■メニュー
よくある質問
小ネタネタ集声優
編集用コメント

武器道具入手
ショップ情報

■スキル:一覧評価
■クラス
クラス能力値
クラスチェンジ
専用グラフィック
■キャラクター
仲間にする方法
初期値限界値
┣ 評価:本編DLC
子供ユニット
カップリング考察
支援会話可能キャラ表
キャラ別運用法
シミュレータ
 ┗ iPhone版

本編攻略
010203
0405060708
0910111213
1415161718
1920212223
2425
外伝攻略
0102030405
0607080910
1112131415
1617181920
212223
DLC攻略

■システム
マイユニット
難易度・モード
フリーマップ
支援効果
地形効果
各種計算式
みんなの部屋

■通信
すれ違い通信
お知らせリスト
配信チーム
配信アイテム
配信マップ
配信デュアル
名声ボーナス

■会話集
┣ 戦闘会話集:本編外伝
┣ 支援会話集:一覧
LVUPショップ
あいさつ散り際
┣ キラキラ:支援その他
エピローグ集
異伝会話集

■その他
表類(テスト)
AA
異伝のコラ画像集
マップ再現(テスト中)

合計: -
今日: -
昨日: -
現在: -

ここを編集
支援会話集 ルフレ(男、僕)×ロラン


通常


支援C

【ルフレ】
やあ、ロラン。

【ロラン】
ルフレさん。

【ルフレ】
何をしているの…
あ、本を読んでいるんだね?

【ロラン】
はい。

【ルフレ】
ロランは、ずいぶんたくさんの本を
集めているみたいだね。

【ロラン】
はい。特に魔道書をよく集めています。
魔道書は魔道士にとって
武器であると共に、
神々の歴史や神聖な力について
書かれた資料です。
それを読むのはあらゆる意味において、
とても勉強になるんです。

【ルフレ】
そうだね。戦闘でも役に立つし、
知識も得られる。
魔道書は
色々な意味で大切にしないとね。

【ロラン】
はい…でも僕は、ちょっと変わった
魔道書も集めているんです。

【ルフレ】
ちょっと変わった魔道書?

【ロラン】
はい。時々、魔道書の中には
あんまり役に立たないんですけど、
すごく面白い力があるものがあって…
そういうのを知ると、
つい手に入れたくなってしまうんです。

【ルフレ】
役に立たないけど、面白い…?
強力な攻撃魔法とか
伝説の禁呪が書かれたものとか、
そういう魔道書じゃないの?

【ロラン】
もちろん、そういう魔道書にも
興味はあるんですけどね。
でも今言っているのは、
ちょっと変わった魔道書なんです。

【ルフレ】
へぇ~、でも具体的には
どんな風に変わっているんだい?

【ロラン】
…口で説明してもわかりにくいので、
今度収集したものの中から持ってきて、
ルフレさんにお見せしましょう。

【ルフレ】
うん、わかった。楽しみにしてるよ!

支援B

【ロラン】
ルフレさん。

【ルフレ】
なんだい、ロラン?

【ロラン】
少しお時間をいただいてもいいですか?

【ルフレ】
うん、いいよ。

【ロラン】
今日は、先日お話ししていた
『役に立たない魔道書』を
いくつか持ってきましたよ。

【ルフレ】
ああっ! あの面白い力があるってやつだね!
楽しみにしていたんだ~!

【ロラン】
ははっ、ありがとうございます。
さあ、ではまずこれをご覧ください。
この魔道書は、瞬時に竜巻を起こすことが
できるんです。

【ルフレ】
えっ!? それって風の魔法だろう?
すごい強い力を持った魔法じゃないのかい?

【ロラン】
いえ…竜巻と言っても大きさが手の平に
乗るくらいなので、攻撃力は全くないんです。

【ルフレ】
そうなんだ~。

【ロラン】
じゃあちょっと実践してみますね。
はっ…!

【ルフレ】
わ~! ほんとだ!
まさに手乗り竜巻ってとこだね!
…あ、すぐに消えちゃった!

【ロラン】
はい…
強いて役立てるとすれば、
暑い所に行った時なんかに
風をおこして涼む程度ですかね。

【ルフレ】
あはは、なんか可愛らしいね。

【ロラン】
そして…
こっちは明かりを点ける魔法です。

【ルフレ】
え…ちゃんと役に立つじゃないか。

【ロラン】
でもやはり欠点があるんですよ。
明かりを点けている間、ずっと呪文を
唱えていなければならないんです。
しかも創世の時代に作られた古の呪文なので、
発音が結構難しいんです。
間違えるとたちまち消えてしまいます。

【ルフレ】
へぇ~。その不便さも
なんだか風情があるね。

【ロラン】
それからこれが…
『短距離念話』の魔道書になります。

【ルフレ】
念話? なんだかすごそうな
名前だけど…どう使うの?

【ロラン】
…見ててくださいね…ムンッ!
(…どうですか? 僕の言葉が
頭に響くでしょう…?)

【ルフレ】
わっ! ロランは話してないのに…
頭の中に直接、言葉が伝わってくる!
…す、すごいじゃないか、ロラン!
これのどこが役に立たないんだい?

【ロラン】
…ぷはぁっ! 苦しかった…
…実はこの呪文、使っている間は
息を止めてなくちゃいけないんです。
…しかも、念話が届くのは、
手が届く距離までなんですよ。

【ルフレ】
ははは、なるほど。
だったら、普通に話した方が早いね。
でも、頭に声が響く感覚は
面白い体験だったよ。ありがとう。

【ロラン】
ほかにもいくつかありますが…
まあ、こんな感じですかね。

【ルフレ】
あははっ!
確かにどれもこれも面白い力だよ!

【ロラン】
お気に召して頂けたようで、何よりですよ。

【ルフレ】
みんなを和ます、ひと時の癒しといった
ところだね。とても魅力的だったよ…

【ロラン】
はい、僕もそう思います。
使えないからこそ可愛い…
なんて思ってしまうんですよね。

【ルフレ】
そうだね。他にも面白い魔道書があったら、
また見せてくれるかい?

【ロラン】
あ、はい。喜んでお見せしましょう。


支援A

【ロラン】
はぁ…はぁ…ルフレさん!

【ルフレ】
ど、どうしたんだい…ロラン?
そんなに息を切らして…

【ロラン】
はぁ…はぁ…。じ、実は、すごい
魔道書が手に入ったんですよ。
一説には、幻の原書とまで
呼ばれていたものらしいです!

【ルフレ】
ええっ? …それで、その力は!?

【ロラン】
はい…なんとそれは、
『虹』を作り出すことができるんです。

【ルフレ】
虹…って、雨が上がった後に
空にかかる…あれのこと?

【ロラン】
それを、雨もないのに
作り出せるんですよ?

【ルフレ】
なるほど…それは面白そうだけど、
虹なら時々見られるんじゃないかな…?

【ロラン】
でもルフレさんは、
以前おっしゃいましたよね?
こういった珍しい魔道書は、役には立たない
けれど、みんなを和ます力があると。

【ルフレ】
た、確かにそうだけど。

【ロラン】
まずは論より証拠ですよ。ちょっと魔道書を
使ってみますから見ていて下さい。

【ルフレ】
う、うん…

【ロラン】
黎明たる天地の神々よ…
天上に浮く神々の涙を水に変え、
…そして全ての輝きを今ここに!
…虹の橋よ、かかれっ!

【ルフレ】
わっ! おおっ、すごい! 本当に虹だ!!
…って、あははははっ!!!

【ロラン】
えっ…えっ? あらっ?
虹がない? どこに出ましたか?
あら、あらっ? どこを見上げても
全然虹が見えないんですけど…

【ルフレ】
あははははっ! あははっ!

【ロラン】
ルフレさん…?

【ルフレ】
ロラン、ロラン! 足元を見てみなよ!

【ロラン】
足元…? わっ!
なんですか、このちっちゃな虹はっ!?
ま、まさかこんな極小サイズの
虹だったなんて…

【ルフレ】
あははは…!!
ロラン、君の言うとおりだよ!
こんな小さくて可愛らしい虹が見られたら、
みんなだってきっと和むに決まっているよ。

【ロラン】
…は、はい。そうですよね。

【ルフレ】
うん! …この珍しい魔道書たちは
確かに役に立たないかもしれないけど、
こうして僕たちの心に癒しと潤いを
与えてくれるのかもしれないね。

【ロラン】
ルフレさん…僕、嬉しいです。
そんな風に言ってくれるなんて。

【ルフレ】
これからはこの魔道書たちを使う時は、
他にも人を集めた方がいいと思うよ。
きっとみんな喜ぶはずだ。
この力でみんなに笑顔にしてあげよう!

【ロラン】
はいっ、そうですね。
皆さんにも癒されてもらいたいですね!


親子


支援C

【ロラン】
父様。これ、父様の物ですよね?
向こうに落ちていましたよ。
持ち物の管理は
きちんとしてくださいね。

【ルフレ】
あ…ありがとう、ロラン。
君は本当にミリエルそっくりだね。

【ロラン】
親子なのですから、当然です。

【ルフレ】
まぁそうなんだけどさ。
あまりにも母親似だから…こう、
僕に似てるところも探したくなるよね。

【ロラン】
ありますよ、父様に似ているところ。

【ルフレ】
へぇ、どこどこ?

【ロラン】
髪の色です。

【ルフレ】
あぁ…
まぁそれは見ればわかるけど。
それ以外は何かないの?
僕に似てよく行き倒れるとかさ!

【ロラン】
…そのようなことはありませんね。
というか、その点に関しては
似なくて良かったとさえ思いますよ。

【ルフレ】
うぅ…冷たいね、君…
もうちょっと子供らしくできないの?

【ロラン】
…戦時に子供らしく振舞っても、
他人の邪魔になるだけでしょう。
それに…僕はおそらく、
ルキナよりも年上になっていますから。
もう子供のようにはしゃぐような
年齢ではないのですよ。

【ルフレ】
…え? 君がルキナより…年上?
それはあり得ないだろう。
ルキナはもう赤ん坊として
存在してるけど、君はまだ…

【ロラン】
…少し話しすぎましたね。
すみません父様、僕はこれで失礼致します。

【ルフレ】
ちょっと、ロラン!
…どういうことだろ…


支援B

【ルフレ】
ロラン!

【ロラン】
あぁ父様、こんにちは。
僕に何か用でしょうか?

【ルフレ】
この前の、君がルキナより
年上だとか言ってた件…
あれ、どういうことなんだい?

【ロラン】
…まったく父様は、こういうことだけ
記憶力が良いんですから。
簡単な話ですよ。
飛ばされる時間にズレがあったんです。
ルキナがこの時代に来たのは
ペレジアとの戦争が始まった約二年前。
それに対して、僕がこの時代に来たのは
もう五年ほど前になるでしょうか…

【ルフレ】
そんなにズレがあったの!?

【ロラン】
…はい、ですから僕は…
ルキナよりも三年、多くの時を
ここで過ごしていることになります。
歳の差など、その間に
すっかり追い越してしまっているでしょうね。

【ルフレ】
君…五年間も…
この時代に、たった一人で…?

【ロラン】
はい。だから言ったでしょう。
もう子供のようにはしゃぐ年齢ではないと。
これで父様の疑問は解けましたよね。
それでは、僕はこれから用があるので…

【ルフレ】
ちょっと待って!
君…どうして今まで言わなかったんだ…
五年間も仲間と離れて…
寂しくなかったの…?

【ロラン】
…寂しくなんかありませんよ。
僕はもう、大人なんですから…

【ルフレ】
…………
ロラン…


支援A

【ルフレ】
ロラン。

【ロラン】
父様…どうしたのですか?
まだ何か疑問でも残っているのですか?

【ルフレ】
あぁ。今日は君に……
……こちょこちょこちょ!

【ロラン】
あ、あはははっ! ちょ、ちょっと父様!
何でいきなりくすぐるんですか…!

【ルフレ】
うん! 君、やっぱり
笑ってた方がいいな。

【ロラン】
…は!?

【ルフレ】
君、ずーっと大人ぶってるけど、
何か無理してないか?
そうやって笑ってる方が、
子供らしくてずっといいよ。

【ロラン】
…何を言うかと思えば…。
言ったでしょう、僕はもうそんな歳じゃ…!

【ルフレ】
歳なんか関係ないよ。
ロランがルキナより…僕より年上でも、
どれだけ歳を取っていようとも…、
君は大事な…僕の子供なんだ。

【ロラン】
…………!!

【ルフレ】
それに、君はもう一人じゃない。
仲間も…父さんもいる。
少しぐらい甘えたって、
誰も君のことを咎めたりしない。

【ロラン】
…………
…………父様。
僕、本当は…寂しかったんです。
何年も何年も、たった一人で…
知っている人も誰もいない時代で…
会えるのかどうかも分からない
仲間たちを待って………
だれにも頼れなくて、
弱音を吐ける相手もいなくて……
…辛くて死にそうだったんですよ!
うっ…ううっ……!

【ルフレ】
うん…そうだね…。
見つけてあげられなくて、ごめんね…
これからは、ずっといるから。
もう、一人には…させないから…





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー