画像が正常に表示されない場合、IE(Internet Explorer)での閲覧をお勧めいたします。復旧まで、いましばらくお待ちください。





















最新情報はTwitterで

トップ > キャプチャーボード2カテゴリ > GV-USB2 / 2016年07月19日 (火) 20時23分16秒


キャプチャーボードの基本的な知識については、キャプチャーボードをご覧ください。
キャプチャーボードの選び方については、キャプチャーボードの選び方をご覧ください。


最初はこれ!入門用ビデオキャプチャー

  • GV-USB2 は、USB接続の ビデオキャプチャー です。GV-USB2を使うことにより、ライブ配信でゲーム実況をしたり、ゲームを録画して実況プレイ動画を作成することができるようになります。また、VHSビデオテープをPCまたはDVDに保存することもできます。


GV-USB2 (リンク先 : Amazon)

入門用に最適

  • 初心者でも接続・設定が簡単に行えます。GV-USB2なら迷う心配がありません。実売価格も3,500円前後と手軽です。使用者も多く、これ以上に 入門用として最適なビデオキャプチャーは存在しない でしょう。

レトロゲームに対応できる

  • PS3/PS2、WiiU/Wiiなどのゲーム機はもちろん、 PS1、SFC、GC、N64といった古い世代のゲーム機も接続できます 。近年のビデオキャプチャーは、古い世代のゲーム機を接続できないことが多いのですが、GV-USB2であれば対応可能です。レトロゲームに興味があるなら、迷わずGV-USB2にしましょう。

コンパクトで堅牢(けんろう)な作り

  • GV-USB2は本体がコンパクトです。ノートPCに接続しても机周りの場所をとりません。しかも頑丈です。

目次



仕様・動作環境


GV-USB2
GV-USB2(Amazonで価格を見る)
GV-USB2
接続方式 USB 2.0
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
ビデオ入力端子 コンポジット端子・S端子
対応OS Windows 10/8.1/8/7(32/64bit)、Vista(32bit)、XP(SP2以降)

接続可能なゲーム機の例


  • GV-USB2には コンポジット端子 および S端子 が搭載されています。例として下表のようなゲーム機を接続できます。PS4などは接続できません。

コンポジット端子による接続
S端子による接続
備考
PS4 × ×
PS3
PS2
PS1
Xbox One × ×
Xbox 360
Wii U
Wii
SFC
GC
N64
PSP-3000
PSP-2000 × × 仕様上、ゲーム画面を表示できない
PS Vita TV × ×

▲GV-USB2と接続できるゲーム機の例

GV-USB2の画質について


  • たまに誤解される方がいるのですが、 ゲーム機をGV-USB2に接続したときの画質というのは、HD画質ではありませんコンポジット端子、およびS端子の仕様上 、SD画質(標準的な画質)となります。

  • 参考までに動画を用意しました。この動画は、S端子でPS3とGV-USB2を接続して録画したものです。もし画質に満足がいかない場合は、HDキャプチャーボードを購入するようにしましょう。なお、S端子での接続方法については後述します。



▲『グランド・セフト・オートV』(ロックスター・ゲームス)より(クリックで画像拡大)

GV-USB2シリーズについて


  • GV-USB2の上位モデルとして GV-USB2/HQ (リンク先 : Amazon)があります。同製品は、付属アプリの編集機能を強化されており、また映像をアップスケーリングしてブルーレイに保存することができます。しかし、GV-USB2/HQは GV-USB2とハードウェアレベルでの違いはありません 。添付されているソフトウェアが異なるだけです。 どちらを購入すべきか迷ったら、価格の安いGV-USB2でよい でしょう。

  • GV-USB2シリーズには、さらに GV-USB2/A (リンク先 : Amazon)があります。これはAndroid端末に対応した製品です(詳細は公式サイトを参照)。PCでのみ使えればよいという人にはGV-USB2が適しています。GV-USB2/Aを購入する必要はありません。以下の解説は、GV-USB2の使用を前提にしているので注意してください。


ドライバおよびキャプチャーソフトのインストール


  • では、ここからGV-USB2の使い方について見ていきましょう。GV-USB2を使用するためには、 ドライバとキャプチャーソフトをインストールする必要がありますGV-USB2はまだPCに接続しないでください。

CD-ROMをPCにセットします。

「自動インストール」をクリックします *1


「開始」をクリックします。


「デバイスの検索中です。[GV-USB2]をUSBポートにしっかりと取り付けてください。」と表示されたら、 GV-USB2をPCのUSBポートに接続します 。GV-USB2は USB2.0に接続 してください *2


PCの再起動を促すメッセージが表示されるので、「OK」をクリックします。



ゲーム機との接続


  • ゲーム機をGV-USB2に接続しましょう。

コンポジット接続


  • 通常、 ゲーム機にはコンポジットケーブル(AVケーブル)が付属されています 。たとえば、 PS3/PS2/PS1 には、黄・白・赤のケーブルが付属されています。このケーブルを使ってゲーム機とGV-USB2を接続します。紛失して見当たらないのであれば、PS3/PS2/PS1用の S+AV端子ケーブル (リンク先 : Amazon)を購入してください。


▲コンポジット端子で接続したところ

  • Wii についても同様に、Wiiに付属されていた黄・白・赤のケーブルを使って接続します。紛失した場合は、Wii用の S+AV端子ケーブル (リンク先 : Amazon)を購入します。 Wii U にはコンポジットケーブルが付属されていませんが、Wii用の上記ケーブルを流用可能です。

  • PSP-3000 の場合は、 S端子&AVケーブル (リンク先 : Amazon)を別途用意する必要があります。

S端子接続


  • 少しでも 画質を向上させたい 場合は、 S端子 でゲーム機と接続しましょう。ただ、 S端子ケーブルはゲーム機に付属されていません 。したがって、S端子ケーブルを別途用意する必要があります。S端子ケーブルについては、「コンポジット接続」のところで述べた「S端子&AVケーブル」を使用してください。


▲S端子で接続したところ


ゲーム画面の映し方


  • ゲーム機を接続できたら、つぎはLightCaptureにゲーム画面を表示させてみましょう。手順は以下のとおりです。

デスクトップ画面にあるLightCaptureのショートカットアイコンをダブルクリックします。


ゲーム機の電源を入れます。PS3の場合は、電源を5秒以上長押しして起動するとよいでしょう *3 。PSPの場合は、電源を入れたあと「ディスプレイ」ボタンを5秒以上長押しします。


ゲーム画面が表示され、音が聞こえてきます。


ゲーム画面が映らない場合は、「設定」ボタンをクリックして「映像フォーマット」で 「入力先」が正しく設定されているか確認 しましょう。


▲「設定」ボタンをクリックして、「入力先」を「コンポジット」または「S端子」にします。

それでも映像が映らない場合は、以下のページをご覧ください。


LightCaptureをいつも最前面に表示しておきたいときは、「設定」ボタンをクリックして「その他」で「常に全面を表示する」にチェックを入れます。


映像が表示されている画面をダブルクリックすると、ゲーム機の映像を フルスクリーンで表示 (全画面表示)できます。フルスクリーンを解除するには、画面を再度ダブルクリックします。

PS3などの映像を表示すると縦横比が狂い、 映像が少し横に伸びた状態になります *4 。対処法は、アマレコTVというキャプチャーソフトを使うことです(後述)。


▲時計の絵が横に潰れています。


録画方法


  • LightCaptureで映像・音声を視聴できているなら 録画 は簡単です。録画を開始するには「録画」ボタンをクリックします。録画の停止は「停止」ボタンをクリックしてください。


  • 録画してできた動画ファイル( 録画ファイル )を確認するには、「一覧」ボタンをクリックします。すると、録画ファイルが保存されているフォルダが開きます。動画を再生して正常に録画されていることを確認してください。動画は MPEG-2 とよばれるファイル形式になっています。


  • 録画ファイルは、Windows 7であれば「C:\Users\ユーザー名\Documents\Light Capture 録画フォルダ」に保存されています *5録画ファイルの保存場所 を変更したい場合は、まず「設定」ボタンをクリックします。そして、「録画動作」にある「録画ファイルの保存先」で「参照」をクリックして保存先を変更しましょう。


アマレコTV


  • GV-USB2付属のLightCaptureには、あくまでも最低限の機能しか搭載されていません。そこで、多機能なキャプチャーソフトである アマレコTV を使用してみましょう。アマレコTVには、LightCaptureにはない魅力的な機能がたくさん搭載されています。単純な使いやすさという観点から見ても、アマレコTVのほうが上です。


▲PS3およびアマレコTVのそれぞれの設定を変更することにより、この画像のように映像を16:9で表示することもできます。

  • たとえば、アマレコTVにはミキシング機能があります。同機能は、ゲームの音とマイクの音をミックスしてゲームを録画してくれる機能です。実況プレイ動画を作成さいに役立つことでしょう。また、LightCaptureでは正しい縦横比で映像を表示できない場合がありますが、アマレコTVでは縦横比を変更できます。

        詳細は、アマレコTVを参照

  • なお、 アマレコTVを使用するさいはLightCaptureを起動する必要はありません


動画作成・ライブ配信のポイント


実況プレイ動画を作成する場合


  • 実況プレイ動画を作成するさい、PCに マイク を接続してLightCaptureで録画すると、ゲーム映像とゲーム音声からなる動画ファイルができあがります。マイク音声は入りません。つまり、LightCaptureが録音する音声はゲーム機の音声のみです。 マイク音声についてはLightCaptureで録音してくれません。

  • では、どのようにしてマイク音声を録音するのかということになりますが、 (1) マイク音声を録音ソフトで別に録音して、録画ファイルとあとで合成するという方法と、 (2) ゲームの映像・音声とマイク音声をまとめて収録する方法に大別できます。さきほど紹介した アマレコTVの場合、どちらの方法でも実況プレイ動画を作成できます

        詳細は、ニコニコでゲーム実況、またはYouTubeでゲーム実況を参照

ライブ配信する場合


  • ゲーム配信を行う場合、ポイントは キャプチャーソフトに映っているゲーム画面をどのようにして配信するのか 、また ゲーム音とマイク音声をどのようにして同時配信するのか 、という2点です。映像は映像、音声は音声、というように分けて考えるようにしましょう。基本的には、 配信ソフト とよばれるものを使ってライブ配信することになります。

        詳細は、ニコニコ生放送TwitchツイキャスYouTube Liveのいずれかを参照


ラグについて


  • ビデオキャプチャーを使用してゲームをプレイする場合、 ラグ (タイムラグ/遅延)が問題になることがあります。ラグというのは、ゲームを操作してから映像が表示されるまでの時間差のことをいいます。 ラグはビデオキャプチャーで必ず発生 します。


  • GV-USB2もビデオキャプチャーである以上、ラグは発生します。問題は、そのラグが妥協できる程度のものであるかということです。結論からいうと、GV-USB2で生じるラグは 基本的に支障が出るレベルではありません 。もしGV-USB2の ラグが気になる場合は、ゲーム機の映像を分配 しましょう。 コンポジット端子を搭載しているTVまたはPCモニターが別途必要 になります。

        詳細は、キャプチャーボードのラグを回避する方法を参照


▲機材をそろえてこのように接続すると、ゲーム機の映像がPCとTVの両方に表示されます。TVに表示されている映像は、GV-USB2のラグの影響を受けていません。そこで、TVを見ながらゲームをプレイし、PCのほうで録画・配信します。


こんなときは


ゲーム画面が表示されない


  • キャプチャーソフトにゲーム画面が表示されない場合 、以下のような対処法があります。まずは問題の切り分けのため、 LightCaptureにゲーム画面が表示される状態をめざしましょう

  1. PS3を接続している場合は、PS3の電源を5秒以上長押しして起動する。
  2. LightCaptureの「設定」→「映像フォーマット」で「入力端子」を正しく設定する。
  3. ゲーム機とGV-USB2を接続しているケーブルを、しっかりと接続しなおす。


TVにゲーム画面を映してプレイしたい


  • PCだけではなく、TVにもゲーム画面を表示したい場合は、ゲーム機の映像・音声をPCとTVの両方に分配出力します。そこで、映像・音声を分配するための製品が必要になります。

        詳細は、キャプチャーボードのラグを回避する方法を参照

フリーズする


  • GV-USB2をUSB 3.0端子に接続するとフリーズすることがあるようです。USB 2.0端子に接続してください。

16:9の画面にしたい


  • GV-USB2では、ゲーム画面を4:3で表示するのが基本です。ただ、PS3世代のゲーム機であれば16:9でゲーム画面を表示することもできます。

  1. 通常どおり、アマレコTVにゲーム画面を表示する。
  2. ゲーム機の出力設定を変更 して16:9にする *6
  3. アマレコTVの設定画面から「グラフ 2(プレビュー)」タブを開き、「アスペクト比」で「16:9」を選択する。
  4. 「OK」をクリックする。

  • さらに動画を投稿する場合は、以下のようにします。

  1. 録画を開始・停止する。
  2. 録画ファイルを再生すると縦長の映像になるが、それで正常。
  3. 動画をAviUtlで開く。
  4. 640x360 (640x480ではない)に リサイズ する *7
  5. 動画を保存する。
  6. 動画を動画共有サイトに投稿する。



その他


  • LightCaptureで録画中に行なう音量調整は、動画ファイルに影響しません。

  • 静止画(スクリーンショット) を撮影したい場合は、Light Captureにあるカメラのアイコンをクリックします。撮影した静止画像は「ドキュメント」または「マイ ドキュメント」内の「Light Capture 録画フォルダ」に保存されています。


筆者がGV-USB2を使用した感想


よい点


  • 定番製品という安心感がある。
  • S端子接続すれば、PS3でもそこそこの画質にはなる(アマレコTV使用時)。
  • PCの画面を見ながらでもゲームをプレイできる(多少違和感はある)。
  • 製品は見た目以上に小さくて扱いやすい。
  • 低スペックなPCでも通常は問題ない。
  • 手軽に使えるので、入門用としていちばんお薦めできる。
  • レトロゲームをプレイするなら、これで必要十分。

悪い点


  • LightCapture(付属ソフト)ではアスペクト比を指定できない。
  • コンポジット端子やS端子の仕様上、画質は妥協すべき。
  • PS4などを接続できない。将来的にPS4が普及したとき対応できない(コンバーターが必要)。



関連ページ


  • このページと関連性の強いページは以下のとおりです。

ページ名 内容
コメント 質問など
キャプチャーボードの映像・音声が出ないときは 映像・音声が出ないときの対処法
キャプチャーボードが不安定な場合の対処法
キャプチャーボードがPCに認識されない場合の対処法
Skypeの利用2 動画にSkypeの通話音声を入れる方法
アマレコTV/こんなときは アマレコTV使用時によくあるトラブルまとめ
実況用PCマイク/こんなときは マイク使用時によくあるトラブルまとめ



トップ > キャプチャーボード2カテゴリ > GV-USB2 / 2016年07月19日 (火) 20時23分16秒




*1 ドライバだけをインストールしたい場合は「カスタムインストール」を選択します。よくわからない場合は、無難に「自動インストール」を選択してください。上表に掲載したものがすべてインストールされます。

*2 USB3.0のほうにGV-USB2を接続すると、PCがフリーズすることがあるようです。USB3.0は、たいていの場合は青色のコネクタです。

*3 いままでPS3とTVをHDMI接続してプレイしていた場合、このようにしないとPS3とGV-USB2を接続しても映像が映らないからです。次回以降はPS3の電源を長押しなくてもかまいません。ただ、電源長押については念のため覚えておいてください。

*4 プレビュー画面上で右クリックして「アスペクト比維持」のチェックを外し、ウィンドウをドラッグして直すこともできます。しかし、手動で画面サイズを調整せざるをえないため、4:3の正確な縦横比にできません。

*5 具体的には、「スタート」→「ドキュメント」→「Light Capture 録画フォルダ」の順にクリックすれば録画ファイルの保存場所を開くことができます。

*6 たとえば、PS3の「設定」の「ディスプレイ設定」を選択し、「映像出力設定」からアスペクト比を16:9に変更します。

*7 640x360にリサイズすると、画面がより縦長になってしまいます。通常の720x480の動画(縦横比が3:2)の場合は640x480にリサイズすればよいのですが、今回のような少し特殊な動画は640x360でないといけません。その点に注意して解説を読むようにしてください。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー