最新情報はTwitterで

トップ > ライブ配信カテゴリ > XSplitの詳しい使い方(2) / 2017年06月23日 (金) 22時13分12秒




目次



シーン機能を使って複数の画面を切り替える方法


  • シーン機能 は、現在の画面を違う画面に一瞬で切り替える機能です。たとえば、ふだんはゲーム画面を表示しておいて、休憩のときだけ猫の画像を表示するというようなことがワンクリックで可能です。 視聴者からすると画面が一瞬で変わったように見える ので、うまく使えばスムーズに画面を切り替えられるでしょう。


  • シーン機能を使うには、 複数のシーンにソースをそれぞれ追加 しておく必要があります。そして、各シーンをクリックで切り替えるわけです。なお、使用できるシーン数は、 無料版は4個まで となっています。

通常どおり「Scene 1」にソースを追加します。


今度は「Scene 2」をクリックし、ソースを追加します。


「Scene 1」や「Scene 2」のボタンをクリックすることで、各シーンを切り替えることができます *1 。XSplitのプレビュー画面で確認してください。


各シーンを切り替えたさいのエフェクト( トランジション )は、「切り替え」で変更することができます *2 。10種類以上あるので、好みのものにしましょう。


シーン追加後は、「Scene」ボタン上にカーソルを重ねることで、 ソースがサムネイルで表示 されます *3 。シーン数が多いときに便利な機能です。


シーン名を変更することもできます。わかりやすい名前にするとよいでしょう。


登録したシーンは、「ファイル」→「 プレゼンテーションの保存... 」で保存可能です。保存したシーンを読み込みたい場合は、「ファイル」→「プレゼンテーションの読み込み...」の順にクリックします *4


BGMとマイクを同時に配信する方法


サウンドの設定


  • PCで再生している音とマイクの音(自分の声)を同時に配信するための設定方法 は以下のとおりです。ここでいうPCの音というのは、PCで流しているBGM、ゲーム音、Skypeの通話相手の声など、 PCから出ているすべての音 をさします。

  1. マイクをPCに接続しておく(USBマイクも可)。
  2. 歯車アイコンをクリックする。
  3. 「オーディオ」タブを開く。
  4. 「システムサウンド」が「 Default Speakers 」になっていることを確認する。
  5. 「マイク」で 「マイク」を選択 する。
  6. 「OK」をクリックする。


▲「マイク」のカッコ内の表示はPC環境によって異なります。

マイク音声を遅らせる機能


  • XSplitには、 マイク音声を遅延させる機能 があります。この機能は、Game Capture HD60Game Capture HDなど、 遅延の大きいビデオキャプチャーを使用している場合に 、ゲームの映像・音声に合わせてマイク音声(自分の声)を遅延させる目的で使用します(詳細)。 すべての製品で必須の設定というわけではありません。

  1. 歯車アイコンをクリックする。
  2. 「オーディオ」タブを開く。
  3. 遅延(ms) 」を1,000~2,500msにする。
  4. 「OK」をクリックする。

BGMの音量調整


  • BGMは小さめにして、逆にマイクの音はできるだけ大きく 調整しましょう。BGMの音量は、基本的にそのBGMを再生しているアプリで調整します。この場合、自分が聞いているBGMの音量が変化し、かつ視聴者に配信されるBGMの音量も同時に変化します。

  • もし、 自分が聞いているBGMの音量はそのままにしつつ、視聴者に配信されるBGMの音量を小さくしたいという場合は、XSplit側で音量を調節 します。下記画像の部分をいじると、視聴者に配信されるBGMの音量が小さくなります *5 。視聴者にBGMが大きいと指摘されたときは、必要に応じて下げるとよいでしょう。



各配信サイトで配信するための設定方法


  • ライブ配信するためには、 XSplitで配信サイトに接続 する必要があります。そのための設定( 放送設定 )を行っていきましょう。XSplitのメニューから「 出力 」をクリックして設定します。


ニコニコ生放送


  • XSplitは、ニコ生での配信に標準対応しています。そのため、簡単に放送設定が可能です。

  1. 「出力」→「新しい出力を設定する」→「More services...」の順にクリックする。
  2. ニコニコ動画 」を選択し、「Installed」をクリックする。
  3. niconicoのアカウント 作成時に登録したメールアドレスとパスワードを入力する。
  4. 「OK」をクリックする。
  5. 「出力」をクリックし、「Niconico」が表示されていることを確認する。


ツイキャス


  • ツイキャスで配信する場合、 XSplitのような配信ソフトを使用できるのは高画質ゲーム配信のときだけ です。高画質ゲーム配信は、レベル20以上でないと利用できません(詳細はツイキャス高画質ゲーム配信参照)。

  1. 「出力」→「新しい出力を設定する」→「 Custom RTMP 」の順にクリックする。
  2. Name 」に適当な名前を入力する(例 : 「ツイキャス」)。
  3. RTMP URL 」に、ツイキャスの放送画面のページにある「URL」をコピー&ペーストする。
  4. Stream Name 」に、ツイキャスの放送画面のページにある「Stream Name」をコピー&ペーストする。
  5. 「OK」をクリックする。
  6. 「出力」をクリックし、「ツイキャス」が表示されていることを確認する。


Twitch


  • XSplitは、Twitchでの配信に標準対応しています。同サイトが推奨する設定に合わせて、自動的に設定されます。

  1. 「出力」→「新しい出力を設定する」→「 Twitch 」の順にクリックする。
  2. 「Authorize」をクリックする。
  3. Twitchのアカウント 作成時に登録したメールアドレスとパスワードを入力する。
  4. 画面を進めていく。
  5. 「アカウント」にTwitchのアカウント名が表示されていることを確認する。
  6. 「サーバー」を「自動」または「Asia: Tokyo, Japan」にする。
  7. 「OK」をクリックする。
  8. 「出力」をクリックし、「Twitch」が表示されていることを確認する。


YouTube Live/YouTube Gaming


  • XSplitは、YouTube Liveでの配信に標準対応しています。同サイトに合わせて自動的に設定されます。

  1. 「出力」→「新しい出力を設定する」→「 YouTube Live 」の順にクリックする。
  2. 「Authorize」をクリックする。
  3. Googleのアカウント 作成時に登録したメールアドレスとパスワードを入力する。
  4. 「ID」に名前が表示されていることを確認する。
  5. 「OK」をクリックする。
  6. 「出力」をクリックし、「YouTube Live」が表示されていることを確認する。

そのほかの配信サイト


  • 上記以外の配信サイトの場合(例 : OPENREC、FRESH!など)は、以下のとおりです。

  1. 「出力」→「新しい出力を設定する」→「 Custom RTMP 」の順にクリックする。
  2. Name 」に適当な名前を入力する(例 : 「OPENREC」)。
  3. 配信サイトにアクセスし、放送ページに掲載されている 「rtmp://」で始まるURLを「RTMP URL」にコピー&ペースト する。
  4. 配信サイトの放送ページに掲載されている ストリームキーを「Stream Name」にコピー&ペースト する。
  5. 「OK」をクリックする。
  6. 「出力」をクリックし、いま追加した配信サイトが表示されていることを確認する。



画質の設定-ビットレート-


  • 配信者であれば配信時の画質が気になるでしょう。画質をよくしたいのであれば、最低限 ビットレート解像度 について覚えておく必要があります。

ビットレートとは


  • ビットレート は、 数字が大きいほど高画質・高音質 な配信にできます(単位はbps)。画質・音質をよくしたいなら、まずはビットレートの設定を変更しましょう。高画質にしたいなら 映像ビットレート を、高音質にしたいなら 音声ビットレート をそれぞれ上げます。ただし、 無料版のXSplitは音声ビットレートを96kbpsから変更できません

  1. 「出力」をクリックする。
  2. 配信サイト名の横にある歯車アイコンをクリックする *6
  3. 「ビデオのエンコード」と「オーディオのエンコード」、それぞれの「 Bitrate (kbps) 」を変更する。

  • 画質の設定は、 各配信サイトごとに 行います。配信者の回線速度(上り)に問題がないとして、 無難なビットレート設定は2,000~3,500kbps (映像+音声)です。ただし、ツイキャスではここまでビットレートを上げることはできません(後述)。


  • なお、 TwitchではCBRが推奨 されています(詳細は公式サイト参照)。CBR(固定ビットレート)というのは、ビットレートが一定で変動しないようにする設定のことです。XSplitでは、「ビデオのエンコード」の「 モード 」でCBRを選択できるようになっています。初期設定でCBRになっているので、変更の必要はありません。

ビットレートの設定例、および配信サイトにおける上限


  • 注意点ですが、配信者が 回線速度を考慮せずに高いビットレートにすると、配信映像がカクカクして滑らかに動きません 。したがって、回線速度との関係でビットレートの設定をしていく必要があります。また、後述するとおり解像度のことも考える必要があるため、 むやみに高く設定できない のです。

  • さらに、 ニコ生およびツイキャスでは、ビットレートに上限が設けられています 。この上限を守った設定にしないと、 配信が途切れたり切断される ので注意してください。ビットレートが低ければ画質は悪くなりますが、配信サイトの仕様なので我慢するほかありません。

ビットレート上限(映像+音声)
ニコ生(新配信) 2,000kbps(例 : 1,904+96)
ツイキャス 700kbps推奨(例 : 604+96)
Twitch おおよそ6,000kbpsまで(例 : 3,000+128)
YouTube Live 51,000kbps程度(例 : 3,000+128)
OPENREC 2,500kbps程度(例 : 2,500+128)
Mixer(旧Beam) 10,000kbps程度(例 : 3,000+128)


画質の設定-解像度-


  • 画質を語るうえで 解像度 の設定も重要です。解像度はビットレートとのセットで考えていきましょう。というのも、 解像度を高くしても映像ビットレートが低ければ逆に画質が落ちてしまう からです。解像度の設定は、XSplit右側にある矢印ボタンをクリックして「 Resolution 」で行います。


  • TwitchやYouTube Liveで配信する場合は、解像度を 1280x720 以上のHD画質で配信できます。この場合、 低ビットレートだとモザイク状のノイズ(ブロックノイズ)がめだちやすくなります 。そこで、 解像度を大きくした場合はビットレートの設定も高く設定する ようにしましょう。


解像度の設定例
ニコ生(新配信) 800x450
ツイキャス 640x360
Twitch 1280x720
YouTube Live 1280x720
OPENREC 1280x720
Mixer(旧Beam) 1280x720

  • ただし、ビットレートを高くした結果、回線速度との関係で配信映像がカクカクする場合があります。その場合は、ビットレートや解像度の設定を見なおしてください。また、フレームレートを下げるのも効果があります *7


配信を開始・終了する


  • 配信を開始 するには、「 出力 」をクリックし、配信するサイトを選択します。 配信を終了 場合も同様の操作を行ってください。


  1. 「出力」で放送設定を事前にすませておく。
  2. 「出力」をクリックし、配信サイトを選択する(配信開始)。
  3. 「出力」をクリックし、配信サイトを選択する(配信終了)。

  • ニコ生で配信する場合は、 事前に枠取りを行っておきましょう 。そうしないと、「出力」→「Niconico」の順にクリックしたとき、「ニコ生へのリクエストはエラーとなりました:notfound」というエラーが出て、XSplitで配信を開始できません。

  • 配信中、各配信サイトの放送画面を開いて映像・音声を確認する場合は、 画面下にあるスピーカーアイコンをミュート にします。音声が繰り返し取り込まれるのを防ぐため(ハウリング防止)です。


▲ツイキャスの場合


複数サイトでの同時配信


  • XSplitには、 複数のサイトで同時に配信できる機能 が搭載されています。これにより、たとえばニコ生とツイキャス、TwitchとYouTube Liveなど、2箇所で同時配信することが可能です。PCにかかる負荷は、ひとつのサイトで配信する場合と変わりません。ただし、 パーソナルライセンス、またはプレミアムライセンス である必要があります。

  • 同時配信の設定は簡単です。2つの配信サイトの設定をして、それぞれ配信を開始するだけです。

  1. 「出力」で、複数のサイトの放送設定を事前にすませておく。
  2. 「出力」から配信を開始する。
  3. 再度、「出力」から別サイトでの配信を開始する。


  • 上りの回線速度には注意 しましょう。複数の配信を同時に行うので、通常よりも多くの帯域が必要です。上りの回線速度を考えてビットレートの設定を適切なものにしてください。そうしないと、映像が紙芝居のようにカクカク動く場合があります。

  • 解像度を配信サイトごとに設定することはできません。ニコ生とツイキャスで同時配信する場合や、TwitchとYouTube Liveで同時配信する場合は問題ありませんが、ニコ生(またはツイキャス)とTwitch(またはYouTube Live)で同時配信する場合などは、解像度をニコ生(またはツイキャス)に合わせて640x360にしておきましょう。


プリセットによる画質変更


  • 画質に影響がある設定として、 プリセット があります。プリセットを変更することで画質を上げることができますが、その代わりPCにかかる負荷は大きくなります。 PCの負荷が大きくなると、PCの動作が重くなり、配信映像がカクカクする ことがあります。

  1. 「出力」をクリックする。
  2. 歯車アイコンをクリックする。
  3. 「ビデオのエンコード」にある歯車アイコンをクリックする。
  4. 「Codec」が「x264」になっていることを確認する *8
  5. 「Encoder Preset」を「slow」にする。


ローカル録画、動画編集・投稿


  • 配信中は、その映像・音声を 動画としてPCに保存 することができます *9 。ライブ配信をあとから見返したい場合や、ライブ配信を生で見られなかった視聴者のために使う機能です。

  1. 「出力」から、配信サイト名の横にある歯車アイコンをクリックする。
  2. 「ローカル ドライブにレコーディングを自動で保存」にチェックを入れる。
  3. 「OK」をクリックする。
  4. 「ツール」→「マイレコーディング」の順にクリックし、「場所」で動画の保存場所を設定する。
  5. 設定画面を閉じて配信を開始する。
  6. 配信中の映像が録画される。


  • 動画はXSplitからYouTubeに投稿することができます( 動画アップロード機能 )。「ツール」→「マイレコーディング」で動画を選択すると、右下にYouTubeのアイコンが表示されるのでクリックしてください。

  • 有料版(パーソナル・プレミアム)限定 ですが、 動画編集機能 を使用することができます。ただ、編集といっても簡単なカット編集機能です。

  1. 「ツール」→「Express Video Editor」の順にクリックする。
  2. 「Add a video」から動画を開く。
  3. 動画の不要な部分の始点・終点でそれぞれ分割する(ハサミのアイコン)。
  4. 不要な場所を削除する(ゴミ箱のアイコン)。
  5. 「File」→「Export Video」の順にクリックし、保存場所を決めて「保存」をクリックする。


プレミアムのみが使える機能の例


  • 以下の機能は、 プレミアムライセンスのみ が使用できます。

プレビューエディター


  • 通常、シーン・ソースを編集している作業は、リアルタイムで視聴者に見えています。しかし、 プレビューエディター機能 を使うことで、配信中であっても視聴者に見えないようにしてシーン・ソースを編集し、準備が整ったところで映像を見せることができます。

  1. 「Scene」ボタン上で右クリックして、「Preview Editor」を選択する。
  2. プレビューウィンドウ が新たに表示される。
  3. 同ウィンドウでシーン・ソースを編集する。
  4. 準備が整ったら、同ウィドウの「Go Live」をクリックする *10
  5. XSplitのプレビュー画面に、シーン・ソースの編集が反映される。


プロジェクター


  • プロジェクター機能 は、任意のPCディスプレイにXSplitのプレビュー画面(シーン)を全画面出力できます。マルチディスプレイ(マルチモニター)にも対応しています。

  1. 「出力」をクリックする。
  2. 「Projector」にカーソルを重ねる。
  3. 任意の「Screen」を選択する *11
  4. 「Scene」のいずれかを選択する。
  5. そのシーンのソースが画面に映し出される。

オーディオソース


  • 通常は、1本のマイクを使って声を入れる場合がほとんどでしょう。しかし、設定を変更することで 複数のマイク を使うこともできます。ただ、この設定の場合、マイクが入力した音が少し遅れて自分にも聞こえてくるので、話しづらいかもしれません。

  1. 複数のマイクをPCに接続しておく(例 : 3.5mmステレオミニプラグのマイク + USBマイク)。
  2. 「追加」をクリックし、「Devices (webcam, capture cards...」→「オーディオ」の順にカーソルを重ねる。
  3. 「マイク」を選択する(例 : 3.5mmステレオミニプラグのマイクを選択)。
  4. 歯車アイコンをクリックする。
  5. 「オーディオ」タブを開き、「マイク」で「マイク」を選択する(例 : USBマイクを選択) *12

オーディオプレビュー


  • オーディオプレビュー機能は、既定のデバイスではない再生デバイスから音を出してプレビュー・配信できる機能です。

  1. 歯車アイコンをクリックする(または「ツール」→「設定」)。
  2. 「オーディオ」タブを開く。
  3. 「音声プレビュー」を任意の再生デバイスに変更する(「システムサウンド」とは異なる再生デバイスを選択)。
  4. 「システムサウンド」が「Default Speakers」になっていることを確認する。
  5. 「OK」をクリックする。


関連ページ















*1 シーンはショートカットキーで切り替え可能です。歯車アイコンをクリックし、「ショートカットキー」タブで変更します。

*2 トランジションのスピードは、「切り替え」右横にある矢印をクリックして「トランジション速度」で変えられます。また、設定は星アイコンで保存できます。

*3 サムネイルが表示されない場合や、逆にサムネイルを表示したくない場合は、歯車アイコンをクリックして「一般」タブで「サムネイルのプレ」(原文ママ)を変更してください。

*4 また、XSplitにログインするときに、「Shift」キーを押しながらログインボタンをクリックしてプレゼンテーションを読み込む方法もあります。

*5 配信者自身には影響ありません(音量変化はない)。あくまでも視聴者に配信されるBGMの音量が変化します。

*6 配信サイト名が表示されていない場合は、まず放送設定を行う必要があります(上述)。

*7 フレームレートの設定は、XSplit右側にある矢印ボタンをクリックして「Frame rate」で行います。もし「60.00 fps」になっているのであれば、ここを「30.00 fps」にしておきましょう。

*8 PC環境によっては、NVENCやQSVを選択できるかもしれませんが、画質を優先する場合は「x264」にしておいてください。とくに、ニコ生やツイキャスで配信する場合は、NVENCやQSVを選択してしまうと画質がさらに落ちてしまいます。

*9 なお、配信していなくともゲームなどを録画することはできます(ローカル録画機能)。「出力」から「Rocal Recording」を選択すれば録画開始です。録画した動画は、「ツール」→「マイレコーディング」で再生できます。

*10 同ボタンをクリックしたあとの具体的な動作については、すぐ隣の矢印ボタンから設定できます。通常は「プレビューウィンドウを閉じる」を選択しておけばよいでしょう。

*11 ここでは、映像を出力したいディスプレイを選択します。マルチディスプレイの場合は、「Screen 1」または「Screen 2」にカーソルを合わせてください。

*12 このとき、「追加」から選択したマイクと同じものにすると、マイクの音が二重になります。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー