最新情報はTwitterで

トップ > PCゲーム録画カテゴリ > Windows 10のゲーム録画機能 / 2016年06月25日 (土) 17時28分32秒


PCゲームを録画できる、ほかのアプリについてはPCゲームの録画をご覧ください。


Windows 10の新機能!Game DVRでPCゲームの録画がより身近に

  • Windows 10 には、PCゲームを録画できる機能が搭載されています。この機能のことを Game DVR機能 といいます。


Windows 10の標準機能で録画できる

  • Game DVRは、 Windows 10になって搭載された録画機能 です。Windows 10の標準機能なので、PCゲームを録画するために アプリをインストールする必要はありません

  • 「Game」DVR機能という名称ですが、PCゲームでなくても録画できます。たとえば、Webブラウザや、表計算ソフト、Windows標準アプリなども同機能で録画可能です。解説では便宜上、録画対象をすべて「PCゲーム」と表記しています。

動画に自分の声を入れることができる

  • アップデートにより、 動画にマイクの音を入れる機能が搭載されました 。録画中に自分の声を入れられるようになったため、実況プレイ動画を簡単に作ることができます。

バックグラウンド録画できる

  • 手動で録画操作をしていなくても、 最大10分まえの動画を保存 できます。これにより、決定的瞬間の録画を逃すことがなくなるでしょう。さらに、 よいプレイができた場合にかぎって動画を保存すればよい ので、 HDD の容量を節約することにもなります *1

カット編集できる

  • Game DVRは録画機能ですが、 カット編集 も可能です。簡易なカット編集程度であれば、動画編集ソフトがなくてもできます。

完全に無料

  • Game DVRは 完全に無料 です。最大で2時間までの録画が可能です。

目次



最初に知っておくべきこと


ハードウェア要件がある(重要)


  • Game DVRを使うためには、PC環境が一定の要件を満たしている必要があります( ハードウェア要件 )。もし PCがこの要件を満たしていない場合は、同機能を使用してPCゲームを録画することはできません (スクリーンショットの撮影は可能)。 つまり、 Game DVRはすべてのPCに対応しているわけではない ということです。


  • PCがハードウェア要件を満たしているかどうかについては、Microsoft公式ページのWindows 10 のゲーム録画に関するハードウェア要件を参照してください。もし リンク先の記事が難しいという場合は、後述する方法でGame DVRを使えるPCか検証しましょう 。この検証自体は1分あればできます。

録画できないPCゲームもある


  • ハードウェア要件を満たしているPCであっても、 録画できないPCゲームもあります 。その場合は、少なくともGame DVRで録画することはできません。どのPCゲームを録画できて、どのPCゲームを録画できないのかは、公式に発表されているわけではありません。


▲Game DVRで録画可能な、Windows版『アスファルト8:Airborne』(Gameloft)。基本料金は無料です。

  • Game DVRを使用するさいは、 PCゲームをウィンドウモードで録画するのが基本 です。フルスクリーンモードのPCゲームも録画できる場合がありますが、あくまでも例外と考えておいたほうがよいかもしれません。

デスクトップ画面は録画できない


  • デスクトップ画面を録画したり、画面の任意の部分を録画するというようなことはできません。 ウィンドウ単位(アプリ単位)での録画 となります。

  • デスクトップ画面を録画したい場合は、アマレコTV またはBandicamを使うとよいでしょう。どちらも使いやすいアプリです。また、Microsoftから無料でリリースされているSnip(外部サイト)でも、同じようにデスクトップ画面を録画できます。

録画可能な時間は最大2時間まで


  • 手動での録画は 最大で2時間まで となっています。録画して2時間経過したら、再度手動で録画を開始してください。

60fpsで録画できない


  • 少し細かい話になりますが、 60fpsで録画できません 。かりにPCゲームが60fpsで動作していたとしても、録画してできた動画は30fpsになります。60fpsで録画したいという方は気をつけましょう。


ダウンロード/インストール


  • アプリの ダウンロード、およびインストールは不要 です。Game DVRはWindows 10の標準機能だからです。


簡単な使い方


  • Game DVRで実際にPCゲームを録画してみましょう。 動作検証をしたい場合は、Windows 10の新ブラウザであるMicrosoft Edgeを起動して、これをGame DVRで録画 します *2

PCゲームを ウィンドウモードで起動 します。フルスクリーンモードよりも録画できる成功率が上がるからです。

Windowsキー + G を押します。

「はい、これをゲームとして記憶します」にチェックを入れます。ここにチェックを入れないと、PCゲームが録画対象として認識されず、録画できません。


ゲームバー が表示されます。ただし、ゲームバーは PCゲームによっては表示されません (録画もできない)。


▲Windows版『アスファルト8:Airborne』(Gameloft)より

注意したいのですが、 そのPCゲームを録画するのが初めてである場合は、最初にゲームバーを表示するのを忘れないようにしてください *3 。PCゲームを録画対象として認識させる必要があるからです。

設定ボタン をクリックします。そして「一般」タブを開き、「クリップ」の「最長」で「2時間」を選択します。


「音声」タブを開いて、「ゲーム クリップ録画時にオーディオ録音する」にチェックを入れましょう。これでゲームの音など、PCから聞こえている音をすべて録音できます。


また、自分の声を入れたい場合にかぎり、マイクUSBマイクでも可)をPCに接続したうえで「ゲーム クリップ録画時にマイク録音する」にチェックを入れます。


ゲームバーの 録画ボタン をクリックすると録画開始です。


録画ボタンが灰色の場合 、同ボタンをクリックすると ハードウェア要件を満たしていないというエラーが表示 されます。これは、当該 PCがGame DVRを使用できない環境 であるという意味です。


▲「申し訳ありません。このPCはクリップ録画に必要な条件を満たしていません。」というエラーが表示された場合は、Game DVRを使えないPCということです。

録画中、ゲーム画面右上にタイマーが表示されます。矢印をクリックすると非表示にできます。タイマーを表示させておいても動画には入りません。


録画を停止するには、ゲームバーを開いて 停止ボタン をクリックします。 Windowsキー + Alt + R でも録画を停止できます。


録画した動画は、 「ビデオ」フォルダー内の「キャプチャ」フォルダーに保存されています *4 。動画はMP4という標準的なファイル形式となっています(映像はH.264、音声はAAC)。


Xboxアプリの使い方


Xboxアプリとは


  • Xboxアプリ は、ゲーム関係の機能をまとめたアプリです。Game DVRの設定をしたり、録画した動画のカット編集などが可能です。同アプリは、Windows 10に最初からインストールされているため、別途入手する必要はありません。


▲Xboxアプリ

  • 「Xbox」アプリという名称ですが、 Xbox OneやXbox 360専用のアプリというわけではありません 。Xboxアプリは、これらのゲーム機を所有していなくても使うことができます。

Xboxアプリの開き方


  • Xboxアプリを開く手順は以下のとおりです。スタートボタンからも開けます。

  1. ゲームバーを開く(Windowsキー + G)。
  2. Xboxボタン をクリックする。
  3. Xboxアプリが開く。


  • 3でサインインを求められたら、指示に従って Microsoftアカウントでサインイン しましょう。そうすれば、Xboxアプリで設定を変更できます。


画質・音質の設定


標準的な方法


  • 画質 を変更する方法は以下のとおりです。高画質にするとファイルサイズが大きくなります。画質についての細かい設定はできません。ただし、後述する「GameDVR_Config」を使って対処可能です。

  1. Xboxアプリを開く。
  2. 「設定」→「ゲーム録画」を開く。
  3. 「ビデオ エンコード中」の「 ビデオ品質 」と「 ビデオ解像度 」を、それぞれ「標準」または「高」にする(通常は「高」がお薦め)。


  • 音質 を変更する方法は以下のとおりです。基本的に、初期設定の128kbpsから変更する必要はありません。数字が大きいほど高音質になり、ファイルサイズは大きくなります。

  1. Xboxアプリで「設定」→「ゲーム録画」を開く(またはゲームバーの「音声」タブを開く)。
  2. 「ゲームクリップ録画時にオーディオ録音する」がオンになっていることを確認する。
  3. オーディオ品質 」を「96 Kbps」「128 Kbps」「160 Kbps」「192 Kbps」のいずれかにする。

GameDVR_Configを使った方法


  • GameDVR_Config を使うと、より 詳細な画質設定が可能 になります。「 ビットレートの指定 」や「 解像度の指定(リサイズ) 」というキーワードでピンと来る人は使用してみてください。ダウンロード方法は、以下のとおりです。

  1. GitHubにアクセスする。
  2. 「Downloads」の「GameDVR_Config.exe」をクリックして、アプリをダウンロードする。
  3. ダウンロードした「GameDVR_Config.exe」をダブルクリックして起動する。

  • このアプリでもっとも重要な設定は、「 Video encoding bitrate 」と「 Resize video 」です。前者は ビットレート の設定、後者は 解像度 の設定です。


▲GameDVR_Configの設定画面。設定後は、ウィンドウは閉じてかまいません。


バックグラウンド録画


  • バックグラウンド録画 とは、自動的に常時映像を録画しておく機能のことです。手動で録画操作を行っていなくても、ユーザーは 最大10分まえの映像を動画として保存 することができます。

  • 初期設定では、バックグラウンド録画はオフになっています。そこで、オンにしておきましょう。

  1. ゲームバーを開く(Windowsキー + G)。
  2. 設定ボタン をクリックする。
  3. ゲームをバックグラウンドで録画 」にチェックを入れる。
  4. 「直前を録画」で、「15秒」「30秒」「1分」「3分」「5分」「10分」のいずれかを選択する(初期設定では30秒)。


  • バックグラウンド録画の使い方は以下のとおりです。

  1. ゲームバーを開く(Windowsキー + G)。
  2. 任意のタイミングで クリップボタン (左から2番め)をクリックする *5
  3. 動画が「ビデオ」フォルダー内の「キャプチャ」フォルダーに保存される。



カット編集


  • Xboxアプリ上で カット編集 することができます。動画編集ソフトで行う一般的なカット編集と比較すると、簡易的なものです。きちんとカット編集したい場合は、 AviUtlなどを使って行いましょう。

  1. Xboxアプリを開く。
  2. 左メニューで「ゲーム録画」(ゲーム機のアイコン、下から4番め)をクリックする。
  3. カット編集したい動画を選択する。
  4. 「カット」をクリックする。
  5. 残したい部分が青色になるように スライダーで範囲指定する( 灰色の部分が削除される )。
  6. オリジナルをカット 」をクリックする *6
  7. しばらく待つと、「ビデオ」フォルダー内の「キャプチャ」フォルダーに動画が保存される。



ショートカットキーの設定


  • ショートカットキー の設定は、Xboxアプリで行います。 PCゲームによってはWindowsキーが使用できない ため、任意のキーを割り当ててください。

  1. Xboxアプリを開く。
  2. 「設定」→「ゲーム録画」を開く。
  3. 「キーボード ショートカット」でショートカットキーの設定をする。
  4. 「保存」をクリック する(忘れやすい)。


  • 初期設定では、ショートカットキーは下表のようになっています。

ショートカットキー
ゲームバーを開く Windowsキー + G
録画を開始・停止する Windowsキー + Alt + R
バックグラウンド録画した動画を保存する Windowsキー + Alt + G
スクリーンショットを撮影する Windowsキー + Alt + PrtScn
録画タイマーの表示・非表示を切り替える Windowsキー + Alt + T
マイクのON/OFFを切り替える Windowsキー + Alt + M


こんなときは


「クリップ録画に必要な条件を満たしていません」などのエラーが表示される


  • Game DVRを使用するためには、PCが一定の要件を満たしている必要があります(上述)。この 要件を満たしていないPCの場合、下記画像のようなエラーが表示されて録画できません 。ただし、スクリーンショットの撮影は可能です。



  • もし、どうしてもGame DVRを使いたいということであれば、デスクトップPCの場合は Geforce GT 730 (リンク先 : Amazon)などのグラフィックカードを増設すれば対処できます。ノートPCの場合は、グラフィックカードは増設できません。

PCゲームを録画できない


  • ハードウェア要件を満たしているにもかかわらず、PCゲームを録画できないという場合、以下のような対処法があります。

  1. PCゲームを録画するまえにゲームバーを開き、「はい、これをゲームとして記憶します」にチェックを入れたか確認する *7
  2. Xboxアプリを開き、「設定」→「ゲーム録画」で、「ゲーム録画で、ゲーム クリップとスクリーンショットを録画」をオンにしているか確認する(オフだとゲームバーを開けない)。
  3. Windowsキーが無視されるPCゲームの場合は、Xboxアプリでショートカットキーを変更する。
  4. PCゲームがフルスクリーンモードならば、ウィンドウモードにする。
  5. ほかのキャプチャーソフトを使用する(詳細はPCゲームの録画を参照)。

ゲームの音が動画に入っていない


  • ゲーム音が動画に入っていない という場合は、まずはゲームバーで設定を確認しましょう。

  1. ゲームバーを開く。
  2. 設定ボタンをクリックする。
  3. 「音声」タブを開き、「ゲーム クリップ録画時にオーディオ録音する」にチェックを入れる。


  • また、「Broadcast DVR server」のミュートを解除します。

  1. デスクトップ画面右下にあるを右クリックして、「音量ミキサー」を選択する。
  2. 「Broadcast DVR server」の音量がミュートになっている場合は、ミュートを解除する。


  • さらに、もし5.1chや7.1chの環境でPCを使用している場合は、 2chのスピーカー(ヘッドセット)を既定のデバイスにして録画 してみてください。

        詳細は、 Windows 10のサウンドコントロール を参照

マイクの音が動画に入っていない


  • 動画にゲームの音は入っているのに、 マイクの音が入っていない という場合、まずはゲームバーで設定を確認しましょう。

  1. ゲームバーを開く。
  2. 設定ボタンをクリックする。
  3. 「音声」タブを開き、「ゲーム クリップ録画時にマイク録音する」にチェックを入れる。


  • また、Windowsの録音デバイスを開き、 「マイク」が既定のデバイスになっていることを確認 します。

  1. デスクトップ画面右下にあるを右クリックして、「録音デバイス」を選択する。
  2. 「マイク」上にが表示されていることを確認する。
  3. そうなっていない場合は、「マイク」上で右クリックして「既定のデバイスとして設定」を選択し、「OK」をクリックする。



動画の保存場所を変更したい


  • 動画は、「ビデオ」フォルダーの「キャプチャ」フォルダーに保存されます。これは変更することはできません。ただ、「ビデオ」フォルダーの場所自体は変更できます。

  1. 「ビデオ」フォルダー上で右クリックする。
  2. 「プロパティ」をクリックする。
  3. 「場所」タブで任意の場所を設定する。
  4. 「OK」をクリックする。


動画を投稿したい


  • ニコニコ動画やYouTubeに動画を投稿するには、 ファイルサイズを小さくするなどの作業が必要な場合があります 。そのほか、各動画共有サイトごとに仕様があるため、その仕様にあった動画にしましょう。編集ソフトを使用します。

        詳細は、ニコニコでゲーム実況、またはYouTubeでゲーム実況を参照

  • なお、Game DVR(Xboxアプリ)の動画共有機能は、Xbox Live内で動画を共有するための機能です。

スクリーンショット撮影した画像がない


  • スクリーンショット撮影した画像は、「ビデオ」フォルダーの「キャプチャ」フォルダーに保存されています。


関連ページ


  • このページと関連性の強いページは以下のとおりです。

ページ名 内容
コメント 質問など
PCゲームの録画 PCゲームを録画する方法
実況用PCマイク/こんなときは マイク使用時によくあるトラブルまとめ
Windows ムービーメーカー 動画編集の方法
AviUtlの使い方 動画編集の方法
Windows 10のサウンドコントロール Win10のサウンド設定方法




トップ > PCゲーム録画カテゴリ > Windows 10のゲーム録画機能 / 2016年06月25日 (土) 17時28分32秒






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー