※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

251 名前:黒い蜘蛛の糸 1/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:19:35 ID:lmkgam+I  サイトは喜んでくれるだろうか?

 おかしいと思い始めたのは数週間前。  モンモランシーに相談したら、 「……あんたもか…………少し前に沢山用意したのがあるから、コレ使いなさい」  そう言って、魔法役を一瓶くれた。

 怖くて怖くて仕方が無かった。  でも知らないままに日常を過ごせるほど、わたしの心は強くない。

 笑いながら薬を渡してくれたモンモランシーが教えてくれた、魔法薬の使い方。

 指先を少しだけ切って、にじみ出る血をハンカチに垂らす。  その血に魔法薬を浸して、数分待つ。

 それだけ。

 自分の部屋に閉じこもって、部屋の隅で指先のじくじくした痛みに耐えながらじっと見つめる。

 赤く滲んでいた血が、鮮やかな蒼に変わる。

「……あ……」  陽性……だ。

 ウェストウッドのティファニアの家で、  帰りの船の中で、  この部屋で、

 何度も重ねたサイトとの行為。

 その結果。

「…………モンモランシーにお願いしないと……」

 今度のお願いを聞いたモンモランシーは怒って……怒って……    何度もお願いするまで、お薬をくれなかった。  モンモランシーは優しい。

 ……それでも……引けないわたしは、一生懸命お願いして……

 ――『保険』を手に入れた。

252 名前:黒い蜘蛛の糸 2/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:20:09 ID:lmkgam+I  ルイズのバカ。    一度目の薬は良い。

 出征前の思い出に、  死ぬかもしれない恋人に捧げたくて、  今生かもしれない別れに、ただひたすらに肌を重ねて。

 自分を安売りして、数ヵ月後に青くなった娘は沢山居た。

 ……わたしだって、ギーシュがせまって来たら分からなかった。  側に居なくなってから、こんなことならと何度思ったか分からない。

 だから欲しがる子には無料で分けてあげた。  わたしが出来なかったことをした、勇気を出した女の子がその後も怯え続けるのに納得が行かなかったから。

 ほっとした子も居た、覚悟を決めた子も居た。

 でも、一つだけ納得行かない道があった。

「どうしてこんな薬を欲しがるの?」  需要は有った、それでも渡すのに躊躇が無かったわけじゃない。

 コレは毒薬だ。  飲めば人が一人死ぬ。

 相手の戦死の報が届いて思い出すのも辛くなった、身体が弱くて母体がもたない。    ――もっと、ずっと、単純に、心が弱い。

 この子はそのどれとも違うはずだった。

「……サイトは……いつか居なくなるから」 「この世界にサイトを繋ぎとめるわけにはいかないから」

 何度も何度も繰り返されるルイズの言葉に、

「……使うのは最後の最後にしなさい」    わたしは折れた。

「……ん」  ルイズの微笑みは、きっとずっと忘れない。

 ――こんな事を繰り返すわたしは、いつかきっと地獄に落ちると思う。

253 名前:黒い蜘蛛の糸 3/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:20:43 ID:lmkgam+I  もしも……喜んでくれるなら……

 本当はとても怖いけれど、モンモランシーと約束したから。  渡したくないお薬を、嫌々ながらもわたしを信じて渡してくれたモンモランシーに報いるために。

「サイトに……一言だけでも……」    拒絶されるのが怖かった。  邪魔だって、重い女だって、抱くんじゃ無かったって。

 そんな風に思われるのが嫌だった。

「……き、嫌われたら……」

 サイトはいつか帰るつもりだと思うし、サイトを助けるのはわたしじゃなくても良い。  姫さまは喜んで手を貸すだろうし、サイトとわたしを守ってくれたタバサも、最近はよく一緒に居る。

 チクンと、胸の奥が痛む。  わたしはサイトじゃないと嫌だけど、サイトはわたしじゃなくても……    分かってる、わたしはわがままだし、サイトに何度も暴力を振るった。  わたしの所為でサイトは何度も死にかけたし、心臓だって一度止まった。

 ……胸だって、シエスタや姫さまより小さい。

 サイトの事を思ったら、身を引いたほうがサイトは幸せかもしれない。

「……離れたくないよぅ……」  小さな小さな願い。  サイトが側に居ない世界が、どんなに辛いのか、今のわたしは知っている。    二度と耐えられそうに無いから、サイトがわたしを求めてくれた時は嬉しかった。  抱きしめられた時は二度と離れないと思った。

 ……でも……

「わ、わたしが……わたしが居ることが……サイトの邪魔になるかもしれない」

 ――そして、この子が。

 サイトに言わない方がいいのかも知れない。  最初はそのつもりだった。

 でも……モンモランシーが……

 ……ううん……嘘だ。  本当は……そんな事無いって、あるはず無いって分かっていても、

「サイトに……祝福して欲しい」

 優しいモンモランシーは、わたしにきっかけをくれたんだ。

254 名前:黒い蜘蛛の糸 4/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:21:15 ID:lmkgam+I 「サ、サイト……時間……いい?」 「ん? ……まだ日が高いのに……積極的だな、ルイズ」 「っっっ、ち、違うのっ、お願い……聞いて」

 誰も居なくなった騎士隊の隊舎でサイトをつかまえた。  部屋に戻ってくるのは待てない。  部屋で言うと……泣く所が無くなるから。   「なんだ?」  穏やかなサイトの目がわたしを捉える。  サイトが話を聞こうとしてくれる、こんな時間がわたしは好きだ。

 ……でも、今日はいつも違って辛かった。  この目が……次に浮かべるのはどんな色なんだろう?

「あの……ね、あのね……サイト」  悲鳴を上げている心が、干上がった喉を通して聞きたくない音をたてている。  わたしの本気を感じてくれたサイトが、真面目な顔で話を聞いてくれる。    ……やさしいのね、サイト。

「あ、…………あ……」  次の言葉がどうしても出ない。

 もし、 『俺の子か?』  とか言われたら?  ううん、冷めた目で一瞥されるだけで、わたしの心は砕けそう。

「ん?」  サイトが優しく続きを促す。  ……いつまで優しくしてくれるんだろう?

 話をそらしたい、そんなことまで考える。  ……怖い。

 でも……今は逃げちゃだめだ。

「……赤ちゃん……できたみたい……なの」

255 名前:黒い蜘蛛の糸 5/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:21:49 ID:lmkgam+I  怖くて目が開けられない。  一息に言った後、硬く目を瞑ったまま、ひたすらサイトの反応を待つ。

 静まり返る部屋に、サイトの足音だけが響く。

 ……だめ……だ、きっとだめだったんだ。  目を開いたら、きっとサイトの冷たい目がわたしを見ているんだ。

「ご、ごめんなさいっ、だ、大丈夫だからっ、ほらっ、モンモランシーに堕胎薬貰ったから。  サイトの邪魔にならないからっ、す、すぐに飲むからっ」

 目を閉じたまま、隠し持っていた薬を飲もうとした手が、  力強い腕に抱きすくめられる。

「おめでとう……いや……ありがとうか? ルイズ」 「ふぇ?」 「うれしいよ」 「……え?」

 これはきっと夢。

「お父さんになる訳だな、俺」 「……い、いいの?」 「ん? 何が?」 「産んでも……邪魔になっても……いいの?」

 ……ほんの少しの希望を込めて。

「なんで? 何が邪魔なの?」 「……だって……帰る時に……」 「いや、帰らねーよ、ルイズがここに居るのに」

 聞き間違いだと思った、だってこんなに幸せなのは有り得ないから。

「ずっと側に居るよ、ルイズ」

 この夢は覚めなかった。

256 名前:黒い蜘蛛の糸 6/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:22:31 ID:lmkgam+I 「いやー、しかし俺、ルイズパパに殺されるなー」

 サイトが笑う。

「だ、大丈夫! 父さまはわたしが説得するからっ、父さまだって初孫だし、  姉さまは二人とも難しいし、ほ、ほらっ、未来の公爵よ、わたし達の子供って」

 まだ男の子か女の子か分からないのに。  先の見えない未来の話が、こんなに楽しいのは始めて。   「……ずっと、一緒だな、ルイズ」 「……そそそ、そうねっ、こ、子供が出来ちゃったんですもの、仕方ないわ」

 本当は凄く嬉しいのに、バカなわたしはこんな時でも素直に成れない。

「仕方ないのか」

 サイトが笑ってわたしを抱きしめる。  優しくギュってしてくれる腕が、『分かっているよ』と語り掛ける。

 それが凄く恥ずかしくって。

「わ、わたしっ、モンモランシーに報告に行ってくるっ!」

 お礼も言わなくちゃ。  駆け出そうとするわたしを、サイトが呼び止めた。

「ルイズ、その薬は置いていけ、お前走るとその辺の物飲み干すだろ?」 「そ、そんな事しないわよっ」 「一回したからっ、いいから置いていきなさい……お母さん」 「そっ……なっ……う…………はい」

 わたし……これからサイトに勝てないかもしれない。

257 名前:黒い蜘蛛の糸 7/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:23:06 ID:lmkgam+I 「未来の公爵……か」  手の中の小瓶にしっかりと蓋をする。  面白いおもちゃが手に入った。

「……お、おめでとうございます……サイト……さん」  カーテンの陰に隠れていたシエスタが、真っ青な顔で、それでも俺達を……  俺とルイズを祝福する。

 気丈な事だ。

「その子の、弟かな? 妹かな?」  降臨祭の夜に、七回にわたって流し込んだ精はシエスタの胎内でしっかりと息づいていた。

「……ど、どうしましょう……」  シエスタがルイズを大切に思っているのは知っていた。  妊娠が発覚しても、サイトに知らせると同時にミス・ヴァリエールには自分で知らせると……  せめてけじめを付けさせてくれと、涙ながらに頼んだ彼女を思い出す。

