トップ > 動画カテゴリ概要 > Skypeの通話音声を動画に入れる方法 / 2017年11月29日 (水) 19時52分07秒



動画にSkypeの通話音声を入れるやり方、3パターンを解説

  • このページでは、キャプチャーボードを使用してTVゲームを録画中、Skypeの通話音声を動画に入れるための方法について解説しています。実況プレイ動画を作成した経験があることを前提とした解説です。


  • PCゲームを録画しつつ、Skypeの通話音声を入れたいという場合は、とくに難しい設定は必要ありません。マイクの音とゲームの音を録音する設定にして録画するだけです。具体的な設定方法については、各キャプチャーソフトの解説記事をご覧ください。このページでは扱いません。


目次


さまざまなやり方と、そのメリット・デメリット


  • いろいろなやり方がありますが、大きく3種類に分けて考えましょう。下表をご覧ください。

説明
(1)アマレコTVを使った方法 ・対応製品のみ可能
・基本的にソフトウェアエンコードの製品が対応
・まとめ録り
(2)RECentralを使った方法 ・対応製品のみ可能
GC550AVT-C878C988が対応
・まとめ録り
(3)Elgato Game Capture HDを使った方法 ・対応製品のみ可能
Elgato Game Capture HDシリーズが対応
・まとめ録り

  • 表中の「まとめ録り」というのは、ゲームを録画中に通話音声を動画に入れる方法です。もっといえば、録画ボタンをクリックしてゲームを録画するだけで、Skypeの通話音声が動画に入るというやり方です。


  • 対応製品に注意しましょう。たとえば、(2)の方法を採用できるのは、GC550AVT-C878C988の3製品です。MonsterX U3.0Rを使用しているなら(1)の方法です。また、AVT-C875の場合は(1)の方法になりますが、Stream EngineをインストールしていないとアマレコTVを使えません。


別録りについて


  • どのようなキャプチャーボードでも可能な方法として、ゲームの録画と通話音声の録音を別々に行う方法があります。これを別録りといいます。つまり、ゲームを録画しつつ、並行して別アプリで通話音声を録音し、最後に編集ソフトで動画に通話音声を入れるという手法です。


  • 通話音声を録音できるアプリとしては、「Audacity」や「Free Video Call Recorder for Skype」などがあります。かつては「Tapur」でも可能でした。Audacityの場合は、PCの音を録音する設定にすれば通話相手の声を録音できます。別録りについては、このページでは扱いません。中・上級者向けの方法となります。

        Audacityの使い方


アマレコTVを使った方法



  • 注意点として、このやり方はアマレコTV4ではできません。ミキサー機能がないからです(2017年11月現在)。したがって、アマレコTV3を使用してください。

アマレコTVの設定画面を開きます。


▲画像は、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)より

「グラフ 3(ライブ)」タブを開きます。

ミキサー」をONにします。


忘れずに「ビデオキャプチャ音のループバックを防ぐ」をONにしましょう。これは、ゲーム音が繰り返し取り込まれるのを防止するための設定です。ふだんはOFFにしておきますが、今回にかぎりONにします。


使用中のマイクを選択します。


「PCの音」で「AmaRec Stereo Mixer」を選択します。この設定にすることで、通話相手の声を録音できます。


「OK」をクリックします。

録画、およびSkype通話を開始します。


RECetralを使った方法


RECentral 3


  • RECentral 3は、GC550AVT-C878、およびC988に付属されているキャプチャーソフトです。PCの音を録音できる機能があるので、これを使いましょう。

「マイク/他のサウンドデバイス」にチェックを入れ、使用中のマイクを選択します。


▲画像は、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)より

「PC音声」にチェックを入れます*1。通話相手の声を入れるための設定です。


録画、およびSkype通話を開始します。

RECentral 4


  • RECentral 4は、RECentralシリーズの最新バージョンです。2017年11月現在、AVT-C878が対応しています。今後、GC550C988も順次対応する予定です。

ミキサーを開きます。


「マイク/他のサウンドデバイス」の「+」アイコンをクリックして、使用するマイクを選択します。「音量」にもチェックを入れてください。


「PCで流れるシステム音」の「音量」にチェックを入れます。


録画、およびSkype通話を開始します。


Elgato Game Capture HDを使った方法




Skypeの設定


  • まずは、以下のようにしてSkypeの設定を変更します。通話相手の音声を付属のキャプチャーソフト上で再生する設定となります。

  1. 「通話」→「オーディオ設定」の順にクリックする。
  2. 「スピーカー」で「スピーカー (Elgato Sound Capture)」を選択する。
  3. 「保存」をクリックする。


▲カッコ内が「Elgato」になっている点が重要です。

付属のキャプチャーソフトの設定


  • つぎは、付属のキャプチャーソフトの設定です。ここでの設定はミスしやすいので注意しましょう。

「Elgato Sound Capture」の歯車アイコンをクリックします。


▲画像は、『オーバーウォッチ』(ブリザード・エンターテイメント/スクウェア・エニックス)より

チームチャット」を選択します。


「チャット用のマイクはどれですか。」で、使用中のマイクを選択します。ここで設定をまちがえると、自分の声が動画に入りません。


「どこからお友達の声を再生しますか。」で、使用中の音声出力デバイスを選択します。自分が現在PCの音を聞くのに使っているデバイスを選んでください。設定をまちがえると、通話相手の声が聞こえず、かつ動画にも入りません。


▲ここでは「スピーカー」を選択しましたが、USBヘッドセットを使用している場合はそれを選択します。

設定画面を閉じます。

「Elgato Sound Capture」の「チームチャットをキャプチャ」にチェックを入れます。忘れやすいので注意してください。


Skypeの通話相手に声を出してもらい、「Elgato Sound Capture」のレベルメーターが動いていることを確認します*2


「コメンタリー」をOFFにします。自分の声が二重になるのでONにはしません。


録画、およびSkype通話を開始します。


その他


  • スピーカーから音を出していると、その音をマイクが拾ってしまい、エコーやハウリングが起きることがあります。対策としてヘッドフォンを接続するようにしましょう*3


  • 既定の通信デバイスが機能している状態だと、Skypeで音声通話を開始したさいに通話相手以外の音声のボリュームが自動的に変更されてしまいます。そこで、既定の通信デバイスは無効にしておきましょう。

  1. 画面右下のを右クリックする。
  2. 「再生デバイス」または「録音デバイス」を選択する(どちらでもよい)。
  3. 「通信」タブを開く。
  4. 何もしない」を選択する。
  5. 「OK」をクリックする。


関連ページ