@vipdeshosinsha
最新情報はTwitterで


トップ > ニコ生編 > ニコ生デスクトップキャプチャー / 2014年08月31日 (日) 18時56分06秒

カテゴリ ページ名 ニコ生用 ニコ動用 YouTube用 なん実用
ニコ生編 ニコ生デスクトップキャプチャー × × ×



PCの画面をみんなに見せられる 画像や動画もOK

  • ニコ生デスクトップキャプチャー (以下「NDC」と略)は、ライブ配信でデスクトップ画面や画像を配信するさいに使用するソフトウェアです。基本的には、 PCの画面に表示しているものを視聴者に見てもらう ために必要なソフトウェアと考えてください。


▲ニコ生デスクトップキャプチャー

  • NDCでPC画面に映っているものを生放送で配信することができるので、たとえばPCにゲーム画面が映っていればゲーム画面を配信できます。また、Webサイトが映っているのであれば、Webサイトの画面を配信することもできます。つまり、 自分がPCで見ている画面や、他人に見せたいPC画面を配信するさいに使用するアプリ がNDCであるともいえるでしょう。

  • NDCを使用する機会としては、「かんたん配信」による配信の場合や、「外部ツール配信」でFMEを使用する場合があげられます。逆にNDCが不要なケースは、「外部ツール配信」でNLEXSplitOBSといった配信ソフトを使用する場合です。これらの配信ソフトは、NDCと同じような機能を内蔵しているからです。

NLE XSplit OBS

  • なお、音楽を流したり、BGMに マイク をミックスして配信するためには、 ステレオミキサー という機能が必要です。詳細はステレオミキサーの基礎をご覧ください。

目次



NDCの動作に必要なランタイム


ランタイムについて


  • NDC(Ver 1.12以降)の動作には、 ランタイムライブラリ というものが必要です。具体的には、 .NET Framework 4(または4.5) および Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ(x86) がPCにインストールされている必要があります。

  • Windows 8/8.1の場合、.NET Framework 4.5が最初からインストールされています。

ランタイムの確認


  • PCに両ランタイムがインストールされているか、以下の方法で確認しましょう。

「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」の順にクリックします。

一覧に「 Microsoft .NET Framework 4 Client Profile 」が表示されていることを確認します。


または、「スタート」(Windows 8/8.1の場合は右クリック)→「コントロール パネル」→「プログラム」→「Windows の機能の有効化または無効化」でも確認できます。


.NET Framework 4は、こちらからダウンロードできます。

さきほどと同じ手順で「プログラムのアンインストール」に「 Microsoft Visual C++ 2010 x86 Redistributable 」が表示されていることを確認します。Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ(x86)は、こちらからダウンロードできます。


まちがえやすいところですが、NDCは32bit版ソフトウェアであるため、たとえ 64bit版OSであったとしても32bit版パッケージであるVisual C++ 2010 再頒布可能パッケージ(x86) はインストールする必要があります


ダウンロード/インストール


  • つぎにNDCをダウンロードしてインストールしましょう。NDCの動作に必要なランタイム(上述)がすでにPCにインストールされていることを前提としています。 ランタイムがインストールされていない場合は、まずランタイムをインストールしてください。

ダウンロード


  • NDCは、こちらのサイトで配布されています。「NDCXP116_Installer.msi」というファイルをダウンロードします。

NDCのインストール


  • .NET Framework 4およびVisual C++ 2010 再頒布可能パッケージ(x86)がインストールできている場合は、さきほどダウンロードした「NDCXP112_Installer.msi」を起動して画面を順に進めていってください。以上でNDCのインストールは完了です。


▲NDCのインストール画面


簡単な使い方


  • 最初に NDCの簡単な使い方 を見ておきましょう。以下の解説は、「かんたん配信」で配信する場合、または「外部ツール配信」でFMEを使って配信する場合を想定しています。

ニコニコ生放送で枠をとって配信を開始します。

「かんたん配信」タブの「映像」で「 NDC(XP) 」を選択します。FME使用時は、「Video」の「Device」で「NDC(XP)」を選択します。同項目が表示されない場合は、 こちら をご覧ください。


▲かんたん配信の場合

すると、下記画像のような「 スタート画面 」とよばれる画面が表示されます。スタート画面はPCの画面を隠すためにも使用できます *1


デスクトップ 」→「 ウインドウで指定 」の順にクリックします。


すると紫色の枠が表示されます。


枠内にある半透明の白い部分をドラッグし、ゲーム画面など視聴者に見せたい箇所に枠を重ねます。


枠の辺・角をドラッグして取込み範囲のサイズを調整します。枠内にある映像を視聴者に見せることになります。


枠内の「 決定 」ボタンをクリックします。

ニコニコ生放送の再生画面(配信画面)を見て、うまく映像を取り込めているか確認します。

かんたん配信の場合は、「オプション」をクリックして「 フレームレート 」を「15 FPS」にします。かんたん配信では、これ以上高いフレームレートに設定しても意味がないからです。FMEを使用している場合は「30 FPS」にします。


かんたん配信時の設定方法について不明な点がある場合は、かんたん配信のやり方をご覧ください。


映像ソースについて


  • それではNDCの詳しい使い方について見ていきましょう。NDCの「 映像ソース 」と書いてあるところを見てください。通常は「デスクトップ」を頻繁に使用するはずです。


説明
デスクトップ デスクトップ画面を取り込む
画像ファイル PCに保存してある画像ファイルを取り込む
スタート画面 画面を隠す

  • そして、「デスクトップ」なかで 使用頻度が高いのは「ウインドウで指定」および「ウインドウ領域を指定」 です。最初に使いこなせるようになりましょう。


  • なお、 フルスクリーンのゲーム画面は取り込むことができません 。映像が映らないか、または乱れます。ウィンドウでゲームを起動するようにします。


「ウインドウで指定」ボタンによる画面取込み


  • 「デスクトップ」→「ウインドウで指定」の順にクリックします。すると紫色の枠が表示されます。デスクトップ画面のうち、 枠の内側にある範囲を取り込んで配信 することになります。この枠のことを 取込み枠 といいます。取込み枠は 白い半透明の部分をドラッグすることで移動 でき、 辺や角をドラッグすることで大きさを変更 できます *2


▲難しく考える必要はありません。 枠内にある範囲を視聴者に見せることができる ということです。枠外にある範囲は視聴者には見えません。

  • 取り込む範囲の位置と大きさを決めたら、「 決定 」をクリックしてください。「決定」をクリックせずに「Esc」キーを押すと、取込み枠の位置・大きさを変更せずにキャンセルします。

  • 枠の大きさは「 」と「 高さ 」を見ればわかります。この数値を見ながら枠の大きさを変更することによって、 枠の大きさを任意のサイズに変更 できます。Webサイトなどのテキストを取り込みたい場合は、「幅」と「高さ」の数値によっては字がつぶれて読めなくなることがあります(後述)。



「ウインドウ領域を指定」ボタンによる画面取込み


  • いま述べた「ウインドウで指定」と似ていますが、「 ウインドウ領域を指定」 もよく使用します。ゲーム画面などの キャプチャー対象のウィンドウに肌色の四角い部分をドラッグ&ドロップ してください。「ウインドウで指定」と違って、この方法ならば 自動的に取込み範囲を決めることができる ので便利です。


  • また、 キャプチャー対象を移動しても取込み範囲がずれない という点も重要です。「ウインドウ領域を指定」以外の方法でデスクトップ画面を取り込むと、キャプチャー対象を移動したさいに取込み範囲がずれてしまいます。たとえば、ゲーム画面を「ウインドウで指定」によって取り込んでいるとします。このときゲーム画面を移動すれば取込み範囲がずれます。しかし、「ウインドウを指定」によってゲーム画面を取り込んでいるときは取込み範囲がずれません。

  • クライアント領域 」にチェックを入れておけば、 タイトルバーを除外して キャプチャー対象のウィンドウを取り込みます。たとえばPCゲームのウィンドウでいえば、ウィンドウのタイトルバーを除いたゲーム画面だけを取込み範囲にしてくれます。通常はチェックを入れておいたほうがよいでしょう。



そのほかの画面取込み


トリミング


  • ほかにも「 トリミング 」でもデスクトップ画面を取り込むことができます。「トリミング」をクリックすると緑色の半透明なレイヤーがデスクトップ画面いっぱいに表示されるので、ここでドラッグして取込み範囲を決めます *3

全画面


  • 「全画面」は、デスクトップ画面全体を取り込みます。文字が読みづらくなるため、通常は使いません。


画像ファイルの表示方法


  • HDDに保存してある画像ファイルを視聴者に見せたいときは「 画像ファイル 」をクリックします。そして、「参照」をクリックして画像ファイルを選択します。画像ファイルを直接NDCにドラッグ&ドロップすることでも画像を取り込むことができます。「表示モード」は「アス比固定」のままにしておきましょう。


  • この方法で画像ファイルを取り込むメリットは、 画像ファイルをデスクトップ画面に表示しておく必要がない という点にあります。すなわち、デスクトップ画面に表示している画像ファイルを取り込む方法だと、画像をデスクトップ画面に表示しておかなくてはいけません。そのためデスクトップ画面が狭くなってしまいます。しかし、「画像ファイル」のほうから画像ファイルを読み込めばデスクトップ画面を広く使うことができます。


字幕の表示方法


  • 画面に 字幕 (テロップ)を表示することができます(Windows XPは除く)。視聴者に伝えておきたいことがあるときは、字幕を有効に使いましょう。字幕は視聴者が見ている画面に表示されます。

  • 字幕を表示するにはまず「テロップ」をクリックします。すると画面が切り替わるので、テキスト入力欄に文字を入力して「確定」をクリックします。ここで入力した文字は、テキスト入力欄の文字を削除して「確定」をクリックしないかぎり表示されます。入力できる文字数は最大で50文字です。



細かな設定


  • NDCの「映像ソース」で「デスクトップ」を選択しているときは、「詳細指定」「キャプOP」「画像処理OP」において細かい設定が可能です。

詳細指定


  • 「詳細指定」で数値を入力して「決定」をクリックすれば、それに合わせて取込み範囲を決めることもできます。「 マウスを追跡する 」は、チェックを入れておくことでマウスカーソルの移動に合わせて取込み範囲が変化します。

キャプOP


  • マウスカーソルを表示したいときは「 マウスカーソルを表示する 」にチェックを入れておきます。取込み範囲内に、視聴者には透明で見えないものがある場合、「 レイヤードウインドウも表示する 」にチェックを入れます。


画像処理OP


  • 表示モード 」では「アスペクト比固定」以外を選択する必要はありません *4 。「 画質 」では「低い」と「高い」を選択できます。ケースにもよりますが、後者を選択していると高画質になります *5



オプション設定の変更


ロゴを非表示にする


  • 画面右上に表示されている ロゴ は非表示にできます。ロゴを非表示にするには「オプション」をクリックして 「透かしを表示する」のチェックを外します


フレームレートを変更する


  • フレームレート というのは、動きの滑らかさを決める設定のことです。私たちはニコニコ生放送でカクカクした紙芝居のような配信をよく見かけます。この状態を「フレームレートが低い」「低フレームレート」といい、基本的にはフレームレートが高いほうが動きの滑らかな動画になります。

  • しかし、ニコニコ生放送に限っていえばフレームレートを高く設定する必要はありません。15fpsくらいにしておきましょう。30fpsに設定すると逆に映像がカクカクします(「かんたん配信」時)。これは PCスペック や回線速度に関係なく起こる現象であり、ニコニコ生放送(ユーザー生放送)の仕様となっています。


  • 他方、FMEを使用している場合は、FMEの「 Frame Rate 」と同じ値を設定してください。 FME使用時は、NDCで設定したフレームレートでの配信となります。 たとえば、FMEの「Frame Rate」を30fpsにし、NDCの「フレームレート」を15fpsに設定した場合、15fpsでの配信となります。


こんなときは


「NDC(XP)」が表示されない


  • 「NDC(XP)」が表示されず選択できない場合 は、上で述べた ランタイム がインストールできているか確認しましょう。また、Skypeで「NDC(XP)」が選択されている可能性があるので、いったん終了してください。さらに、ほかのWebブラウザ(例 : Internet Explorer)で配信した場合はどうなるか試してみます。

「ソフト側でNDCを選択してください。」と表示される


  • 「かんたん配信」タブの「映像」、またはFMEの「Video」の「Device」で「NDC(XP)」を選択していない状態でNDCを起動すると、 「ソフト側でNDCを選択してください。」と表示され、ボタンをクリックできません 。放送画面またはFMEで「NDC(XP)」を選択すればNDCを使用可能になります。


  • また、「Adobe Flash Player 設定」の「カメラとマイクへのアクセス」で「拒否」を選択した場合も同様のメッセージが表示されるので注意しましょう。まちがえて「拒否」を選択してしまった場合は、画面上で右クリックして「設定」→「許可」の順にクリックしてください。



取り込み範囲の文字がつぶれるときは


  • 取り込み範囲の文字がつぶれてないように美しく表示 したい場合、「デスクトップ」の 「画像処理OP」タブの「画質」で「高い」を選択 する方法が簡単でよいでしょう。


  • また、NDCの「デスクトップ」で取込み範囲を 幅640、高さ360 にして、「かんたん配信」タブで解像度を「 640 x 360 」にする方法もあります。デスクトップ全体を取り込んではいけません。映像を縮小するので文字がつぶれるからです。


Tips


  • 「ファイル」をクリックして「常に手前に表示」にチェックを入れると、NDCがいつも最前面に配置された状態になります。

  • NDCを起動すると自動的にWindows Aeroが無効になります *6

  • NDCとよく比較されるソフトウェアとして、 SCFH DSF があります。NDCとSCFH DSFは同じ目的のソフトウェアですが、細かい機能に差違があります。たとえば、SCFH DSFには レイアウト機能 といって、Webカメラの映像とゲーム画面を2窓で同時に配信することができる機能があります。しかし、NDCには同機能がありません。


関連項目


  • このページと関連性の強いページは以下のとおりです。

ページ名 内容 重要度
コメント ニコ生デスクトップキャプチャーについての質問など -
ニコニコ生放送 生放送を行うための手順 A
ニコ生で必要なもの ニコ生での配信に使うソフト・ハード B



トップ > ニコ生編 > ニコ生デスクトップキャプチャー / 2014年08月31日 (日) 18時56分06秒





*1 たとえば名前や住所などの個人情報を見せたくない場合、「スタート画面」と書かれてあるボタンをクリックすればいつでも画面を隠すことが可能です。

*2 「Shift」キーを押しながらドラッグすると、アスペクト比(取込み枠の幅と高さの比率のこと)を4:3に固定したまま取込み枠の大きさを変更できます。

*3 レイヤーが表示されているときにドラッグせずに「Esc」キーを押すと、取込み範囲を変更せずにキャンセルします。また「Shift」キーを押しながらドラッグすると、アスペクト比(取込み範囲の幅と高さの比率のこと)を4:3に固定したまま取込み範囲を変更できます。

*4 「ストレッチ」はアスペクト比を無視して画面サイズを最大限に引き伸ばします。したがって、映像が縦または横に伸びることがあります。「ズーム」は、アスペクト比を固定したまま映像を画面いっぱいに拡大します。映像が伸びることはありませんが、拡大する場所を任意に選ぶことはできません。

*5 NDCの「画質」選択は、映像を拡大・縮小するときに関係してくる設定です。簡単にいえば、「画質」で「高画質」を選択していると映像をできるだけ美しく拡大したり縮小してくれるのです。たとえば、ニコニコ生放送の「かんたん配信」タブで解像度を「512×384」にして、NDCの取込み枠のサイズを640×480にしたとします。この場合、640×480の映像を512×384に縮小する処理が行われます。したがって、NDCの「画質」で「高画質」を選択していれば画質が向上します。「高画質」を選択しているので、映像がきれいに縮小されるからです。他方、いまのケースでかりにNDCの取込み枠のサイズを512×384にしているときは、「画質」で「高画質」を選んでいても「低画質」を選んでいても画質に変化はありません。映像が拡大・縮小されないからです。

*6 「ファイル」をクリックして「Windows Aeroを無効にする(Windows Vista/7)」のチェックを外すとAeroを有効にしたままNDCを使用できますが、パフォーマンスが下がります。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー | トラックバック