 ……少し面白くなかった。

「シエスタ、まだ言っていないんだよな?」 「……ご、ごめんなさい」

 そんな方法などあるはすも無いのに、ショックを与えずに知らせようと、シエスタは悩み……  結局未だに伝えていない。

「コレ、飲んでみる?」  手の中の小瓶を示す。  シエスタもルイズの話を聞いていたはずだ。

 何の薬かは分かっているだろう。

258 名前:黒い蜘蛛の糸 8/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:23:43 ID:lmkgam+I 『オマエノコドモハジャマダ』  サイトさんがそう言っている。    ミス・ヴァリエールも言っていた。  未来の公爵だと。

 サイトさんとミス・ヴァリエールは近い将来結ばれる。

 なら……妾腹で年長の子供の存在など……

「薬は俺が預かっとくから……考えといて」 「……は……い……」

 どこか遠くでわたしが返事をしている。

 サイトさんはミス・ヴァリエールが持ってきた薬を、  わたしが洗濯したハンカチに包み、大事そうに持ち去った。

 隊舎のドアが無慈悲な音をたてる。

 幸せだったのに、  ミス・ヴァリエールを騙していると、疼く胸の痛みすら甘美だったのに。

 ……これはきっと罰。

「……ミス・ヴァリエールを……騙していたから……  天罰が下っちゃいました……ね……あはは……」

 誰も居ない部屋で、  誰も居なくなった部屋で、シエスタは立ち尽くした。

 遠くで聞こえる雷の音が、全てを壊そうとしている様だった。

259 名前:黒い蜘蛛の糸 9/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:24:18 ID:lmkgam+I 「シエスタ?」  雨の中ぼんやりと歩くシエスタを、ルイズは慌てて連れて行った。

「ちょっと、なんでこんな……もうっ、体冷たくなっちゃってるじゃない」 「…………えぇ……そうですね……ミス・ヴァリエール」

 廊下を濡らしながら、ルイズはシエスタを部屋まで連れて行った。

 伝えたい事が有った。  伝えるべきだと思った。

 しかし尋常ではないシエスタの様子に、ルイズは彼女を傷付けかねない言葉を紡げなかった。

「ほら……シエスタ、自分で洗濯してるんだから、遠慮しないの!」 「……ありがとうございます、ミス・ヴァリエール」 「あぁ……もうっ、下着まで……貴族用のお風呂……使えないかしら?」 「だ、だめですよ……でも……ありがとうございます」

 ありったけの布でシエスタの水気を拭き取ってから、暫し考え込んだルイズはシエスタを抱きしめる。 「ミス・ヴァリエール?」 「……お風呂ほどじゃないけど……暖かくない?」  自分の熱を少しでもシエスタに伝えようと、ルイズは一生懸命に冷え切ったシエスタに抱きついた。

 冷え切った体と心に、少しつづ熱が戻り始める。  うれしいのに、幸せなのに涙がこぼれた。

 ――ワタシのユメはスキナヒトのソバにイルコト    それは叶うのだから。    サイトさんにお薬をもらおう。    優しいミス・ヴァリエールが泣かないように。

260 名前:黒い蜘蛛の糸 10/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:24:59 ID:lmkgam+I  身体が重い。  一歩前に進むのも辛い。

「ミス・ヴァリエール……怒ってましたね」

 部屋を出ようとするシエスタを、ルイズは必死で止めた。

「わたしなんかを心配してくれるなんて……ミス・ヴァリエールのバカ」

 わたしはずっと貴方を騙していたんですよ。  そう告白できたら、どんなにか楽になるのだろう。  でも、伝えられない。  二度と言う機会も無い。

 サイトの立ち寄りそうな所に顔を出す。  真っ青なシエスタを不審げな顔で見ながらも、何人かが居場所を教えてくれた。

「隊舎に戻っているなんて……行き違いですね」  まるでわたしとサイトさんの様、自嘲気味に笑うシエスタは、  ルイズが与えてくれた温もりをもう一度冷たい雨で洗いながら、とぼとぼとサイトの元に向かった。

「サイト……さん?」    床を濡らさないように、ドアの隙間から部屋の中を窺うが、部屋の中には誰も居なかった。

「あ……はは……わたしは何をやっても……駄目ですね」

 そのまま立ち去るつもりだったのに、テーブルの上に気付いた。

 ……気付いてしまった。  見覚えのある一つの瓶に。

261 名前:黒い蜘蛛の糸 11/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:25:35 ID:lmkgam+I  引き寄せられるように部屋の中に上がりこむ。  本来なら決してこんな真似はしないのに。

 薬を持ち上げる手が震えるのは、寒さだけが原因ではなかった。  小さく軽いはずの小瓶が、今まで持ち上げたことが無いもののように重かった。

「こ、これ…………で……」

 ミス・ヴァリエールもサイトさんも、これから先、笑って幸せに暮らしていける。  わたしが、わたし一人が耐えればいい事なのだから。

 真っ黒に染まった世界の中、薬と自分だけになった気がした。    笑うミス・ヴァリエールを、  幸せそうなサイトさんを思い浮かべる。

「さようなら」

 会うことも出来なかったね、そう名のる資格も無いけれど……  『おかあさん』を許してね。

 飲もう。そう決めると、荒れ狂っていた心が凪いだ。  落ち着いた手で瓶の口を開く。

 ミス・ヴァリエールもサイトさんの為にこれを飲もうとしたんですもの。  ミス・ヴァリエールとサイトさん、二人の為になら……わたしだって。

 口元に当てた瓶を一息にあおる。  何の味も匂いもしなかった。

 でも……自分の内側が中から汚されていく、そう感じた。  そんな筈は無いのに、真っ黒い何かが自分の内側に広がっていく錯覚を覚える。

 これ……で……  力の抜けた指先をすり抜けて、空になった瓶が床に落ちる。  それに引きずられる様に、わたしもその場に崩れ落ちた。

 ――甘かった。  こんなに……こんなに、  深い深い喪失感がわたしを覆う。   「……ごめん、ごめん……ね」

 悲しすぎて、辛すぎて、凍った心は涙すら流せなかった。

262 名前:黒い蜘蛛の糸 12/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:26:18 ID:lmkgam+I 「見てたよ、シエスタ」  いつからそこに居たのか、サイトさんが、ゆっくりと歩み寄ってきた。

「飲んでくれたんだね」 「はい」

 ……サイトさんが笑ってくれているから……

 きっとこれで良かったんだ。  無理矢理自分を……

「俺の子、死んじゃったんだね、シエスタ」

 ……納得……え?  サ、サイトさんの子……そ、そうだけどっ、そうだけどっ、  そんなのっ、そんなの今……今言われてもっ……

「可愛かっただろうな、シエスタと俺の子」 「……だっ……え? ど……どして……そんなっ?」 「俺『考えて』って言っただけだよ? 無理強いするつもりなんか無かったのに」 「……う……そ……」

 わ、わたし……わたしっ……

「シエスタはルイズと俺の側に居る為になら、俺の子殺しちゃえるんだね」 「……ひっ……え……うっ……うぁぁぁぁ」 「ほら、そんなに泣かないでシエスタ……あぁ、服が濡れてるな、脱がないと風邪引くよ」

 サイトさんがわたしの服を脱がせてくれる、  でもそんな事どうでも良かった。

 わたしは……わたしは……  サイトサンノコドモヲコロシタ  悲しい認識で、心が埋め尽くされていく。

「ほら、おいで」  慣れた手つきでわたしを裸にしたサイトさんは、椅子の上に座ってわたしを呼ぶ。    サイトさんに申し訳なくて、悲しくて、わたしがその場を動けないで居ると、  サイトさんは自分のマントの中でわたしを抱きしめてくれた。

「ご、ごめんなさい……」 「どうしてシエスタが謝るんだ?」 「だ、だって……だってっ……」

 このまま死んでしまいたい。  こんなに悲しいのに、サイトさんの側に居るだけで不安が解け去っていく自分の心の浅ましさが、  悲しさの何倍もわたしの心を傷付けた。

263 名前:黒い蜘蛛の糸 13/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:27:00 ID:lmkgam+I  泣き続けるシエスタを見て、サイトは少し安心する。

「いいこだね、シエスタこんなに泣いて」 「ち……違います……良い子なんかじゃ……わ、わたしっ、わたしっ」

 優しくシエスタの背中を叩きながら、サイトは冷静にシエスタを見つめていた。 『……壊すつもりは無いし……そろそろか?』

 サイトには不満が有った。  子供を自覚してからのシエスタがお腹を気遣い、易々と身体を開かなくなったことや、  抜け駆けの負い目から来るのであろう、自分のことよりルイズを気遣う行動が。 『でも……シエスタは……間違えなかったな』    もし、あそこで薬を飲まなかったら……  自分がどうするつもりだったのかを思い出して苦笑する。 『シエスタはこんなに可愛いのに、馬鹿だなぁ俺は』

 シエスタに泣き止んでもらうため、強く抱きしめながら囁いた。 「あれ、水だよ、シエスタ」 「……ふぇ? ……えっ? ……ちょっ、サイトさんっ!!」 「びっくりした?」 「……ひ、ひどっ、酷いですっ、酷いですサイトさん……わたし本気でっ!!」

