画像が正常に表示されない場合、IE(Internet Explorer)での閲覧をお勧めいたします。復旧まで、いましばらくお待ちください。





















最新情報はTwitterで

トップ > キャプチャーボード2カテゴリ > AVT-C875 / 2016年05月16日 (月) 21時14分26秒


キャプチャーボードの基本的な知識については、キャプチャーボードをご覧ください。
キャプチャーボードの選び方については、キャプチャーボードの選び方をご覧ください。


便利すぎる!ぜひとも使いこなしたいHDビデオキャプチャー



▲コンパクトデザインの AVT-C875 (リンク先 : Amazon)

HD画質対応


PCがあってもなくても録画可能

  • PCを使ってゲームを録画することはもちろん( PC録画モード )、PCを使わずにゲームを録画することもできます( 単体録画モード )。単体録画モードであれば、友達の家にこの製品を持ち込んでゲームを録画することも簡単です。

大画面TVでゲームをプレイしながらキャプチャーできる

  • TVにゲーム機の映像・音声を出力してゲームをプレイできる機能 を搭載しています(パススルー出力機能)。TVに映したゲーム画面を見ながら、録画やライブ配信をしましょう。

時間を遡って映像を再生・録画できる

  • PC録画モード時、 リプレイシーンのように映像を見返す機能 に対応しています(タイムシフト機能)。1時間まえまでなら、クールなゲームプレイを再生でき、なおかつ録画も可能です。 撮り逃し対策 にもよいでしょう。

声を動画に入れるのが簡単

  • PC録画モードであれば、マイク音声(声)を動画に入れられます。これで実況プレイ動画の作成が容易になります。

使いやすい付属ソフト

  • 付属ソフトには、便利な機能が豊富に搭載されています。たとえば、いま述べたマイクの音を動画に入れられる機能もそうですし、 簡単な設定だけで各種ライブ配信サイトで配信できる機能 もそうです。 映像の明るさを調整 することもできます。

ゲーム機を接続するためのケーブルが付属

  • ゲーム機を接続するためのケーブルは付属されています。ゲーム機用のケーブルを別途用意する必要はありません。

目次


動作環境・製品仕様


AVT-C875
AVT-C875(Amazonで価格を見る)
AVT-C875
接続方式 USB 2.0
エンコードタイプ ハードウェアエンコード
ビデオ入力端子 HDMI端子・コンポーネント端子
対応OS Windows 7/8/8.1/10
公式サイト AVerMedia
備考 パススルー出力対応、1080p対応(最大録画品質は1080/30p)

TVまたはPCモニターが必要


  • AVT-C875は ハードウェアエンコード方式 です。このタイプは、 キャプチャーボードの選び方 で書いたとおり遅延対策が重要です。AVT-C875は パススルー出力に対応 しているので、この機能を使って遅延対策しましょう。用意するものは、 HDMI入力を搭載したTVまたはPCモニター です *1


▲PS3の接続例。ゲームをプレイするには、HDMI入力を搭載したTVまたはPCモニターが必要です。上図に掲載しているケーブルは、すべてAVT-C875に付属されています。

単体録画モードで必要なもの


  • PCレスでゲームを録画する場合( 単体録画モード )、動画の保存先として SDメモリーカード が必要です。公式サイトによると、推奨はSDHC Class10以上です。


▲単体録画モード時におけるPS3の接続例。上図に掲載しているケーブルは、すべてAVT-C875に付属されています。SDメモリーカードは別売です。

  • 単体録画モード時は、 USB給電 しなければAVT-C875は動作しません。USB接続による電源供給は、 USB端子を搭載したゲーム機(例 : PS3、PS4など)でもできます 。AVT-C875とゲーム機をUSB接続するだけで動作しますが、USB電源について念のため留意しておいてください。 USB給電に問題があると正常に録画できない ことがあります。

  • また、AVT-C875にマイクを接続して録画しても動画に声を入れることはできません。 単体録画モードで実況プレイ動画を作成する場合は注意が必要 です。

ライブ配信での使用について


  • ライブ配信するためにはPCが必要であり、 単体録画モードではライブ配信できません 。また、PC録画モードであればニコニコ生放送向けのライブ配信機能を使用できますが、多くの不備があるため使わないほうがよいでしょう *2 。そのほかライブ配信でAVT-C875を使用する場合の注意点については、ライブ配信とキャプチャーボードをご覧ください。

接続可能なゲーム機の例


  • AVT-C875に接続できるゲーム機は下表のとおりです。注意が必要なのはPS3を接続する場合です。AVT-C875はHDCP非対応なので、 HDMI接続してもPS3の映像を録画できません *3PS3の場合はAVT-C875に付属されているコンポーネントケーブルを使って接続 しましょう。どうしてもPS3をHDMI接続したい場合は、 HDCPを知る をご覧ください。

HDMI端子による接続
コンポーネント端子による接続
備考
PS3 × ・AVT-C875付属のコンポーネントケーブルで接続する
・HDMI接続したい場合は、 HDMI分配器 を使う
PS4 × PS4側の設定でHDCPをOFFにしておく( 詳細
PS2 × AVT-C875付属のコンポーネントケーブルで接続可能
Xbox 360 HDMI接続で問題なし
Xbox One × HDMI接続で問題なし
Wii U HDMI接続で問題なし
Wii ×
PSP-3000/2000 ×
PS Vita TV × × HDMI分配器 を使うしかない
iOSデバイス × Ver1.3.0.96から対応した

ゲーム画面の表示 ゲームの録画 スクショ撮影 備考
PS3 HDMI ○(付属ソフト限定) × ×
コンポーネント PS3はコンポーネント接続が基本
PS4 HDMI
コンポーネント × × ×
Xbox 360 HDMI
コンポーネント
Xbox One HDMI
コンポーネント × × ×
Wii U HDMI
コンポーネント
PS Vita TV HDMI ○(付属ソフト限定) × ×
コンポーネント × × × PS Vita TVはコンポーネント端子非対応
iOSデバイス HDMI ○(付属ソフト限定)
コンポーネント × × ×

▲HDMI対応ゲーム機をAVT-C875に直接接続した場合にできること一覧


付属品


  • AVT-C875には以下のものが付属されています。


説明 備考
1.本体
2.ミニUSBケーブル
3.専用PlayStation3ケーブル PS3とAVT-C875を接続するさいに使用するコンポーネントケーブル PS2でも使用可能
4.HDMIケーブル 1本付属、約40cmの長さ
5.AV IN-コンポーネントAV変換ケーブル ゲーム機とAVT-C875をコンポーネント接続するさいに使用するアダプタ WiiやPSPと接続する場合に使用
6.3.5mmオーディオケーブル 基本的には必要ない
7.ポータブルバッグ AVT-C875を入れて携帯できるバッグ
8.取り扱い説明書

  • 表中に「 専用PlayStation3ケーブル 」というものがありますが、これはPS3をAVT-C875に接続する場合に使用します。PS3用のコンポーネントケーブルを購入する必要はありません。 ケーブル1本でPS3とAVT-C875を接続できる ので便利です。なお、 PS2でも使用可能 です。

  • CD-ROMは付属されていません。公式サイトからソフトウェアをダウンロードするかたちになります(後述)。


他製品との比較


  • AVT-C875と似た製品についてまとめておきます。すでにAVT-C875を購入している場合は読み飛ばしてください。

AVT-C875-USF4C


  • AVT-C875-USF4C (リンク先 : Amazon)は、『 ウルトラストリートファイターIV 』(リンク先 : Amazon)とのコラボレーションモデルです。AVT-C875-USF4CとAVT-C875は製品デザインが違うだけで、仕様は両者とも同じです。AVT-C875-USF4Cには、配信ソフトであるXSplitの無料プレミアム会員資格(1年ぶん)のカードが付属されています。

AVT-C285


  • AVT-C285は、PCレスでゲームを録画するための製品です。実況プレイ動画の作成(マイク入力搭載)、簡易なカット編集、YouTubeへの直接アップロードが本体だけで可能です。PCレスでの作業を強化したのがAVT-C285といえるでしょう。ただし、AVT-C285はAVT-C875と異なり、PCに接続して使用することはできません。


AVT-C285は、PCレスでの録画に特化した製品

HD PVR Rocket


  • HD PVR Rocketは、AVT-C875と同様、PCがなくてもゲームを録画できる ハードウェアエンコード の製品です。PCに接続して使用できる点も同じです。ただ、HD PVR Rocketにはマイク入力が搭載されているため、PCレスで使用する場合はAVT-C875よりも動画に声を入れるのが簡単です。PCに接続して使用する場合は、AVT-C875のほうがタイムシフト機能があるぶん便利でしょう。


HD PVR Rocketは、PCレスでも録画できる製品

Elgato Game Capture HD


  • Elgato Game Capture HDは、コンセプトがAVT-C875とよく似た製品です(発売はAVT-C875が後発)。ハードウェアエンコード、パススルー出力、映像を遡って見返せる機能に対応している点は両製品とも同じです。大きな違いとしては、Elgato Game Capture HDはPCレスでゲームを録画できないという点です。


Elgato Game Capture HDは、AVT-C875開発時に参考にしたと思われる製品


PC録画モードと単体録画モードの違い


  • AVT-C875には、PC録画モードと単体録画モードがあります。 PC録画モード は、PCでゲームを録画・配信するさいに使用するモードです。 単体録画モード は、PCを使わずにゲームを録画するさいに使用するモードです。必要に応じて両モードを切り替えましょう。両モードは、AVT-C875の モード切替スイッチ で切り替えます。


▲モード切替スイッチ。PC録画モードと単体録画モードを切り替えるさいに使用します。

  • できることはPC録画モードのほうが多く、 単体録画モードはPCを使わずにゲームを録画することに主眼がおかれています 。PCを用いない状態でゲームを録画できても、 動画を編集したり、動画を投稿するためにはPCが必要 なので注意しましょう。AVT-C875自体には、動画編集・投稿機能はありません。

PCの要否 録画 ライブ配信 タイムシフト マイクの音入れ 最大録画品質
PC録画モード 必要 1080p/30fps
単体録画モード 不要 ○(4GBごとに分割) × × × 720p/60fps *4

  • このページでは、最初にPC録画モードについて解説します。 単体録画モードについては解説後半にまとめてあります。


ソフトウェアのインストール


  • それでは、まずはAVT-C875をPCに接続して、必要なソフトウェアをインストールしましょう。

  1. AVT-C875とPCを付属のミニUSBケーブルで接続する。
  2. 公式サイトにアクセスし、 ドライバRECentral をダウンロードする。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックする。
  4. 「実行」をクリックする。
  5. 「次へ」をクリックする。
  6. 「使用許諾契約の全条項に同意します」を選択し、「次へ」をクリックする。
  7. 「完全」を選択し、「次へ」をクリックする。
  8. 「インストール」をクリックする。


ゲーム機の接続


  • AVT-C875は、コンポーネント接続およびHDMI接続に対応しています。

コンポーネント接続


  • ゲーム機を コンポーネント端子 で接続する場合、 PS3PS2 であれば AVT-C875付属の専用PlayStation3ケーブル を使って接続できます。


▲PS3の接続例



▲PSP-2000/3000の接続例。Wiiの場合は、Wii専用 コンポーネントAVケーブルで接続することになります。

HDMI接続


  • PS4、Wii U、Xbox One、Xbox 360 などは、 HDMI端子 で接続しましょう。HDMIケーブルを使って下図のように接続します。HDMIケーブルはAVT-C875の 「IN」と書かれている部分に接続 してください。


▲PS4の接続例




ゲーム画面の映し方


  • ゲーム機を接続できたら、つぎはRECentralという付属の キャプチャーソフト にゲーム画面を表示してみましょう。

AVT-C875のモード切替スイッチをPC録画モードにします。


デスクトップにある「 RECentral 」のショートカットアイコンをダブルクリックします。


「録画」を選択します。


「上級者向け」を選択します。


ゲーム機の画面を表示したいので、 「プラットフォーム」で「ゲーム機」を選択 します。一般的に、「現在のPC」や「他のPC」は選びません *5


「ビデオソースを選択」で、 ゲーム機を接続するのに使用している端子に合わせて「コンポーネント」または「HDMI」を選択 します。ここの設定をまちがえるとゲーム機の映像が表示されません *6


▲「コンポーネント」か「HDMI」、いずれかを正しく選択します。

「オーディオソースを選択」で、適切なものを選択します。設定をまちがえるとゲーム音が出ません。


▲ゲーム機をコンポーネント端子で接続している場合は、通常は「 Component LR 」にしてください。他方、ゲーム機をHDMI端子で接続しているなら「 HDMI 」です。

「準備完了」をクリックします。


ゲーム機の電源を入れます。PSPの場合は、さらにPSP本体の画面下にあるディスプレイボタンを5秒以上長押ししてください。


ゲーム画面が表示され、音が聞こえてきます。 映像・音声を視聴できない場合キャプチャーボードの映像・音声が出ないときはを、また 画質が悪い場合ゲーム機の出力設定をそれぞれご覧ください。


▲PS3版『スプリンターセル ブラックリスト』(ユービーアイソフト)より

プレビュー画面をダブルクリックすると画面がフルスクリーンになります。

ゲームの 音量調整 は音量ミキサーから行います *7 。音量ミキサーでの音量調整は、録画ファイルには影響しません。


次回からゲーム画面を表示するときは、RECentralを起動後に赤いボタンをクリックしてください。そうすれば、すぐにゲーム画面を表示できます。



パススルー出力


  • PCに表示しているゲーム画面を見ながらゲームをプレイすると、反応が遅れて少し操作しづらいと感じることでしょう。これはAVT-C875の 遅延 (タイムラグ)が原因です。そこで、AVT-C875の パススルー出力 機能の出番です。パススルー出力によりAVT-C875の遅延を回避できます。 PCのほうでゲームを録画・配信しつつ、TVでゲームプレイが可能 です。

        詳細は、パススルー出力機能の使い方を参照


  • 用意するものは、 HDMI入力を搭載したTV (またはPCモニター)とHDMIケーブルです。そして、AVT-C875の 「OUT」と表示されている部分とTVをHDMIケーブルで接続 します。すると、PCのほうに表示されていたゲーム機の映像がTVにも映し出されます。ゲーム機の音も同様に、PCとTVの両方から出るようになります。あとはTVを見ながらゲームをプレイしましょう。


  • ゲームの音がPCとTVから聞こえて煩わしい場合は、RECentralのスピーカーアイコンをミュートにします。ミュートにしても録画ファイルにはゲームの音が入ります。ライブ配信の場合はミュートにしてはいけません *8



録画


  • ゲームの録画方法は以下のとおりです。最初に録画についての設定をします。

ゲーム画面を表示している場合は、ゲーム画面をいったん閉じます。

右上の歯車アイコンをクリックします。


「保存フォルダの設定」で動画の保存先を設定して、「OK」をクリックします。


「上級者向け」を選択します。


「映像設定」で各種設定をします。設定の意味がわからない場合は、下記画像のように設定してください。解像度の設定が不適切だと、録画中などにプレビュー画面の縦横比が狂う場合があるので注意しましょう。


▲画像クリックで拡大。この画像では「ビデオソースを選択」で「コンポーネント」を選択していますが、ゲーム機とAVT-C875をHDMI接続している場合は「HDMI」を選択します。

お薦めの設定 説明
映像のフォーマット MP4 (H.264+AAC) タイムシフトをONにしている場合は強制的にTSになる
解像度 1280x720 画面サイズのこと。HD映像の場合、画質・ファイルサイズの点で1280x720がお薦め
映像ビットレート 5.0 Mbps~20.0 Mbps 数字が大きいほど高画質になり、かつファイルサイズも大きくなる
音声ビットレート 128kbps~256kbps 数字が大きいほど高音質になり、かつファイルサイズも大きくなる
フレーム 60 動きの滑らかさ(単位はfps)。解像度が1280x720の場合は60fpsがお薦め

「準備完了」をクリックします。

録画ボタンをクリックします。AVT-C875本体中央のボタンを押すことでも録画を開始できます。iOSデバイスを接続しているときにコピーガードのエラーが出た場合は、HDCP検出機能をOFFにしましょう *9


停止ボタンをクリックすれば録画が停止します。AVT-C875本体中央のボタンを押してもかまいません。

さきほど設定した動画の保存先を開いて、動画を確認してください *10

録画した動画は、Windows ムービーメーカーAviUtlなどの動画編集ソフトで編集することができます。


タイムシフト


  • タイムシフト は、最大で1時間まえの映像を遡って表示・録画することのできる機能です。PC録画モード時のみの機能となっています。

  1. RECentralの画面左下にある「タイムシフト」をONにする。
  2. 画面中央にある赤いボタンをクリックする。
  3. 注意事項を読んで「OK」をクリックする。
  4. ゲーム画面が表示される。
  5. シークバーの水色の部分をクリックすることで過去の映像を見られる(録画も可能)。
  6. 現在の画面に戻るときは「Live」をクリックする。
  7. ゲーム画面のウィンドウを閉じると、それ以前の映像をタイムシフトで再生・録画できなくなる。


▲タイムシフト機能のON/OFF(左)とシークバー(右)

  • タイムシフト機能をONにしているときは、フォーマットはMP4ではなくTSになります。また、 動画にマイク音声を入れる機能がOFF になります。


単体録画モードでの使用


  • ここでは、PCを用いずにゲームを録画できる 単体録画モード について簡単に見ていきます。PC録画モードとの違いについては上で述べたとおりです。

各機器との接続方法


  • ゲーム機とAVT-C875との接続方法、およびAVT-C875とTVとの接続方法については、PC録画モード時と同じです(上述)。


▲PS3のゲームを録画する場合の接続例(単体録画モード時)。上図に掲載しているケーブルは、すべてAVT-C875に付属されています。

  • 単体録画モードの場合、 AVT-C875をなんらかのUSB機器と接続する必要があります 。そうしないと電源供給を受けられず、動作しないからです。ただ、難しく考えることはありません。 最近の据え置きゲーム機にはUSB端子が搭載されている ので、たとえばPS3の場合は上記画像のようにPS3とUSB接続すればよいのです。

  • もしゲーム機にUSB端子がない場合は、PCなどUSB端子を搭載した機器とAVT-C875を接続しましょう。

ゲーム画面の表示方法


  1. AVT-C875のモード切替スイッチを単体録画モードにする。
  2. AVT-C875にマイクを接続していないことを確認する(ゲームの音が出なくなる)。
  3. TVの電源を入れ、ビデオ入力をHDMIに切り替える。
  4. TVにゲーム画面が表示され、音が聞こえてくる。


  • 映像を視聴できない場合は、たとえばPS3なら PS3本体の電源が切れた状態で、5秒以上PS3の電源ボタンに触れ続けて 電源を入れます。映像が表示されたあとは、PS3の「設定」→「ディスプレイ設定」→「映像出力設定」→「コンポーネント/D端子」で720pに変更してください。

録画方法


  • 単体録画モード時、ゲームを録画するにはSDメモリーカード(SDHC Class10以上推奨)が必要 です。これがないと動画を保存する場所がないため、ゲームを録画できません。

  1. SDメモリーカードをAVT-C875に挿入する。
  2. AVT-C875中央のボタンを押すと録画が開始する(LEDインジケーターが赤くゆっくり点滅する)。
  3. 再度AVT-C875中央のボタンを押すと録画が停止する。
  4. 保存した動画をPCで再生・編集するには、SDメモリーカードをPCにセットしてデータを移動(コピー)する。


  • 単体録画モード時の録画品質の設定を変更するには PC-Free Utility を使用します。この場合PCが必要になり、 ソフトウェアのインストール に書いてある方法でPC-Free Utilityを入手できます *11 。あとは、モード切替スイッチをPC録画モードにし、AVT-C875をPCとUSB接続します。そして、PC-Free Utilityで設定変更しましょう。


録画中に自分の声を動画に入れるには


PC録画モードの場合


  • AVT-C875には、録画中にマイクの音(自分の声、実況音声)を動画に入れられる機能があります。この機能により、実況プレイ動画の作成が容易にできます。

  1. PCにマイクを接続する(USBヘッドセットでも可)。
  2. RECentralの「録画」を選択する。
  3. 「上級者向け」を選択する。
  4. マイクを使用する 」をONにして、その右横で 「マイク」を選択 する。
  5. 「マイク音声を別のmp3ファイルとして保存する」にチェックが入っている場合は外す。
  6. 「オーディオソースを選択」のところにある「設定」ボタンをクリックすると、 ゲームの音とマイクの音のバランスを調整 できる(それでもマイクの音が小さい場合は こちら を参照)。
  7. 「準備完了」をクリックする。
  8. 録画を開始し、マイクに向かって声を入れる。
  9. 録画を停止する。
  10. 実況プレイ動画が完成する。


  • 中・上級者向けの方法になりますが、マイクの音を動画とは別に保存することもできます。動画は動画、マイク音声はマイク音声として別々に保存し、あとで動画編集ソフトで両方を合成する方法です。

  1. 上記4まで同じ手順。
  2. 「マイク音声を別のmp3ファイルとして保存する」にチェックを入れる。
  3. 「準備完了」をクリックする。
  4. 録画を開始し、マイクに向かって声を入れる。
  5. 録画を停止する。
  6. 動画ファイル(マイクの音がないプレイ動画)と音声ファイル(マイク音声)のふたつができあがる。
  7. 動画編集ソフトを使って、プレイ動画とマイク音声を合成する(詳細は実況音声をプレイ動画に合成する方法参照)。
  8. 実況プレイ動画が完成する。


  • なお、どちらの方法でも、マイク録音時はタイムシフト機能はOFFになります。

単体録画モードの場合


  • 単体録画モードの場合、実況プレイ動画の作成は少しめんどうになります。AVT-C875とマイクだけでは実況プレイ動画を作成できないからです。AVT-C875にマイクを接続できそうな入力端子がありますが、ここに接続してもマイクの音は入りません。また、AVT-C875にマイクを接続しているあいだはゲームの音が出なくなります。

  • 単体録画モード時の実況プレイ動画の作成方法については、 こちら をご覧ください。リンク先の解説はAVT-C281Jという製品についてですが、方法はまったく同じです。


LGP Stream Engine


  • アマレコTVや、各種配信ソフトでAVT-C875を映像デバイスとして直接指定したい場合は、 LGP Stream Engine (以下Stream Engine)をインストールします。Stream Engineは、 初心者が必ずしもインストールする必要はありませんこれを使用せずとも録画・配信は可能 です。また、うまく動作しないという質問も多いので、 このソフトに拘りすぎないようにしましょう

ダウンロード/インストール


  1. 公式サイトでStream Engineをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたZIPファイルを解凍する。
  3. フォルダを開き、「LGP_Stream_Engine_Vx.x.x.xx.exe」を実行する。
  4. インストールが完了する。

共通設定


  • まず、Stream Engineの設定するまえに 以下のソフトを終了させておきましょう 。Stream Engineと競合する可能性があったり、不具合を引き起こす可能性があるからです。
    • RECentral
    • アマレコTV、配信ソフト
    • Skype *12
    • Webブラウザ(とくに Google Chrome

  • Stream Engineの設定方法は以下のとおりです。

  1. デスクトップにあるStream Engineのショートカットアイコンをダブルクリックする。
  2. 「Stream Engineを有効にする」にチェックが入っていることを確認する。
  3. ゲーム機を コンポーネント接続 している場合は、「ビデオ」で「Component」を、「オーディオ」で「Component LR」をそれぞれ選択する。
  4. ゲーム機を HDMI接続 している場合は、「ビデオ」および「オーディオ」で「HDMI」を選択する。
  5. 解像度 」で任意の解像度を選択する *13
  6. フレーム 」で任意のフレームレートを選択する *14
  7. 「閉じる」をクリックしてStream Engineを終了する *15


▲ゲーム機をHDMI接続している場合の設定例

アマレコTVの設定


  • アマレコTVの場合は、以下のように設定します。アマレコTVのバージョンは、4.01ではなく 3.10でなくてはいけませんStream Engineが64bitアプリに対応していない ためです(アマレコTV4は64bitアプリ)。

  1. Stream Engineの設定をすませておく(上述)。
  2. アマレコTVのダウンロード、およびAMVビデオコーデックのインストールをすませておく( 詳細 )。
  3. アマレコTVの設定画面を開く。
  4. 「グラフ 1(デバイス)」タブを開く。
  5. 「ビデオキャプチャデバイス」で「 LGP Stream Engine 」を選択する。
  6. 「フォーマット」に表示されている項目を選択する *16
  7. 「オーディオキャプチャデバイス」で「 LGP Stream Engine Audio 」を選択する。
  8. 「sample=44100,bit=16,ch=2」を選択する。
  9. 「OK」をクリックする。


▲クリックで画像拡大

配信ソフトの設定


  • あらかじめStream Engineの設定をすませておいてください(上述)。以下の設定は、あくまでも 配信ソフトでStream Engineを直接指定するための設定であり、このような設定をしなくてもゲーム配信はできます

NLE


  • NLEの場合は、「追加」→「WEBカメラ」→「LGP Stream Engine」の順にクリックします。

OBS Classic



  1. 「ソース」上で右クリックする。
  2. 「追加」→「ビデオデバイス」の順にクリックする。
  3. 適当な名前を入力して「OK」をクリックする。
  4. 「デバイス」で「LGP Stream Engine」を選択する *17
  5. 「OK」をクリックする。

OBS Studio


  • OBS Studioの場合は、以下のとおりです。

  1. 「+」アイコン→「映像キャプチャデバイス」の順にクリックする。
  2. 適当な名前を入力して「OK」をクリックする。
  3. 「デバイス」で「LGP Stream Engine」を選択する *18
  4. 「OK」をクリックする。

XSplit


  • XSplitの場合は、 Stream Engineは必要ありません (インストール不要)。RECentralを終了させた状態で、「追加」→「Webcam、キャプチャーカード、その他のビデオデバイス」→「AVerMedia C875 Capture」の順にクリックすればゲーム画面が映ります *19


動画作成・ライブ配信のポイント


実況プレイ動画を作成する場合


  • 動画は動画共有サイトの仕様に合わせる 必要があります。たとえば、投稿できる動画のファイルサイズには各動画共有サイトによって制限があります。声を動画に入れる方法については、上で述べたとおりです。

        詳細は、ニコニコでゲーム実況またはYouTubeでゲーム実況を参照

ライブ配信する場合


  • ライブ配信をする場合、大きなポイントはふたつあります。すなわち、(1) ゲーム画面を視聴者に見せるための方法を理解する こと、および(2) ゲーム音とマイク音声をミックスして配信するための方法を理解する こと、のふたつです。

        詳細は、ニコニコ生放送TwitchツイキャスYouTube Liveのいずれかを参照

  • もっとも、 RECentralのライブ配信機能 を使用すればこれら2点を考慮する必要はなくなります。すなわち、ニコニコ生放送、Twitch、Ustream、YouTube Liveで配信を行う場合は、RECentralで簡単な設定を行うだけですみます。配信ソフトを用意するなど、煩わしい作業はいっさい必要ありません。

  • しかし、ニコニコ生放送ではRECentralの同機能は使いづらいでしょう。ニコニコ生放送の仕様と相まって画質が致命的なほど悪くなります。同機能を使わなくともライブ配信は可能です。Niconico Live Encoderという配信ソフトをインストールして配信するのがお薦めです。

  • なお、どうしてもRECentralのライブ配信機能をニコニコ生放送で使う場合は、最初にニコニコ生放送側で枠を取る必要があります。そうでないとRECentralから配信を開始しようとしてもできません。


こんなときは


キャプチャーソフトにゲーム画面が表示されない


  • キャプチャーソフトにゲーム画面が表示されない場合 (「No Signal」の場合)、とくに以下のような対処法があります。まずは問題の切り分けのため、 RECentralにゲーム画面が表示される状態をめざしましょう

  1. PS3を接続している場合は、PS3の電源を5秒以上長押しして起動する。
  2. ゲーム機の映像出力設定でビデオ入力端子を変更する(例 : コンポーネント/D端子)。
  3. RECentralの設定画面を開き、「ビデオソースを選択」で適切なビデオ入力端子を選択する(上述)。
  4. RECentralの設定画面を開き、「プラットフォーム」で「ゲーム機」を選択する。
  5. HDMI接続の場合は、AVT-C875のHDMI端子の「IN」と「OUT」をまちがえていないか確認する。
  6. 各種ケーブルをいったん抜いたあと、しっかりと接続する。
  7. HDMI接続の場合は、HDCPが原因になっている可能性を疑う(上述)。
  8. HDMI接続の場合は、HDCP検出機能をONにする *20


パススルー先のTVにゲーム画面が映らない


  • パススルー出力時、 TVのほうにゲーム画面が表示されない場合 は、TV側の仕様・設定が原因になっていることもあります。対処法については以下のページをご覧ください。

        詳細は、 パススルー出力機能の使い方 を参照

ゲーム画面を明るくしたい(画面が暗い)


  • PC録画モード時に ゲーム画面の明るさを変更したい 場合は、RECentralで「上級者向け」を選択し、「ビデオソースを選択」の「設定」をクリックします。「輝度」や「コントラスト」を調整してください。この設定は、コンポーネント接続時のみ可能です。

  • また、ゲームによっては ゲーム内のオプション で明るさを変更できる場合があります。 特定のゲームでだけ画面が暗いというような場合などは、この方法で画面の明るさを変更したほうがよい でしょう。

  • 録画後にゲーム画面の暗さが気になった場合は、動画をWindows ムービーメーカーAviUtlなどの動画編集ソフトで読みこんで、編集で画面を明るくできます。

60fpsにしたい


  • 60fpsでゲームを録画したい場合 は、ゲーム機の映像出力設定を 720p に変更します。そして RECentralの設定画面を開き、「解像度」を「1280x720」、「フレーム」を「60」にします *21 。または、ゲーム機の映像出力設定は1080pにしたままでもかまいませんが、その場合もRECentralの設定は「解像度」を「1280x720」、「フレーム」を「60」にしてください。

設定方法
PS4 1.「設定」→「サウンドとスクリーン」→「映像出力設定」→「解像度」の順に選択する
2.「720p」を選択する
PS3 1.「設定」→「ディスプレイ設定」→「映像出力設定」の順に選択する
2.「720p」にチェックを入れ、「1080i」と「1080p」のチェックは外す
その他 ゲーム機の出力設定を参照

単体録画モードで正常に録画できない


  • 単体録画モードで正常に録画できない場合 は、 USB端子からの給電がうまくできているか確認 しましょう。5V/2Aの安定した電源が必要です。ゲーム機からの電源供給でもよいのですが、念のためPCからの電源供給を試してください。AVT-C875とPCをUSBケーブルで接続するだけです。 USBハブは使用しないほうがよい でしょう。

  • また、SDメモリーカードは SDHC Class10以上 が推奨されています。SDメモリーカードのスピードが不足している場合、やはり正常に録画できません。


その他


  • RECentralを終了してもパススルー出力は続きます。PCをスリープ状態にした場合も同様です。 PCをシャットダウンした場合は、パススルー出力は中止 されます。

  • 2014年2月11日にリリースされたファームウェアおよびサポートソフトのアップデートにより、 PS1などの古いゲームに対応 できます。詳細は、公式サイトをご覧ください(ページ下の「AVT-C875 キャプチャーデバイスのドライバー及びRECentral」の部分)。

  • AVT-C875にはヘッドフォン/スピーカー出力がありますが、これは基本的に使う必要はありません。かりにヘッドフォンを接続した場合、ゲームの音が極端に大きい状態で聞こえてくるので注意してください。

  • TS形式の動画は、こちらの「TS-to-MP4 Utility」というPCのソフトを使うことでMP4形式に変換することもできます。使用方法はこちら(PDFファイル)に掲載されています。必要であれば使用してください。


筆者がAVT-C875を使用した感想


よい点


  • パススルー出力があるのでラグ対策が簡単にできる。TV画面での快適なゲームプレイ。
  • ラグは、ハードウェアエンコードの製品のなかでは小さいほう(もちろん、PCの画面を見ながらのゲームプレイは困難)。
  • 付属ソフトは、PCが苦手な人のための配慮がされた設計になっている。
  • HDMI接続しているPS3の画面を付属ソフトで表示できる。
  • タイムシフト機能が便利。いちいちゲームを録画しておく必要がない。
  • アマレコTVなども使える。
  • 単体録画モードの存在。TVでゲームを録画しているような感覚になり、ゲームの録画が身近になる。
  • 製品のデザインがクール。つい手にして眺めたくなる。持ち運びも容易。
  • 付属のPS3用ケーブルが重宝する。

悪い点


  • 付属ソフトのライブ配信機能は、場合によっては配信に手こずる可能性がある。ニコ生での使用は微妙。
  • 単体録画モード時、AVT-C875だけでは動画に声を入れることができない。
  • 単体録画モードは、PC録画モードと比較してできることが限られる。
  • 付属のHDMIケーブルが短い。もう少し長いほうが使いやすかった。



関連ページ


  • このページと関連性の強いページは以下のとおりです。

ページ名 内容
コメント 質問など
キャプチャーボードの映像・音声が出ないときは 映像・音声が出ないときの対処法
キャプチャーボードが不安定な場合の対処法
キャプチャーボードがPCに認識されない場合の対処法
PS4のボイスチャットを入れて録画する方法 動画にPS4のVCを入れる方法
Skypeの利用2 動画にSkypeの通話音声を入れる方法
実況用PCマイク/こんなときは マイク使用時によくあるトラブルまとめ



トップ > キャプチャーボード2カテゴリ > AVT-C875 / 2016年05月16日 (月) 21時14分26秒




*1 つまり、ノートPCならHDMI入力を搭載するTVまたはPCモニターを用意します。デスクトップPCなら、いま使用しているPCモニターとは別に、HDMI入力を搭載するTVまたはPCモニターを用意します。

*2 一例をあげると画質が悪い点があります。ニコニコ生放送で配信時、AVT-C875のライブ配信機能を使用すると画質が致命的なほど悪くなります。AVT-C875のライブ配信機能を使わなくとも、ライブ配信は可能です。ライブ配信の方法については、当サイトの他のページで解説しているとおりです。たとえばニコニコ生放送であれば、Niconico Live Encoder(NLE)を用意して配信します。

*3 より正確には、HDMI接続しているPS3の映像を表示すること自体はできます。しかし、本体の録画ボタンを押しても録画はできないため、けっきょく意味はありません。PC録画モード時は、録画ボタンをクリックすると「録画が失敗しました。コンテンツはHDCPで保護されています。」と表示されます。また、単体録画モード時は、本体のLEDインジケーターが赤・青、交互に点滅します。

*4 初期設定。後述するPC-Free Utilityを使用して設定を変更することで、1080p/30pfsで録画することができます。

*5 ゲーム機を接続しているのに「現在のPC」を選択すると、「<現在のPC>がプレビューに対応しておりません。ホットキーやトレイアイコンを利用し,コマンドをお実行してください。」(原文ママ)」と表示されます。

*6 ゲーム機の映像が表示されない原因は複数ありますが、最低限ビデオ入力端子の種類を正確に選択するようにしましょう。

*7 音量ミキサーを開くには、タスクトレイ(PCの画面右下)にあるスピーカーアイコンを右クリックして、「音量ミキサーを開く」を選択します。音量ミキサーの画面に「RECentral」があるので、ここで音量を調整してください。

*8 ゲームの音がPCとTVから聞こえてプレイしづらい場合は、PCにヘッドフォンを接続してください。そうすれば、ゲームの音はTVのほうからだけ聞こえてきます。ヘッドフォンを接続しても配信に影響はありません。

*9 具体的には、「コピーガードによりキャプチャーできません。iOSデバイスのゲームアプリを録画する場合は~」というエラー表示のことです。この場合、「OK」をクリックしてエラー画面を閉じたあと、RECentralのウィンドウ画面を閉じてください。そして歯車アイコンをクリックし、「HDCP検出機能」で「オフ」を選択します。同機能は、RECentral Ver1.3.0.96以降に搭載されています。

*10 ゲーム画面を閉じて「保存フォルダ」をクリックすることでも動画の保存先を開くことができます。

*11 PC-Free Utilityがある場所は、「C:\Program Files (x86)\AVerMedia\AVerMedia PC-Free Utility」または「C:\Program Files\AVerMedia\AVerMedia PC-Free Utility」です。

*12 Skypeについては、ウィンドウ右上の「閉じる」ボタンをクリックするだけでは不完全です。タスクトレイ(画面右下)にあるSkypeのアイコンを右クリックして「終了」をクリックしてください。

*13 通常は「1280x720」を選択します。ただ、映像がカクカクするなどPCの動作が重い場合は、「640x360」を選択してください。解像度をまちがえると映像が伸びるので注意しましょう。解像度を変更後は、アマレコTVや配信ソフトを再起動します。

*14 通常は「60」または「30」を選択します。よくわからない場合は、後者を選択しておくと無難です。

*15 Stream EngineとRECentralは、同時に使用することができません。設定を終えたあとはStream Engineを終了させましょう。

*16 ここで選択できる解像度・フレームレートは、Stream Engineの「Resolution」および「Frame Rate」で選択した値となります。たとえば、「Resolution」で「1280x720」、「Frame Rate」で「60」を選択した場合、アマレコTV側で選択できるのは「w=1280,h=720,fps=60.00,fcc=YUY2,bit=16」となります。なお、アマレコTV4では「LGP Stream Engine」が表示されず、選択することができません。

*17 PCからゲーム音を出して自分で確認したいのであれば、設定画面の下のほうにある「サウンドデバイス」を「LGP Stream Engine Audio」にしたうえで「サウンドをスピーカーへ出力する」をONにします。

*18 PCからゲーム音を出して自分で確認したいのであれば、設定画面の下のほうにある「音声出力モード」を「デスクトップ音声出力 (WaveOut)」にしてください。

*19 PCからゲーム音を出して自分で確認したいのであれば、設定画面の「Audio Output」を「System Sound」にしてください。

*20 設定方法ですが、設定画面を開いて歯車アイコンをクリックし、「HDCP検出機能」で「オン」を選択します。ややこしいところですが、「オフ」だとHDMI接続しているPS3の映像をRECentralに表示することすらできません。同機能は、RECentral Ver1.3.0.96以降に搭載されています。

*21 なお、「解像度」を「1920x1080」にすると、「フレーム」では「60」を選択できません。これはAVT-C875が1920x1080/60fpsでの録画に対応していないためです。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー