■メニュー
よくある質問
小ネタネタ集声優
編集用コメント

武器道具入手
ショップ情報

■スキル:一覧評価
■クラス
クラス能力値
クラスチェンジ
専用グラフィック
■キャラクター
仲間にする方法
初期値限界値
┣ 評価:本編DLC
子供ユニット
カップリング考察
支援会話可能キャラ表
キャラ別運用法
シミュレータ
 ┗ iPhone版

本編攻略
010203
0405060708
0910111213
1415161718
1920212223
2425
外伝攻略
0102030405
0607080910
1112131415
1617181920
212223
DLC攻略

■システム
マイユニット
難易度・モード
フリーマップ
支援効果
地形効果
各種計算式
みんなの部屋

■通信
すれ違い通信
お知らせリスト
配信チーム
配信アイテム
配信マップ
配信デュアル
名声ボーナス

■会話集
┣ 戦闘会話集:本編外伝
┣ 支援会話集:一覧
LVUPショップ
あいさつ散り際
┣ キラキラ:支援その他
エピローグ集
異伝会話集

■その他
表類(テスト)
AA
異伝のコラ画像集
マップ再現(テスト中)

合計: -
今日: -
昨日: -
現在: -

ここを編集
支援会話集 ルフレ(男、僕)×サイリ


支援C

【ルフレ】
やあ、サイリ。ちょっといいかい?

【サイリ】
ルフレ殿、何か?

【ルフレ】
サイリの鎧って、
珍しい形をしているよね。

【サイリ】
ああ…これか。
私が生まれた国で、
兵士の皆が装備する鎧だ。

【ルフレ】
そうなんだ。
形が洗練されているし、とても丈夫そうだ。

【サイリ】
ああ、軽さと装甲の厚さが
この鎧の利点だな。
私のいた国ではこのように
軽装で戦うことが多い。
武器も刀…片刃の剣を両手で持つから、
盾も持たない場合が多いのだ。

【ルフレ】
そうなんだ。とても個性的な気がするよ。
…他にも何か違うことってあるかい?

【サイリ】
武具だけでなく、食べ物や服装、
そのほかの文化、いろいろと異なるな。

【ルフレ】
今度、その話とかも聞かせてもらえる?

【サイリ】
ああ、故郷の話をするのは嫌いではない。
喜んで話そう。


支援B

【ルフレ】
サイリ、
君の国の話を聞かせてくれるかい?

【サイリ】
ああ。先日の件だな。
何でも聞いてくれ。

【ルフレ】
食べ物も
君の国とこちらでは違うのかい?

【サイリ】
ああ、ソンシンでは、主食がコメだった。
パンやチーズは、最近初めて食べたな。

【ルフレ】
へえ~、そうなんだ。

【サイリ】
それと、ソンシンでは生の魚も食べるな。

【ルフレ】
な、生の魚?
…おいしいのかい?

【サイリ】
ああ。鮮度のよいものなら、
とてもおいしい。

【ルフレ】
そうかー。食文化も随分と違うんだね。
でもそれだと、別の場所の
暮らしに馴染むのは、大変だよね。

【サイリ】
そんなことはない。だが…時々、
故郷の味が恋しくなることもあるな。

【ルフレ】
僕も、いつか食べてみたいよ。

【サイリ】
ああ、機会があれば。ぜひご馳走しよう。


支援A

【ルフレ】
サイリ。

【サイリ】
………

【ルフレ】
き、聞こえないのかな?
それに黙々と何かに集中している…
何をしているんだろう。
あ、絵を書いているのか。
…サイリ!

【サイリ】
わっ!!  わっ、わっっ!!

【ルフレ】
あ、ご、ごめん。驚かせちゃったかい?

【サイリ】
あっ、ルフレ殿か!!
い、いやこちらこそ突然
大声を上げてしまって、すまないっ!
こ、これはそのっ!!

【ルフレ】
あ、別に絵を隠さなくてもいいのに?
そんなに恥ずかしがらなくても、
とても上手だと思ったよ?

【サイリ】
…そ、そうか、見られてしまったか。
なら仕方ない…。

【ルフレ】
…これは樹の絵だよね?
でも葉の色が…

【サイリ】
これはサクラの樹という。
ピンク色に見えるのは
葉ではなく花の色なのだ。

【ルフレ】
へえ…。珍しいね。

【サイリ】
これは毎年一定の時期にだけ咲く花…。
我が故郷でのみ、見る事ができる。

【ルフレ】
…実際に見たら綺麗なんだろうなぁ。

【サイリ】
ああ。故郷においても、
この樹は国の皆から愛されていた。
私の育ったところには、川に沿って
このサクラの樹が何本も並べられており、
花が咲くと、それはまさに壮観だった…。
最近よくそれを思い出すのだ…

【ルフレ】
サイリ…

【サイリ】
あ…すまない。
勝手につらつらと話してしまって。
しかも…何かしんみりとさせてしまったな。
こんなものは私には似合わないというのに…。

[ルフレ]
そんなことないよ、聞けて楽しかったよ。

[サイリ]
そ、そうか。それなら良かった…


支援S

【サイリ】
………。

【ルフレ】
サイリ、少し元気がないようだけど…。
大丈夫?

【サイリ】
…ルフレ殿か。す、すまぬ。
最近、故郷を思い出すことが多くなってな。
…これを郷愁と言うのだろうか?

【ルフレ】
もしかして…! 僕がいろいろと
聞いてしまっているからかな?
…だとしたら、ご、ごめん!

[サイリ]
いや、そういうわけではない…。
…もしかしたら私は、過去を思い出すことで
前に進もうとしているのかもしれないな…。

【ルフレ】
前に…?

【サイリ】
ああ、そうだ。私は故郷から離れていても、
寂しくはない。なぜなら、今は…
心の支えとなる大事な人ができたからだ。
だから…平気だ。

【ルフレ】
サイリ…。

【サイリ】
大事な人は…ルフレ殿、貴殿だ。

【ルフレ】
…!

【サイリ】
だから私はどこにいても、強く生きていける。
貴殿にはこれからも…傍にいて欲しい。

【ルフレ】
うん、もちろん…。
僕もサイリと共に生きていきたい。

【サイリ】
そ、そうか。それはありがたい。

【ルフレ】
僕も嬉しいよ。
でも、そうだな…戦争が終わった暁には、
僕はサイリの故郷が見てみたいよ。
もちろん君と一緒にね。

【サイリ】
あ、ああっ! もちろんだ!

【ルフレ】
なら、ふたりで行こう。
君の生まれたところへ。

【サイリ】
あぁ。そして共にサクラの花を見よう。

【サイリ】
ふふっ…
お主と一生添い遂げるという契りが…
これほどまでに、幸せなものだとはな…。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー