※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

&size(16){''蒼星石''}~Lapislazuli~(Ver1.5対応済)


魔法名称 弾数 威力 備考
ボム 5 9(直撃14)
ゴースト 2 20
スパイク 6 9
ラピッドアロー 50 1
ソード 3 26
ウェイブ 3 15

キャラクター性能と概要

 全体的なスピードはトップクラスで、詠唱の短い魔法が多く、
 優秀な近接を持つ中~近距離タイプ
 基本的にSが多く出るので運要素が他のドールより比較的少なく、実力勝負になり易い


移動性能

 歩きは速めだが当然くんくんには劣る
 ダッシュ硬直の短さはトップクラスで、ダッシュが連続して出せる


基本戦術

 弾数と硬直の少ない魔法が多く、ヒットアンドアウェイが基本となるが
 拾える魔法の大半はSであり、Sの範囲・射程距離を把握しておかないと扱いは難しい
 ただし、Sだけ扱えても勝てるという訳では無いので注意


 ダッシュ硬直が短いので、ジャンプの直後にダッシュを入力すれば、
 ジャンプの頂点付近でもう1度ダッシュする事ができ、
 その着地直後にもすぐ地上ダッシュor空中ダッシュ(以下 JD)が出せる
 (JD→JD→着地→地上ダッシュorJD) 
 最初のJDのタイミングは、ジャンプの直後にダッシュをしないとダッシュ硬直が残り、
 2回目のJDの開始が遅くなるので短い距離で着地してしまう
 この場合、着地してからもダッシュの硬直が残っているため、すぐにダッシュできず隙を晒す事になる


 地上ダッシュは、鞄の取得以外では封印した方が無難かも知れない


 ほぼ常時最速で動ける移動性能と独特の小回りを活かし、逃げに徹するのも戦術の一つ
 下手に動いて時間ギリギリで仕留めるより、タイムアップを狙うのも効果的である
 Sがあたらないと感じる人を相手にしたときにも、RやPをダメージ源として逃げに徹するのも手
 この戦術を取る場合、下手な攻撃は受けないというのが条件であり、それなりに高度なテクニックを要することになる


魔法解説


ボム 詠唱・無 5発
当たり判定:地上・空中

 着弾地点でしばらく燃え上がる蒼いマポロチョコを近距離に投げる
 地上を走り回る薔薇水晶に対してばら撒いたり、相手が鞄を拾う際に鞄付近へ投げたりしよう
 投げる方向は蒼星石の向きに準拠するので、連打しながら旋回すると広範囲を燃やせる
 落下前に直接当てる事も可能だが、狙うのは難しいので、Bを盾にし相手の動きを窺ったり、相手の行動を制限するのが主な用途となる


ゴースト 詠唱・有 2発 ダウン
当たり判定:地上のみ  

 威力こそそこそこ高いものの、蒼星石の技の中ではイマイチな使い勝手。
 詠唱も蒼星石の技としては長く、誘導や判定もお世辞にも良いとは言えないため
 牽制で撃つ程度にして次の鞄を狙いに行くのが得策か。
 接射気味に撃つと若干当たりやすい。


スパイク 詠唱・無 6発
当たり判定:地上発動/地上のみ
         空中発動/直当てのみ空中でもヒットする(以下地上判定)

 長い時間相手を追尾するピンクのマポロチョコを自分の前方に置く
 出がそれなりに早く、向きをあまり気にしなくて良いので、近距離でJDを混ぜながら撒く事も可能
 威力もそれなりに高く、拾ったら速攻で撃ちきるのも良いが、相手のRには注意
 追尾性能を活かし相手の移動を予測したり狭める事で、Sで斬る為の布石になる


ラピッドアロー 詠唱・無 50発

 スピードの速い蒼星石と相性が良く、詠唱潰し、けん制、間合い外しに役立つ
 威力は期待できないが強制ダウンを誘える
 中距離から撃ちつつJDを繰り返せば、回避しつつ当て続ける事が可能


ソード 詠唱・無 3発
当たり判定:地上発動/地上のみ
         空中発動/地上・空中 

 出の早い剣を左後方から右後方へ振り、方向や距離によって多段ヒットする、蒼星石の主力
 相手の魔法によっては一方的に潰せるが、射程が短いので詠唱の短い魔法に弱い
 立ち位置や相手の魔法の関係で当てにくいと思ったら破棄し、BやPを求めるのも手

 振りが速いが、その分攻撃判定の残る時間が一瞬なので、
 素早いキャラ相手との対戦でラグがあると、先読みしても狙って当てる事は非常に困難
 ダッシュはそれなりに速いので、ダッシュS・JDSで長い距離を薙ぐ事も可能

 近距離での混戦時では、JDSを連続で3回繰り返す事で、
 範囲の狭さ、攻撃判定時間の短さを補う事ができるが、外した際のリスクも大きい


ウェーブ 詠唱・短 3発 ダウン
当たり判定:地上のみ

 範囲が広く、中距離で消滅する衝撃波
 連打する事で1発目以降の詠唱を少し短縮できる
 近接の迎撃や、鞄を拾う相手、画面端に追いつめた時、追い詰められた時に有効
 連続で出さずにタイミングをずらす事で、回避のタイミングを惑わせるのも効果的
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|