 じたばたと暴れるシエスタを、サイトの鍛えられた腕はあっさりと取り押さえる。  裸にむいたシエスタの柔らかさを確かめながら、サイトはシエスタの死角でひっそりと笑っていた。

264 名前:黒い蜘蛛の糸 14/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:27:37 ID:lmkgam+I  う、嘘でよかった……  ガクガクと震える膝から崩れ落ちそうなシエスタを、サイトが力強く抱きとめる。   「シエスタが子供やルイズの話ばっかりするから……ごめんな」

 サイトさんの言葉が胸の奥まで届いて、怒っていた筈なのに、嬉しくて顔が赤くなる。 「もう、サイトさん、妬いたんですか? 妬いてくれたんですか?」 「そうだね、シエスタ。ルイズや子供に嫉妬するなんて、俺どうしようもないよな」

 うれしい……サイトさんがそんなにわたしの事を思っていてくれたなんて。

「シエスタが子供を殺すほど、俺の事が好きだって分かって嬉しいよ」 「…………ぁ……」 「子供なんて、死んでも良い位俺の側に居たかったんだよな」

 ……や……いや……やだぁ……

「そ、そんな……そんな事言わな……い……でぇ……」 「シエスタにとって俺が一番大事で、他なんてどうでもいいことが分かって嬉しいよ」

 耳を塞ごうとするわたしの手を、サイトさんは決して離さずに、  優しく微笑みながら、耳元に毒を注ぎ続けた。

「……や……ごめ……ごめんな……さ……」 「何謝ってるの? 俺はそんなシエスタが大好きだよ。  俺になんの断りも無く、俺の子供殺すなんて、最高だよシエスタ」

 ……あぁ……わたしが殺そうとしたのは、わたしだけの子供じゃなくて……

「サイトさんの……こども……」 「そうだよ、大好きなシエスタと俺の子供だよ。  ……シエスタは邪魔なら、そんな子供でも殺せるんだよ。  大きくなったら、教えてあげような? 『お母さんは、昔邪魔なお前達を殺そうとしたことがあるんだよ』って」

 ……ご め ん な さ い  頭が真っ白になっていく、恐怖で背中を汗が伝う。

「わ、わたし……サイトさんの子を……こ、ころ……ころす……」

 大好きな人の子供を殺そうとしたわたしが許されることなんて有るのでしょうか。  サイトさんに捨てられる、そんな予感で押しつぶされそうだった。

265 名前:黒い蜘蛛の糸 15/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:28:12 ID:lmkgam+I  いい感じにシエスタが追い詰められていく。

「でも良いんだよ、シエスタ」 「え? で、でもっ、でも……わたしっ……」 「シエスタは、俺だけ見てればいいの」

 優しく、これ以上無い位優しいキス。

「シエスタには最初っから、俺以外は要らないだろ?」 「サイトさん……以外は……要らない?」

 子供の話をするシエスタを見てから、俺はずっと不安だった。  シエスタも、ルイズも、いつか俺の事なんてどうでも良くなるんじゃないだろうかと。  シエスタもルイズも、俺が居なくても生きていける。

 ……だけど……俺は?

 この知り合いの少ない世界で、これ以上味方が居なくなるのは……恐怖だ。

 側に居てくれると思っていた人が唐突に消える。  それがどれだけ恐ろしいことなのか、俺は無理矢理に気付かされた。

 …………どこか遠くで、何かにヒビが入る音が聞こえた。

 その日から……子供の話をするシエスタが、この世界に来て最大の恐怖だった。

 誰一人知り合いの無い世界で一人にされる恐怖。  七万の大軍の、なんと可愛らしいことか。

 シエスタは変わる、ルイズもいつか妊娠して……それに……

「シエスタには、俺が居るよ」 「…………そう……そう……ですね……サイト……さん」

 ――――シエスタには俺が居ないと生きていけない位、俺に依存してもらうことにした。  ルイズは……

 そして……

 悩むことはいくらでも有る……でも、まず

「シエスタ……いい子だね」

266 名前:黒い蜘蛛の糸 16/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:28:45 ID:lmkgam+I  理性の崩壊しかけたシエスタを、慰めるように愛撫した。

「サイト……さん」 「いいから、動かないでシエスタ」

 濡れて冷え切っていた身体を温めるように、じっくりと時間をかけ、  手だけではなく、足や胸まで使ってシエスタの身体に『温もり』を注ぎ込む。

 俺に触れることで、シエスタがもっと狂えば良い。  そんな利己的な都合を知らないシエスタの目が潤む。

「わ、わたし……わたし……こんなに優しくしてもらっ……そんな……資格……」 「馬鹿なシエスタ、俺は資格があるからシエスタを好きなんじゃないし、  資格があるから抱くんじゃない……

 好きだよシエスタ」

 こぼれ始めた涙に、胸の奥で快哉を上げる。  もっとだ、もっと俺を見ろ、俺だけを見ろ。

 も っ と 俺 を 好 き な っ て く れ

 声にならない叫びを上げながら、温まり始めたシエスタにマントを掛けた。

「サ、サイトさん、いけません。これっ、シュヴァリエのっ」 「いいから、そんなマントより、シエスタの身体が冷えることの方が問題だから  一人の身体じゃないんだから、大事にしないとね」 「…………ごめんなさい、サイトさん」

 これから暫く、何度も何度も機会が有るたびに思い出してもらう。  これはその一回目。

 マントで包んだままのシエスタを椅子に座らせて、自分の服を脱ぐ。

 ……昨日までなら…… 『お腹の子に障るといけないから』  そう言って断られた……さて、

 シエスタはじっと俺を見つめていた。  少し緊張しながら、シエスタに声を掛ける。 「……おいで」 「はい」

 ……成功、か。 「シエスタ……」 「あっ……」

 喜びを隠し切れない俺は、獣のようにシエスタに襲い掛かった。

267 名前:黒い蜘蛛の糸 17/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:29:20 ID:lmkgam+I 「だ、だめですっ、マントっ、マントが汚れます」  シュヴァリエのマントを下敷きに、シエスタを床に転がすと、シエスタが変な拘りを見せた。

「いいよ……こんなの、後で洗ってくれないの?」 「ち、違います、洗いますけどっ……」 「何?」 「……好きな人にはきちんとした格好してて欲しいんです、サイトさんの一張羅を汚すなんて……やです」

 身体の奥から喜びが溢れてくる。  シエスタがこんな時でも、俺の事を気にかけているのが分かって、  今までの何倍もシエスタが愛しくなる。

「こんなモノよりシエスタが大事なんだ」 「……そ、そんな……っぁ」

 まだ何か言おうとするシエスタの唇を塞ぎ、仰向けに寝てもあまり形の崩れない張りの有るシエスタの胸を両手で包んだ。  シエスタが焦れるくらい弱く、優しくほぐしていく。    シエスタの腕は俺の首に回されて、俺の動きの邪魔にならないように気をつけながらも、  指先に込められた力が、俺を放すつもりが無いことを主張していた。  ためらう様に絡められた舌を吸いながら、たっぷり時間を掛けて胸を苛める。  腰の下でもじもじとシエスタの太ももが擦りあわされ始めて、シエスタが我慢しているのを悟る。

「どうして欲しい? シエスタ」 「っ……いっ、いじわるっ」

 質問をした途端に、うっとりと閉じられた瞳に羞恥の色を浮かべて、凄い勢いで目を逸らされた。

 可愛いシエスタ。

268 名前:黒い蜘蛛の糸 18/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:30:00 ID:lmkgam+I  シエスタの一番熱い所に、そっと手を添える。

「はぅっ……そこっ……」  シエスタに浮かんだ歓喜の色が、数秒の後に曇る。 「あの……え……と……」  ピクリとも動かない俺を、泣きそうな目で見上げてくる。

「どうして欲しいのか分からないからね」 「っ……ひ、ひどっ……サ、サイトさぁん……」  シエスタの腰が浮かび、俺の指に透明な粘液が擦り付けられる。  勝手に動いた腰を自覚したシエスタは、可哀想な位赤くなって……

 それでも腰は止まらなかった。

「いっ、いやぁぁぁ、ち、違う……そのっ……とにかく違うんですっ」  歯止めが効かなくなったシエスタの身体に、俺の方も我慢できなくなりそうだ。  限界近くまで大きくなったモノを、シエスタの手に握らせる。 「あ……こ、こんなに……」  やわやわと握りながら、自分の中心に導こうとするシエスタを制止し、自分はシエスタに握らせたまま、  入り口に触れたままだった指先で、シエスタの形をゆっくりとなぞり始める。

「……っっ、サイトさぁん……どしてっ……なんで今日こんなに意地悪なんですかっ」 『もう一つ目的があるからね』  胸の奥で答えてから、探り当てたシエスタの一番敏感な所を、押し潰す様に指を動かし始める。

 高い悲鳴を上げながら、いやいやをする様に頭を振るシエスタに声を掛けた。

「ほら、シエスタ見てごらん」

 カーテンの陰に潜んでいた人物が、俺の指示通りに姿を現した。

269 名前:黒い蜘蛛の糸 19/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:30:33 ID:lmkgam+I  わたしの目に映ったのは、小柄な人影。  ……学院の男子生徒の制服だった。

「ひっ……やあぁっ……やだっ、見ないでっ、見ないで下さいっっっ」  暗がりに潜んでいる相手の顔までは分からないけれど、サイトさんとの行為の一部始終を見られていた事が、  こんなにも恥ずかしいと思わなかった。  人に見せた事など無い所を、サイトさん以外に晒すのが苦痛だった。

「サ、サイトさんっ、サイトさん、あの人っ、あのひとぉぉぉ」  って、あれ?  サイトさんが居ない?

「って、何してるんですかっ……やぁっっ」  わたしが人影に気を取られている間に、サイトさんは足の間まで頭をずらしていた。 「ひ、人がっ、人が見てます」  サイトさんがうっすらと笑いながら、顔を…… 「だ、だめっ、だめですっ、そんな所汚いっ……っっぁっ」

 サイトさんの唇が充血していた所に当てられ、勢いよく吸い上げ始めた。

「っく…………だ……め……ひと……が、人が見てま……す」  サイトさんは何も聞こえないみたいに、容赦なくわたしを責め立てる。  湿った音の原因は、サイトさんの舌だけじゃなく、恥ずかしいのに焦らされていた身体が貪欲に刺激を求めて反応する。  ミス・ヴァリエールに気付かれないように、それだけに注意しながら、暇さえあればサイトさんに開発され続けたわたしの身体。  ほんの数ヶ月前には想像も出来なかった快感が途切れる事無く送り込まれ、ほんの暫くの間しか声を抑えることが出来なかった。

 わたしの声が漏れるたび、男の子が息を呑むのが聞こえて、せめて両手で体を隠そうとすると、サイトさんがおもむろにわたしを羽交い絞めにした。

「み、見られてっ、っっやぁっ、いやっ、止めてください、サイトさん」

270 名前:黒い蜘蛛の糸 20/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:31:10 ID:lmkgam+I  シエスタの胸を持ち上げるようにして見せ付けると、

「ひ、ひどっ、わたしっ、サイトさん以外に……」  可愛いことを言いながら、抵抗を続けるシエスタを、膝の上に乗せた。  すっかり硬くなったオレをシエスタの入り口に当てると、小さく息を吐いて動きが止まった。

「期待してる?」 「…………知りません」  頬を染めたシエスタが虚勢を張っているが、シエスタの限界が近いのは、本人よりも俺のほうが知っている。  人目を気にして萎縮するかもしれないと思っていたが……杞憂だった。  シエスタはいつもより数段感じている、快感を素直に表現できないことで、  水面下ではとんでもないことになっていた。

 本人にそんなつもりは無いのだろうけれど、甘えた瞳が主張している。  力づくで奪って欲しいと、  無理矢理なら仕方が無いから、  俺がしたいのなら受け入れると、    言い訳さえ残してくれれば、俺の望みどおりに乱れてみせる。    期待と快感に濡れた瞳は、俺にそう教えてくれている。  でも……それじゃ面白くない。    シエスタの期待にはこたえず、穴の上を素通りした瞬間の泣きそうな表情が俺をさらに狂わせる。  太ももに挟み込むようにして、シエスタの下の唇を味わう。

「……サ……サイト……さぁん……」 「ん? なに? シエスタ……俺は凄く気持ち良いよ」 「っ…………」  『シエスタが』どうして欲しいのか。  それを口に出させるため、挿入しない様に気を付けながら、シエスタの身体を上下に動かした。

「……っ……はぁ……っ……く……っ」  押し殺した嬌声が色っぽかった。  二人きりならもうとっくに堕ちている、  それが今日は最後の一線で必死に踏みとどまっていた。 (連れてきたのは正解だったな)

 見られないように、出来る範囲で捻られていたシエスタの身体が、  快感を貪るためにその配慮を忘れ始めている。

 もう一息だ。

271 名前:黒い蜘蛛の糸 21/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:31:46 ID:lmkgam+I  身体の内でサイトさんを感じたい。  頭の中がその事だけに染まり始める。  サイトさんの先っぽの段差に成っているところが、わたしの硬くなった所を擦るたびに喉が鳴るのを止められなかった。

 ……いつもなら……もうとっくに……

 今日のサイトさんは意地悪だ。  人にあんな声を聞かせたくないのに、サイトさんだけの物で居たいのに。

「シエスタのココは、気持ち良いね」  サイトさんの息が耳に掛かるだけで、意識が霞むのにサイトさんはまだ入れてくれない。  初めての時を、二回目を、三回目を……数え切れない夜を思い出すと、抑え切れない欲望が中からわたしを焦がし始める。

「…………て……」  自分が何を口走ったのか悟り、慌てて口を押さえる。  目の前に居る、見知らぬ少年に聞かれなかっただろうか?  視線をたどられない様に注意しているけれど、食い入るようにわたしを見つめているのがわかる。

「シエスタ、今、なんて?」  聞こえていたに違いないサイトさんが、強く胸を掴んだ。  快感に身体が震えるけれど、刺激を焦がれているのはソコとは違う。  サイトさんを感じたい、サイトさんを差し込まれて何もかも忘れてしまいたい。  目を閉じて、目の前の男の子の事を忘れてから、とうとう口を開こうとした時に、  サイトさんがもう一度口を開いた。

「子供を殺すシエスタは、さっきなんて言ったのかな?」 「ひっ…………ぅ……」 「ついさっき、俺のためなら子供も殺そうとしたシエスタは、そのことも忘れて何を言おうとしたのかな?」 「…………あ……ぁっ……ぁぁあああっっ」

 身体は快感に蕩けたまま、頭が芯から冷たくなっていく。  こんなに身体は熱いのに、どうして寒気で震えが止まらないのだろう。

 ほんの少し前に、自分が何をしようとたのかも忘れて……わたしは……

「でも、いいんだよ、シエスタ」

272 名前:黒い蜘蛛の糸 22/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:32:22 ID:lmkgam+I  サイトさんの力強い腕が優しくわたしを包み込む。

「シエスタは、俺のことだけ考えてれば良いんだ」 「……サ……イト……さん」 「ほら……気持ち良いだろう? そのまま……」 「で、でもっ、でもっ……」 「良いんだよ、シエスタは俺のために……」

 壊れかけていた心が、サイトさんの一言で救われる。  わたしは酷いことをしようとしたのに、サイトさんは許してくれる。

 捕まった。  捕まってしまった。  サイトさんの優しさに絡め取られてしまった。    ……もう……いいや、わたしは狂おう。  この人の為になら、もう理性なんていらない。  プライドなんか邪魔だし、人の目なんて気にしない。

「ほら……シエスタ、さっきの……もう一度言ってごらん?」 「入れて……入れてくださいっ」

 何もかもかなぐり捨てたわたしの懇願は、容易く叶えられた。

「あっ……あぁあああああっ」  男の子の視線が、埋もれていくサイトさんの様子に釘付けになる。  さっきまではサイトさん以外に見せることが、あんなに苦痛だったのに。  ……今は、なんて良い気持ち。

 根元まで飲み込むと、サイトさんは今までの埋め合わせのように激しく動き出した。  一番深い所にぶつける様な激しい刺激。  

 一瞬だけ、子供の事が気に掛かる。

「……っと……もっと……もっと……シテ……シテクダサイ、サイトさんっ」

 でも……ほんの……一瞬だけだった。

273 名前:黒い蜘蛛の糸 23/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:32:54 ID:lmkgam+I 「ほら、シエスタ」  トン……と、サイトさんがわたしの背中を押す。  全身に力の入らなくなっているわたしを、目の前に居た蒼い髪の男の子が抱きとめてくれれた。

「ご、ごめ……さっ……」  サイトさんのなすがままに、男の子の首に手を回して崩れ落ちそうな身体を支える。  真っ赤に成った男の子が、目を逸らしながらも、ちらちらとこちらを伺っているのが分かっる。  うらやましそうな様子に恥ずかしさとよりも、大好きなサイトさんを中に迎えていることが誇らしく思える。

「ほら……シエスタ、どんな感じか教えてあげたら?」 「は……い……サイトさん」

 どうしてさっきまで恥ずかしかったのかしら?  サイトさんの事を喋ることができる幸せに、他の事が考えられ無いまま、素直に感じていることを口に出来た。

「サイトさんの……おっきいのがぁ、わたしの中でうご……ってぇ……」 「……や……やめ……て……言わないで」 「奥に届くたびに、おかしく……なって……わたし……わたしぃ……」 「やっ……そんな事……、そんな事……」

 痺れたような頭では、男の子にしては、声が細いことも高いことも、分からなくて……  近くで見ると整いすぎるほど整った繊細な顔立ちが、わたしの一言一言に怯えている事実に、  サイトさんに触れてもらっているときとは違う、昏い悦びが胸を満たす。

「サイトさんに、愛してもらうのは、とぉっても気持ち良いんですよ。  ほら……サイトさんも気持ちよくなって、こんなに硬くしてくれるんです」 「…………な……んでぇ……いや……こんなのいやぁっ」

 認めたくないものを見せ付けられているかのような反応。  なんて潔癖な子……  悪い事を教えている……そんなイケナイ悦びに身を震わせていると、  サイトさんの手が男の子の手を取って、わたしの胸に押し当てるた。  男の子は火傷でもしたかのような勢いで、手を引こうとしたけど……

 サイトさんは許さなかった。

 サイトさんとは違う、白く細い指先に身体が竦む。  わたしが戸惑っている間に、押し付けるサイトさんと、  逃れようとする男の子のせめぎ合いが、  今までに感じたことの無い刺激をくれて……

「も……っと……もっと……触って……きもちいぃのぉ……」

 男の子が泣きそうに見えたのはどうしてだろう?

274 名前:黒い蜘蛛の糸 24/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:34:19 ID:lmkgam+I 「ほらシエスタ、口が止まってる」 「ご……ごめんなさ……っっだ……サイトさんっ……サイトさぁん……」  声も立てずに瞳で訴えかけてくる蒼い髪を横目に、シエスタの身体を味わう。

 楽しい。  事態が全て自分の思い通りになる万能感は、何物にも換えがたい。

 俺の身体から離れられない様に、じっくりゆっくりシエスタを染めていく。  恥じらいを捨て、見知らぬ相手に自らの手で胸を触らせ始めたシエスタに、  俺は深い満足を覚えた。

 身体を支えるために俺以外に抱きついていても、視線と意識は常にこちらに向け、  途切れ途切れに俺の名前を呟いている。

 なんて健気で可愛いんだろう。

「シエスタ、大丈夫?」 「はっ……はい……サイトさん……あのっ……あのねっ」

 快感に曇ったまま、真っ直ぐに俺をとえら得た瞳が、少しだけ力を増す。  必死に言葉を紡ぐシエスタに、少し意地悪をしたくなり、俺は動きを加速させた。

「っっく……だめ……ちゃんと……いいたいの……にぃ……サイトさんの意地わ……る……」

 どうやら俺は意地悪らしい、意外な事実を教えてくれたシエスタに感謝を。

「あっ……あああっ、きゅうにっ……いやぁっっ」    行動で示した俺の感謝に、シエスタの身体は素直に答える。  奥へ奥へと、熱い肉体が絡みつく。

「っ……ひぁっ……もぅす……ぐ……ちゃぅ……だ……め……」 「俺も気持ち良いよ、シエスタ」 「……あの……あのね……サイトさん……っく……  わたしっ……貴方に愛してもら……て……」

 口付け、絡み合いながらの、シエスタのたどたどしい告白に、背筋をゾクゾクと快感が這い上がる。  蕩けるような快感に、抑えの効かなくなった俺は、背後から力いっぱいシエスタを抱きしめた。  それが最後の一押しとなって、堪えに堪えていた二人の限界が、同時に訪れた。

「いっっあぁあああああぁぁぁぁっ…………」

 シエスタの嬌声が部屋中に響き渡り、その場にクタリと崩れた。  腕の中で重力に引かれるシエスタの身体を手放すことが出来なかった俺は、絡み合ったまま、ぐしゃぐしゃに成ったマントの上に倒れこんだ。

「……し……あわ……せ……です」

 小さく耳に届いたシエスタの言葉に頬が緩む。

 やっと、『タイセツナモノ』が手に入った実感に、喉の奥から漏れる哂いを抑え切れない。

 おもわず……俺も何か叫んだのかもしれない、  俺たちを見つめる蒼い瞳に悲しみがあふれていたから。

275 名前:黒い蜘蛛の糸 25/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:35:08 ID:lmkgam+I  サイトは意地悪だと思う。  男の子の制服を着ろって言われた時は何事かと思った。

 逆らうつもりはないけれど。

『この命は、あなたに捧げる』

 そう言った瞬間から、この人が望むことを何でもしてあげたかった。

 誓いの夜にわたしの部屋を訪ねてきたサイトが、身体を求めるのにも抵抗出来なかった。

 最後だと……そう思っていたから。  すぐに母さまを助けに行くつもりだったから。

 死ぬ覚悟は出来ていたけれど、女の子らしい幸せも……一度位は感じたかった。

『始めてだったら痛いから、今日は無理にしねぇよ』

 そう言って、わたしだけを感じさせてくれたサイトの優しさが嬉しかった。  一晩中鳴いて、気が付いたらお昼だった。

 ……気持ちよかった。

 母さまが大変な目にあっているかもしれないのに、サイトの指先に逆らえなくなった。  そうしたいって、一言言ってくれたら、いつでも最後まであげるつもりだったけれど、  息吐く間もくれないサイトに、自分からは何も言えないまま数日が過ぎて、

(このままじゃ、駄目な子になっちゃう……)

 そう思ったわたしは、母さまの所を目指して旅立って……

 ……母さまの幽閉されている城までの旅で、サイトに会えない切なさに耐え切れなくなった、  寂しくて悲しくて、泣きながら学院を目指した……    死ぬつもりだったのに、母さまを助けて、アイツを殺しに行くつもりだったのに。

 ……『死』が怖くなった。  ……いつ死んでもいいはずだったのに、復讐しか見ちゃだめだったのに。  あの人の側に居たかった、あの人がわたしを見てくれなくっても。

 それだけだった筈なのに……

 サイトは変わってしまった。

276 名前:黒い蜘蛛の糸 26/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:35:54 ID:lmkgam+I 「お帰り、タバサ」 「……た、ただいま」

 サイトの様子がおかしいのには直ぐに気付いた。  この人の目は、こんなに冷たくなかった。  この人の微笑みは、もっとずっと柔らかかった。    側にいるのも恐ろしい、黒い気配の持ち主は、それでも確かにサイトだった。

「どうしたの?」

 ごめんなさい、最初の言葉は決めていたのに、あまりの変化に先に疑問をぶつけてしまう。  うつろに笑うサイトが、ゆっくりとわたしに近づいてきて、いきなりその場に引き倒された。

「っ…………」 「どうしたの? タバサが居なくなって、心配してたんだ。  タバサの命は俺に捧げたんじゃなかったのか?  みんな……みんな変わるのか?  俺を好きだって言ってくれる言葉を信じちゃいけないのか?」

 ――相談もせずに消えたわたしを迎えてくれたのは、  寂しさで『変わった』サイト。

 目の前のわたしではなく、サイトはどこか遠くを見ていた。

「シエスタに俺より大事なものが出来た途端にタバサが消えた、  二人とも俺を好きだって言ったのに、    …………怖いんだ、怖いんだよ……    抱き合っている時はあんなに暖かいのに、気持ち良いのに。  ほんの少し離れただけで、タバサは消えた!  シエスタは触れられるのを拒むようになった!!

 ……なら……きっと、ルイズも……ルイズだって……いつか……」

 力強いサイトの腕の中で、全身の骨が悲鳴を上げる。  痛みで視界がチカチカした。

 …………それでも、久しぶりのサイトの体温にわたしは目を細める。  たとえこの身が砕けても、サイトの気持ちが落ち着くのなら。

 そう思って、じっと耐えた。  ルイズの好きな香水の移り香が甘くて、胸に痛かったけど。

277 名前:黒い蜘蛛の糸 27/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:36:27 ID:lmkgam+I 「もう逃がさない」

 緩んだ腕と引き換えに与えられたのはそんな言葉。

「もうどこにも行かない」 「……うそだ」

 他の人の事なんてどうでも良かったのに、この人に信じてもらえないのは、どうしてこんなに切ないの?

「信じて……」 「じゃあ復讐、諦めるか?」 「…………ぅ…………」    父さま……母さま……  ずっとわたしを形作ってきた、昏くても重要な欠片。

 ……サイトは大切だけど、長年掛けて編み上げた感情はそう簡単にほどけない。  返事が出来ないわたしを、サイトは冷たい目で見つめていた。

「……ほぉら……やっぱり……」 「ちがっ、ちがうっ」

 慌てて否定しても、わたしの声はもうサイトに届かない。

「みんな、居なくなるんだ……  いつか、この世界で一人に……なるん……だ……」

 サイトの声が小さくなっていく、他の誰とも違うサイト。

 ほかの誰も、彼の事を本当に理解できない。  特別な世界を持つただ一人の人。

 生まれ育った優しい世界に、二度と戻れない。  その辛さは、わたしだって良く知っているはずなのに。  少し考えれば分かったはずなのに……

 少しづつ、少しづつ集めたに違いない、『大切な者』に折角加えてもらったのに、  わたしは彼を裏切ってしまった、  傷付けてしまった、

 この人が変わったのは、わたしの所為。  ……この人に……『別れ』を教えてしまった。

「……ごめんなさい」

 やっといえた言葉は、この人の届くのだろうか。

「……そんなの、聞きたい訳じゃ無いっ!」

 叫んだサイトがわたしを置いて駆け去って、一人その場に残されて、  どれだけ時間が流れても、この悪夢は覚めなかった。

278 名前:黒い蜘蛛の糸 28/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:38:33 ID:lmkgam+I  それからサイトは毎日わたしを苛んだ。  誓いをを確かめるように、怯えるように、確認するように。

 一度失った信頼は、犯してしまった過ちは、容易く取り戻せはしない。  その指先がわたしを狂わせても、わたしの方からサイトに触るのを決して許してくれなくなった。

 サイトに触れたいのに、気持ち良くなって欲しいのに……

 ……わたしのココを……使って欲しいのに。  以前のように優しさではなく、一度裏切ったわたしを最後までは許さないと、  そう宣告するように、サイトは頑なにわたしの処女を奪おうとしなかった。

「……少し、変わったことをしようか?」

 何か思いついたんだ、そう……思った。  いつもサイトは変なことをする。

 特に好きなのが、メイドやシエスタとの行為を見せ付けること。

 サイトに触れる腕を、サイトに絡む脚を、サイトを迎え入れる……を。  何も言えないまま見つめるのは悲しかった。    一人最後までしてもらえないわたしが、取り残されたような絶望を感じるのを、  サイトはいつも嬉しそうに見ていた。

 今日も……物陰で一人泣いていると、サイトと目が合った。

『こっちにおいで』  サイトの目がそう言っていた。

 い、いいの? 許してくれるの?   理性の痺れたわたしが物陰から姿を現すと、サイトが楽しそうに哂う。

「ほら、シエスタ見てごらん」

 え?

「ひっ……やあぁっ……やだっ、見ないでっ、見ないで下さいっっっ」

 あ……  サイトがどうして男の子の格好をさせたのか、ようやく分かった。  メイドの子は、わたしが男の子だと思って慌てている。

 タバサの事なんて考えてないよ。  サイトの態度が言っている。  わたしとの時は、優しく優しく丁寧に……なのに……どうして?

 あんなに激しくされているのに……

「み、見られてっ、っっやぁっ、いやっ、止めてください、サイトさん」

 どうして、あの子はあんなに乱れているの?

279 名前:黒い蜘蛛の糸 29/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:39:21 ID:lmkgam+I  わたしだったら痛みを感じそうな刺激を、成熟した身体は快感として受け入れていた。  ……わたしも……わたしも……サイトに……あんな風にされたいのに。  ぎゅって押し付けて、気持ち良さそうなサイトを見ていると、羨ましかった。   「……俺は凄く気持ち良いよ」

 サイトの言葉が胸をえぐる。  酷いよ……サイト。わたしが聞いているの分かってるくせに。

 わたしには触れさせもしてくれない所が、敏感な入り口を擦って、見る間にメイドの理性を溶かしていく。    ……そんなに気持ち良いんだ。    生えてくるみたいに、太ももの間から顔を出すサイトのモノを、食い入るように見つめてしまう。

 後ろからサイトが、大きな胸をギュって掴む。  両手でも収まりきらない胸を見ていると、全然成長していない自分が惨めになった。

 ……おっぱいが無いから、サイトいろいろしてくれないのかな?  もっと大きくなったら……  でも、それまで待てないよ……サイト。

 わたしが悩んでいる間も、サイトとメイドは溶け合っていて。  サイトが耳元で何か囁くたび、大きく暴れたメイドを胸で支えている。  うらやましい……気が付くと、わたしは二人に引き寄せられるように、  一歩、また一歩と近づいていった。

「入れて……入れてくださいっ」

 メイドの叫びに、自分の喉が音を立てる。

 ……あんなに大きいのに、メイドはやすやすとサイトを飲み込んでいく。  快感に歪むサイトの表情に、言いようの無い感情が胸の中で暴れた。

「……っと……もっと……もっと……シテ……シテクダサイ、サイトさんっ」

 色に狂ったメイドが憎い。  サイトと愛を交わす相手が許せない。

 そんなわたしの想いを知らないサイトが、メイドの身体をわたしに向かって小さく押した。

280 名前:黒い蜘蛛の糸 30/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:39:55 ID:lmkgam+I 「ご、ごめ……さっ……」  わたしを抱きしめるように崩れるメイドを、反射的に抱きとめる。  触れたところが、熱くて柔らかい。    ……成熟した女の身体。  ……わたしとは……違う。

 泣きそうなわたしの耳元に、熱い吐息が掛かる。

「サイトさんの……おっきいのがぁ、わたしの中でうご……ってぇ……」

 ……っ、ひど……い……ひどいよぉ……

「……や……やめ……て……言わないで」

 必死に絞り出した声にも構わず、メイドはわたしを追い詰める。

「奥に届くたびに、おかしく……なって……わたし……わたしぃ……」 「やっ……そんな事……、そんな事……」

 わたしだって……サイトが……サイトがしてくれるならっ!

「サイトさんに、愛してもらうのは、とぉっても気持ち良いんですよ。  ほら……サイトさんも気持ちよくなって、こんなに硬くしてくれるんです」 「…………な……んでぇ……いや……こんなのいやぁっ」

 嫌がるわたしの手を、そっとサイトが握ってくれて、少しだけ落ち着く。

 でも次の瞬間、わたしの手がメイドの胸にめり込む。  ……やわらかい…………こんなの……ずるいよ……  こんなの付いてたら、サイトだって触りたくなるに決まってる。  わたしなん……て……自分には無い感触に悲しくなった。

 そのまま腕を引こうとすると、サイトが嫌がらせの様に胸の中にわたしの手を押し込んだ。

「も……っと……もっと……触って……きもちいぃのぉ……」

 …………い……や……ぁ……  こんなの……こんなの、もう……やだよぉ……サイ……ト……  タバサが思考することを放棄しても、その目は目の前の行為を見つめ続けた。

281 名前:黒い蜘蛛の糸 31/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:40:31 ID:lmkgam+I  サイトは崩れ落ちたシエスタに、そっとマントを掛けた。  シエスタが凍えない様に、注意深く包むと思い出したように顔を上げて、

「……サ……イ……トぉ……」  堰が切れたように泣き出したタバサを、優しく抱き寄せた。    ……逃げなかったな……  ほっと……サイトの身体から力が抜ける。  シエスタはこれで俺から離れる事はもう無い。  理屈ぬきで、サイトはそう確信していた。   「ひどっ……ひどいよぉ……サイト……なんっ……でぇっ」

 タバサには感謝していた。  少なくとも今はそのつもりだ。  『人の絆』の儚さを教えてくれたタバサのお陰で……

「これでシエスタは、俺を捨てない」

 シエスタが手に入った。  競う者が側に居れば、嫉妬心の強いルイズは決して離れないだろう。    ……いや、離れたとしても、彼女の心に残るであろう傷は、サイトの事を忘れさせないに違いなかった。

 俺の一言を聞いただけで、タバサはどれほどの事を悟ったのだろうか。  驚きと……恐怖……か? で、目を見開いていた。

「頭の良い子だね、タバサ」 「…………ち、ちが……う、わたし……は」

 のろのろと言葉を紡ごうとするタバサの唇を無言で塞ぎ、  大きく開かれた目が閉じるまで、時間を掛けてたっぷりと味わう。

 気が付くと俺にもたれかかる様に体重を預けたタバサが、もじもじと膝を擦り合わせていた。  そういえば……ずっとオアズケだったっけ?  キスをしたまま、制服のボタンを外す。  最後まで脱がすことはせずに、タバサの細い身体を抱き寄せる。

「俺が怖い?」

 一度逃げたタバサは、いつ居なくなるかわからない。  ……それこそ、今この場から走り去り、二度と俺の前に現れないかもしれない。  いっそ居なくなれば、諦めも付くのに……

「怖くない」

 ならその身体の震えはなんなんだ?

 ……タバサを……人を信じたいのに、俺の心は疑うことばかり上手になっていく。

282 名前:黒い蜘蛛の糸 32/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:41:42 ID:lmkgam+I  怖いはずなんて無かった。  この人は傷ついている。  どれほど深く傷ついているのか、やっと少しだけ理解できた気がした。

 何もして上げられない自分が悔しくて、  母さまを助けに行ったことが悔やま……れ……

 そこまで考えて、わたしは愕然とする。

 ……わたしは……なに……を……

 母さまを助けに行くのは、娘として当然のことなのに。  今だって……放っておくわけには……いかない……はず……なのに……

 身体が小さく震えだす、わたしはこの一週間で、何回母さまを思い出したのだろう?  以前は毎日毎日そのことばかり考えていたのに……

 ……今は……サイトの事ばかり考えている。

 ……どうしよう……母さま、シャルロット悪い娘になっちゃった……  ごめん……ごめんなさい……

 何年もわたしを形作っていたモノを、知らず知らずのうちにおざなりにしていた事に、  足元が崩れ去るような恐怖を感じていた。

「おいで」

 そんな時に優しいサイトの声がする。  幻かもしれないけれど……昔のサイトに見えた。  わたしの為に命を掛けてくれた人に。

 支えを失ってしまったわたしの心が、音を立てて傾いていくのが分かる。

 ……だ……め……こんなの……わたしの為にも、サイトの為にもならない。  今のサイトに依存するのは危険。  分かって……分かってるのにっ……

「わ、わたし……悪い……娘に……なっ……」

 何も言わずに抱きしめてくれる手が、優しさだけで出来ているのではないことを理性は悟っているのに。  わたしの身体は無意識に温もりを求める。

 駄目なのに、今のサイトを頼っては。  彼に必要なのは、わたしにとってのサイトやキュルケみたいに、心を助けてくれる人。  真っ直ぐサイトを見るメイドすら疑うほどの不信を、彼に植え付けてしまったわたしなんか、  今の彼の側に……

「タバサはいい子だよ」

 サイトの声がわたしを繋ぎとめる。  ここから立ち去ろうと思っていたのに、たった一言で彼はわたしを支配する。

 サイトの腕の中に絡め取られる事を渇望する身体に、弱い心は押し流されて……  離れなきゃ……そんな想いと裏腹に、わたしの足はサイトに近づいていった。

283 名前:黒い蜘蛛の糸 33/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:42:16 ID:lmkgam+I  サイトが制服の下で湿った音を立てている。

「だ……め……やめ……て……」

 サイズの問題かもしれないけれど、男の子の制服はエッチだ、サイトが服の下で何しているのか、さっぱり分からない。  舌先が乳首に当たるたび、幸せそうに寝息を立てているメイドと自分を比べてしまい、  サイトに触れられるのが、どうしようもなく切なくなる。

「やだ……見ないで……」

 服の中からサイトは、わたしの視線を辿って苦笑すると、  背中に回された腕に力を入れて、ぎゅってしてくれた。

 そんな行為に、また少し……少しづつ、  逃げようとか、抵抗しようという意識が溶かされていく。    わたしが嫌がった所為だろうか、サイトの唇が胸の上から動かなくなった。

「……ま……って……やだぁ……」

 自分でも硬くなっているのが分かる先端を少し強めに吸ったり、  胸全体を舌で押すように舐めたり、胸ばかりを苛める。  わたしの胸なんか、あの娘に比べたら、触ってて楽しい筈も無いのに。  サイトは一生懸命にわたしを感じさせてくれる。

「っ……ふぁ…………む……ねばっ……りぃ……」 「へぇ……他の所も触って欲しいんだ」

 そ、そんなつもりじゃないのに。  恥ずかしさで何も言えない内に、サイトの指が背中に回って、  触れるか触れないかの刺激が、下から上に這い上がってきた。

「ひゃぁぁんっっっ……っ…きゃあっっ」

 背中の刺激に反り返った途端、突き出させる形になった胸に、サイトが優しく歯を立てる。

「そんなに触って欲しかったんだ」 「……ち、ちがぁっっ……やあぁぁぁっっ」

 胸を気にしたら、背中から。  背中を庇ったら、胸を。

 逃げ場の無いまま、サイトの好きなように操られる。  おもちゃに成った錯覚を覚えそうなほど、たっぷりと時間を掛けて苛められた。

284 名前:黒い蜘蛛の糸 34/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:43:03 ID:lmkgam+I 「ふっ……ぅ…………ぁ……」

 息……苦し……ぃ……よぅ……  ぐっとりとしたわたしを、サイトがそっとテーブルに寝かせてくれた。

 途中から腰に力が入らなくて、サイトが支えてくれないと、その場で倒れそうだった。  力が入らなくなったのをいい事に、サイトはわたしを好きに扱ったけれど。

「大丈夫?」

 優しい言葉を掛けてくれるのが嬉しくて、何とか頷いてみせる。  まるで前のサイトみたいだ。

 快感の余韻に浸っていると、腰の辺りで何か音がしたけど、  頭を上げて確認するのも億劫なわたしは、何もせずに息を整えることに集中する。  サイトがわたしを持ち上げたり降ろしたりしているのも、凄く気持ちよくて、  頭の回らないわたしは、何も考えずにされるがままに成っていた。

 少しだけ落ち着いた頃、サイトが笑いながらわたしの頭に『何か』乗せた。

「返すな」

 ……返す……って事は、わたしの物?  まだぼんやりした頭で、頭に乗せられた物を理解しようとする。

 真っ白い布で、ちょっと……ううん、結構濡れ……て?

 嫌な予感に、そーっと視線を下にずらしていく。

「っ! こ、これっ、わたしのっ」

 上半身には、ボタンが止まっていないとはいえ、大きめの制服を着たままなのに、  下は…………

「な、何も穿いて無いっ!」 「いい眺めだな」

 慌てて制服の前を合わせて、サイトからあちこち隠す。  こ、こんな格好のままぐったりしてたなんて……  恥ずかしくてどうにか成りそう……

「い、いじわ……る……」

 声が泣きそうになってる。  比べられた。  絶対向こうで寝てる娘と、あちこち比べられた。

 サイトに物足りないって思われたんだ……こんな子もう触るの止めるとか思われてたらどうしよう。

 不安に震えていると、サイトが側まで来てくれた。

285 名前:黒い蜘蛛の糸 35/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:43:40 ID:lmkgam+I 「タバサは可愛いね」

 ……っ……どうせ可愛い胸だもん。  頬に血を上らせたまま、サイトから目を逸らせる。    暫くわたしが怒っているのを不思議そうに見ていたサイトは、  いつまで経っても自分を見ないわたしに、そっと近づいてきた。

「タバサ?」

 意地でもサイトを見ない。  サイトがもう触ってくれなくなるのかもしれないけれど、今ちょっと泣いてるのが知られるのも嫌だった。

「誉めたのに、何で泣いてるんだ?」

 ……胸とか見ながら可愛いは誉め言葉じゃないと思う。

「知らない」

 焦れたサイトは軽々とわたしを持ち上げると、わたしごと手近な椅子に腰掛けた。  否が応でもサイトに密着してしまい、顔を逸らし続けるのが難しくなる。  何も言わないサイトに、今度は黙っていることが辛くなった。

「小さい……から……可愛いって……」

 そこまで言って、サイトはやっと納得した顔をする。  サイトは鈍い。  ……ルイズは凄い子かもしれない。

「そんなつもりで言ったんじゃねーよ」

 嘘だ。  さっきまで大きな胸を嬉しそうに揉んでたくせに。

 意地になったわたしを膝に乗せたまま、サイトが愛撫を再開させた。

「タバサは可愛いよ」 「っ……またっ……胸触りながらぁっ」

 今度はわざとだ……  顔を隠すようにサイトにしがみ付くと、前をあわせていただけのシャツが解けて、  折角隠していた身体がサイトに直接密着する。

「あ…………」

 何か硬いモノが、サイトの指の向こうにあるのが分かった。

「……ちゃんと反応してるし、可愛いは誉め言葉だぞ?」

 ……うれしい。  わたしで硬くしてくれているのが分かって、凄く嬉しかった。

「……ごめんなさい」

 サイトが本当のことを言ってくれていたのなら、さっきまでのわたしは凄く嫌な子だ。  申し訳ない気持ちで、サイトにしがみ付いていた腕に少し力を込める。  サイトは黙ったまま、わたしにキスをくれた。

286 名前:黒い蜘蛛の糸 36/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:44:18 ID:lmkgam+I 「あ……あれ?」

 自分では動いているつもりなんて無いのに。  サイトが感じてくれている事を知ったわたしの身体の、熱くなっている所がサイトに押し付けられる。

「ご、ごめ……」

 背筋が凍る。  以前勝手にサイトの身体を触った時に、火が付いた状態のまま一晩放って置かれた。

 一度裏切ったわたしは、サイトの大切な所に触る資格なんて無いと、何度も何度も思い知らされていて、  快感に追い詰められている状態でも即座に気付けるほど、しっかりと躾けられていた。

「タバサ?」 「っ……ごめんなさいっ、ごめんなさいっ……」

 サイトの声の質が変わる。  怖い……怖いよ……

 甘くて幸せだった空気を奪い取られる予感が、全身を震わせる。  死にたくなるような絶望がわたしを包む。

「ためじゃないか、タバサ」 「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」

 熱の無い目、止まった指、凍った声。  サイトよりも、快感に酔って歯止めの効かなかった自分が憎い。  サイトは何も悪くない。  悪いのはわたし。

 あんなに何度も繰り返したのに、わたしはまだサイトの望み通りに動けない。

「俺が気持ちよくなっちゃ、タバサが困るだろう?」

 ……え?

287 名前:黒い蜘蛛の糸 37/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:45:00 ID:lmkgam+I  なん……で?  どうして、サイトが気持ちよくなった困るの?

「ど……して? サイトが気持ちよくなってくれたら嬉しいのに」

 サイトがわたしに触らせてくれない理由。  最後までしてくれない理由。

 何度か聞いたけれど、教えてくれなかった。

「子供が出来たら……」

 こ、子供が出来たら?

「タバサの、大事な大事な復讐の邪魔だろう?」

 え?

「復讐の?」 「あぁ、俺を捨てていくほど大切な復讐の邪魔になるだろう?」 「……ち、ちがっ……復讐なんかっ……復讐なんかっ……」

 あぁ……母さま、ごめんなさい。  シャルロットはもう戻れません。

「復讐なんかどうでもいいよぉ、サイト……サイトの方が大切っ、大事だからぁっ」

 サイトはわたしの為に、最後までしないでいてくれたの?  嬉しい、サイトの意地悪だとばかり思ってた。  喜ぶわたしの視界の端に、ある物が写っていい事を思いついた。

「あ、あれ、あのお薬も有るっ、出来たらあれ飲むからぁっ……最後まで……最後までしてぇ」

 メイドとやり取りは聞いていた。  あのお薬を使えば……サイトにそれを伝えると……

 サイトは喜んでくれなかった。

「……へー、まだそんな事……復讐の事考える余裕あるんだ」

 観察する様にわたしを見ていたサイトの目が、ますます熱を失う。  ……な、何か間違えたの?  ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい

 わたしから離れようとするサイトに、力の限りしがみ付いて、  声を限りに叫び続けた。

「ち、違うのっ、復讐なんかどうでも良いからっ、  サイトの側にいるからっ、離れないからっ……だからっ……」

 ……最後までして下さい。    潤んだ瞳と熱い身体に乗せて、思いの丈をサイトにぶつけた。

288 名前:黒い蜘蛛の糸 38/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:45:40 ID:lmkgam+I  黙りこんだサイトに怯えながら反応を待つ。

「本当に? 本当にどこにも行かない?」 「行かない、離れたくないっ」

 一度口に出してしまうと、もう止まらない。  言葉は呪文の様にわたしを縛り、引き返せない所へとわたしを連れてゆく。

「子供できても構わないんだ?」 「うん、うんっ、出来てもいいの……だからっ……だからぁ……」

 確かめるようなサイトの口調に、熱に浮かされたまま答え続ける。  答えていれば、思いが伝われば……

 サイトが最後までしてくれると、そう……信じて。

「復讐より……俺が大事?」 「うんっ、サイトが大切なの」

 喋れば喋るほど、わたしの中でサイトの存在が膨れ上がる。  まるで自分に暗示を掛ける様に、繰り返し繰り返し誓いの言葉を口にする。

「タバサの……シャルロットの……大切なモノを……貰って……  貴方のモノにして、サイト」

 精一杯の告白。  伝え終わった時、サイトの腕から力が抜けて一瞬凄く怖くなった。

「……った……に……った……タバ……おれの……」    サイトが何か呟いている。  よくは聞こえなかったけれど、サイトの表情に隠し切れない喜びが浮かんでいて、  わたしの思いが伝わった事を確信できた。

289 名前:黒い蜘蛛の糸 39/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:46:14 ID:lmkgam+I  わたしが上になったままで恥ずかしいけれど、今からベットを探すどころか、  テープルにもう一度横になるのさえ、時間が惜しかった。

「いくよ、タバサ」

 ……シャルロットって呼んで貰おうか?  少しそんなことを考えもするけれど、父さま、母さまの復讐に生きたわたしはもう居ない。  なら、もうこれからは、サイトの為のタバサで居よう。

 身も心も捧げることに決めたわたしは、過去を捨てる決意をする。

「はい」

 全ての想いを込めて、一言だけ返事をすると、  サイトの手がお尻を掴んで、わたしを誘導した。

 何度も望んだ瞬間がついに訪れる。  そう思って身体を硬くしていると、サイトの硬いモノが押し当てられる。

 その大きさに少し不安に成る。本当に入るのだろうか?  でも……もし、わたしが痛くても、サイトが気持ちよくなるのなら……

「……サイト……わたしで、気持ち良くなって……」

 サイトの耳元で囁くと、サイトは嬉しそうに笑う。

「そのまま腰を下ろして」

 サイトを想って自分の中に指を挿れた事を思い出して、  どうすれば上手に入るのか考える。  考えているわたしが困っているように見えたのか、サイトがそっと腰を突き上げて、  どうすれば良いのか教えてくれる。

「……んっ……」

 自分の中に異物が侵入してくる。  ゆっくりと身体の中でも屈指の繊細な所が広がり、痛みと共に切り開かれていく。

「……った……い……よぉ……」

 溢れる涙をサイトが唇で拭ってくれた。

「諦める?」 「…………やだ」

 折角、折角サイトが貰ってくれるのに、  やっと思いがかなうのに、

「最後まで……貰って……」

 サイトの気が変わらないうちに……    わたしは一息に奥までサイトを迎え入れた。

290 名前:黒い蜘蛛の糸 40/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:46:47 ID:lmkgam+I  痛い……痛い……身体が悲鳴を上げている。  痛みには強いつもりだったのに。

「タバサ、大丈夫?」 「平気」

 嘘だけど。  痛みで動けないわたしが、サイトにしがみ付いていると、背中と頭に何か暖かいものが乗った。

「がんばったな」

 サイトの手……暖かくて……うれしい。

「うん」

 サイトは動きたいんだと思う。  メイドとの時は、あんなに激しく……

「ごめんなさい」 「何が?」

 悔しくて何もいわずにサイトに抱きついていると、サイトの指がわたしの身体の上を跳ね回った。

「っ……な……に?」 「じっとしてて」

 痛みを忘れさせようとしてくれる、サイトの気遣いが嬉しい。  わたしが反応するたびに、おなかの中でサイトがビクビク動いているのが分かって、  とても幸せ。

「……動いて……いいよ」

 少しだけ痛みになれたわたしは、サイトに身体を任せる。  自分で動く自信は無かったけれど、サイトに気持ちよくなって欲しいから。

「でも……」 「サイトの……赤ちゃん頂戴」

 出来るだけサイトに密着して、身体を擦りつけながら精一杯のお願い。  唇を重ねて、サイトに最後の一押しをする。

「っ……いいんだな?」 「ん」

 もうわたしは全部サイトのモノだから。  力を抜いてサイトに全てを任せた。

291 名前:黒い蜘蛛の糸 41/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:47:41 ID:lmkgam+I  タバサの中はきつい。  ルイズやシエスタの初めてのときと比べても、ずいぶん窮屈か感じだ。  小さな体格と相まって、幼い子に悪戯しているかのような背徳感が、  ゾクゾクと俺の快感を高める。

「動い……て……」

 俺の耳元に囁くために、タバサが姿勢を少し変えるだけで、狂いそうな快感が俺を襲う。

「あ……あぁっ……動く……ぞ……」

 両手でタバサの腰を持ち上げて、軽いタバサを腰の上で踊らせると、  みるみるうちに限界が近づいてくる。

「…………き、気持ちい?……わたしの身体で、気持ちよくなってくれてる?」    俺の事ばかり気にかけている事に、大切にされている実感に狂喜する。  時間を掛けたかいが有った。

「……サイト、サイトの子供……タバサに……頂戴」

 タバサを持ち上げることがもどかしくなって、繋がったまま立ち上がった俺は、  少し離れた所にあるソファを目掛けて歩き始めた。

「っっっ! サ、サイトッ……っめぇっ……奥……奥がっ……ひっ……ぅ……あっぁぁ」  俺の身体しか支えの無くなったタバサが、必死で俺にしがみ付くが、  タバサ自信の体重で、深く深く繋がることは止めようも無かった。

「……かっ……はぁっ…………き……つぃ……よぅ……」

 息も絶え絶えなタバサを寝かせて、動きやすい体勢をとった俺は、  タバサが一息つくまもなく責め始める。

「あっ……あぅ……え? な……に? う……そ……気持ち……いい?」

 タバサの感触を確かめるように動き始めると、タバサの目に微かに快感が浮かぶ。  ……初めてなのに……よほど相性が良かったようだ……

 お互いに。

「……タバサ……ごめん……いく……」

 奥歯を噛み締めながら情けない報告をすると、幸せそうな笑顔が俺を迎えた。

「……ん、気持ちよくなって……サイト……わたしの中で……いって……ね?」

 これは……反則だ……いつもの超然としたタバサとのギャップが、最後の一押しになって、  思いがけない大量の精を解き放つと、安心したようにタバサは俺の腕の中で力尽きた。

 二つの寝息が部屋に響く。  二人とも……もう俺ものだ……。  ……これで……皆……俺の側に……ずっと……

 窓の外を見ながら、俺はひっそりと笑った。

292 名前:黒い蜘蛛の糸 42/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:48:18 ID:lmkgam+I 「くぉぉぉの、駄犬!!!!」 「ぐはっ」

 冴え渡るエクスプロージョン!

 実は二人目、サイトがそう報告した途端詠唱が始まり、  観念したサイトが一歩も避けないまま、勢い良く壁に叩きつけられた。

「ご、ごめんなさいっ、ミス・ヴァリエールっ、わ、わたしがっ」 「そ、そうだぞ、ルイズ、シエスタがわるっ……」

 サイトの言葉は最後まで告げられることも無く、口の中にルイズの爪先が直撃した。

「だまんなさい、だまんなさいっ、だまんなさいっっ!!」

 じたばたと暴れながら、ルイズは全身で自己主張した。

「どゆこと? なんで? サイトっ、あんたどーゆーつもりなのよっ!!」 「いやーほら、ヤっちゃた事は仕方ないというか……」

 反省の色の無いサイトを、視線で射殺そうとするルイズの耳に、ぽそりと小さな声が響いた。

「……やっぱり……わたし、これ……飲みますね」

 シエスタの手には、見覚えの有る小瓶。

「……って、駄目――――――!!!」  ルイズの蹴りは、一撃でシエスタの手の中の小瓶を打ち砕いた。

「でも、シエスタ、一回それ飲もうとしてるし」

 サイトの一言に、ルイズは怒りの矛先をシエスタに向ける。

「なななな、なんでっ?」 「……ミス・ヴァリエールが……お怒りになると……思って……」 「お、怒んないわよっ、二度とそんな事しちゃだめだからねっ!!」

 ルイズの一言にサイトは飛びついた。

「ラッキー……がはっ」

 サイトの鳩尾にルイズは飛び蹴りだ。

「は、反省の色がなぁぁぁぁい」

 流れるような連続技を繰り出しながら、ルイズの叫びがどこまでも響いていた。

293 名前:黒い蜘蛛の糸 43/43[sage] 投稿日:2007/04/02(月) 03:48:52 ID:lmkgam+I  なーんで、シエスタはサイトをあそこまでかばうのかしらっ!  サイトをつるし上げようにも、もう片方の当事者のシエスタが、事有るごとにかばう為、  自分ばかりが怒る訳にもいかないルイズは不完全燃焼だった。

 ……なんだか嫌な気分ね……

 複雑な感情を抱きながらも、ルイズは教室でタバサを探す。  シエスタと二人で、ちょっとした約束をした。    ……サイトは留守番よ!    探すまでも無く、相変わらず無表情で、いつも通り自分の席で本を読んでいるタバサを見つけると、ルイズは声を掛けた。

「あ、居た居た、タ〜バサ〜」 「なに?」

 用事は他に有るのだけれど、  最近少しサイトと仲の良いこの少女を、少しだけ牽制する。

「あのね、わたし……サイトの赤ちゃん出来ちゃった」 「……おめでとう」 「ふえ?」 「? 聞こえなかった? おめでとう」

 誰に話しても驚きが先に来ると思っていたのに、まず祝福してくれたタバサをルイズはかなり見直した。

「あ、ありがと……その……それでね」    そもそもタバサを探していた最初の理由。

「次の虚無の曜日に……街まで連れて行って欲しいの。  ……その、ベビー用品のお店とか……」 「出産祝い」

 それだけ告げると、用は済んだとばかりに本に目を戻す。

「ま、まだ産んでないもん」

 連れて行ってくれるつもり。そう理解したルイズはタバサにじゃれ付いて、  本の邪魔にならない限り、タバサもそんなルイズを邪魔にしなかった。

「あのねっ、わたしたち……シエスタもだけど……  皆で幸せになるのっ!

 本当よ」

 今だって幸せそうなルイズの笑みを見ながら、タバサも微笑む。

「そうね……皆……幸せになれるね」

 机の影でタバサの右手は、そっと自分のお腹に添えられていた。