当サイトについて







































最新情報はTwitterで

トップ > キャプチャーボード2カテゴリ > HD PVR Rocket / 2015年04月06日 (月) 23時24分07秒


キャプチャーボードの基本的な知識については、キャプチャーボードをご覧ください。
キャプチャーボードの選び方については、キャプチャーボードの選び方をご覧ください。


PCがあってもなくても録画できる!実況プレイ動画の作成がより簡単に



HD PVR Rocket (リンク先 : Amazon)

HD画質対応


PCがなくても録画可能

  • PCを使ってゲームを録画できるのはもちろん、 PCを使わずにゲームを録画することもできます 。いつでもどこでも気軽にゲームを録画しましょう。

大画面TVでゲームをプレイしながらキャプチャーできる

  • ゲーム機の映像・音声をPCだけでなくTVにも出力できる機能(パススルー出力機能)を搭載しています。 TV画面を見ながらゲームをプレイしつつ、PCのほうで録画・配信が可能 です。

マイク入力とタッチパネルを搭載

  • 本製品にはマイクを接続するための端子( マイク入力 )があります。これにより、 マイクを接続して録画するだけで自分の声を動画に入れることができます 。また、PCレスで録画する場合、マイク音量の調整は パネルのタッチ操作 で行えるので、直感的に使用できます。なお、USBマイクは使用できません。


ゲーム機を接続するためのケーブルが付属

  • ゲーム機をRocketと接続するためのケーブルは付属 されています。ゲーム機用のケーブルを別途用意する必要はありません。

目次




動作環境・製品仕様


HD PVR Rocket
HD PVR Rocket
HD PVR Rocket
接続方式 USB 2.0
エンコードタイプ ハードウェアエンコード
ビデオ入力端子 HDMI端子・コンポーネント端子・コンポジット端子・S端子
対応OS Windows XP/Vista/7/8
製品情報ページ マスタードシード(販売代理店)
備考 パススルー出力搭載。1080p対応(最大録画解像度は1080/30p)

TVまたはPCモニターが必要


  • Rocketは ハードウェアエンコード方式 です。このタイプは、キャプチャーボードの選び方で書いたとおり遅延対策が重要です。Rocketの場合は、 パススルー出力に対応 しているので、難しいことをする必要はありません。用意するものは、 HDMI入力を搭載したTVまたはPCディスプレイ です *1


▲PS3の接続例。接続に必要なケーブルはRocketに付属されています。

PC接続とスタンドアロン


  • Rocketの使用方法には、(1) PCと接続して使用する方法 と、(2)PCを使わずに スタンドアロンで使用する方法 の2種類があります。必要に応じて使い分けましょう。

PCの要否 録画 ライブ配信 マイクの音入れ
PCと接続して使用 必要
スタンドアロンで使用 不要 ○(2GBごとに分割) ×

  • スタンドアロンで使用する場合、 動画を編集したり、動画を投稿するためにはPCが必要 です。Rocket自体には、動画編集・投稿機能はありません。また、スタンドアロンの場合は、録画ファイルは 2GBごとに分割 されることも念のため覚えておきましょう。

スタンドアロンで使用時に必要なもの


  • スタンドアロンで使用する場合、動画の保存先として USBストレージ (例 : USBメモリ、USB接続のHDD)が必要になります。 USBストレージは付属されていない ため、別途用意しましょう。


▲スタンドアロンで使用する場合のPS3の接続例。上図に掲載しているケーブルは、すべてRocketに付属されています。USBストレージは別売です。

  • Rocketの給電はUSBポートから行います( USB給電 )。つまり、スタンドアロンで使用する場合であっても、RocketはUSBポートを搭載している機器(例 : PS3、PS4、Wii U、Xbox 360、PCなど)と接続する必要があります。

ライブ配信での使用について


  • Rocketはライブ配信でも使用できますが、最適な製品というわけではありません。Rocketは、 PC側でゲーム画面が表示されるまで約2秒の遅延 があります。ライブ配信でRocketを使用する場合の注意点については、ライブ配信とキャプチャーボードをご覧ください。

  • スタンドアロンで使用する場合は、ライブ配信はできません。 ライブ配信するためにはPCが必要です。

接続可能なゲーム機の例


  • Rocketに接続できるゲーム機の例は下表のとおりです。注意が必要なのはPS3を接続する場合です。RocketはHDCP非対応なので、 HDMI接続してもPS3の映像を録画できません *2PS3の場合はRocketに付属されているコンポーネントケーブルを使って接続 しましょう。どうしてもPS3をHDMI接続したい場合は、HDCPを知るをご覧ください。

HDMI端子による接続
コンポーネント端子による接続
備考
PS3 × RocketはHDCP非対応のためHDMIは×(対処法
PS4 × PS4側の設定でHDCPをOFFにしておく(詳細
PS2 ×
Xbox 360 HDMI接続のほうが高画質、便利
Xbox One ×
Wii U HDMI接続のほうが高画質、便利
Wii ×
PSP-3000/2000 ×
PS Vita TV × × RocketはHDCP非対応(対処法
iOSデバイス × 接続に Lightning - Digital AVアダプタ が必要

ゲーム画面の表示 ゲームの録画 スクショ撮影 備考
PS3 HDMI × 付属ソフトで録画ができない(表示は可能)
コンポーネント PS3はコンポーネント接続が基本
PS4 HDMI
コンポーネント × × ×
Xbox 360 HDMI
コンポーネント
Xbox One HDMI
コンポーネント × × ×
Wii U HDMI
コンポーネント
PS Vita TV HDMI × 付属ソフトで録画ができない(表示は可能)
コンポーネント × × × PS Vita TVはコンポーネント端子非対応
iOSデバイス HDMI
コンポーネント × × ×

▲HDMI対応ゲーム機をRocketに直接接続した場合にできること一覧

  • 上表でいうところの iOSデバイス とは、具体的には iPhone 5以降、iPad(第4世代以降)、iPad mini、iPod touch(第5世代) のことをさしています。

▲画面の上へ

付属品


  • Rocketに付属されているものは以下のとおりです。付属のコンポーネントビデオゲーミングケーブルは、PS3を接続する場合に使用します。


説明 備考
1.本体
2.USBケーブル RocketとPCを接続するためのUSBケーブル
3.コンポーネントビデオ用A/Vケーブルセット PS3とRocketをコンポーネント接続するさいに使用(メス)
4.コンポーネントビデオゲーミングケーブル PS3とRocketを接続するさいに使用(オス)
5.HDMIケーブル 1本付属(2m)
8.クイックインストールガイド 簡単な取り扱い説明書

  • CD-ROMは付属されていません。公式サイトからソフトウェアをダウンロードします(後述)。

▲画面の上へ

他製品との比較


AVT-C875


  • AVT-C875もRocketと同様、PCレスでゲームを録画できる製品です。両製品には細かい違いがありますが、端的にいえばPCレスで実況プレイ動画を作成するつもりならばRocketに軍配が上がります。なぜなら、Rocketにはマイク入力が搭載されているのに対し、AVT-C875にはそれが搭載されていないからです。


AVT-C875

  • これに対し、PCに製品を接続して使用することを想定している場合は、逆にAVT-C875のほうが有利です。時間を遡って過去の映像を見返すことができたり、付属ソフト以外のソフトも使用できたりと、ユーザーにとっての利点が多いからです。

HD PVR 2


  • HD PVR 2は、PCとの接続のみを前提とした製品です。製造・販売しているメーカーは、Rocketと同じHauppauge(ホーポージ)です。Rocketが発売された現在、HD PVR 2に大きなメリットはありません。


HD PVR 2

▲画面の上へ

ソフトウェアのインストール


  • PCと接続して使用する場合のみ Hauppauge Capture というキャプチャーソフトのインストールが必要です。無料でダウンロードできます。Hauppauge Captureは、 スタンドアロンで使用する場合は必要ありません

  1. Rocket( 後面 のUSBポート)とPCを、付属の 黒いUSBケーブルで接続 する。
  2. 公式サイトにアクセスし、 「Hauppauge Capture」タブ を開く。
  3. 「Download」ボタンをクリックする。
  4. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行する。
  5. 画面を順に進めていく。
  6. 「Please select your gaming device」でゲーム機を選択する *3
  7. PCを再起動(reboot)する。


▲画面の上へ

各機器との接続


  • ここでは、Rocketとゲーム機との接続方法について見ていきます。併せてTVとも接続しましょう。

コンポーネント接続の場合


  • PS3などは コンポーネント端子 で接続します。接続に必要なケーブルは、すべてRocketに付属されています。


HDMI接続の場合


  • PS4やWii U、Xbox 360などは HDMI端子 で接続します。


コンポジット接続の場合


  • コンポジット端子 で接続する場合は、Rocket付属のコンポーネントビデオ用A/Vケーブルセット、およびゲーム機専用のコンポジットケーブル(別売)が必要です。


S端子接続の場合


  • S端子 で接続する場合は、S端子→コンポジット変換アダプタ(別売)、およびゲーム機専用のS端子ケーブル(別売)が必要になります。

▲画面の上へ

ゲーム画面の映し方(PCと接続して使用する場合)


  • 各機器を接続できたら、ゲーム画面を表示してみましょう。まずはRocketをPCと接続している場合です。なお、アマレコTVなどのキャプチャーソフトは使用できません。

デスクトップにある「 Hauppauge Capture 」のショートカットアイコンをダブルクリックします。


ビデオ入力 」が適切に選択されていることを確認します。 ゲーム機の接続方法に合わせて選択しないと、映像が表示されません *4


▲コンポーネント接続している場合は「Component」を選択します。HDMI接続している場合は「HDMI」を選択してください。

オーディオ入力 」が適切に選択されていることを確認します。


▲コンポーネント接続している場合は「Line In (Left/Right)」を、HDMI接続なら「HDMI」をそれぞれ選択します。

ゲーム機の電源を入れます。


Hauppauge Captureにゲーム画面が表示され、音が聞こえてきます。 映像・音声を視聴できない場合キャプチャーボードの映像・音声が出ないときはを、また 画質が悪い場合ゲーム機の出力設定をそれぞれご覧ください。


Hauppauge Captureの画面を見ながらプレイすると、反応が鈍いことに気づくはずです。これはRocketの遅延が原因です。 TVに映っているゲーム画面を見ながらプレイ しましょう。


▲PS3の接続例

Hauppauge Captureのプレビュー画面をダブルクリックするとフルスクリーン表示になります。

ゲームの音がPCとTVから聞こえて煩わしい場合は、Hauppauge Captureのスピーカーアイコンをクリックしてミュートにします。ミュートにしても録画ファイルに影響はありません。


▲画面の上へ

ゲーム画面の映し方(スタンドアロンで使用する場合)


  • Rocketをスタンドアロンで使用している場合は、各機器を接続したあと以下のようにしてTVにゲーム画面を表示します。

  1. ゲーム機の電源を入れる。
  2. TVの電源を入れ、ビデオ入力をHDMIに切り替える。
  3. TVにゲーム画面が表示され、音が聞こえてくる。


▲PS3の接続例

  • 映像を視聴できない場合 は、たとえばPS3なら PS3本体の電源が切れた状態で、5秒以上PS3の電源ボタンに触れ続けて 電源を入れます。映像が表示されたあとは、PS3の「設定」→「ディスプレイ設定」→「映像出力設定」→「コンポーネント/D端子」で720pに変更してください。

▲画面の上へ

録画方法(PCと接続して使用する場合)


  • ゲーム画面を表示できたら録画してみましょう。

「ビデオ品質」では画質( ビットレート )を変更できます(最大18Mbps)。大きな数字にするほど高画質に録画できますが、ファイルサイズは大きくなります。


声を入れたい 場合は、マイクRocket前面にあるマイク入力に接続 し、「マイク入力」で「 HD PVR Rocket Microphones 」を選択します *5マイクはPCではなくRocketに接続する点に注意 しましょう。


Hauppauge Caputureの スピーカーアイコンをクリックしてミュート にします。こうすることで、ゲームの音と自分の声がPCから聞こえてくるのを防止できます。

ゲームとマイクの音量調整 はHauppauge Caputureの「ゲーム」と「ボイス」で行います *6 。PC接続時は、Rocket本体でのマイク音量の操作は無効になります。


Hauppauge Captureの録画ボタンをクリックすれば 録画開始 です。Rocket本体の録画ボタンを押すことでも録画を開始できます。


録画を終了するときは、再度録画ボタンをクリックします。Rocket本体の録画ボタンでも可能です。

録画してできた動画は、Hauppauge Capture 「設定」タブの「録画保存先」に表記されている場所 (初期設定では「ビデオ」)にあります。

録画した動画は、Windows ムービーメーカーAviUtlなどの動画編集ソフトで編集することができます。

▲画面の上へ

録画方法(スタンドアロンで使用する場合)


録画


  1. USBストレージをRocket前面に接続する。
  2. 声を入れたい場合は、マイクをRocket前面のマイク入力に接続する *7
  3. Rocketの赤い録画ボタンを押すと録画開始・停止する。
  4. 保存した動画をPCで再生・編集したい場合は、USBストレージをPCにセットしてデータを移動(コピー)する。


  • 本製品にマイクを接続していると、自分の声がTVから出力されます。録画ボタンを押すと通常どおりの状態に戻ります *8

  • スタンドアロンの場合、録画ファイルは2GBごとに自動的に分割されます。

ステータスLEDの意味


  • スタンドアロンで使用する場合、製品前面にあるステータスLEDの意味を理解しておくと便利です。

説明
青色・点滅 映像信号が入力できていない
赤色・点滅 USBストレージを認識・接続できていない
赤色・点灯 録画中
緑色・点滅 映像にHDCPが含まれている
緑色・点灯 いつでも録画できる状態

マイク音量とゲームの音量調整


  • マイク音量は、本体の パネルをタッチ操作して調整 できます(ミュートも可能)。それでもマイク音量が小さい場合は、「 +20dB 」をONにします。タッチ操作するためには、基本的に鍵が外れているような絵のアイコンをオレンジ色に点灯させておく必要があります。


  • なお、 音量のバランスがおかしい場合 は、RocketをPCに接続してHauppauge Captureを起動し、「ゲーム」と「ボイス」の音量も見直しましょう。この設定は、スタンドアロンで使用時にも反映されるからです。

▲画面の上へ

動画作成・ライブ配信のポイント


実況プレイ動画などを作成する場合


  • 実況プレイ動画の作成方法は上で述べたとおりです。動画ができたら、つぎは動画編集や動画投稿へと手順を進めていきましょう。動画を投稿するためには、 動画共有サイトの仕様に合わせてファイルサイズを小さくする 必要があります。

        詳細は、ニコニコでゲーム実況またはYouTubeでゲーム実況を参照

ライブ配信する場合


  • ライブ配信をする場合のポイントは、(1) ゲーム画面を視聴者に見せるための方法を理解する こと、および(2) ゲーム音とマイク音声をミックスして配信するための方法を理解する ことです。

        詳細は、ニコニコ生放送TwitchツイキャスYouTube Liveのいずれかを参照

  • Rocketは、遅延の関係でニコニコ生放送では使いづらいかもしれません。このあたりについては、ライブ配信とキャプチャーボードに書いておきました。リンク先の記事の内容が難しく感じる場合は、ニコニコ生放送での配信には使わないほうが無難です。ソフトウェアエンコードのキャプチャーボードを使用してください。

  • TwitchUstreamYouTube Liveで配信する場合はRocketでも問題ありません。なぜなら、Hauppauge Captureには配信機能が搭載されており、この機能を使うことで快適に配信できるからです。当サイトではHauppauge Captureの配信機能については解説していませんが、とくに難しい点はないでしょう。配信ソフトは必要ありません。


▲たとえばTwitchでの配信の場合は、「共有」タブで簡単な設定をするだけで配信できます。具体的には、Twitchのアカウントを作成後に、「ストリーミング品質」「サービス」「チャンネル」の設定をします。「ストリーミング品質」は画質のことです。上りの回線速度を考慮して設定しましょう。

▲画面の上へ

その他


  • パススルー出力はスリープ状態にしても維持されますが、 PCをシャットダウンした場合は中止 されます。

  • Hauppauge Captureの 画面が暗い場合 、「詳細設定」→「ビデオプロセッシングアンプ」の「ブライトネス」および「コントラスト」で調整できます。ここでの調整は録画ファイルにも影響します。TVのゲーム画面には影響ありません。


  • PS3とRocketをHDMI接続している場合、初期設定ではHDCPによって映像が表示できないようになっています。この点、Hauppauge Capture「詳細設定」→「HDCP制御」で「 HDCPパススルーサポートを有効にする 」をONにして「OK」をクリックすると、プレビュー画面およびTV画面の両方で映像を表示できるようになります *9


  • 60fpsでゲームを録画したい場合 は、ゲーム機の映像出力設定を 720p に変更します。必要に応じてキャプチャーソフト側でも設定を変更してください。

設定方法
PS4 1.「設定」→「サウンドとスクリーン」→「映像出力設定」→「解像度」の順に選択する
2.「720p」を選択する
PS3 1.「設定」→「ディスプレイ設定」→「映像出力設定」の順に選択する
2.「720p」にチェックを入れ、「1080i」と「1080p」のチェックは外す
その他 ゲーム機の出力設定を参照


▲PS3の場合は、このように設定することでゲームを60fpsで録画できます。

▲画面の上へ

筆者がRocketを使用した感想


よい点


  • パススルー出力があるのでラグ対策が簡単にできる。TV画面での快適なゲームプレイ。
  • HDMI接続しているPS3の画面を付属ソフトで表示できる。
  • マイク入力搭載により、スタンドアロンで使用する場合でも動画に声を入れるのが簡単。
  • スタンドアロンで使用時、マイクの音量をタッチパネルで調整できる。マイクブーストもあるので、マイク音量が小さすぎて困るということは通常ない。
  • 低スペックなPCでも、ハードウェアアクセラレーションによってある程度余裕を持って録画できる。
  • タッチパネルの操作感は良好。
  • コストパフォーマンスに優れている。いろいろできるわりに価格は控えめ。
  • PCなしで録画したいなら購入候補にしておくべき。

悪い点


  • タッチパネルのLEDが少しまぶしい。
  • Hauppauge Captureのライブ配信機能がニコ生に対応していない。同サイトでの配信用と考えると使いやすくはない。
  • Hauppauge Captureには編集機能があるが、あくまでも簡易的なカット編集ができるだけ。必要性は低い。


・PS3のゲームを録画する場合はHDCPに注意しましょう。
・パススルー出力の関係でTVまたはPCモニターは必ず用意しましょう。
・スタンドアロンで使用する場合、ライブ配信はできません。
・アマレコTVは使用できません。

▲画面の上へ

関連ページ


  • このページと関連性の強いページは以下のとおりです。

ページ名 内容
コメント 質問など
キャプチャーボードの映像・音声が出ないときは 映像・音声が出ないときの対処法
キャプチャーボードが不安定な場合の対処法
PS4のボイスチャットを入れて録画する方法 動画にPS4のVCを入れる方法
実況用PCマイク/こんなときは マイク使用時によくあるトラブルまとめ

▲画面の上へ


トップ > キャプチャーボード2カテゴリ > HD PVR Rocket / 2015年04月06日 (月) 23時24分07秒







*1 つまり、ノートPCならHDMI入力を搭載するTVまたはPCディスプレイを用意します。デスクトップPCなら、いま使用しているPCディスプレイとは別に、HDMI入力を搭載するTVまたはPCディスプレイを用意します。

*2 ゲーム画面の表示、およびスクリーンショット撮影自体は、付属ソフトで設定を変更することで可能です(後述)。しかし、付属ソフトで録画ができないということです。もっとも、付属ソフトでゲーム画面を表示することはできるので、その状態で別の録画ソフト(例 : Bandicam、ロイロ ゲーム レコーダー、アマレコTV)でゲーム画面を録画することは可能です。

*3 ここでの設定はあとでも変更できます。あまり難しく考える必要はありません。

*4 ゲーム機の映像が表示されない原因は複数ありますが、最低限まずはビデオ入力端子の種類を正確に選択するようにしましょう。

*5 本製品にはUSBヘッドセットは接続できません。3.5mmステレオミニプラグのマイクを接続できます。

*6 マイク音量が小さい場合は、「ボイス」のスライダーを右に移動します。それでもマイク音量が小さい場合は、Hauppauge Caputureの「詳細設定」ボタンをクリックして「オーディオエンコーダー」に「Mic Audio Boost」があるので、これをONにします。

*7 本製品にはUSBヘッドセットは接続できません。3.5mmステレオミニプラグのマイクを接続できます。

*8 なお、録画まえにマイク音量を上げた状態でマイクをTVのスピーカーに近づけると、ハウリングが起きて「キーン」という高音が出る場合があるので注意しましょう。

*9 ただし、Hauppauge Captureでは録画できません。録画ボタンをクリックしても、「すみません、Hauppauge CaptureではHDCP保護された映像は録画できません。」というエラーが表示されます。この場合、Hauppauge Captureでゲーム画面を表示した状態で、別の録画ソフト(例 : Bandicam、ロイロ ゲーム レコーダー、アマレコTV)でゲーム画面を録画することは可能です。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー