方試してください。

*16 PCの環境によっては表記が異なる場合があるかもしれません。

*17 コンポーネント/D端子接続の場合、480iの映像を入力しているときは「YRYBY」を、480pの映像を入力しているときは「SerialDigital」をそれぞれ選択します。よくわからない場合は両方試してください。

*18 もしこの表記が見あたらない場合は、まずアマレコTVを閉じます。つぎに、PCの画面右下にあるスピーカーアイコンを右クリックし、「録音デバイス」を選択します。そして、表示されたウィンドウで右クリックして、「無効なデバイスの表示」をクリックして同項目にチェックを入れてください。そのうえで、「マイク」上で右クリックして「有効」を選択します。最後にアマレコTVを起動すれば、「デバイス」に「マイク (USB 28285 Device)」が表示されます。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー