@vipdeshosinsha
最新情報はTwitterで


トップ > ステミキ編 > ステレオミキサーの基礎 / 2015年05月17日 (日) 00時07分31秒

カテゴリ ページ名 ニコ生用 ニコ動用 YouTube用 なん実用
ステミキ編 ステレオミキサーの基礎



PCの音とマイクの音を同時に録音・配信するための方法

  • ステレオミキサー (ステミキ)とは、 PCの音声を録音・配信する機能 をいいます。PCの音声とマイク音声を同時に録音・配信したい場合にも同機能を使用します。


  • ステレオミキサー機能の設定は、 初心者がつまずきやすい ところです。このページでしっかりとステレオミキサーについて学んでいきましょう。

目次



ステレオミキサー機能で可能なこと


ライブ配信でPCの音を流す


  • ニコニコ生放送 などのライブ配信で、 視聴者にBGMを聞いてもらいたい ということがあるかもしれません。たとえば、ゲーム配信や雑談配信の場合です。また、Skypeによる視聴者からの通話を待ち、その通話音声を配信したい場合(いわゆる 凸待ち )もあるでしょう。ステレオミキサー機能を使えば、 自分がPCで聞いている音声を視聴者にも聞いてもらう ことができます。

PCの音を録音する


  • ステレオミキサー機能を使えば、 PCで再生している音はすべて拾って録音できます 。たとえば、PCゲームの音声や、iTunesで再生している音楽、YouTubeで再生している動画の音声、PCで再生中のDVDの音声など、PCで再生している音声であればすべて録音可能です。

  • なお、ステレオミキサー機能でSkype通話の録音も可能ですが、Tapurを使ったほうが簡単です。TapurはSkype専用の録音ソフトです。

Skypeの通話相手にPCの音を流す


  • Skypeの通話相手に、こちらのPCで再生しているBGMを流して聞かせる ことができます。


ステレオミキサー機能とマイクミュート解除機能


マイクミュート解除機能とは


  • さて、PCで再生している音声を録音・配信するためにはステレオミキサー機能が必要だということがわかりました。ここに マイクの音(自分の声)を重ねる ためには、さらに マイクミュートを解除 する必要があります。かりにマイクミュートを解除していない場合、PCの音だけが録音・配信され、マイクの音は録音・配信されません。


  • たとえば、BGMだけではなくマイクの音も同時に録音したい、配信したいというケースを考えてみてください。 BGMとマイクの音の両方を同時に録音・配信したいという場合 です。このとき、 マイクミュートを解除してマイクの音を出さないと、マイクの音を録音・配信できない のです。

両機能の区別


  • ステレオミキサー機能とマイクミュート解除機能は、分けて理解しておきましょう。ステレオミキサー機能というのは、あくまでも「PCの音」を録音・配信するための機能です。そして、 マイクミュート解除機能は、「マイクの音」を出すために必要 なのです。

使用する機能 BGMの録音・配信の可否 BGM+マイクの録音・配信の可否
ステレオミキサー ×
ステレオミキサー+マイクミュート解除

  • 上表をご覧ください。PCの音を録音・配信したいなら、ステレオミキサー機能が必要です。しかし、同機能だけではマイクの音を同時に録音・配信できません。 PCの音とマイクの音を同時に録音・配信したいのであれば、ステレオミキサー機能に加えてマイクミュート解除機能も必要 になります *1

  • マイクミュートを解除するための設定は、ステレオミキサー機能の設定とは別に行います。設定方法が少し特殊であるため、 マイクミュートを解除できていないのにできていると誤解する人がよくいます 。詳細は後述しますが、注意してください。


注意点


もはやステレオミキサー機能は必須ではない


  • 2015年現在、 ステレオミキサー機能を使ってPCの音を録音・配信する方法は、古いうえに難しいやり方 となっています。はっきりいえば、もはや ステレオミキサー機能は必須のものではありません 。なぜなら、Windows Vista以降、 OS 自体がPCの音を取り込める機能を搭載しているからです。

  • このおかげで Windows Vista/7/8/8.1であれば、特定のアプリを使うことでステレオミキサー機能を使わずにすむ ようになったのです。しかも、ステレオミキサー機能を使った場合に比べて圧倒的に簡単で、メリットが多いやり方です。したがって、ステレオミキサー機能に拘る必要はありません。

  • ただし、 ライブ配信の場合は依然としてステレオミキサー機能が必要なことがあります 。たとえば、ツイキャスなどで配信する場合です *2 。下表を参考に、 ほんとうにステレオミキサー機能が必要なのか、あらかじめ確認しておきましょう

目的 要否 不要である理由
ニコニコ生放送(かんたん配信)
ニコニコ生放送(外部ツール配信) 不要 配信ソフト「NLE」または「OBS」などで対応できる
Twitch 不要 配信ソフト「 OBS 」などで対応できる
ツイキャス
Ustream 不要 配信ソフト「OBS」などで対応できる
FC2ライブ 不要 配信ソフト「FC2ライブキャスト」または「XSplit」で対応できる
アフリカTV
YouTube Live 不要 配信ソフト「OBS」などで対応できる
SHOWROOM 不要 配信ソフトで対応できる場合がある
Livetube 不要 配信ソフト「OBS」などで対応できる
CaveTube 不要 配信ソフト「OBS」などで対応できる
TVゲームの録画 不要 ステレオミキサー機能は関係ない
PCゲームの録画 不要 録画ソフトで対応できる
実況プレイ動画の作成 不要 録画ソフトで対応できる(声も入れられる)
PCの音の録音(映像なし) 不要 録音ソフト「Audacity」で対応できる
SkypeでPCの音を相手に流す

ステレオミキサー機能などがないPCもある


  • ステレオミキサー機能やマイクミュート解除機能のいずれかがないPCもあります。 確認方法は後述しますが、なければないで大きな問題ではありません。なぜなら、上で述べたとおり Windows Vista以降のPCであれば両機能は必須ではありませんし、かりに必要でもPCに追加できる からです。


USBマイク、Webカメラ内蔵マイクは使用不可


  • ステレオミキサー機能を使用する場合、マイクはUSB接続のものではなく、 3.5mmステレオミニプラグ接続 のものを使わなくてはいけません。USB接続のマイクだと、ステレオミキサー機能とマイクミュート解除機能を同時に使用できないからです。もしUSBマイクを使用している場合は外し、3.5mmステレオミニプラグのマイクを接続してください。


  • Webカメラ内蔵のマイクを使用する場合も、USB接続のマイクと同じことが当てはまります。ただ、Webカメラ自体はPCに接続したままでかまいませんし、通常どおり使用可能です。Webカメラが内蔵するマイクは使えないということです。

アプリ側での設定を忘れずに行う


  • ステレオミキサー機能を使用して録音・配信するためには、 アプリが別途必要 です。そして、 アプリ側で同機能を使用するための設定を行いましょう 。ここでいうアプリとは、 録画ソフト、録音ソフト、配信ソフト、Flash Player のことをさしています。 アプリ側でステレオミキサー機能を使うための設定をして、はじめてPCの音を録音・配信できるようになる わけです。


表示名が異なる場合がある


  • 表示項目の 名称がPCによって違う場合があります 。たとえばステレオミキサーは、 ステレオミックス (Stereo Mix)、 再生リダイレクト などという呼び方もあります。解説と名称が違うという場合でも気にする必要はありません。


▲PCが違えば、このように表示される項目が異なります。

周辺機器のことではない


  • 当サイトでいうところのステレオミキサーとは、 周辺機器のことではなくPCの機能 をさしています。音楽方面(DTM)に詳しい人だと、アナログミキサーデジタルミキサーといったミキサー(ミキシングコンソール)がステレオミキサーという認識だと思いますが、当サイトではそのような用語の使い方はしていません *3


ステレオミキサー機能を使うための準備


3.5mmステレオミニプラグのマイクを用意する


  • 自分の声を入れたい場合にかぎり、 3.5mmステレオミニプラグ接続のマイク を用意します。 USBマイクは使用不可 です。声を入れない場合は、マイクは必要ありません。


PC 131 G230 ECM-PC60 ECM-PCV80U
価格
特徴 こちら こちら こちら こちら
タイプ ヘッドセット ヘッドセット スタンドマイク
ピンマイク
スタンドマイク

スピーカーを既定のデバイスに設定する


  • ステレオミキサー機能を使用するためには、 正しくスピーカーまたはヘッドフォンから音が出ている必要があります 。とくに注意が必要なのは、PC本体とPCモニターをHDMI接続し、PCモニターの内蔵スピーカーから音を出している場合です。この状態では、ステレオミキサー機能を使用できません。

  1. 画面右下の上で 右クリック する。
  2. 「再生デバイス」をクリック する。
  3. スピーカー 」にが表示されていることを確認する(ではない)。
  4. そうなっていない場合は、 「スピーカー」上で右クリックし、「既定のデバイスとして設定」を選択 する *4
  5. 適当に動画ファイルや音声ファイルを再生し、音が出ていることを確認する。


▲必ず「スピーカー」にが表示されていないといけません。「スピーカー」以外の項目に表示されている場合は、ステレオミキサー機能が働きません(例外なし)

ヘッドフォンを着用する


  • ハウリングやエコーを防止するために、 ヘッドフォンを着用 してください。ハウリングは、「キーン」「ブーン」というノイズ音が発生する現象です。もしヘッドフォンを装着できない場合は、スピーカーとマイクの距離を離し、スピーカーにマイクを向けないようにしてください。また、スピーカーの音量を下げます。



ステレオミキサーの確認・設定方法


  • ステレオミキサー機能は、PCによっては搭載されていません。そこで、 同機能が搭載されているか確認し、搭載されている場合は適切に設定 しておきましょう。

画面右下の右クリックして、「録音デバイス」を選択 します。


適当な場所で右クリックします。


無効なデバイスの表示 」と「 切断されているデバイスの表示 」の両方にチェックを入れます。


「ステレオ ミキサー」が表示されているか確認してください。 「ステレオ ミキサー」が表示されていない場合は、PCにステレオミキサー機能が搭載されていないことを意味します 。対処法は、 こちら をご覧ください。


「ステレオ ミキサー」が半透明の場合は同機能が無効になっている ということなので、「ステレオ ミキサー」上で右クリックして「 有効 」を選択します。


再度「ステレオ ミキサー」上で右クリックして、「 既定のデバイスとして設定 」を選択します。すると「ステレオ ミキサー」上にが表示されます。(既定の通信デバイス)と混同しないようにしましょう。


このを表示できるのは 1個だけ です。したがって、たとえば「ステレオ ミキサー」と「マイク」の両方にを表示させることはできません。既定のデバイスについては、 こちら をご覧ください。

「ステレオミキサー」をダブルクリックして、 「レベル」タブ で「ステレオ ミキサー」がとなっていれば、ボタンをクリックしてにします。


ステレオミキサーの 音量を最大 にします。


Windows 7/8/8.1の場合は、「聴く」タブをクリックして、 「このデバイスを聴く」がOFFになっていることを確認 します。同項目がONになっていると、PCの音がハウリング(反響)します。


アプリ側で「ステレオ ミキサー」を選択 します。この設定をしなければ、ステレオミキサー機能は使えません。詳細は後述します。



マイクミュート解除の確認・設定方法


  • PCの音だけではなく、マイクの音も録音・配信したい場合は、引き続き マイクミュートを解除 しましょう。まちがう人が多いのですが、マイクミュート解除の設定は 再生デバイス で行ないます。 録音デバイスで設定するわけではありません。 マイクミュート解除機能は、PCによっては搭載されていません。

さきほどのウィンドウで 「再生」タブ をクリックします。ウィンドウを閉じてしまった場合は、画面右下のを右クリックして、「 再生デバイス 」を選択します。


「スピーカー」をダブルクリックします。「レベル」タブの「 マイク 」や「 Front Pink In 」などがになっている場合は、ボタンをクリックしてにします *5 。これでマイクミュートを解除できました。


「マイク」などの表示がない場合は、マイクミュート解除機能が搭載されていないPC ということです。対処法については、 こちら をご覧ください。


マイクミュートを解除すると自分の声が遅れて聞こえてくる(返ってくる)状態になり 、周囲の音(ノイズ)がよく聞こえるようになります *6 。不具合ではありません。


マイクミュート解除の設定は再生デバイスで行ないます。 ステレオミキサー機能使用時は、録音デバイスにある「マイク」のミュートを解除しても意味がありません。


再生デバイスの「マイク」の 音量を最大 にします。


「OK」をクリックします。

「録音」タブをクリックして、「マイク」をダブルクリックします。


Windows 7/8/8.1の場合は、「聴く」タブを開いて「このデバイスを聴く」がOFFになっていることを確認します。同項目がONになっていると、マイクの音が二重なります(反響する)。



各種アプリケーションでの設定例


  • Windows側の設定が完了したら、最後にアプリの設定画面を開き、 「音声」「オーディオ」「サウンド」というような項目で「ステレオ ミキサー」を選択 しましょう。そうすれば、当該アプリでステレオミキサー機能を使用するようになり、上で述べた方法で マイクミュートを解除していればBGMとマイクをミックスできる ようになります。


ニコニコ生放送の「かんたん配信」



  1. 配信を開始する。
  2. 「かんたん配信」タブを開く。
  3. 配信画面のスピーカーアイコンをクリックしてミュートにしておく *7
  4. 「音声」にチェックが入っていることを確認する。
  5. 「音声」で「ステレオ ミキサー」を選択する *8
  6. マイクの音も入れたい場合は、 マイクミュートを解除 する。


  • 「外部ツール配信」の場合は、NLEを使うことでステレオミキサー機能、およびマイクミュート解除機能は不要になります。USBマイクも使用可能です。OBSXSplitを使う場合も同様であり、両機能は必要ありません。

ツイキャス


  • ツイキャスでPCを使用して配信する場合を前提にしています。

  1. 「PC配信」をクリックする。
  2. ポップアップで「Adobe Flash Player 設定」が表示されたら、「許可」をクリックする。
  3. 「マイク入力」の「設定メニューを開く」をクリックする。
  4. 「マイク」で「ステレオ ミキサー」を選択する *9
  5. 「閉じる」をクリックする。
  6. マイクの音も入れたい場合は マイクミュートを解除 する。
  7. 「ライブを開始」をクリックする。


アマレココ


  • アマレココを使用して録画する場合は、以下のように設定します。

  1. 「設定」→「設定」タブ→「オーディオ/録画タイプ」タブの順にクリックする。
  2. 「録音」にチェックが入っていることを確認する。
  3. 「プラグイン」で「waveIn Capture」を選択する。
  4. 「OK」をクリックする。
  5. マイクの音も入れたい場合は マイクミュートを解除 する。


  • 2015年現在は、アマレココではなくアマレコTVデスクトップキャプチャー機能の使用を推奨します。 アマレコTVを使用すれば、ステレオミキサー機能、およびマイクミュート解除機能は必要ありません。 USBマイクも使用可能です。

Skype


  • Skypeの通話相手にBGMを聞かせたい場合は、Skypeの設定を変更します。

  1. 「通話」→「オーディオ設定」の順にクリックする。
  2. 「マイク」で「ステレオ ミキサー」を選択する *10
  3. マイク音声も聞かせたいなら、「マイク設定を自動調整」をOFFにしたうえで再生デバイスにおいて マイクミュートを解除 する。



ステレオミキサー機能、マイクミュート解除機能がない場合は


  • ステレオミキサー機能がない、マイクミュート解除機能がない、という場合でも心配はいりません。3種類の対処法があります。

        詳細は、ステレオミキサーがないときは、またはステレオミキサーの代用を参照

周辺機器を接続して機能を追加する方法


  • これは、ステレオミキサー機能に対応した周辺機器を購入する方法です。 ステレオミキサー機能、およびマイクミュート解除機能をPCに追加 できます。 ツイキャスなどで配信したいという場合に手軽でよい でしょう。メリットとしては、マイクの「サーッ」というノイズをなくして音を高音質にできたり、カラオケ用にエコーをかけられたりします。

Sound Blaster
X-Fi Go! Pro r2
Sound Blaster
X-Fi Surround 5.1 Pro r2
Sound Blaster
Digital Music
Premium HD r2
価格
(リンク先:Amazon)
Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 Sound Blaster X-Fi Surround 5.1Pro r2 Sound Blaster Digital Music Premium HD r2
PCとの接続方法 USB 1.1 USB 2.0 USB 2.0
BGM+マイク
マイクにエコー ×
ボイスチェンジャー × ×
こちら こちら こちら
備考 ・声にエコーをかけられる
・ボイチェンも簡単
・拡張性が高い
・リモコン付属
・再生品質の向上に
ダイナミックマイク OK


▲ニコニコ生放送で使用者が多いSound Blaster X-Fi Go! Pro r2。この製品は、価格的に手頃な部類に入ります。エコー機能やボイスチェンジャー機能が搭載されているため、ちょっとした遊び心を満たしてくれることでしょう。

オーディオインターフェースを使う方法


  • 音質にも拘りたいなら、 ループバック機能 に対応したオーディオインターフェースを使用する方法があります。ループバック機能は、ステレオミキサー機能と同じような役割を果たします。また、オーディオインターフェースがあればプロのレコーディングやライブで見かけるような、本格的なマイクを使用できます。ただし、初心者向けの方法ではありません。

Steinberg
UR12
TASCAM
US-366
QUAD-CAPTURE
UA-55
価格
特長 ・コスパがよい
・iPadにも対応
・リバーブもOK
・エフェクトが充実
・高品位マイクプリ
・バランスのよい性能
PCとの接続 USB 2.0
接続可能なマイク ・ダイナミックマイク
・コンデンサーマイク
ループバック機能 対応
こちら

特定のアプリを使用する方法


  • お金をかけたくない、音質も現状で満足しているという場合は、 特定のアプリを使う ことで対処できます。この方法であれば、 ステレオミキサー機能を使わずにPCの音とマイクの音をミックスして録音・配信 できます(Windows Vista/7/8/8.1限定)。自分の声が返ってこない、USBマイクを使用可能、設定が簡単というメリットがあります。

名称 使用例 備考
Bandicam PCゲームの録画、実況プレイ動画作成 初心者向け
ロイロ ゲーム レコーダー PCゲームの録画、実況プレイ動画作成 初心者向け
ShadowPlay PCゲームの録画、実況プレイ動画作成
アマレコTV TVゲーム・PCゲームの録画、実況プレイ動画作成
NLE ニコ生でのライブ配信 ニコ生専用
OBS ライブ配信全般 各種配信サイトで使える
XSplit ライブ配信全般 基本的に有料ソフト


ニコニコ生放送専用配信ソフトであるNLEの設定例


こんなときは





関連ページ


  • このページと関連性の強いページは以下のとおりです。

ページ名 内容 重要度
コメント ステレオミキサーについての質問など -
ステレオミキサーがないときは ステミキなどの機能がないときの対処法 A
Windows 7のサウンドコントロール 7での音の設定方法 A
Windows 8のサウンドコントロール 8での音の設定方法 A
実況用PCマイク マイクの選び方、設定方法 A
実況用PCマイク/こんなときは マイク使用時によくあるトラブルまとめ B
オーディオインターフェース オーディオI/Fの選び方 B



トップ > ステミキ編 > ステレオミキサーの基礎 / 2015年05月17日 (日) 00時07分31秒





*1 なお、マイクの音を録音・配信したいだけなら、ステレオミキサー機能もマイクミュート解除機能も必要ありません。

*2 厳密には、ツイキャスでも複数のアプリを用意して連携させることで対応できるのですが、初心者向きではありません。

*3 「ステレオミキサー」という名称自体が、初心者にとって混乱の原因になっていることもあります。この表記は、筆者が2006年に購入したWindows XPマシンにはすでにありました。

*4 かりに「スピーカー」が半透明である場合は、PCの背面または前面の端子にヘッドフォンを接続して着用ください。そして「スピーカー」を既定のデバイスにします。「スピーカー」を既定のデバイスにすることで、いま接続したヘッドフォンからのみ音が聞こえる状態になります。

*5 デスクトップPCの場合、「マイク」と「Front Pink In」の両方があるかもしれません。PCの背面にマイクを接続しているときは「マイク」のミュートを解除し、前面にマイクを接続しているときは「Front Pink In」のミュートを解除します。

*6 これは仕様です。適切にマイク音声が入力されていることの表れと思って慣れましょう。ふだんはマイクミュートでかまいません。必要なときだけマイクミュート解除すればよいのです。

*7 このように設定しないと、PCで再生した音声を繰り返し取り込むことになるため、 音声がループ(反響)してしまうからです。

*8 ここで「マイク」を選ぶとマイク音声のみを流すことになるため、BGMを配信することはできません。

*9 このとき音楽を再生していると、音が繰り返して取り込まれるためエコーがかかりますが(ハウリング)、それで問題ありません。このあと「閉じる」をクリックすれば直ります。または、PCの画面右下のスピーカーアイコンを右クリック→「音量ミキサーを開く」で、Webブラウザ(もしくは「Adobe Flash Player」)をミュートにする方法でもかまいません。

*10 もし通話相手に「自分の声が返ってきて話しづらい」といわれた場合は、「マイク」で「マイク」を選択するようにしてください。通話相手にBGMを聞かせることはできなくなりますが、通話相手の声を返す現象は防げます。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー | トラックバック